世界遺産 「空飛ぶ船!運河と奇跡の天空橋」

世界遺産(せかいいさん、英語: World Heritage Site)は、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて世界遺産リスト(世界遺産一覧表)に登録された、文化財、景観、自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件のことで、移動が不可能な不動産が対象となっている。慣例的な用法として、その中の文化遺産を世界文化遺産、自然遺産を世界自然遺産と呼ぶことがある。なお、世界遺産の制度では正式な文書は英語とフランス語で示され、日本語文献では英語が併記されることがしばしばある一方、フランス語が併記されることは普通ないため、以下では参照しやすさを考慮して、東京文化財研究所 2017などに依拠して、主たる用語には英語を併記しておく。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月18日(日) 18:00~18:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。今日の世界遺産は「ポントカサステ水路橋と運河(イギリス/2009年登録)」。

キーワード
ポントカサステ水路橋
ポントカサステ水路橋と運河
イギリス

空飛ぶ船! 運河と奇跡の天空橋 (バラエティ/情報)
18:01~

イギリス・ウェールズにあるポントカサステ水路橋とスランゴスレン運河が今回の世界遺産。移動に使われる「ナローボート」はもとは物資運搬船だったが、現在はレジャーで活用されている。また、運河にはチャークマリーナがあり、ボートは長期レンタルも可能。制限時速は6kmほどで、側道はトゥパスという。かつては馬でボートを引いていた。船のほうが馬車よりもより荷物を運ぶことができた。

「ナローボート」の動力は馬からエンジンに代わり、大量の物資運搬が可能になり、イギリス全土に運河が張り巡らされた。スランゴスレン運河もその一部だった。

キーワード
ポントカサステ水路橋
スランゴスレン運河
ポントカサステ水路橋と運河
ウェールズ(イギリス)
チャークマリーナ
ナローボート

空飛ぶ船! 運河と奇跡の天空橋 (バラエティ/情報)
18:10~

イギリス・ウェールズにあるポントカサステ水路橋とスランゴスレン運河が今回の世界遺産。移動に使われる「ナローボート」はもとは物資運搬船だったが、現在はレジャーで活用されている。また、運河にはチャークマリーナがあり、ボートは長期レンタルも可能。制限時速は6kmほどで、側道はトゥパスという。かつては馬でボートを引いていた。船のほうが馬車よりもより荷物を運ぶことができた。

ポントカサステ水路橋の幅は1艘分しかない。水路橋は先に入った方が優先で、一方が渡り終えた後、反対側のナローボートが水路に入る。原則、運河は水平な場所に作られるが、高低差のあるミディ運河などの場合、ロックと呼ばれる水の階段を設ける。ただし、ロックを設けるには莫大な費用がかかり、通過にも時間がかかる。なお、スランゴスレン運河にはロックがない。

ポントカサステ水路橋には、産業革命で生まれた強い鉄が使われた。石で作るよりも大幅に軽量化され、橋脚の数を減らすことができた。また、鉄板をボルトて固定しており、フランネル(毛織物)で密閉度を強化していた。

ポントカサステ水路橋には水抜きの栓があり、2009年に水抜きされてメンテナンスされた。10年に一度、水路を点検しているという。ポントカサステ水路橋の近くには、トーマス・テルフォードの元事務所がある。

このあと、船と列車が併走!

キーワード
ポントカサステ水路橋
スランゴスレン運河
ポントカサステ水路橋と運河
ウェールズ(イギリス)
チャークマリーナ
ナローボート
ミディ運河
トーマス・テルフォード

空飛ぶ船! 運河と奇跡の天空橋 (バラエティ/情報)
18:23~

ポントカサステ水路橋の幅は1艘分しかない。水路橋は先に入った方が優先で、一方が渡り終えた後、反対側のナローボートが水路に入る。原則、運河は水平な場所に作られるが、高低差のあるミディ運河などの場合、ロックと呼ばれる水の階段を設ける。ただし、ロックを設けるには莫大な費用がかかり、通過にも時間がかかる。なお、スランゴスレン運河にはロックがない。

チャーク水路橋は石だけの橋脚で水路を支えている。トーマス・テルフォードが設計し、水路の内側には鉄が使われている。イギリス・スランゴスレンは物流の拠点として潤った。そして、時代は運河から鉄道に変わり、運河はその使命を終えた。しかし、地元の人達は運河の歴史的価値を見直して、 用するように なった。

ポントカサステ水路橋には水抜きの栓があり、2009年に水抜きされてメンテナンスされた。10年に一度、水路を点検しているという。ポントカサステ水路橋の近くには、トーマス・テルフォードの元事務所がある。

キーワード
ポントカサステ水路橋
スランゴスレン運河
ポントカサステ水路橋と運河
ナローボート
ミディ運河
トーマス・テルフォード
チャーク水路橋
スランゴスレン(イギリス)

エンディング (その他)
18:27~

エンディング映像。ポントカサステ水路橋と運河の登録理由は「19世紀 土木技術の傑作」。

メインテーマ曲「鳥のように」、エンディングテーマ曲「つくる世界」大橋トリオ。

世界遺産の次回予告。

キーワード
ポントカサステ水路橋
スランゴスレン運河
ポントカサステ水路橋と運河
鳥のように
つくる世界
大橋トリオ

番組宣伝 (その他)
18:27~

坂上&指原のつぶれない店

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送
  3. 次回の放送