吉田類の酒場放浪記 傑作選2015!

『吉田類の酒場放浪記』(よしだるいのさかばほうろうき)は、BS-TBS(旧・BS-i)でTBS SPARKLE(旧・TBS VISION)と共同制作され、2003年9月1日から毎週月曜日の21:00 - 22:00(JST、2015年時点)に放送されている日本の旅・バラエティ番組。吉田類の冠番組。ステレオ放送、文字多重放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年12月27日(日) 15:00~16:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
15:00~

オープニング映像。13年の傑作選をお送りすると伝えた。

吉田類の酒場放浪記 傑作選2015! (バラエティ/情報)
15:01~

江戸川橋「いずみ」から、吉田類がみなさんに行ってみたいと思わせる大衆酒場を紹介する、と話した。

根津・千駄木の町並みを紹介。下町風俗資料館付設展示場、旧吉田酒店にやってきた。案内人の前川さんが内装などについて解説した。

根津の車屋を訪ねた。一見酸にも優しい店で、店内はとても賑わっていた。さっそく岩がきをいただいた。ネタケースには青魚が入っていて、吉田はサンマに目をつけた。となりのお客さんから谷中しょうがをいただいた。そこへさんまの刺身が登場した。オーナーは道場六三郎さんの弟子だという。

吉田は、にごり酒の大雪渓が気に入り、お店のお客さんにすすめていた。そこへ、名物の栃尾焼が登場。シメには鯖の一本寿司を食べた。最高の食材で、お客さんが上質、ほっとするお店だと紹介した。

吉田類が、はじめての酒場を楽しむコツとして、挨拶をする、隣のお客さんオススメなどを教わる、お酒の適量を知っておく、と話した。

厳選した全国の酒場が続々登場!

キーワード
岩がき
谷中しょうが
新さんまの刺
道場六三郎さん
大雪渓
栃尾焼
鯖の一本寿司

吉田類の酒場放浪記 傑作選2015! (バラエティ/情報)
15:18~

これまで紹介した酒場について話した。40都道府県に行っている、方言もおかずであると話した。

八戸のばんやを紹介。昭和42年創業。熱燗を注文、八戸の地酒をいただいた。オススメはとれたばかりの烏賊だという。烏賊と、ぼたん海老を注文し堪能した。

静岡の青葉横丁にあるたこ八を紹介。静岡おでんの店だ。ドリンクはパックの焼酎を自分で緑茶でわって飲む。常連に教えてもらった。

諏訪のとんちんは、1時間1000円、何を飲んでも飲み放題、あとは.30分ごとに500円だという。諏訪の地酒をいただいた。常連さんからワインのおすそ分けもいただき、ウイスキーも飲んだ。

今治の五味鳥を紹介。焼き鳥が鉄板で焼かれていた。オーナーは今治の鉄板焼き鳥の発案者だという。たれつぼは48年使い続けてまわりが鍾乳洞のように固まっていた。五味焼やせんざんきを頂いた。

まだまだ続く!地方ならではの酒と肴

キーワード
陸奥男山
夕取りの烏賊
諏訪市(長野)
真澄
今治(愛媛)
せんざんき
五味焼

吉田類の酒場放浪記 傑作選2015! (バラエティ/情報)
15:29~

沖縄のおでん東大を紹介。残波の水割りをいただく。ミミガーのさしみや、焼てびちなどをいただいた。

大阪の京屋本店を紹介。昭和40年に創業、看板メニューは関西風おでん。牛すじをいただく。くじらのころもいただいた。関西ではおでんにかかせないが今は貴重品だ。あっさりしているという。どて焼もいただいた。

伊勢のとばっ子を紹介。海女さんのお店で、とれたてがお店にはこばれる。この夏最後のウニを日本酒をかけていただいた。とこぶしは、ふくだめと呼ぶそうだ。あわびもいただいた。

名古屋の大甚本店を紹介。大皿がならび、好きなようにとっていく。ほとんどの肴が2~300円で販売している。3皿食べて700円ととてもリーズナブルだった。

東京下町 名物女将のいる酒場

キーワード
那覇(沖縄)
残波
ミミガーとマメのさしみ
焼てびちー
関西風おでん
ころ
どて焼
ウニ
とこぶし

吉田類の酒場放浪記 傑作選2015! (バラエティ/情報)
15:40~

新小岩にはじめて来たという吉田。文政2年に創業という金魚の吉田を紹介。全国の有名金魚が勢揃いしていた。

駅から少し離れた住宅街にある、もつ焼きの店、おばこ、を訪ねた。地元御用達の人気店だ。チューハイを注文、シロやタンなどモツ焼を堪能する。焼くのは女将さんだ。ホッピーをのみながら、女将さんから店の歴史などを聞く。焼きナスや煮込みをいただいた。

吉田類は、酒について「酒は愛にして縁を深む」と話した。

年またぎ 酒場放浪記2015 番組宣伝。

キーワード
更紗琉金
地金
丹頂
モツ
タン
シロ
あぶら
  1. 12月27日 放送
  2. 次回の放送