この差って何ですか? ★ヨーグルト+玉ねぎ健康長寿が食べてる長生きご飯に上地も仰天SP

『この差って何ですか?』(このさってなんですか?)はTBS系で放送されている、世の中のさまざまな事象の中の“差”を徹底追跡するバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月26日(火) 19:00~20:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像が流れた。

外国人がわからない日本の差 (バラエティ/情報)
19:00~

アメリカ出身のデイビッドさんは、祝儀袋を買いに行った時に赤と白の紐が上向きや下向きだったりすることに疑問を感じていた。この紐は白い紐を紅い水に半分浸して引きながら染めていたことから、水引と呼ばれている。冠婚葬祭などの本を多数執筆しているマナー講師によると、水引は「結婚・出産・七五三・成人」の中で使い分けが必要だという。

スタジオの高橋さんは結婚の時は上を向いて歩くなどの理由から、上向きの水引を選ぶのではと予想した。正解は水引を引っ張った時に、水引が下向きだとほどけるので何度あっても良いお祝い事、水引が上向きは何度も結べないので1度きりのお祝い事で使うという。このことを踏まえ「出産・七五三」は水引が下向き、「結婚・成人」は水引が上向きと分類される。

赤と白の水引と、金と銀の水引の差は中に入れる金額で使い分けると久本さんは正解していた。一般的には赤と白には1万円以下、金には1万から3万円以下となる。3万円から5万円は金色の水引で袋に装飾がついたもので、5万円異常は鶴などでより豪華に装飾された祝儀袋にするのが適している。祝儀袋を変えるのは、結婚式などで大勢来た時にどのくらいの金額が入っているかひと目でわかるからだという。

100歳が実践 健康長寿の食べ合わせ

キーワード
水引
マイナビ出版
しぐさのマナーとコツ 暮らしの絵本
祝儀袋

健康長寿の秘訣!食べ合わせの差 (バラエティ/情報)
19:14~

ご長寿の健康の秘訣を紹介した。 箱石さんはヨーグルトにココア、遠藤さんはオクラに納豆、高橋さんはゴーヤに酢を入れて食べていた。

番組では高齢者が週3日以上食べている食材を調べた。すると5位にキャベツ、4位サバ、3位豆腐、2位ヨーグルト、1位豚肉となった。さらに、100歳以上のご長寿にトップ10の食材と何を食べ合わせているのかというアンケートも実施した。その結果、ご長寿は健康につながる食べ合わせ方をしていたことがわかった。

高齢者が週3日以上食べる食材の第9位である梅干しと、何かを食べ合わせる事によって、骨粗しょう症を予防できるという。その食べ合わせ方を実践している100歳の國部さんは、キュウリとお酢、砂糖、ちぎった梅干し、そしてワカメを入れて食べていた。骨粗しょう症にはカルシウムが必要で、ワカメには豊富に含まれているが吸収しづらいという。しかし、クエン酸と一緒に食べる事で吸収されやすくなるのだという。

高齢者が週3日以上食べる食材の第8位であるサケと、何かを食べ合わせる事によって、動脈硬化を予防できるという。

高齢者が週3日以上食べる食材の第9位である梅干しと、何かを食べ合わせる事によって、骨粗しょう症を予防できるという。その食べ合わせ方を実践している100歳の國部さんは、キュウリとお酢、砂糖、ちぎった梅干し、そしてワカメを入れて食べていた。骨粗しょう症にはカルシウムが必要で、ワカメには豊富に含まれているが吸収しづらいという。しかし、クエン酸と一緒に食べる事で吸収されやすくなるのだという。

キーワード
厚生労働省調べ
梅干し
ワカメ
キュウリ
宮崎市(宮崎)
骨粗しょう症
カルシウム
クエン酸
サケ
動脈硬化

健康長寿の秘訣!食べ合わせの差 (バラエティ/情報)
19:27~

高齢者が週3日以上食べる食材の第8位であるサケと、何かを食べ合わせる事によって、動脈硬化を予防できるという。実践している101歳の小笠原さんは血管が丈夫で、サケにブロッコリーを入れたシチューを食べていた。このブロッコリーはビタミンCが豊富で、サケのアスタキサンチンと一緒にとることで長い間、動脈硬化の予防が期待できるという。

高齢者が週3日以上食べる食材の第4位であるサバと、何かを食べ合わせる事によって、認知症を予防できるという。実践している103歳の瀬戸さんは、身の回りのことを自分でできるほど元気なご長寿だった。

キーワード
サケ
動脈硬化
ブロッコリー
韮崎市(山梨)
ビタミンC
アスタキサンチン
サバ
足柄上郡(神奈川)
認知症

健康長寿の秘訣!食べ合わせの差 (バラエティ/情報)
19:38~

高齢者が週3日以上食べる食材の第4位であるサバと、何かを食べ合わせる事によって、認知症を予防できるという。実践している103歳の瀬戸さんは、焼き鯖にすりおろしたリンゴをかけて食べるのが大好きだという。このリンゴが認知症予防に効果的だという。

スタジオでもこのすりおろしリンゴと焼き鯖を食べてみると、出演者はフランス料理のようで美味しいなどと話していた。サバにはDHAが含まれているが、脳までたどり着くのは少ない。しかし、リンゴに含まれるリンゴポリフェノールが、DHAを壊さないまま脳まで運んでくれるという。

高齢者が週3日以上食べる食材の第2位であるヨーグルトと、何かを食べ合わせる事によって、健康効果を高めるという。白澤先生も意外だった組み合わせは、ビフィズス菌の効果も高める。実践している100歳の池沢さんは15年ほど風邪もひいていなかった。

キーワード
サバ
足柄上郡(神奈川)
認知症
リンゴ
揚げナス
冷奴
リンゴポリフェノール
DHA
ヨーグルト
那須烏山市(栃木)
ビフィズス菌

番組宣伝 (その他)
19:47~

ミリオンヒット音楽祭 演歌の乱の番組宣伝。

健康長寿の秘訣!食べ合わせの差 (バラエティ/情報)
19:49~

高齢者が週3日以上食べる食材の第2位であるヨーグルトと、何かを食べ合わせる事によって、健康効果を高めるという。実践している100歳の池沢さんはスライスしたタマネギにはちみつをかけて食べていた。スタジオでもこのはちみつがけを食べると、食べやすいと出演者は話していた。ビフィズス菌のエサとなる食物繊維は、水に溶けるものとそうでないものがある。この水に溶ける水溶性が多く含まれるのはタマネギで、ヨーグルトとタマネギの食べ合わせは腸内環境をよりよくしてくれるという。

高齢者が週3日以上食べる食材の第1位である豚肉と、何かを食べ合わせる事によって、健康効果を高めるという。豚肉はビタミンB1が含まれて健康長寿として非常に良いが、脂があることによって動脈硬化の恐れが出てしまう。しかし、その何かによって恐れがなくなり、さらに健康効果があるという。実践している出井さんは小さく切った豚肉を茹で、サツマイモも一緒に煮込み、さらにタマネギも一緒に煮込んだ「豚肉とサツマイモの甘辛煮」を食べていた。この食べ方は、元々豚肉に含まれる脂質を、サツマイモに含まれるビタミンEが過酸化脂質にしないように防ぐので、本当の健康長寿の豚肉になれるという。

教えてもらう前と後の番組宣伝テロップ。

キーワード
ヨーグルト
那須烏山市(栃木)
ビフィズス菌
はちみつ
タマネギ
食物繊維
過酸化脂質
サツマイモ
豚肉
豚肉とサツマイモの甘辛煮
羽生市(埼玉)
ビタミンB1
ビタミンE

エンディング (その他)
19:59~

エンディング映像が流れた。

教えてもらう前と後の番組宣伝テロップ。

TVerの紹介テロップ。

キーワード
TVer
  1. 前回の放送
  2. 3月26日 放送
  3. 次回の放送