結婚したら人生劇変!○○の妻たち 2017年2月27日放送回

放送日 2017年2月27日(月) 19:00~20:00
放送局 TBS

番組概要

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:00~

いま約30万部のベストセラーとなっている本が「自閉症の僕が跳びはねる理由」。自閉症者の心の声を表現した内容で、作者は自閉症の東田直樹さん。今回はそんな自閉症と向き合う母親の物語を紹介する。

8歳の竹迫力くんは生まれつき自閉症を患っている。一見すると他の男の子と変わらないように見えるが、突然大声で同じ言葉を繰り返したり、会話などが難しい。自閉症は生まれつきの脳の機能障害が原因と言われているが、はっきりとした原因はわかってない。力くんを育てる母・竹迫望美さんも様々な苦難と戦ってきた。

キーワード
自閉症の僕が跳びはねる理由
東田直樹
自閉症

オープニング (その他)
19:04~

オープニング映像。

みのもんたら出演者によるオープニングの挨拶。今日の放送は特別編、自閉症の子を持つ母親にカメラが2か月密着したと伝えた。

キーワード
自閉症

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:05~

今回の取材のきっかけは昨年12月に竹迫望美さんから届いた1通の手紙だった。スタッフが取材に向かうと、最初に力くん(8)の障がい者手帳を見せてくれた。総合判定は4度、判定としては一番軽い。力くんは服の着替えやトイレは1人で行えるが、言葉が出ないことで感情が抑えられなくなる事もある。望美さんは自閉症の子どもの事をもっと知ってもらいたいとの思いから、勇気をもって応募してくれたのだった。

竹迫望美さんは8年前まで女子プロレスラーとして活躍、写真集まで発売するほど人気だった。レスラーとして活動中に夫・裕さんとの間に力くんを妊娠、2009年に出産した。力くんが3歳になったころ、言葉がうまくしゃべれない事が気がかりになった。当時はそれほど深刻に受け止めていなかったが、区の検診で自閉症だと診断された。

キーワード
自閉症
文部科学省
裕さん

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:14~

力くんは3歳の頃に自閉症と診断された。最初、望美さんは理解することができず目の前が真っ暗になったという。ここから望美さんの苦難の子育てが始まった。まず望美さんを悩ませたのが目についた物を手当たり次第に散らかしてしまうこと。症状の1つが同じ事を繰り返す事、水を飲み続けては吐くという行動が毎晩のように続いた。さらに大変だったのは長女・望愛ちゃんが生まれたこと、力くんの良き遊び相手になればと思っていたが、望愛ちゃんは心臓病にかかっていた。父親・裕さんは夜の飲食業、昼夜逆転生活のため相談もできなかった。望美さんの平均睡眠時間は1時間、追い込まれた彼女は力くんを殺すことも考えてしまったという。

望美さんが悩んだのは力くんの食事、白い色をした食べ物しか食べられない。主食は何もかけてない麺・オモチ・ご飯・食パンのみ。食べられる主食でも、そこに何かがかかると一切食べられなくなる。極端な偏食は自閉症の特徴の一つと言われている。力くんが美味しそうに食べる一方で望美さんは複雑な表情、栄養のバランスを心配している。

次に直面したのは学校問題。力くんが4歳の頃、両親は一般の保育園か療育施設に通わせるのかを悩んだ。出した結論はひとまず、普通の保育園に入れてみるということ。ところが門にも入れてくれない状況だった。

キーワード
自閉症
大血管転移症

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:28~

力くんが4歳の時、望愛さんは一般の保育園に入園させようと決断した。しかし、自閉症という理由で10ヶ所以上から入園を断られた。遠方も視野に探し続けると、12軒目にしてようやく入園できた。望愛さん一家は保育園の近くに引っ越した。力くんは一見すると障がいがあるように見えないため、自閉症という障がいがある事を周囲のママ友に言うかどうか。あえて言わずに入園させたが、これが様々な問題を引き起こした。そんな中、力くんは6歳で卒園、次のステップは小学校だった。

望愛さんは力くんを一般の小学校ではなく、特別支援学校に通わせる事を考えた。現在通っているのは東京都立中野特別支援学校、ここでは力くんの生き生きとした姿をみることができた。

竹迫力くんについてトーク。つるの剛士は「我々からしたら理解がない、こういうことをもっと知らなければいけないと思いました」と話した。ゲストの奥山佳恵は次男がダウン症を患っており、力くんと同じく様々な苦難を乗り越え子育てをしてきた。そんな奥山は「どんな個性がある子でも、生きていける世の中になって欲しい」と話した。

このあと、奥山佳恵が訪問。

キーワード
自閉症
東京都立中野特別支援学校
竹迫力くん
ダウン症
奥山佳恵

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:38~

自閉症の竹迫力くんに密着。学校が大好きな力くん、登校前は興奮してしまうことが多いという。大声をあげてしまう力くんは周囲の人に怒られることもあり、そのため、望美さんは毎朝通学チェック表をみせている。通っているのは中野特別支援学校、様々な障がいのあるお子さんが通っている。児童6名に対し教師2名、児童1人1人と丁寧に向き合えるような環境が整っている。朝の朝礼では自分の名前を確認、他の子の名前も聞かせることで他人を認識させる。この支援学校に通って2年、毎食、先生は力くんが白い食べ物以外を食べられるように奮闘していた。

キーワード
自閉症
東京都立中野特別支援学校

愛する我が子は自閉症 笑顔と涙の子育て物語 (バラエティ/情報)
19:46~

竹迫力くんは白い物しか食べられないため、普段は何もかかってないスパゲティなどを食べている。この日の給食ではソースのかかったスパゲティを食べることに挑戦、するとミートソースをつけて口に入れることができた。これは確かな成長、その裏には家庭での望美さんの努力があった。食生活改善のおかげで、今まで全く食べられなかったジャガイモも食べられるように。放課後通っている福祉センターでも成長がみられ、ゲームをしながら言葉をどんどん覚えている。ほとんど書けなかった字も徐々に書けるようになっていた。

このあと、望美さんのお宅に奥山佳恵が訪問。

竹迫力くんについてトーク。大島美幸は「自閉症のお子さんを育てるお母さんってすごく沢山いる。誰かに頼って子どもたちと学校で遊べて、学んで帰ってくるのは本当に嬉しいと思う」と話した。

奥山佳恵が竹迫さんのお宅を訪問、望美さんは前向きに子育てしている奥山に秘訣を伺いたかったのだという。奥山は「子どもはお母さんが笑っている顔が一番好きだと思う、抱え込み過ぎないでもっと適当でいいと思う。頑張りすぎず、もっと子育てを楽しんでほしい」とアドバイスした。最後に力くんが覚えた”ひらがな”を披露してくれた。

キーワード
自閉症
東京都立中野特別支援学校
ピア・キッズ
奥山佳恵
望美さん
竹迫力くん

エンディング (その他)
19:59~

「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 2月27日 放送
  3. 次回の放送