NEWSな2人 あなたも今、監視されているかも…!?盗撮・盗聴への怒り!

放送日 2017年2月18日(土) 0:50~ 1:20
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:51~

オープニング映像。

先週は増加するSNSストーカーの被害者が被害を訴えた。今回は盗聴・盗撮。盗撮の検挙数はここ2年で急増し、原因は進化する小型カメラや盗聴器である。最新の手口を小山が取材。

デモ 盗聴・盗撮の被害者が訴え! (バラエティ/情報)
00:52~

SNSストーカーは一般女性にも危険が及ぶ。SNSの危険性をわかってないといつ被害者になるかわからないと話した。

今回は「盗聴・盗撮」東京五輪に向け監視カメラの設置が増加している。

モデルの西上まなみは引っ越して掃除機をコンセントに挿すが電源がつかず、盗聴器が入っていたという。

和地つかさはプレゼントのぬいぐるみに盗聴器が入っていたという。

防犯のプロ河野氏は無線の機器なら基本100mで最近はWi-Fiに接続できる環境であれば距離にかかわらず監視ができるという。スマホアプリで遠隔操作で会話の録音や撮影が可能なものがあるという。

小山が盗聴・盗撮の実態を調査。女性が1人暮らししている部屋に5台の監視カメラを設置した。Wi-Fi置時計型ビデオカメラは液晶の下の部分にレンズがあり、Wi-Fiで携帯に映像を飛ばせる。

メガネ型ビデオカメラはバッテリーで作動する充電式である。コーヒーカップフタ偽装型デジタルビデオカメラはカップの通気孔の1つがカメラになっている。ミントケース型ビデオカメラは最大1時間の録画が可能で1万2300円である。

最後の1つは小山が手にしたリモコンだった。エアコンリモコン型ビデオカメラは壁に設置することで部屋全体の監視が可能である。これらのカメラは空き巣等の証拠を押さえるためだが、悪用もあれている。火災センサー型のカメラもあるという。

ロシアで開発の監視システムDEFENDER-Xを紹介。映像に映った人の精神状態を解析し不審者を検知するとアラームで知らせる。万引きの様子を捉えた映像を紹介した。2014年のソチオリンピックにも導入され1日に5~15人の不審者を検知し9割以上が危険物を所持していた。現在日本国内でもイベントやデパートで活躍している。さらに人の性格を数値化するシステムがあり電車やバスなど公共機関の運転手が精神状態をチェックするために運用されている。カリスマ性数値では平均が70で小山は77.4、加藤は79.5だった。

NEXT加藤の解析結果に意外な事実が!

キーワード
東京五輪
盗聴器
Wi-Fi
スマートフォン
Wi-Fi置時計型ビデオカメラ
メガネ型ビデオカメラ
コーヒーカップフタ偽装型デジタルビデオカメラ
ミントケース型ビデオカメラ
エアコンリモコン型ビデオカメラ
DEFENDER-X
ソチオリンピック

デモ 盗聴・盗撮の被害者が訴え! (バラエティ/情報)
01:12~

加藤はポジティブが49%ネガティブ22%だった。外向性は30、情緒不安定性29.8だった。

NEXT生田斗真参戦!

キーワード
生田斗真

エンディング (その他)
01:15~

デモ隊大募集中!ご応募は「NEWSな2人」番組HPへ。

NEWSな2人の次回予告。

加藤は監視カメラの技術が発達していろんな機関が助けてくれるかもしれないが、自分の身は自分で守ることが防犯になると話した。

キーワード
NEWSな2人

エンディング (その他)
01:18~

エンディング映像。

NEWSな2人の次回予告テロップ。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月18日 放送
  3. 次回の放送