中居正広のキンスマスペシャル アンミカ、極貧生活から大逆転の人生、亡き母の教え

放送日 2017年3月24日(金) 20:57~22:54
放送局 TBS

番組概要

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
20:57~

極貧生活を明るく過ごす母の教え 忘れかけていたあの精神だった

1975年、後に日本の芸能界で活躍することになる少女が韓国から日本へやって来た。当時4歳だった少女は一家7人で移住。その少女とはスーパーセレブ・アンミカだった。アンミカは韓国・済州島生まれだが、両親が仕事に恵まれなかったため一家で大阪・生野区のコリアンタウンへ。当時の日本は第二次高度成長期を超えますます豊かに。しかし当時の生野区はアンミカ一家のように仕事を求めてきた約4万人もの人々が暮らしていた。一家はタダ同然で人の家の2階を間借り。両親は日本で必死に働いたが拙い日本語のため上手くいかず超極貧生活を送ることに。アンミカはその思い出のコリアンタウンを再び訪問。当時について、貧しい中でも工夫をしながら生活していたが楽しかった、と話していた。しかしこの家は隙間風がひどく薄い布団では寝つけなかった一家。そんな時は外に出て焚き火をし、昼間拾ってきた新聞紙を防寒着代わりにして朝まで過ごすこともあったという。そんな貧しい生活でも明るく暮らせていたのは、若くして天国へ行った母の教え。超極貧生活から、アメリカの華麗なる一族に見初められるという大逆転を果たすアンミカ。夫のセオドール・ミラーから「いつまでも一緒にいられると思う」と愛されるだけでなく、街の人からも「努力家」「コメントに優しさがある」などと称賛されるアンミカの亡き母には、人生のヒントがいくつもあった。

スタジオにアンミカが登場。大富豪のセオドール・ミラーと結婚して5年が経つというアンミカは「年々好きになる」と幸せぶりをアピールしていた。そんなアンミカには人生を楽しむキーワードがいくつかあるという。その1つ目は「貧乏は恥ずかしいが役に立つ」。

キーワード
時代
中島みゆき
第二次高度成長期
セオドール・ミラー氏
チャールズ・ミラー氏
ハーバード大学
ベネット・ミラー
フォックスキャッチャー
カンヌ国際映画祭
生野区(大阪)
ニューヨーク(アメリカ)
セオドール・ミラー

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
21:10~

極貧生活を明るく過ごす母の教えの1つ目は「もったいない精神」。当時、一家は午前3時に目覚めると、遠足気分で向かったのは青物市場。すると母は売り物にならない廃棄品を拾い始めたという。ご兄弟と集まったアンミカは当時について思い出話。アンミカは最近までそれをもらいものだと思っていたとコメント。また、廃棄物を拾う母は周りから白い目で見られることもあったが、あまりに楽しそうにしている母の姿にアンミカたちは誰も恥ずかしいと思わなかったという。そんな貧しい一家には、年に一度お中元で親戚から届くスイカがご馳走。ここでも母のもったいない精神が炸裂し、本来捨てるはずのスイカの種を保存。子どもたちが後日またスイカが食べたくなった時にその種に砂糖をまぶして出し、子どもたちはキャンディー代わりになめていたという。この貧乏精神が食べ物に苦労したことのないスーパーセレブの心を鷲掴みにするなど、アンミカはこの時は思ってもみなかった。母の教え2つ目は、「貧乏から学ぶたくましさ」。小学生になったアンミカは姉とおもちゃの取り合いをしていた時、ふとした拍子におもちゃが顔面に直撃し鼻の骨を折ってしまう。けがだけはどうにもならないため、母はミカを連れ病院へ。しかしそこで母は驚きの行動を取ったという。

キーワード
剛一さん
スイカ

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
21:17~

鼻の骨を折ったミカを連れ病院へ向かったが、何故か病院の前で待つように指示した母。すると医師を外へ連れ出し、「鼻の骨を治すにはどうしたら良いか」と聞いたという。実は病院の外でアドバイスをもらう分にはお金がかからないため、母はアドバイスだけを聞き自宅で処置。アンミカはその時のエピソードについて「箸で鼻を押さえてテープを貼ったら添え木になると言われた母はその通りやった。そして今綺麗に治っている。」と嬉しそうに話していた。また、アンミカの同級生も当時について「ずっと一緒にいたけど泣き言を聞いたことがない」とコメント。1980年代になるとカラーテレビの普及率は99%を超えていたが、もちろんテレビはなかった一家。それでも母から学んだたくましさでテレビ文化を乗り越えていたといいうミカやご兄弟は、次にミカが小学生の時に開催されていたロサンゼルスオリンピックについて思い出話。当時の女の子は新体操に夢中になっていたが、ミカたちもぼろぼろの棒にトイレットペーパーを裂いたものやリボンを結びつけて踊り兄弟で採点し合っていたと話していた。一方当時の食事面では白ご飯に麦や粟が混ざっていたといい、道に落ちていたオカメインコを飼った際に「自分たちは鳥の餌を食べていた」という衝撃を受けたというアンミカたち。更に、ひまわりの種をおやつに食べていたが、それも鳥の主食だったという衝撃の事実も発覚。それでも落ち込みは全くなく、「実際美味しかった」と3人は話していた。

キーワード
カラーテレビ
ロサンゼルスオリンピック
新体操
アフロ
オカメインコ

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
21:25~

アンミカのVTRを振り返り、アンミカは本人は苦労した感覚がない、幸せの感じ方は目線の持ち方一つ、ベックは考え方で変わると踊りた、中居正広はこの経験があって今のアンミカがあると話した。人生の扉を開ける2つめのキーワードは「人生がときめく貧乏の魔法」。

アンミカは2012年にアメリカ人の大富豪と結婚しスーパーセレブな暮らしを送っている。番組では玉の輿に乗りたい女性50人に集まってもらいアンミカの講演会を開催。テーマは「幸せのつかみ方」。母が教えてくれた美人になるための4つの魔法を伝える。

それはアンミカが幼いころのこと。顔に大きなケガをしたアンミカはいじめをうけるようになった。引きこもるようになったアンミカを救ったのは母の本当に美人になるための4つの魔法だった。アンミカはそれから毎日4つの魔法を実践。数ヶ月後、気がつけばアンミカは周囲の人気者になっていた。

しかしその後、アンミカ一家をどん底に落とす悲劇が。その発端となったのは、当時アンミカたちが通っていた小学校。卒業以来初めて訪れたというアンミカは「昼休みの掃除の時間で遊んでいたら家の付近から煙があがり、周りの友達が「燃えろよ燃えろ」などと歌いだした。しかしそれが私の家だった。」と告白した。当時、火事だと知ったアンミカが家に駆けつけると家族は全員無事だったが、2階部分は焼け落ち全てを失うことに。するとその日行っていた結婚式でもらった紅白まんじゅうを取り出した父に、「何で紅白まんじゅうやねん」と笑いだしたという兄弟たち。このように、どんな状況でも考え方を変えるだけで明るくなれるという母から受け継いだ精神こそが、アンミカの人生を大逆転させる。

キーワード
いじめ
紅白まんじゅう

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
21:36~

アンミカは高校卒業と同時にモデル業で生きていくことを決め一人暮らしを開始。最初は自称モデルのフリーター状態、アルバイトで食いつなぐ日々が続いた。19歳ながらモデルの仕事に限界を感じていたが、アンミカを救ったのは無き母の言葉だった。ふとファッションショーに向かうとカメラマンをしているというノーバート・ショルナーに声をかけられた。彼は世界で10本の指に入るスゴ腕カメラマン、モデルのオファーをうけた。この写真が話題となりパリコレ出演の依頼が舞い込むまでになった。

アンミカは「4つの魔法」のキーワードの最後として「欲しがりません来るまでは」と紹介した。

アンミカはテレビ・雑誌で大活躍、待っていたのは極貧生活からの一発逆転。運命の出会いは7年前、当時37歳のアンミカはレギュラー番組のスタッフに誘われゴルフを行った。ここで紹介されたのが今の夫セオドール・ミラー氏だった。ミラー氏は超セレブ、父は大手ゼネコン社長で母はハーバード大学教授、兄は映画「マネーボール」を手掛けたベネット・ミラー監督。超セレブであるミラー氏の心を射止めたのは笑顔、こうして奇跡の大逆転人生が始まった。

アンミカがミラー氏と知り合って1ヶ月後、友人の誕生日会で熱烈なアプローチをうけた。こうして自然に交際がスタート、アンミカは37歳、結婚を意識する年齢だったが「欲しがりません、来るまでは」の精神を実行した。

アンミカは今から10年前、自称貿易会社勤務の男性と知り合い親しい仲に。男性はソウル出身だと話していたが姉に訛があり、更に不可解な行動が目につくようになった。そしてある事実が明らかになった。

アンミカに母が教えてくれた美人になるための4つの魔法。1つめは相手の目を見て話す。母は故郷・済州島で貧困に苦しみ、日本へ仕事を求めにやってきた。思うように定職につけず苦労を重ねた母は、日本のマナーを猛勉強、デパートの美容部員に採用され接客マナーも学んだ。子どもたちに同じ思いをさせたくないと相手に好印象を与えるテクニックを幼いころから教えていた。

2つめの魔法は聞き上手になること。3つめは姿勢を良くする。4つめは口角を上げる。アンミカは唇を噛んで口角を上げる運動を紹介、出演者が実践した。人生の扉を開ける3つめのキーワードは「母に言われた場所で咲きなさい」。

アンミカはパリコレにも出演した一流モデル。モデルを夢見たのは母がきっかけ。母は子どもの長所を見出し想像できない職業を夢見させた。アンミカは母の言葉を信じつづけモデルの道へ。兄は母の言う通り法律の道に進み、行政書士の事務所を経営、姉は歯科衛生士。兄弟は母の言葉に導かれ夢を実現した。母は環境に慣れることなく広い世界に飛び出してほしいと大きな夢を与えた。

たくさんの教えをくれた母の人生はあまりに短かった。アンミカが小学校5年生に上がった時のこと、母が体の不調を訴えた。がんを30代後半で発病、一家の生活は一変、父は入院費を捻出、子どもたち自ら生活費を稼ぐ日々が始まった。そんななかでもモデルになる夢は持ち続けた。そしてアンミカは15歳でモデル事務所のオーディションに執念で合格、母に夢を実現したことを報告した。それから1か月後に母は亡くなった。

キーワード
ノーバート・ショルナー
チャールズ・ミラー
マネーボール
ベネット・ミラー
済州島
がん

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
22:10~

アンミカが親しい仲だった自称貿易会社勤務の男性。複数のカード名義を持っており、後からわかった事実は某国のスパイだった。こうした苦い経験を乗り越え、38歳の時に出会ったのが今のミラー氏だった。ミラー氏の両親公認となった2人は程なくして同棲をスタート、アンミカのもったいない精神などに惚れ彼女の40歳の誕生日にプロポーズした。こうして2人はゴールイン、盛大に披露宴が行われた。

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
22:21~

セレブ婚を成し遂げたアンミカはどのような暮らしをしているのか、年末年始のハワイ旅行の様子を撮影してもらった。するとセレブすぎる空撮からスタート、ドローンで撮影をしていた。ゴルフやパーティー、乗馬を楽しむなど満喫していた。

夫が年々好きになるというアンミカ。そこで山本匠晃アナと室井佑月が彼女の自宅へ向かった。

キーワード
ハワイ(アメリカ)
ドローン

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
22:28~

山本匠晃アナと室井佑月がアンミカの自宅を取材。住んでいるのはミラー氏が17年前に1億円で購入したマンション、広さは約120平米。ベランダからは景色を一望、ハンモックなどが置かれていた。ダイニングのテーブルにはお花が飾られており、これはお花屋さんが飾っている。

アンミカは”テレビショッピングの女王”とも呼ばれており、売上は1日で億単位。セレブなアンミカが勧める商品は大量に売れるのだという。そこで山本アナがテレビショッピングの撮影に潜入、1時間ほどの撮影だが台本はなく、喋りは全てアンミカのアドリブトークだった。放送と同時に売れ行きを画面で確認、売れ残りも実際に着て紹介すると7割以上が完売・キャンセル待ちとなった。

このあとセレブのランチとは?

気になるセレブ アンミカ 極貧生活から大逆転の人生! (バラエティ/情報)
22:40~

山本匠晃アナと室井佑月がアンミカの自宅を取材。ランチ時に現れたのはフードコーディネーターの住川啓子さん、特別な日にはいつも来てもらっている。するとテーブルには高級レストランのようなメニューが並んだ。アンミカのセレブな生活は幸せいっぱいだった。

アンミカと山本アナが訪れたのは占い師・銀座の母”横田淑惠”の元。夫ミラー氏の生年月日から相性を鑑定、ミラー氏は誰とでも穏やかに過ごせるタイプ。アンミカはガーガー言うタイプ、今はラブラブだがやがて夫婦仲が怪しくなる可能性があると告げられた。そのためアンミカがしっかりと気をつければ離婚を回避できる。銀座の母はアンミカの手相で気になる場所があるそうで、異性関係で身を滅ぼす相が出ていた。総合的に見るとミラー氏は銀座の母お墨付きの運命のお相手だった。

「アンミカのポジティブ美容事典 」の告知。

キーワード
お花と根菜のカラフルバーニャカウダ
ミラー氏
アンミカのポジティブ美容事典
宝島社

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月24日 放送
  3. 次回の放送