ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜 2019年1月24日放送回

放送日 2019年1月24日(木) 13:55~15:49
放送局 TBS

番組概要

ニュース (ニュース)
13:55~

秋篠宮家・眞子さまの婚約者の母と元婚約者の男性の金銭トラブルをめぐり新たな動きが、眞子さまの婚約者の母の元婚約者男性に対し金銭トラブルに関して協議を求める文書が送られていたことがわかった。眞子さまの婚約者はそういった金銭トラブルについて解決済みという認識を示す文書を公表していたが、お金は貸したものと話す眞子さまの婚約者の母の元婚約者と意見が食い違っている。そんな中、その元婚約者男性は眞子さまの婚約者側の代理人から話し合いを提案する文書が送られてきたという。文書には過去の経緯について行き違いがあるのであれば解消したいと書かれており、元婚約者男性は「何らかの対応はするが、まずは弁護士に相談したい」としている。

きょうは国会で厚生労働省の不適切調査問題が追求されていて、のべ2000万人に総額567億円が支給されていなかったといい、これを受けて根本厚労相は事務次官を訓告とし、元幹部らは最大減給6億円の懲戒処分となった。統計調査を担当し処分を受けた元幹部・は隠ぺいを否定し、事務次官もコレを否定すると信頼回復と追加の給付に全力を尽くすとしている。一方国会では閉会中審査が行われ、野党だけでなく与党からも厳しい声が起きていた。

秋篠宮家・眞子さまの婚約者は母の金銭問題で母の元婚約者と協議へ行くことになるという。番組では眞子さまの婚約者がこれからするべきことは「眞子さまの婚約者側と(眞子さまの婚約者の)母の元婚約者が協議し和解すること」「秋篠宮家への説明と国民の理解を得ること」「眞子さまの婚約者が留学先で資格を取得することなどで成果を出すこと」と伝えた。宮内庁に対しこういったことについてアドバイスは出来ないのか?について竹田恒泰氏は「宮内庁に相談できるような筋合いのものではないと思うが、もし事前に宮内庁に相談をしていたならこの文章をそのまま公開したら逆効果ですとアドバイスをくれたのでは」と話した。

秋篠宮家・眞子さまの婚約者側とその母の元婚約者側の主張を解説。2010年に眞子さまの婚約者の母とその元婚約者は婚約、その間に金銭支援があった。それは眞子さまの婚約者の留学費用なども含まれているという。2012年に眞子さまの婚約者の母の元婚約者から婚約解消の申し入れがあった。眞子さまの婚約者側はその離婚解消の理由についてわからなかったという。その時に支援していたお金を清算する意向を話したが元婚約者男性は返してもらうつもりはなかったと話し、この時点で支援・慰謝料など金銭的な問題は全て解決済みだと確認したという(関係者によると、この時に借用書などは作っていないという)2013年に元婚約者男性から、眞子さまの婚約者の母は費用の返済を求める手紙が送られてきて、専門家に相談。元婚約者男性に対してご要望には応じかねるとし、元婚約者男性はそれに対し「何かあればこちらから連絡をする」と話したという。

秋篠宮家・眞子さまの婚約者側とその母の元婚約者側の主張を解説。眞子さまの婚約者の母の元婚約者男性の主張は、約400万円を援助。眞子さまの婚約者の母の求めに応じる形で生活費を支援(眞子さまの婚約者の大学費、留学費、アナウンススクールに費用など)。そして、トラブルは解決されたと言われているが、元婚約者男性は「トラブルは解決していない。婚約解消を申し出たのは、金銭援助を求められることが常態化、生活が苦しくなったから」とコメント。金銭の返済については「月々1万円~2万円程度なら返すことが可能という返答に、もう一度考えてほしいと話した」という。

キーワード
厚生労働省
毎月勤労統計
衆院・厚労委
雇用保険
根本匠厚労相
眞子さま
立憲民主党
西村智奈美衆院議員
公明党
桝屋敬悟衆院議員
宮内庁
フォーダム大学ロースクール

ニュース (ニュース)
14:26~

激務!?厚生労働省の働き方とは。

毎月勤労統計の不正調査問題だが、毎月勤労統計は厚生労働省が賃金などの変動を把握するための調査で、本来は従業員500人以上の事業者は全て調査するものとなっていたが、東京では500人以上の事業所の3分の1でしか調査が行われておらず、給与の高い東京の大企業の比率が下がったことで平均賃金が実際より低くなり、勤労統計の賃金額に連動する雇用保険・労災保険などで約567億円・のべ約2000万人への影響があると見られ、2018年以降はデータの修正も行なわれていた。このような調査を始めたのは事業所からの苦情や調査を伴う自治体の負担を考慮したためと見られ、課長級職員を含むまた、担当職員・元職員は抽出調査の事実を知りながら是正しなかった。また、これは総務相に承認された方法と実態が違うことから統計法に違反すると考えられるが、抽出調査を隠蔽しようとする意図は認められていない。

なぜこの様になったのか舛添さんは調査が大変だったのと事業所からの苦情は実際に多かったが、これを怠ると罪になってしまうために3分の1にしてはいけないと述べていた。また、地方の職員がこれを行い、厚労省の職員はこれをまとめるのみとなっているのだという。また、鈴木さんは厚労省が行っているので国会もチェックをしなければなら無かったが、大臣がこれを見抜くのは難しく自民党が厚労省に厳しくしかるべきだったと述べていた。石塚さんは監察委員について、外から来た人も内部の人達もいるが、聞き取りが行なわれたのは内部の人のみとなっていたと指摘した。

また、衆院厚労委員会では根本厚労相がこの問題を受けて国民の皆様にご迷惑をかけたと述べ、給付額が少なくなっている人に対して今年3~6月にかけて給付を開始するとしているが、すでに受給を終えた人に対しては時間がかかるという。また、この問題は与党からも、いい加減な統計で国民に迷惑をかけた・大臣の認識が甘いなどの声が上がり、野党からは7日の協議で報告書がでたことへの疑問などがあがった。また、これを受けて根本厚労相は責任問題を追求される場面もあり、中間報告書でヒアリングした39人中、監察チームで

キーワード
厚生労働省
毎月勤労統計
衆院・厚労委
雇用保険
時事通信
労災保険
アベノミクス
読売新聞
東京都
厚労省
年金記録問題
参議院選挙
安倍さん
民主党
長妻さん
厚生労働委員会
根本匠厚生労働相
橋本岳議員
桝屋敬悟議員
立憲民主党
西村智奈美議員
大串博志衆院議員

ニュース (ニュース)
14:42~

謎のアーティストバンクシーとは!?

厚生労働省について。厚生労働省は2001年に厚生省と労働省が統合してできた省。業務の例は予防接種、失業者への再就職支援、年金の支給など。国民の一生の暮らしを支える省庁になっている。厚労省の若手官僚は各省について、財務省はディベートサークル。真面目に政策を語るなどと話す。経産省はテニスサークル。まじめにやる人もいるがのりでやっている人もいる印象。外務省はキザで社交ダンスをやっている印象。総務省は非常に地味。グローバル時代に地方に興味を持つなんてと話す。厚労省は激務。ボランティアサークルだと話した。

厚労省の実態について。厚労省の若手官僚によると厚労省は年金、医療、介護、労働など政局にもなりやすく国会対応がとても多い。毎日、目の前の業務をこなすだけで精一杯だという。2015年の通常国会での答弁は経産省の2倍超となっている。

厚労省の国会対応について。午後6時15分が定時となっている。午後9時質問通告を受けて答弁案の作成開始。

キーワード
バンクシー
厚生労働省
厚生労働省HP
週刊東洋経済
毎日新聞
根本匠厚労相
衆院・厚労委

最新ニュース (ニュース)
14:56~

きょう午前7時半すぎ、大分県古国府にあるこおりん保育園の敷地内で大分市南太平寺の女児が母親の車から降りて園に向かっていた際に別の保護者が運転する車にはねられ、頭の骨を折り病院に運ばれたあと死亡した。警察は車を運転していた女性から話をきくなどして詳しい事故の原因を調べている。

去年9月~11月5回にわたり生ゴミから肥料を作る際に出た排水基準を超えた汚水を処理せず海に流したとして、熊本清掃社・社長とバイオプラザなごや工場長代理が水質汚濁防止法違反の疑いで逮捕された。この工場では名古屋市で1年間で出る事業系生ゴミの三分の一以上を処理し名古屋から生ゴミをなくすなどとアピールしていた。社長は容疑を否認しているが、工場長代理は容疑を認めている。警察が押収した会社のマニュアルには汚水は処理せず雨の日に流す旨の記載があったほか、行政の立入検査の際はきれいな工業用水を流す偽装を行っており、警察は会社ぐるみの犯行とみて追求している。

キーワード
古国府(大分)
南太平寺(大分)
熊本清掃社
バイオプラザなごや
港署
水質汚濁防止法
港区(愛知)
東京医科大学

ニュース (ニュース)
15:00~

生中継九十九里にもバンクシー?

キーワード
バンクシー

ニュース (ニュース)
15:16~

北海道おおあれ現地から最新情報。

天気予報 (ニュース)
15:24~

インフルエンザ流行拡大集団感染も。

キーワード
インフルエンザ

天気予報 (ニュース)
15:38~

DEAN FUJIOKA待望のニューアルバム。

キーワード
DEAN FUJIOKA
  1. 前回の放送
  2. 1月24日 放送
  3. 次回の放送