ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜 2017年12月11日放送回

放送日 2017年12月11日(月) 13:55~15:49
放送局 TBS

番組概要

ニュース (ニュース)
13:55~

今日午前、元横綱・日馬富士が傷害容疑で書類送検された。そんな中、連日満員となっている大相撲の冬巡業は今日、福岡・北九州市で開催。先週、白鵬に対し厳しい批判の声があがった。先週火曜日、貴ノ岩の診断書提出を要請するために鏡山危機管理部長が部屋を訪問。呼び鈴を鳴らすも反応はなかったため帰ろうとすると、関係者が車を呼び止めた。その後、何度も貴乃花部屋を訪問し、今日も貴乃花親方に会うことはできなかった。沈黙を続ける貴乃花親方には相撲協会脱退の噂もささやかれている。警察の捜査が終わったら協力するとしている。書類送検されたため、今後は検察が日馬富士を起訴するかどうかを判断する。

貴乃花部屋前から中継。今も40~50人の報道陣が集まっている状況。今日正午頃に鏡山危機管理部長が部屋を訪れ、封書を投函した。須田氏は「これからのやり取りは全て文書でやるとなると、相当信頼関係がない。大人げない」などとコメント。竹田氏は「直接行くということで誠意を見せている」などとコメント。日馬富士の弁護人はコメントで、捜査中のため事実関係は明かせないことと謝罪をした後に「引退会見において貴ノ岩に対する明確な謝罪の表現がなかったことは事実だが、極度に緊張した会見の場において単に日本語の表現力が及ばなかったものに過ぎず、何らかの意図があったものではない。なお、これまで日馬富士は警察の捜査に全面的に協力して来たがこの度、一通り捜査が終了し書類送検されたことから。これを機に改めて貴ノ岩と貴乃花親方と会って謝罪すると共に、慰謝の措置をどのように取るべきが話し合いをさせていただきたく、お願いの申し入れを行うことにしている」などとしている。

書類送検について。小川氏は「通常、在宅捜査では2~3か月書類送検までかかってもおかしくない。世間の注目を集める大きな騒動となり、異例の速さで対応したのでは。殺人事件でない限り、場所中に居合わせた力士に話は聞けない」などとコメントしている。八角理事長は日馬富士の書類送検について「大相撲最高位の横綱だった日馬富士が厳重処分意見を付されて送検されたことを厳粛に受け止める。検察に厳正な捜査・処分を行ってもらえるよう全面的に協力する」などとコメントしている。書類送検後の動きについて弁護士は「日馬富士は暴行を認め、すでに横綱を引退して社会的制裁を受けている。相撲のプロ同士の事案であることから前科にならない起訴猶予になる可能性が高い」などとコメント。竹田氏は「社会的制裁は受けているが、社会に与えた影響も大きい」などとして起訴の可能性があると指摘。起訴猶予とは、犯罪の疑いが十分にあり起訴して裁判で有罪に向けて立証することも可能だが、特別な事情に配慮して検察が起訴しないことをいう。また比較的軽い犯罪で本人が深く反省していたり、被害者と示談したりした場合に選択される。同じ不起訴でも証拠が足りず、犯罪の疑いが弱いと判断して起訴を見送る「嫌疑不十分」とは異なる。診断書について、森田氏は「提出された診断書を書いたのは心療内科などの医師ではないため、メンタル部分の診断は書かれなかったのでは」などとコメント。須田氏は「いくら被害者だとはいえ、診断書を出さないのであれば貴ノ岩が処分を下される可能性がある」などとコメント。

先月30日、相撲協会の理事会で高野委員長は「貴乃花親方は警察の捜査が優先されるが、捜査後には協力してくれると言った」としている。小川氏は「警察としての捜査後は書類送検だが、検察としての捜査後は起訴可否後になる。貴乃花親方がどちらを指しているのかはわからない」などとコメント。検察の一番の判断は被害者感情だという。日馬富士も示談ををしてから謝罪すべきだという。小川氏によると、本来であれば起訴されて公判請求されてもおかしくない事件だという。タイムリミットと考えられるのは、今月20日の臨時理事会だという。そこで今回の事件の最終報告や関わった人物の処分が決定されるとみられる。ただ理事会の最終報告について八角理事長は、貴ノ岩への聞き取り次第でずれ込む可能性を否定しなかった。

相撲協会が貴乃花部屋を4度訪問するも貴乃花親方と会えなかった。今月5日に鏡山危機管理部長と立田山親方が訪問し、インターホンを3度鳴らすも反応がなく封筒をポストへ投函した。直後に貴乃花部屋の関係者が後を追う事態となった。鏡山親方は「何でも書面でと言われている。そういうものに応えるのが相撲道じゃないのか。ルールなんだから」などとコメントしている。ユージは「書類にこだわるのは書面に残すためでは」などとコメント。今月8日、再び部屋を訪れ鏡山親方は「電話しても出ない。直接持ってきた方が早いから」などとコメント。部屋に入るも貴乃花親方には会えず、関係者に封書を手渡し1分ほどで退出した。一昨日、インターホンを4回鳴らすが応答がなかったため持参した書面をポストに入れた。昨日の時点で貴ノ岩の診断書は協会に未提出の状態。今日、4度目の訪問も親方には会えず、封筒を投函した。元横綱が動きを見せ、ツイッターに「貴ノ岩どこにいる?」などと投稿している。須田氏はこの動きに対し「貴ノ岩のモンゴルでの評判がものすごく落ちているためでは。元横綱は官僚とつながりもある」などとコメント。

死因は「虚血性心不全」。波乱万丈人生、野村沙知代さん(85)急逝。

キーワード
日馬富士
書類送検
貴乃花親方
冬巡業
白鵬
鏡山危機管理部長
日本相撲協会
貴乃花部屋
北九州市(福岡)
直方市(福岡)
江東区(東京)
八角理事長
菊地弁護士
伊勢ケ浜親方
貴ノ岩
大宰府市(福岡)
ウランバートル(モンゴル)
高野利雄委員長
危機管理委員会
羽田空港
立田山親方
日刊スポーツ
スポーツ報知
デイリースポーツ
朝青龍のツイッター
虚血性心不全
野村沙知代さん

ニュース (ニュース)
14:32~

野村沙知代さん急逝の話題。毒舌ぶりが人気を博し、「サッチー」の愛称で親しまれた沙知代さんが、先週金曜日85歳で亡くなった。死因は、虚血性心不全。沙知代さんを看取った克也さんは、その死が突然なものだったと語った。1999年、浅香光代さんとの舌戦「ミッチー・サッチー騒動」で世間を賑わせた。この騒動に、多くの芸能人も参戦し約3年間話題となった。その浅香さんは、沙知代さんの訃報にご冥福を祈るコメントをした。おしどり夫婦としても有名だった野村夫妻。夫・克也さんの「ぼやき」は流行語大賞を受賞。授賞式には、夫の代わりに沙知代さんが出席した。8年前には、克也さんの新曲「女房よ…」が発売。取材では、「もしも先にお前が眠れば、すぐにもそばへ行くよ」という歌詞に対して、沙知代さんが嘘だとつっこみ、笑いを誘った。

野村夫妻の出会いは1970年。その8年後、お互いバツイチ同士で結婚。2人の間には息子が誕生した。息子は母親の突然の訃報に、偉大な母でしたと悲しみのコメントを発表。克也さんは、今日まで夫婦円満でこれたのは息子のおかげでもあると話した。沙知代さんは番組で、100歳まで生きて再び子どもと一緒に生活するのが夢だと語っていた。

野村沙知代さん(85)急逝の話題。ずっと元気なイメージがあったので、この訃報に驚いたと大久保がコメント。共演したことのあるユージは、表向きかかあ天下のイメージがある沙知代さんだが、現場では克也さんを裏で支えている印象が強いと話した。

森田豊医師解説 冬の朝が要注意!!虚血性心不全予防法は?

キーワード
野村沙知代さん
パートナー・オブ・ザ・イヤー2010
朝のホットライン
野村克也さん
浅香光代さん
ミッチー・サッチー騒動
かかあ天下
モーニングEye
ぼやき
2009ユーキャン新語・流行語大賞
女房よ…
虚血性心不全
克則さん
はなまるマーケット
野村さん

JNN NEWS (ニュース)
14:46~

ICAN ”平和賞” 受賞の話題。菅官房長官は、「国際社会の核軍縮・不拡散に向けた認識や機運が高まる」として、この受賞を評価した。また「改めて敬意を表したいと思うし、授賞式に被爆者の方々が参加された事は意義深い」と指摘。一方で、日本が将来「核兵器禁止条約」に参加するかどうかについては、「核兵器のない世界という理想に向けた現実的なアプローチが必要。条約は我が国のアプローチと異なるもので、署名、批准は行わない考えだ」とコメントした。

大阪・豊中の5人死亡アパート火災の話題。今月8日夜、大阪府豊中市の木造2階建てアパートから出火し、約400平方メートルが全焼。住人の80代女性ら5人の遺体が発見された。住民らによると、アパートは築50年ほどで、23部屋あったという。警察は現場の状況などから、一階北東側の部屋が火元となった可能性があるとみて調べている。16人の住人のほとんどが一人暮らしの高齢者で、警察と消防は火事の原因を調べると共に、遺体の身元の確認を進めている。

小学校の清掃担当の男逮捕の話題。男は今月七日、勤務する中野区の小学校で、教室にスマホを設置する為侵入した疑いが持たれている。男は粘着テープで教室の壁にスマホを貼り付け、穴を開けた掲示物をかぶせ、撮影できる状態で隠したという。児童がスマホを見つけ発覚。取り調べに対し男は、「児童を撮影したかった」と容疑を認めている。警視庁は盗撮目的とみて調べている。

キーワード
ICAN
菅官房長官
ノーベル平和賞
ノーベル平和賞授賞式
核兵器禁止条約
オスロ(ノルウェー)
豊中市(大阪)
警視庁
盗撮
中野区(東京)

ニュース (ニュース)
14:49~

野村沙知代さんの死因である、虚血性心不全について。野村克也さんは、亡くなる前日もレストランで一緒に食事をしており、沙知代さんの死が突然のものだったと明かしている。沙知代さんは7日、夫婦で日課だった行きつけのレストランで夕食。8日昼過ぎ、克也さんが起床すると「左手を出して、手を握って」と言ったという。克也さんは珍しく思いつつ、笑いながら手を握ったという。その後食事中、沙知代さんは食事に一口しか手を付けず、しばらくしてテーブルで意識を失った。午後2時頃、救急車で病院に搬送。午後4時9分、搬送先の病院で虚血性心不全により亡くなった。

虚血性心不全とは、心臓の筋肉に血液を送り込む血管が狭くて閉塞し、血液が心臓の筋肉に届かず、心臓の収縮力が低下。その結果、全身の臓器に必要な血液を送れず、死に至るもの。心筋梗塞とほぼ同じ。これによる年間死亡数は10万人以上。亡くなった人の10人に1人の割合だ。一般的に、男性は40歳以上、女性は50歳以上から発症する人が多くなる。女性は女性ホルモンで血管が守られている為、男性より発症年齢が遅い。虚血性心不全は、冬の朝に注意が必要。室内から屋外に出たりなど、激しい寒暖差が生じた際、血管の収縮・血圧の上昇などから発症しやすいという。更に、朝は寝ている間に体の水分が失われたり、血液の流れが活発でない事からより注意が必要だ。夜間のこまめな水分補給、なるべく寒暖差をなくすなど工夫する事が重要。

虚血性心不全の症状は、胸の真ん中の痛み。ただし、お年寄りの約50%以上は胸の痛みを伴わないという。また、左手の小指のしびれや、左肩の痛みなどの症状が出る場合がある。 沙知代さんの場合、強い胸の痛みなどは伴わなかった可能性がある。虚血性心不全や心筋梗塞は、少しでも違和感があったらすぐに病院に行き、検査してもらう事が重要だ。虚血性心不全になりやすい人の例。肉食中心。肥満。喫煙者。怒りっぽいなどの人は、注意が必要。ラーメンのスープなどは、全部飲まない方が良い。煙草は血管を縮めてしまう作用がある為、吸わない方が良い。

犯罪ジャーナリストが宮司殺害事件の最新情報!

キーワード
野村沙知代さん
野村克也さん
産経デジタル
日刊スポーツ
虚血性心不全
突然死
厚生労働省
前田健さん
武藤まき子さん
心筋梗塞
閉経
脳梗塞
ヒートショック
沙知代さん
2009ユーキャン新語・流行語大賞
ノーベル製菓
男梅
男梅蔵
ラーメン
狭心症
DHA
EPA

ニュース (ニュース)
15:06~

一昨日、東京・富岡八幡宮の関係者に届いた1通の手紙には激しい憎悪の言葉が綴られていた。創建390年の神社で起きた凄惨な殺人事件は、先週木曜日に富岡八幡宮近くで起きた。宮司である姉を殺害し、その後容疑者自らも自殺した。容疑者は1999年、TBSの番組に富岡八幡宮の宮司として出演していた。襲撃から自殺までの犯行時間は5分だった。容疑者は妻と共に2本の日本刀を準備して、犯行の約1時間前から待ち伏せをしていた。姉を車から引きずり出し、斬りつけて殺害したとみられる。妻は逃げた車の運転手を追いかけ、日本刀で右腕を斬りつけたという。その後容疑者が妻を刺して殺害し、自らも胸を刺して自殺したとみられる。2人は宮司の座を巡りトラブルとなっていた。1995年に父親が宮司を退任した後、容疑者が宮司に就任した。だが宮司の地位を利用して神社の収入を私物化していたことなどが問題となり、2001年に宮司を解任された。姉に対する恨みを募らせていた容疑者は、2006年に「今年中に決着をつける。覚悟しておけ」などと書いたハガキを送り、脅迫容疑で逮捕されている。今回、事件直後に神社関係者に届いた1通の手紙の消印は事件翌日。事件前に手紙を投函したとみられている。8枚に及ぶ文書には姉との対立について主張が綴られていた。また自分の息子を宮司にするよう要求していた。

富岡八幡宮の事件について。竹田氏は「宗教者として考えられない事件。神社は本来清らかな場所。容疑者の心はとんでもなく汚れている」などとコメント。

小川泰平氏が宮司殺害事件の最新情報!

キーワード
富岡八幡宮
TBS
江東区(東京)

ニュース (ニュース)
15:16~

宮司殺害事件の話題。弟とその妻は心中だったかどうかについて、小川氏は弟が妻を背中から刺している為、弟による不意打ちだったのではと指摘。妻が死ぬということを考えていなかった可能性があるとしている。更に小川氏の取材によると、弟の妻はこの事件後に夫婦旅行を企画していたという。宮司の運転手まで襲われた事については、口封じ・巻き添えで襲われた可能性があるという。また、運転手の男性は九州の神社の息子で、今回殺害された宮司が見込んで神職に育て上げていたという。運転手の男性が襲われた場所には、弟の妻だけでなく弟本人もおり、「お前だけは許してやる」と言ったのは弟の可能性がある。

小川氏の取材によると、弟の犯行のきっかけは、富岡八幡宮の神社本庁からの離脱。姉が宮司に正式に任命され、自分が宮司に再任される道がなくなった。また、八幡宮からの経済支援打ち切りの話も出ていたという。1995年に、父親から弟が宮司を引き継いだ。しかし、弟の素行不良が原因で解任。その後、「神社や富岡家に迷惑をかけない」との条件で、弟に退職金と富岡家からの経済支援を約束。しかし、2006年に弟は姉に「地獄へ送る」などといった脅迫文を送り、逮捕される事態に。その他にも、姉弟の間には金銭トラブルがあったとの情報もある。

2010年、父親の体調不良を理由に、姉が宮司を引き継ぐ。今年3月、弟の妻名義で、姉を中傷する告発状が神社本庁へ届けられる。神社本庁は政教分離の関係で誕生した組織。ほとんどの神社が加盟している。富岡八幡宮は神社本庁でも特別な存在で、宮司の任命にも神社本庁の賛同が必要。その為富岡八幡宮は神社本庁へ姉を宮司にする申請をしていたが、なかなか正式に任命されなかった。6月には、弟から複数の関係者に姉を中傷する電話が。7月、姉の弁護士が弟に警告状を送付。中傷を続ければ、経済支援を止めると通告したという。

「怨霊となり永遠に祟り続ける」犯行直前に書いた!?8枚の”遺書”

キーワード
富岡八幡宮
神社本庁
江東区(東京)
別表神社
朝日新聞

ニュース (ニュース)
15:29~

神社本庁を離脱したのが9月で、被害者が宮司になったのが、今回の事件の原因だったという。スタジオでは内紛の過程を紹介。1995年に父の体調不良により容疑者が宮司に就任。その際、誹謗中傷による怪文書が出回るようになり、姉の仕業だと思った容疑者は被害者である姉に脅迫状をみせ、今度また脅迫状が届いたら警察に届けることを伝えたという。また、宮司が容疑者に変わったことで、父にとって自由に神社が財産を使えなくなったことは非常に不満だったという。さらに容疑者は自分の意志で宮司を辞めだではなく、罠にはめられ辞表を書かされたという。容疑者が書いた文書には、死への覚悟が読み取れると小川は話すが、本人が書いたとは断定できないとも話した。

あすから今季最強寒波各地で雪だるまも。

キーワード
神社本庁
朝日新聞
富岡八幡宮
深川八幡祭り
東京新聞
江東区(東京)
台東区(東京)
文京区(東京)

天気予報 (ニュース)
15:39~

新潟・苗場の映像と、渋谷駅の映像が流れた。

日本海側では暴風雪の可能性。全国の天気予報が伝えられた。

「あおり運転」東名夫婦死亡事故 同じような被害を受けた男性が初証言

キーワード
渋谷駅
苗場(新潟)
渋谷(東京)
あおり運転

エンディング (その他)
15:46~

Nスタの番組宣伝。東名夫婦死亡で起訴の男に「あおり運転」をされた人物からの新証言。男性が道路を走っていると、前方に被告の車がゆっくり走っており、追い越した瞬間あおり運転開始。危険なあおり運転を繰り返されたが、警察を呼んで事なきを得たという。

ちょっと気の早い明日の運勢ランキングが流れた。

キーワード
あおり運転
東名高速道路
  1. 前回の放送
  2. 12月11日 放送
  3. 次回の放送