中居正広の金曜日のスマイルたちへ スペシャル 大泉洋・TEAM NACSの真相

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(なかいまさひろのきんようびのスマイルたちへ)は、2001年10月19日からTBS系列で毎週金曜日の20:57 - 22:00(JST)に放送されている中居正広の冠番組で、女性をターゲットに毎週さまざまな内容で構成されている情報・教養バラエティ番組。通称は『金スマ』。新聞ラ・テ欄では「中居正広の金スマ」ではなく「中居正広のキンスマ」と表記されることがある。開始当初から長らく番組名は『中居正広の金曜日のスマたちへ』だったが、2016年2月12日からは『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』へと改題した。改名理由については諸説ある。2016年4月1日より3分繰り上げ・9分拡大し、20:57 - 22:00の放送となった。これに伴い、直後の『金曜ドラマ』との接続はステブレレスに変更された。2017年10月より、TBSテレビはフライングスタートをしない方針になったが、当番組は変わらず20:57放送開始となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月23日(金) 20:57~22:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
20:57~

中居正広によるタイトルコール。

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
20:57~

スタジオにTEAM NACSの安田顕・音尾琢真・戸次重幸・森崎博之・大泉洋が登場。以前にTEAM NACSは中居と卓球をしたというが、中居はその事を覚えておらず大泉洋からツッコまれた。

大ブレイクしている人気俳優・大泉洋だが、実は北海道のユニットTEAM NACSの1人。1973年4月、大泉洋は北海道・江別市で生まれた。洋は芸名ではなく本名、本来は「洋◯」と2文字にするはずだったが、父親が役所提出時に忘れてしまい1文字になった。そんな父は盲学校の校長、母は中学校の英語教師だった。大泉は両親が呆れるほどのテレビっ子、学校ではみんなを笑わせていたひょうきん者。中学の頃は「走れメロス」をパロディした「走れエロス」という舞台をつくり、笑いと演劇の才能を発揮した。一方で全くモテず、高校時代は兄を見習って猛勉強。予備校に通っていたが、偶然にも安住紳一郎と一緒の授業をとっていた。しかし、大泉は2年連続で大学受験に失敗、一応は滑り止めで受けておいた北海学園大学に入学した。

1994年4月、大泉は念願の大学生にも関わらず2浪で周りが年下だったため、1人完全に腐りきっていた。軽い気持ちで入ったのが演劇研究会、ここで21年間共にする男たちと出会うことになる。

TEAM NACSについてスタジオトーク。TEAM NACSは演劇集団、安住アナは北海道・帯広市出身だが18歳で北海道を出たため、入れ替わりだったという。安住アナと大泉洋は同い年だという。

大学の演劇サークル時代、大泉洋は初稽古に参加。最初に目についたのは大学3年だった安田顕、当時からも個性派人間でイケメンなのに”変態”と呼ばれていた。安田顕が生まれたのは北海道・室蘭市、洋楽が大好きで中学時代はラジオに夢中だった。大学生になると個性を尖らせ、近寄りがたい風貌、元々は英会話サークルだったから、楽しいそうとの理由で演劇サークルに入った。当時の安田はロン毛、自分では江口洋介だと思っていたが周りからは宅八郎だと言われた。

昨年大ヒットしたドラマ「陸王」で陸上部監督を熱演したのが音尾琢真。出会った時は大泉と同じ大学1年生、大泉によると謎の色のジーンズがトレードマークだったという。本当は警察官になる夢を持っていたが、高校時代に先生から声を褒められミュージカルスターになると決めた。

大泉が安田の上をゆくイケメンだと感じたのが戸次重幸だった。演技派だったが、ひねくれた大泉はチャラ男で要注意だとみていた。元々は土木建築を目指していたが、受験中にテレビでイッセー尾形の芝居を見て俳優の道へ進んだ。

最後は森崎博之、チノパンに紺ブレ姿で顧問のおじさんと間違えたのだという。彼は2年留年しており、大学生とは思えないオーラを纏っていたという。はじめから5人の仲が良かったわけではなく、その輪を乱していたのは生意気な大泉洋だった。

キーワード
TEAM NACS
江別市(北海道)
ぴったんこカン・カン
佐々木静子先生
走れメロス
北海学園大学
帯広市(北海道)
下町ロケット
重版出来
小さな巨人
室蘭市(北海道)
宅八郎
江口洋介
陸王
死幣
チーム・バチスタ2
昼のセント酒
イッセー尾形

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
21:23~

大学時代、周りからいけ好かない奴だと思われていた大泉洋。だが、安田だけは「あいつは すげぇ」とつぶやいていた。それから大泉は得意のモノマネで部員たちの心を掴み、厄介者から人気者になった。現在の北海学園大学を尋ねると、大泉たち1年生が入部した1994年に行われた定期講演のパンフレットが今も残されている。5人はサークル以外でも仲がよく、度々旅行に行っていた。

1996年、先輩の森崎と安田が卒業の年。これまで6年も演劇研究会にいた森崎は芝居から足を洗うと聞き、大泉は最もショックをうけていた。そして森崎は証券会社に就職、安田は総合病院の事務に就職した。仲が良かった5人で思い出作りのために卒業公演を計画、TEAM NACSを名乗り解散公演を行った。観客動員数は無名の学生劇団では異例の1000人を動員、大成功となった。その後、大泉は演劇研究会の中心的人物となって活動した。

1996年12月、卒業した森崎と安田が仕事を辞めて戻ってきた。こうしてTEAM NACSが再集合した。また5人で芝居をしようという森崎の誘い、大泉にとって嬉しかったと思いきや何故か困惑。

キーワード
TEAM NACS
永井一郎
北海学園大学

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
21:36~

TEAM NACSの最集合に困惑気味だった大泉。実は芸能関係者から声をかけられ、「水曜どうでしょう」に出演していた。アルバイトのような軽い気持ちで始めたが、番組の大ヒットにより北海道で人気者になった。将来が不安だと大泉は揺れていたが、森崎から「人生なんとかなる」と言われ誘いの乗った。1997年にTEAM NACSが正式に結成した。

森崎博之は「親はぼくに6年も大学に行かせてくれて、応援してくれていた」と話し、室井佑月は「普通はギャーギャー言いたくなる」と話した。この話に大泉も自分の両親を称える発言をし、周りからツッコまれた。実は結成後はTEAM NACSという名前が恥ずかしくて、しばらくは誰も使わなかったという。

キーワード
TEAM NACS
水曜どうでしょう
RECOVERY~描き続けるもうひとつの結論~

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
21:44~

1999年の結成以来、21年目の現在も5人で活動するTEAM NACS。森崎の説得によりTEAM NACSの俳優、タレントとしても活動をはじめた大泉。TEAM NACSとしての舞台では数千人単位で動員人数を増やしていったが、大泉と安田が別事務所に入ったためバラバラになることも。そこで他3人が2人の事務所に入り、2000年からは5人一緒の仕事が増えて知名度があがった。2004年には池袋サンシャイン劇場からオファーをうけ東京進出、観客動員数は1万人を超えた。この時期に大泉洋は歌手デビュー、「本日のスープ」がオリコン10位になる大ヒットとなった。そして「うたばん」に出演、中居正広と共演した。この放送時、他の4人は全面的に応援していたのだという。

キーワード
TEAM NACS
龍馬伝
下町ロケット
小さな巨人
陸王
スープカレー
FEVER~眺め続けた展望の行方~
再演DOOR~在り続けるためのプロセス~
ESCAPER~探し続けていた場所~
WAR~戦い続けた兵たちの誇り
ミハル
池袋サンシャイン劇場
LOOSER~失い続けてしまうアルバム
本日のスープ
うたばん
オリコン

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
21:55~

初の東京公演成功をうけ、2005年にTEAM NACSは東京事務所と契約した。以外にも東京進出に足が重かったのが大泉洋、北海道できればそれで良いと考えていた。そんな気持ちとは裏腹に2005年に「救命病棟24時」に大抜擢、2006年には「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~」、2007年には「ハケンの品格」と人気ドラマにキャスティングされるようになった。5人の中で一番喜んだのが音尾琢真、一方で森崎は北海道に残ることを決めた。そんな中、安田は以外と仕事が決まらず焦りと不安を感じていた。5人はそれぞれの思いを抱えていたのだった。

キーワード
TEAM NACS
救命病棟24時
東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~
ハケンの品格
1リットルの涙
北海道
東京都
あぐり王国北海道NEXT
下町ロケット
小さな巨人

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
22:05~

大学時代、気の合う仲間たちではじめたTEAM NACS。友人同士が共に肩を並べ、東京で仕事として舞台に立つようになり8年が経過した。5人を求める声は全国に増え続け、2年に1回の定期公演は大盛況。一方でそれは俳優としての自己アピールの場となり、稽古が険悪になることが増えていった。また学生時代のような稽古がしたいとの思いから、大泉が台本を手がけることを志願した。その舞台が2009年に行われた「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。」、TEAM NACSとして大泉がはじめて脚本・演出を務めた。初稽古の日は過去最悪の空気に包まれたのだという。舞台は無事に成功したが、少し時間を置いたほうが良いと2年に1回のペースで行われていた舞台は3年に1回に変更された。

スタジオでは5人はライバルであり同士だと話題になった。誰が最初にブレイクしたかで状況は違っていたのではないかと話題になった。安田顕はTEAM NACSについて、お客さんは5人がファンだと思っていると語った。そのため一人一人を立たせる必要があると考えていると語った。中居正広も自分が演出構成でLIVEをやると、歌割りでは自分の歌う場所がなくなると語った。森崎博之はリーダーについて考えることがあり、そこでTEAM NACSの一番のファンであろうと思うようになったと語った。

TEAM NACSが21年間解散せずにやってこれたのか話題になった。大泉洋は連ドラや大河ドラマに出演するようになったが、4人は北海道の仕事はあるが東京でブレイクするまでには至っていなかった。安田顕は日本アカデミー賞に出ている大泉洋を見て悔しさを感じたという。ただそれでも大泉洋を応援している自分がいると語った。

番組の次回予告。

キーワード
TEAM NACS
COMPOSER~響き続ける旋律の調べ
HONOR~守り続けた痛みと共に
下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。
WARRIOR~唄い続ける侍ロマン
赤鼻のセンセイ
龍馬伝
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋
あぐり王国北海道NEXT
SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
日本アカデミー賞

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
22:22~

戸次重幸は自分の披露宴で大泉洋が突然泣き出したと当時のエピソードについて語った。東京に進出してすぐの頃に戸次重幸は札幌でひとり暮らしをしていた母に末期の癌が見つかって、仕事をセーブすることを考えたが、母は励ましたという。そこで戸次重幸は母に仕事をし続けている所を見せたという。それから母の旧姓の戸次にしたという。それを思い出して泣いたのではないかと語った。TEAM NACSはこれからも共に舞台に立ち続けると伝えた。

スタジオでは中居正広が「本人たちにしかわからない距離感があると思う」と語った。大泉洋は「誰が作品を作ってもTEAM NACSとして輝きたいと思っている」と語った。

TEAM NACSは今でも月一回番組収録で北海道に集まるという。そこで北海道札幌市で原点を探ることになった。

キーワード
TEAM NACS
悪童
下町ロケット
死幣
陸王
ハナタレナックス
札幌市(北海道)

金スマ気になる男たち 大泉洋・TEAM NACSの真相 (バラエティ/情報)
22:31~

TEAM NACSは今でも月一回番組収録で北海道に集まるという。そこで北海道札幌市で原点を探ることになった。

キーワード
TEAM NACS
札幌市(北海道)
カリー軒
オクラホマ

エンディング (その他)
22:52~

ショー「CUE DREAM JAM-BOREE 2018」の告知。

キーワード
CUE DREAM JAM-BOREE 2018
  1. 前回の放送
  2. 3月23日 放送
  3. 次回の放送