トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! 世界のスゴイ犬&ネコSP

『トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!』(トコトンほりさげたい!いきものにサンキュー!!)は、2014年5月7日から2018年9月19日までTBS系列で水曜日19:00 - 20:00に放送された、生物について取り上げた教養バラエティ番組である。全127回。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月18日(日) 14:00~15:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
14:00~

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の放送を案内した。この時間は傑作選を放送する。

オープニング映像。

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! (バラエティ/情報)
14:00~

フレンチ・ブルドッグのモナカが届かない場所にあるドッグフードを取ろうとする映像。

ヨークシャー・テリアのアルトの寝ると怖すぎる白目の映像。

チワワのピンキーは寝るのが大好き。このあと驚きの寝方!!

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝テロップ。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝。

キーワード
フレンチ・ブルドッグ
ヨークシャー・テリア
チワワ

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! (バラエティ/情報)
14:05~

チワワのピンキーは寝るのが大好き。寝る前に必ず穴掘りの仕草をする。

チワワのぽんたの手品を見破る特技の映像。スタッフ、プロマジシャンが行っても見破った。

ネコのこだまとジェっちゃんがごはんという言葉に反応しシンクロした映像。

千葉県の大塚さん一家のチワワのこはくとここまるはごはん・おやつという言葉を聞くとシンクロして反応する。

トイ・プードルのメイが散歩で人間みたいに歩いて他の犬に近づく映像。

2年前の藤田ニコルが飼うトイ・プードルのシャルルの映像。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでトーク。藤田ニコルは愛犬はそこまで噛まなくなった、人間みたいに立つ犬に驚いたなどと語った。

超特急のリョウガが飼うのはチワワのティアラ。8歳で飼い始めたティアラとのラブラブ生活映像を公開。ティアラはリョウガに全然なついていなかったが、ゲームをしているとくっついてくるのがたまらないという。

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタでトーク。リョウガは愛犬はおばあちゃんに一番なついているなどと話した。大沢あかねは愛犬は娘と犬の序列が変わったとコメント。

日本にネコが住みついたのは奈良時代。当時の姿かたちを今に残しているのがジャパニーズボブテイル。特徴は短い尻尾。日本にブリーダーはいない。専門家はあえて繁殖させようとしなかったとコメント。カリフォルニア州のブリーダーを訪問しジャパニーズボブテイルを発見。またジャパニーズボブテイルは細長い足も特徴。性格は活発で人懐っこい。

ジャパニーズボブテイルは尻尾が短い野良猫がルーツ。現代の野良猫にも特徴が強く残る猫がいる。番組では尻尾の短いネコを募集、約100件の応募があった。江戸川区の鈴木さんが飼うマロの尻尾は短い。もともと保護猫、ジャパニーズボブテイルなのか?さらにもう1件、浜場さんが飼うアリアも確認。2匹はジャパニーズボブテイルに認定された。

犬はご主人の車の音がわかるか調査。神奈川・茅ヶ崎市の市川さんと柴犬のフクが協力。ご主人の車とレンタカーで検証。レンタカーはお出迎えなし。ご主人の車だと玄関にお出迎え。検証結果は500m手前で気がついた可能性が高い。

ネコの場合は?鎌倉市の齋藤さんが飼うネコと犬の2匹で検証。検証結果、ネコの方が聴力が良いため先に反応したと考えられる。

岩ちゃんがセレブネコに大苦戦。

チワワのぽんたの手品を見破る特技の映像。後日スタッフ、プロマジシャンの「MAGIC GO」が行っても見破った。

ネコのこだまとジェっちゃんが、飼い主の「ごはん」という言葉に反応しシンクロした映像。

千葉県の大塚さん一家のチワワのこはくとここまるはごはん・おやつという言葉を聞くとシンクロして反応する。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝テロップ。

トイ・プードルのメイが散歩で人間みたいに歩いて他の犬に近づく映像。

続いてはニオイフェチな猫。猫は気になるものがあると匂いを確かめるのだが、インスタグラムで人気のぐっぴーは、靴の匂いが大好きで撮影に来ていたスタッフの靴の中に顔をつっこみ匂いをかいていた。他にも動画で話題になった猫で、ご主人の足の匂いをかいて「!」顔をしてしまっていた。

続いては器用すぎるネコ。器用に棚の上にあるエサを盗み食いする猫や、障子をあける富山県の猫を紹介した。

ネコを飼っている人の割合が一番高い国、ロシアに住む、巨大ネコと3歳のアルチョームくんを紹介。家には6匹のネコが暮らしていた。ヨーロッパオオヤマネコのアリサはまるでトラのように大きかった。アルチョームくんとアリサは超仲良しだった。ヨーロッパオオヤマネコはヨーロッパおよびシベリアの森林などに生息している。体長90cmある。日本では猛獣扱いとなり届け出が必要となる。

埼玉県の五十嵐さんのお宅ではサーバルを飼っている。アフリカのサバンナに生息し、日本では猛獣扱いとなる。普段は檻の中で飼っている。

オオヤマネコは体長約130cm、サーバルは体長100cmとオオヤマネコより少し小さめ。オオヤマネコは筋肉質でパワーも強く、イノシシなども倒せるという。

また、鳴き声にも違いがある。2匹の鳴き声を比べた。サーバルのノヴァは、ダンボールなど狭い場所が好きだった。いっぽう、オオヤマネコのアリサも同じだった。アリサは家族と頭突きをしてコミュニケーションをしている。ネコは頭をこすりつけて親愛の気持ちを現すという。さらに、レーザーポインタをあてると、光をつかまえようと大ジャンプをみせた。

アリサは、生後4ヵ月に、アルチョームくんの父が経営している動物病院に体調不良で連れてこられた。飼い主が行方不明となり、引き取ることにしたという。すでに家には6匹のネコがいたが、仲良しになったという。とくに、アルチョームくんとは仲良くなり、アリサがタックルを受ける様子を紹介した。さらに、アリサを連れて散歩に公園にむかった。ほかの人にもとても人懐っこかった。

ちなみに、ロシアのスヴェトラーナ夫妻は、ヒグマを家で飼っていた。人懐こく、じゃれている様子を紹介した。

オオヤマネコのアリサは散歩から帰宅、お風呂に入った。オオヤマネコは泳げるので水は苦手でないので、月に2回ほどお風呂に入れるという。しかし。この日はご機嫌がわるく、床がびちゃびちゃになった。飼い主のアレキサンドラさんは子供みたいなものと話した。また長男のアルチョームくんは優しい子に育ったと話した。

オオヤマネコは大きくてやんちゃそうだけど、見ごたえがあるなどと話した。

秋田県三種町にある、煉さんの実家を訪ねた。虎徹も一緒に帰っていた。

秋田まで新幹線でむかった。ネコを新幹線にのせるには、手回り品切符を購入、ケージに貼ると伝えた。実家で両親が迎えた。初めて実家に到着し、ケージをあけると、椅子の下に隠れた。これについて加隈先生は、危険を感じると狭くて暗い場所に入りたがると解説した。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝テロップ。

世界最北の地で暮らすネコ!

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝。

キーワード
チワワ
福岡県
ネコ
千葉県
トイ・プードル
アーバンドックららぽーと豊洲
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
超特急
アメリカン・ショートヘア
ノルウェージャンフォレストキャット
スコティッシュフォールド
ジャパニーズボブテイル
カリフォルニア州(アメリカ)
ベンガル
江戸川区(東京)
茅ヶ崎市(神奈川)
柴犬
茅ヶ崎駅
鎌倉市(神奈川)
ぐっぴー
インスタグラム
富山県
ロシア
メインクーン
オオヤマネコ
スペインオオヤマネコ
ヨーロッパオオヤマネコ
カナダオオヤマネコ
ボブキャット
サーバル
ヒグマ
THE BLACK SWAN
三種町(秋田)

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! (バラエティ/情報)
14:28~

番組取材班はノルウェーに住むエヴァさんを取材、エヴァさんはネコのノルウェージャンフォレストキャットを飼育。ノルウェージャンフォレストキャットは冬の外でも生活できるよう毛が多く、寒い地域での生活に適用している。ノルウェーでは捨て猫が多く、オスロ・アーケシュフス動物保護では39匹の野良猫が保護されている。

ノルウェー・オスロは動物に優しい街、トラムと呼ばれる路面電車には動物と一緒に乗ることができる。そんなオスロから30分の場所に住むアンソフィーさんはネコのスターリンを飼っており、ヨシフ・スターリンのようなヒゲ模様が抜群の存在感により、世界で人気になっている。アンソフィーさんは飼い主募集サイトでスターリンをみて一目惚れ、雪道のお散歩などが大好きだった。

ノルウェーに住むアレクサンダーさんはノルウェージャンフォレストキャットとメインクーンのミックス猫・ナラを飼っている。ぽっちゃりとした体型で、少し歩いただけで寝そべっている。ご主人の腕枕がお気に入りで、まるでカップルみたいな様子がネットで話題になっている。

北極圏にあるスヴァールバル諸島には1匹で暮らす謎のネコがいる。そんなネコを”けみお”が捜す。けみおはノルウェー・トロムソからスヴァールバル諸島へと飛び、最大の街ロングイェールビーンでガイドのイワンさんと合流。謎のネコはバレンツブルクという街にいるため、スノーモービルで約50kmほど移動した。

翌日、けみおはバレンツブルクを見学、約300人の街で主な産業は石炭の採掘だという。そして目的のネコを捜すこと40分、ついに発見した。ケシャと呼ばれるネコだが、パスポート上はホッキョクギツネなのだという。この島では様々な動物がおり、生態系守るためにネコを連れ込むのは禁止。ところが、1匹だけなら繁殖しないという特例でネコだがホッキョクギツネとして登録されている。ケシャに特定の飼い主はおらず、町のみんなで面倒をみている。そのため町の家の人の家を泊まり歩いている。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝テロップ。

北極圏にあるスヴァールバル諸島には1匹で暮らす謎のネコがいる。そんなネコを”けみお”が捜す。けみおはノルウェー・トロムソからスヴァールバル諸島へと飛び、最大の街ロングイェールビーンでガイドのイワンさんと合流。謎のネコはバレンツブルクという街にいるため、スノーモービルで約50kmほど移動した。

翌日、けみおはバレンツブルクを見学。約300人の街で主な産業は石炭の採掘だという。街で1匹だけという特別なネコがこの街に飼われているという。

幻のネコ登場!!

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝。

キーワード
ノルウェー
スヴァールバル諸島
ノルウェージャンフォレストキャット
オスロ・アーケシュフス動物保護
オスロ(ノルウェー)
トラム
ヨシフ・スターリン
ファミコン
メインクーン
トロムソ(ノルウェー)
ロングイェールビーン(ノルウェー)
スヴァールバル条約
バレンツブルク(ノルウェー)
ホッキョクギツネ

トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!! (バラエティ/情報)
14:45~

バレンツブルクの町に飼われているのは、ケシャと呼ばれるネコ。パスポート上はホッキョクギツネなのだという。この島では様々な動物がおり、生態系守るためにネコを連れ込むのは禁止。ところが、1匹だけなら繁殖しないという特例でネコだがホッキョクギツネとして登録されている。ケシャに特定の飼い主はおらず、町のみんなで面倒をみている。そのため町の家の人の家を泊まり歩いている。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝。

次回の「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」の番組宣伝テロップ。

エンディングテーマ:J☆Dee’Z「あと一歩」。シングル3月7日発売。

キーワード
スヴァールバル諸島
バレンツブルク(ノルウェー)
ホッキョクギツネ
ネコ
あと一歩
J☆Dee’Z
  1. 前回の放送
  2. 2月18日 放送
  3. 次回の放送