所さんのニッポンの出番! 2016年5月24日放送回

『所さんのニッポンの出番!』(ところさんのニッポンのでばん、英称:REDISCOVER JAPAN)は、TBS系列で2014年10月21日から2016年9月13日まで毎週火曜日の19:00 - 19:56(JST)に放送された日本の教養バラエティ番組。司会を務める所ジョージの冠番組。全70回。初回放送は19:00-20:57(JST)の2時間スペシャルとして放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月24日(火) 19:00~19:56
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

世界の街角で、「日本語で話しかけてください」と看板を掲げ、日本語を話せる人を大捜索。

なんで日本語しゃべれるんですか? (バラエティ/情報)
19:00~

イギリスはヨーロッパで一番日本を訪れる人が多い国。セント・パンクラス駅前で、日本語を話せる人を探した。するとイギリス人女性が「お元気ですか」と話しかけてきた。女性はアプリを使って日本語を独学しており、「大好きなアニメをもっと理解したい」と話した。

「ピカデリー・サーカス」で、日本語を話せる人を探した。11月に日本に行くという女性が話しかけてきた。日本の音楽が好きで、「木漏れ日」が好きな日本語だと話した。若い頃にGACKTの歌の歌詞で知ったが、英語に翻訳できないという。女性は、「日本語には詩的で美しい言葉がたくさんある。勉強していてすごく楽しい」と話した。

調査場所を変えるために移動中、東京でバンドの演奏をしたという男性が話しかけてきた。テレグラムという日本でも人気急上昇中のバンドで、サマーソニックにも出演したという。

イースト・ロンドンで、日本語を話せる人を探した。すると日本に10年間住んでいたというデービットさんが話しかけてきた。日本の懐石料理を勉強するために来日したことがあり、奥さんは着物とボロを売っているという。

ロンドンで流行中のニッポンのボロとは?外国人が殺到する美しい着物の美術館

「旅行券(5万円分)」を5名様にプレゼント。詳しくはdボタンをプッシュ。

キーワード
セント・パンクラス駅
kanafree
ピカデリー・サーカス
つけまつける
きゃりーぱみゅぱみゅ
X JAPAN
GACKT
テレグラム
サマーソニック
イースト・ロンドン(イギリス)
ロンドン(イギリス)
旅行券(5万円分)

なんで日本語しゃべれるんですか? (バラエティ/情報)
19:11~

日本語を話せるデービットさん。オールド・スピタルフィールズ・マーケットで、日本人の奥さんと一緒に着物を売っていた。ヨーロッパでは着物の羽織がブームだという。さらに人気なのが、野良着などの衣類にボロ布を継ぎ合わせ生地を厚くしていったボロ。日本の農民が冬を越すために来ていたものだったが、売値は約4万3000円となっていた。独特の色合いが受け、ヨーロッパでブームになっている。ルイヴィトンもボロをモチーフにした服を発表した。

調査の結果分かったのが、ひとことだけ日本語を知っている人がかなりいること。イギリスを中心に活躍しているプロダンサーの男性は、ダンスと英語を同時に教えるインストラクターとして大阪で人気だったという。男性は、「日本のストリートダンスは上手すぎる」と話した。日本はストリートダンスの強豪国で、世界最高峰のストリートダンス大会で優勝者を多数輩出している。

ロンドン大学で教授を務めているタイモン・スクリーチさん。日本の美術史を教えているということで、大学の研究室に案内してくれた。

ロンドン大学で教授を務めているタイモン・スクリーチさん。日本の美術史を教えているということで、大学の研究室に案内してくれた。スクリーチさんは、江戸美術の中で西洋から日本に入った美術史や美術品を研究している。スクリーチさんによると、西洋から眼鏡絵の技術が入ったことで、浮世絵のジャンルに風景画が確立したという。

日本語をしゃべれるようになったきっかけについて、ゼガは「日本の舞台に立って日本語のセリフを言いたかった」とコメント。エメシェは「初めて知った『幸せですか?』という日本語がキレイだと思ったから」と話した。磯田道史は「意外な所で意外なものが研究されている。陰陽師の研究者は日本でも少ないのに、フランス人の学者が研究していた」などと話した。

キーワード
イースト・ロンドン(イギリス)
オールド・スピタルフィールズ・マーケット
LOUIS VUITTON
ボロ
TAISUKE
Shigekix
ロンドン大学
眼鏡絵

いま、世界が喰いつく!ニッポンの美術館ツアー (バラエティ/情報)
19:22~

外国人が殺到する美術館がある。外国人を魅了する着物の美術館を紹介する。

孤高の天才芸術家の壮絶な生き方とは?

「旅行券(5万円分)」を5名様にプレゼント。詳しくはdボタンをプッシュ。

キーワード
旅行券(5万円分)

いま、世界が喰いつく!ニッポンの美術館ツアー (バラエティ/情報)
19:27~

河口湖駅から徒歩10分の場所にある「久保田一竹美術館」を紹介。館長の宮原作夫さんが中を案内した。「辻が花染め」という室町時代に生まれた技法を生かした着物が展示されていた。絞り染めを基本にしながらその上に絵や刺繍を職人たちが手で書き加え、さらに金箔の装飾まで施す手の込んだもの。名だたる戦国武将も好んで身につけていたが、作業効率に優れる友禅染めが登場すると、辻が花染めの継承者がいなくなってしまった。

「久保田一竹美術館」は辻が花染めの技法を蘇らせ、世界を魅了する一人のアーティスト、染色作家の久保田一竹氏の作品のみを展示している。海外では絶大な評価を受け、スミソニアン博物館からはその技法を「人類の遺産」と認められ、感謝状を贈られている。フランス政府からも芸術的価値を評価され、文化勲章シュバリエを受賞した。久保田氏は44歳で辻が花染めの研究を開始。世に出たのは60歳という遅咲きだった。浅田飴会長の堀内恵美子さんは、「先生の着物は気合を入れないと着られない」とコメントした。黒柳徹子さんは久保田氏と親交が深く、「孤高の人で精一杯自分の作りたいものを作る人」と語った。

20歳のころ、辻が花染めに感銘を受けた久保田一竹氏。しかし戦時中に兵隊として出兵。捕虜となりシベリアに送られたが、監視の目を盗んでは薬品で布を染め、防寒具の毛で筆を作り柄を描いていたという。そんな過酷な生活の中、シベリアに沈む太陽の風景が目に焼き付き、その風景を模した着物を日本に帰国してから作っている。

シベリアから帰国した久保田一竹氏。44歳から本格的な研究を始めたが、収入は乏しく子どもたちのPTA会費を払えない極貧生活だった。しかしその極貧生活が、意外な結果をもたらした。染色の研究をする中でお金がないため同じ絹布を何度も染めていたが、そのうちの一枚で理想の色が出たという。こうして辻が花染めを蘇らせた久保田氏は、60歳で初の個展を開催。その活動は次第に知れ渡った。

久保田一竹氏は、美しい大自然を求めるためには危険も辞さなかった。一瞬しか現れない山の特別な景色を愛したという。カナダでは、夕日の雪山を見るために一晩雪山で過ごしている。1994年になると、76歳で久保田一竹美術館をオープンさせた。久保田氏は富士山を最も愛していたため、美術館は富士山が最も美しく見える場所に建てられた。

久保田一竹氏が70歳から命をかけた未完の大作がある。「本当に描きたいものは着物一枚では描ききれない」と考えた久保田氏は、いくつもの着物をキャンバス代わりに使う作品を考案した。製作期間は1枚につき1年。その全貌を紹介した。

とてつもない美しさにスタジオ感動

キーワード
久保田一竹美術館
河口湖駅
辻が花染め
徳川家康
豊臣秀吉
上杉謙信
友禅染め
久保田一竹
スミソニアン博物館
文化勲章シュバリエ
世界ふしぎ発見
浅田飴
徹子の部屋
シベリア(ロシア)
カナダ
富士山

いま、世界が喰いつく!ニッポンの美術館ツアー (バラエティ/情報)
19:46~

久保田一竹氏が70歳から命をかけた未完の大作がある。その全貌を紹介した。70歳から描き始めた最後の大作は、久保田氏が85歳で死去したため未完成のままとなっている。久保田氏は、生涯愛し抜いた富士山を描くために大作に着手したが、半分以上が下絵のままでこの世を去ってしまった。そこで最新CG技術を使い、未完成部分に着色を施した。

圧巻の全貌が明らかに!

キーワード
久保田一竹美術館
辻が花染め
久保田一竹
ベルギー
MOMU fashion museum
富士山

いま、世界が喰いつく!ニッポンの美術館ツアー (バラエティ/情報)
19:52~

久保田一竹氏が70歳から命をかけた未完の大作。最新CGで未完成の下絵に着色し、その全貌を明かした。未完成の下絵に着色すると、久保田氏が描こうとしていた青を貴重とした富士山の姿が浮かび上がった。

辻が花染めの久保田一竹氏について、所ジョージは「知らないことがいっぱいある。海外では有名なのに知らない」とコメント。中丸雄一は「鳥肌が立った」と話した。ビビる大木は「20年ほど前に美術館を訪れたことがあり、一竹先生と会ったことがある」と述べた。

キーワード
久保田一竹美術館
辻が花染め
久保田一竹
富士山

エンディング (その他)
19:55~

「所さんのニッポンの出番!」の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 5月24日 放送
  3. 次回の放送