この差って何ですか? スゴい100歳!健康長寿の朝食&飲み物の差に渡鬼中田喜子仰天SP

『この差って何ですか?』(このさってなんですか?)はTBS系で放送されている、世の中のさまざまな事象の中の“差”を徹底追跡するバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月4日(火) 19:00~20:57
放送局 TBS

番組概要

外国人が分からない日本の差 (バラエティ/情報)
19:00~

のら猫とどら猫の差を調査。山口謠司教授に聞いたところ、のら猫は飼い主がいなくて住処が定まっていない猫を指し、「のらりくらりしている猫」が語源だと解説。一方、どら猫についてのら猫が100匹以上生活している青島の映像と共に盗みをする猫の事を指すと説明した。

スタジオで「どら猫のどらは何が語源?」という問題を出題。正解は鐘の銅鑼。同じ言葉のどら息子は怠け者で働かず親のスネをかじっている子どもという意味で親の金を尽きさせてしまうので「お金が尽きる」=「金を尽く」=「鐘を突く」から銅鑼が付くようになった。そして盗んで人のお金を尽き支えてしまう猫という意味でどら猫と呼ばれるようになった。

キーワード
のら猫
どら猫
青島(愛媛)

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
19:09~

スタジオにかしまし娘の正司照枝、正司花江が登場。午前5時、花江は起きてすぐにウォーキングを行い55段の階段を駆け上がる。さらに坂を見つけたら必ず登る。階段・坂道を歩くと平地に比べ約5倍の運動量を使う。

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
19:14~

今回紹介する箱石シツイは101歳で一人暮らししていて現役の理容師、松林ちのさんは102歳、99歳年下の玄孫ら5世代で同居している。2人とも来年、4つ目の時代を迎える。シツイさんは20歳の時に浅草で初めて食べたアイスクリームの甘さにビックリした。ちのさんが初めてびっくりした事は12歳の時、リヤカーを引っ張った時、たくさんの野菜が楽に運べてビックリした。正司花江は照枝の家に車で行った時、サイドブレーキを忘れて車がよその門に突っ込んでいた事にびっくりしたと話した。

花江は朝5時にウォーキングをし朝から2時間もの間様々な運動をこなしていた。箱石シツイさんの朝の過ごし方に密着。午前7時、毎朝10回のスクワットを行っていた。

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
19:22~

箱石シツイさんはスクワットの他に毎朝10回片足立ちも行っていた。グーパー体操を毎朝30回、足の指も同時に行っていた。躓いた時の転倒防止になる運動で足指運動は介護施設で取り入れられている。シツイさんは毎日布団の上げ下げを自分で行っている。

松林ちのの朝の過ごし方に密着。朝8時、着替えを済ませると折込広告で折り紙を作ったり色紙で鶴を折っている。折り紙は角や辺を織り合わせる指先を動かす細かい作業が必要になり、介護施設でリハビリの一環として利用されている。折り紙だけでなくお医者さんに教えてもらった指体操も行っている。

花江の朝食は八丁味噌を使った味噌汁やネバネバ料理。ご飯はただの白米ではなく噛んで食べる事を意識して十五穀米を食べている。照枝は脂身たっぷりのサーロインステーキを食べている。箱石シツイさんは朝8時、全粒粉のパンを食べていた。パンは血糖値が上がりやすいが全粒粉は血糖値の急上昇を抑える事ができる。

「EPAとカルシウムが豊富な食材は?」という問題を出題。正解は魚肉ソーセージ。魚肉ソーセージには血液サラサラ効果のあるEPAが多く含まれている。シツイさんはココアときな粉を入れたオリジナルヨーグルトを食べていた。きな粉はたんぱく質が豊富でカカオに含まれるテオブロミンが脳を刺激を与えるのでボケ防止に効果がある。

松林ちのさんの朝食はのり佃煮、焼き鮭、らっきょう、納豆、ご飯、ヨーグルト。らっきょうは畑の薬と言われ食物繊維、抗酸化力、解毒作用、がん予防に効果的。一方で刺激が強いため胃の粘膜がやられてしまうので1日3粒が目安。

花江の昼間の過ごし方は庭のお手入れ。20キロの土の袋を軽々と持ち上げ自ら運転しヨガ教室に通った。朝5時半から動き続けるのが花江の健康法。その後は姉妹の麻雀タイム。一方、箱石シツイさんの昼間の過ごし方は午前10時に外に出て家庭菜園。午前11時、理容室に向かい開店準備を始める。22歳で結婚し理容室を開店。80年以上同じイスを使い続けている。日課として声を出して新聞を読んでいる。

キーワード
魚肉ソーセージ
EPA
カルシウム
カカオ
きな粉
ココア
たんぱく質
テオブロミン
のり佃煮
焼き鮭
らっきょう
納豆
ご飯
ヨーグルト
がん
食物繊維

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
19:42~

石シツイさんは日課として声を出して新聞を読んでいる。「肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい」の著者・西山耕一郎先生は大きな声を出し喉の筋肉を鍛える、話す機会が少ない人は普段から声を出すことが重要だと話した。午後1時、理容室に客が訪問。75年前にコンテストで1位になった腕前だという。

松林ちのさんの昼間の過ごし方を紹介。午前11時、仕事中の母親に代わって玄孫の世話をした。午後0時、階段上り下り運動をし「よいしょ!よいしょ!」と大きな声を出すことで誤嚥性肺炎のリスクを減らしていた。午後1時、昼食を終えるとあるものを飲んでいた。

「疲労回復に効果的な飲み物とは?」という問題を出題。正解は甘酒。米麹で作る甘酒はブドウ糖を多く含む。即効性が高い為疲労回復に効果的。

午後3時、松林ちのさんは月に一度のお楽しみのエステを行った。ひ孫の紗里さんは自宅でエステサロンを開業しているので毎月フェイシャルエステをしてもらっている。フェイシャルエステは脳に一番近い顔の血行を良くするので脳に必要な血液や栄養を届けられる。

花江の昼間の過ごし方は庭のお手入れ。20キロの土の袋を軽々と持ち上げ自ら運転しヨガ教室に通った。朝5時半から動き続けるのが花江の健康法。その後は姉妹の麻雀タイム。一方、箱石シツイさんの昼間の過ごし方は午前10時に外に出て家庭菜園。午前11時、理容室に向かい開店準備を始める。22歳で結婚し理容室を開店。80年以上同じイスを使い続けている。日課として声を出して新聞を読んでいる。

照枝は午後4時、ウイスキーを飲みながら夕食をとるが午後5時半から午前9時半までの16時間、全く食事をとらない。アルツハイマー病の治療として使われており12時間以上絶食すると脳の中のたんぱく質を除去する事ができる。箱石シツイさんの夕食は豆腐、大豆とひじきの煮物、おから、納豆、ご飯。

キーワード
肺炎がいやなら、のどを鍛えなさい
甘酒
ブドウ糖
誤嚥性肺炎
豆腐
大豆とひじきの煮物
おから
納豆
ご飯
アルツハイマー病

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
19:54~

箱石シツイさんの夕食は豆腐、大豆とひじきの煮物、おから、納豆、ご飯と全て大豆。大豆には大豆イソフラボンが含まれている。イソフラボンは更年期障害を予防してくれる。イソフラボンは寝ている最中に働きが良くなるので夕食に食べるのが好ましい。

松林ちのさんの夕食はさつまいも煮、豚肉の野菜炒め、冷や奴、ご飯、みそ汁、野菜スティック。これに加えて日本酒を飲んでいる。

全国の100歳以上の方に「1週間で3日以上食べている食べ物は?」というアンケートを実施。1位が豚肉、3位がとり肉、13位が牛肉だった。だが同じ肉でもどの肉を食べるかによって得られる健康効果に大きな差が生まれる。「その調理、9割の栄養を捨ててます!」の著者・赤石定典先生がスタジオに登場し解説。どのお肉を食べるか、どの部位を食べるか、どのような調理方法で食べるかによって変わる。

50代の女性3人に協力してもらい、それぞれ毎日夕食に牛肉、豚肉、とり肉を3週間食べてもらい夕食後に足上げ運動50回をしてもらった。「筋肉量が1番増えて足腰の衰えを防ぐのは?」という問題を出題。牛肉と豚肉の人は+0.5kg、とり肉の人は+1.1kg筋肉量が増えていた。一番足腰の衰えを防ぐのはとり肉だった。筋肉量を増やすために必要な栄養素はタンパク質。他の肉が16gのところとり肉は20gもタンパク質が含まれている。

「ムネ肉とモモ肉どちらがタンパク質が多い?」という問題を出題。正解はムネ肉。たんぱく質の専有量はモモ肉17.3gに対し、ムネ肉は24.4g。

「タンパク質の吸収率が上がる料理は?」という問題を出題。

キーワード
豆腐
大豆とひじきの煮物
おから
納豆
ご飯
アルツハイマー病
更年期障害
大豆イソフラボン
さつまいも煮
豚肉の野菜炒め
冷や奴
みそ汁
野菜スティック
日本酒
豚肉
とり肉
牛肉
その調理、9割の栄養を捨ててます!
タンパク質
バンバンジー
チーズタッカルビ

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
20:09~

「タンパク質の吸収率が上がる料理は?」という問題を出題。正解はチーズタッカルビ。チーズに含まれるビタミンB6がタンパク質とくっつくことによってタンパク質が細かくなりよりタンパク質を吸収しやすくなる。

「疲労回復効果がある1番ある肉は?」という問題を出題。正解は豚肉。疲労回復に効果的なビタミンB1の専有量を見てみると牛肉が70mg、とり肉が60mg、豚肉が660mg。

「バラ肉とヒレ肉どちらにビタミンB1が多い?」という問題を出題。正解はヒレ肉。バラ肉960mgに対してヒレ肉1320mg。

ビタミンB1をとりやすい料理はとんかつ。ビタミンB1は水に溶け出す性質がありしゃぶしゃぶはビタミンB1が取れない。とんかつは水を使わず衣が肉をコーティングしてくれているのでビタミンB1の流出を防いでくれる。「ビタミンB1を10倍とれる食材は?」という問題を出題。正解はニンニク。豚肉をそのまま食べるとビタミンB1が水に溶けてそのまま流れていってしまうが、ニンニクと一緒に食べた場合、ニンニクに含まれるアリシンがビタミンB1と結びつきアリチアミンに変化。アリチアミンになると水に溶けにくくなるのでビタミンB1をしっかり取る事ができる。

3週間牛肉、豚肉、とり肉を食べ続けた3人の女性の体脂肪率を調べた。

キーワード
とり肉
タンパク質
バンバンジー
チーズタッカルビ
チーズ
ビタミンB6
豚肉
牛肉
ビタミンB1
ニンニク
とんかつ
アリシン
アリチアミン
体脂肪
体脂肪率

健康を気遣うご長寿が実践する健康法の差 (バラエティ/情報)
20:21~

3週間豚肉を食べた人の体脂肪率は変わらず、とり肉を食べ続けた人の体脂肪率は-0.4%、牛肉を食べた人の体脂肪率は-1.6%減っていた。1番体脂肪を減らす肉は牛肉だった。肉に含まれるL-カルニチンは体の中の脂肪を燃やしてエネルギーに変える働きがあるためL-カルニチンの量が多いと脂肪を減らす効果が高い。L-カルニチンの含有量はとり肉が30mg、豚肉が70mg、牛肉が130mg。

「サーロインとヒレ肉どちらがL-カルニチンが多い?」という問題を出題。正解はヒレ肉。

「L-カルニチンを多くとれる焼き加減は?」という問題を出題。正解は中はレア。L-カルニチンは熱に弱く加熱しすぎると壊れる。

キーワード
牛肉
豚肉
とり肉
体脂肪
体脂肪率
L-カルニチン

病気になりにくい県と病気になりやすい県の差 (バラエティ/情報)
20:27~

厚生労働省が都道府県別に制作したランキングによると骨粗しょう症になりにくい県第1位は奈良県。奈良県は骨粗しょう症予防に効果的な牛乳の消費量が多かった。奈良県は戦後、県全体で酪農を推進しており大手牛乳メーカーの拠点になっていたため牛乳の流通量が多かった。地域で食生活が異なるため病気になりにくい県と病気になりやすい県がある。

糖尿病になりにくい県の第1位は愛知県、第47位は青森県。愛知県武豊町は愛知県の中でも最も糖尿病になりにくい。その理由を杉石病院院長の杉石宗隆先生に聞いた。

キーワード
骨粗しょう症
牛乳
奈良県
厚生労働省
杉石病院
武豊町(愛知)
糖尿病

病気になりにくい県と病気になりやすい県の差 (バラエティ/情報)
20:36~

糖尿病予防に効果的な食材は赤みそ。武豊町のスーパーには赤みそが16種類も並んでいる。武豊町には武豊町の醸造所が6か所あり、愛知県の中でも赤みその消費量が多いと言われている。武豊町在住の中川さん宅を見せてもらうと赤みその他に赤みそアイスがあり昼食は赤みそずくしだった。

赤みそを食べるとメラノイジンという成分が糖をシャットアウトしてくれるので糖を取りすぎても血糖値が上がらず糖尿病を予防してくれる。他のみそにもメラノイジンは含まれているが赤みそは他のみそに比べてメラノイジンの量が多い。50代の女性に1日目に白みそ、2日目に茶色のみそ、3日目に赤みそを飲んでもらったところ白みそは血糖値が90から124、茶色のみそは98から124と急上昇したが赤みそは95から96と影響がなかった。赤みその中には血圧を下げる効果のある大豆ペプチドという物質があり塩分で血圧を上げる効果より大きい。

心筋こう塞になりにくい県の1位は島根県。

キーワード
武豊町(愛知)
糖尿病
メラノイジン
大豆ペプチド
塩分
赤みそ
島根県
心筋こう塞

病気になりにくい県と病気になりやすい県の差 (バラエティ/情報)
20:44~

心筋こう塞になりにくい県の1位は島根県、第47位は徳島県。その中でも特に島根県松江市が心筋こう塞になりにくい。島根県は心筋こう塞に効果のあるサバの漁獲量が多く松江市はサバの消費量が一番多い。松江市にお住まいの竹内さん宅を見せてもらうとサバのみそ煮、シメサバ、サバの南蛮漬けがあり夜は焼きサバを加えたカレーを食べていた。

なぜサバが心筋こう塞予防に効果的なのか解説。脂肪分や糖分が血管の中に増えると血管が傷つき、悪玉コレステロールが血管の壁にこびりつき心臓に血液が行かなくなる。サバにはEPAが豊富で悪玉コレステロールを溶かしてくれる。

キーワード
島根県
心筋こう塞
サバ
徳島県
松江市(島根)
EPA
悪玉コレステロール

JNNフラッシュニュース (ニュース)
20:51~

山形県酒田市から中継。台風21号は北北東を進み午後9時頃、酒田市に最接近すると見込まれている。客などがいる時間帯だが店が締り人がいない状態。台風21号は午前0時には青森県西側の日本海海上に進む見込み。

キーワード
青森県
台風21号
酒田市(山形)

番組宣伝 (その他)
20:53~

マツコの知らない世界の番組宣伝

病気になりにくい県と病気になりやすい県の差 (バラエティ/情報)
20:53~

「心筋こう塞予防に効果的な松江市でよく食べられている食材2つ目は?」という問題を出題。正解はシジミ。宍道湖はシジミの名産地で松江市は消費量が圧倒的に多い。矢野さん宅には5kgのシジミを保存していた。シジミに含まれるオルニチンが脂肪・糖を血管の外へ出してくれる。

なぜサバが心筋こう塞予防に効果的なのか解説。脂肪分や糖分が血管の中に増えると血管が傷つき、悪玉コレステロールが血管の壁にこびりつき心臓に血液が行かなくなる。サバにはEPAが豊富で悪玉コレステロールを溶かしてくれる。

2018世界バレー 女子大会-JAPAN-の番組宣伝

マツコの知らない世界の番組宣伝

キーワード
島根県
心筋こう塞
サバ
徳島県
松江市(島根)
EPA
悪玉コレステロール
シジミ
宍道湖
オルニチン

エンディング (その他)
20:56~

中田喜子がドラマ「渡る世間は鬼ばかり」の告知を行った。

マツコの知らない世界の番組宣伝

TVerとParaviの案内。

マツコの知らない世界の番組宣伝

キーワード
TVer
Paravi
  1. 前回の放送
  2. 9月4日 放送
  3. 次回の放送