今夜解禁!石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 2014年9月17日放送回

放送日 2014年9月17日(水) 21:00~22:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

オープニング映像。

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
21:00~

石橋貴明が8年前に甲子園で田中将大投手と激戦を繰り広げた斎藤佑樹を取材。現在、斎藤佑樹は北海道日本ハムファイターズの2軍として活動、鎌ケ谷スタジアムで練習を続けている。

斎藤佑樹は2007年に早稲田大学に進学、甲子園ではハンカチを使用していた事から”ハンカチ王子”と呼ばれ、2010年に日ハムに入団が決まると期待は最高潮に高まった。入団会見は貸し切りで行われ、稲葉篤紀や田中賢介ら先輩から直々にメッセージをもらっていた。

プロ1年目、成績は6勝6負でファンにも本人も不本意な結果だった。不安を抱え迎えたプロ2年目には栗山新監督が就任した。

キーワード
田中将大投手
甲子園
北海道日本ハムファイターズ
鎌ケ谷スタジアム
早稲田大学
稲葉篤紀
田中賢介
前田健太
坂本勇人
栗山新監督

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
21:11~

斎藤佑樹についてスタジオトーク。ゲストの定岡正二はプロの実力と期待の差で投げ方などを変えなければならないと思っており、現在は以上に苦しんでいると思うと話した。

斎藤佑樹が不安を抱え迎えたプロ2年目に栗山新監督が就任した。このとき監督から開幕投手に指名された。前年までは5年連続でダルビッシュ投手だったがメジャーに移籍、斉藤出番が回ってきた。こうして開幕はプロ入り初の完封勝利を決め、輝きを取り戻したはずだった。しかし、6月半ばから全く勝てなくなり2軍に降格した。

大注目されながら結果を出せないヒーローに厳しい批判が相次いだ。そんな時、追い打ちをかけるように肩の痛みが悪化、シーズン終了直後に肩を壊した。チームには新たなスターの大谷翔平が登場、高卒1年目で投手・打者を高いレベルでこなす二刀流で大きな話題を呼んでいる。

去年、斎藤佑樹のかつてのライバルだった田中投手が24連勝を記録、日本人史上最高年俸の161億円でメジャーへと移籍した。

キーワード
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
栗山新監督
ダルビッシュ投手
大谷翔平
田中将大投手

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
21:22~

去年、斎藤佑樹のかつてのライバルだった田中投手が24連勝を記録、日本人史上最高年俸の161億円でメジャーへと移籍した。現在の田中投手について斎藤佑樹は「自分は自分 人は人」という感じで見ていると明かした。

今年7月31日、斎藤佑樹は千葉ロッテとの試合に登板。6回を投げ相手を1点に抑える好投をみせ、785日ぶりの勝利を手にした。最後に石橋貴明は杉谷拳士らの話をあげ、斎藤佑樹を激励した。

このあと、まだまだ続く壮絶ドキュメント。

キーワード
田中将大投手
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテ
石川亮
松本剛
杉谷拳士

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
21:29~

今年、石川佳純選手ら卓球日本代表が銀メダルを獲得したがエース・福原愛の姿はなかった。福原愛は1992年に”泣き虫愛ちゃん”の愛称で有名になり、13歳で日本代表デビューし日本卓球界の代名詞として名を轟かせた。しかし、全日本卓球選手権で優勝した事がなく日本一の称号を手にしたことがなかった。

2012年の全日本卓球選手権では決勝戦で石川佳純選手と対戦。ここで彼岸の優勝を果たし、ロンドン五輪では石川佳純選手とのダブルスにより銀メダルを獲得した。しかし、今年5月に行われた世界卓球に福原愛の姿はなかった。

キーワード
石川佳純選手
平野早矢香選手
全日本卓球選手権
ロンドン五輪
世界卓球

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
21:37~

今年5月に開催された世界卓球。平野早矢香選手ら日本代表が快進撃を見せたが、福原愛の姿はなかった。大会直前に左足小指の骨折が判明し欠場、代わりに入った石垣優香選手が大活躍し銀メダルを獲得した。その時、福原愛は”私がいなくても銀メダルを獲得した”という思いになり、必要ないと思われる不安があるという。そんな福原愛は今回のアジア大会で復帰を目指す。

アジア大会の番組宣伝。

今から26年前、巨人のエースだった吉村禎章が絶望的な怪我を負った。試合中に栄村忠広と衝突、左足を強打し3本のじん帯を断裂した。吉村は高卒2年目で1軍に抜擢され3試合連続ホームラン、背番号55番をもらい50番トリオとして駒田徳広、槙原寛己と共に人気者となり、当時の監督である王貞治も称賛していた。

吉村に大怪我を負わせた栄村忠広は社会人野球を経てドラフト外で巨人に入団。プロ5年目までは2軍暮らしで、6年目に1軍昇格を果たした。闘士あふれるプレーだったが、事故が起きた当時は27歳、吉村は25歳だった。事故後、吉村はすぐさま病院に搬送され、状態は栄村の想像をはるかに超えていた。栄村は罪悪感という重い現実を突き詰められ、きちんとした言葉を伝えられないまま病院を後にした。

事故から4日後。巨人は吉村を救うためアメリカへと搬送させ、最先端治療をうけさせた。手術を担当したのはスポーツ医学の権威フランク・ジョーブ博士で、3本のじん帯を再建するため5時間に及ぶ緊急手術が行われた。手術から1か月後に帰還したが、ファンらは怪我を負わせた栄村忠広を加害者としてみていた。当時流行った映画「オーメン」になぞり、悪魔とまで言われていた。

今年8月、石橋貴明は兵庫・宝塚市を訪れ吉村に怪我をさせた栄村忠広に取材を行った。当時の状況について栄村は一瞬が真っ白な状態で、今でも非常に申し訳ないと思っていると明かした。事故後、吉村は左足首をうまく動かす事ができず、選手生命の危機となってた。事故から半年後には栄村は2軍に降格され、肩身の狭い思いを感じていた。当時の状況について2軍監督の須藤豊は「野球が出来るような精神状態じゃなかった」と話している。

キーワード
石川佳純選手
平野早矢香選手
世界卓球
石垣優香選手
アジア大会
巨人
フランク・ジョーブ博士
栄村忠広
オーメン
宝塚市(兵庫)
吉村禎章

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
22:08~

事故から半年後、吉村は左足首が一向に回復せず絶望の中にいた。そんな時、手術を行ったフランク・ジョーブ博士が足が動かなくてもプレーできる器具があると教えてくれた。吉村はこの器具に最後の望みをかけ2軍のグランドに復帰した。そして1989年9月2日、東京ドームの1軍の試合に復帰、ファンの歓声の前でベースを走り抜けた。この時、栄村はテレビ中継を見ていたが須藤豊から励まされ涙したという。

吉村禎章と栄村忠広についてトーク。江川卓は吉村について「いずれは巨人の4番になると思っていた」と話し、定岡正二は定岡について「後輩だったが声をかけられるような状態でなかった」と話した。

このあと、思いを綴った一通の手紙。

キーワード
宝塚市(兵庫)
巨人
吉村禎章
フランク・ジョーブ博士

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
22:22~

1990年9月8日、復活を遂げた吉村禎章は優勝を決めるサヨナラホームランを放ちかつての輝きを取り戻した。当時の状況について王貞治は「このような仕事をしている以上、仕方がない」と話している。

同じ年、栄村は2軍のままであり、脳裏にはこのまま巨人に居ていいのか、自分の居場所はあるのかとよぎった。そして巨人を出ることを自ら望み、オリックスに無償トレードで移籍しが、1年で戦力外通告を受けた。栄村はその1か月後先物取引の営業マンの職についたが、この会社が採用した理由は「吉村を怪我させた栄村」という顔と看板であった。栄村はレッテルはどこで行っても追ってくると痛感し、仕事もやめてアルバイト生活を送るようになった。収入は10分の1に激減し、唯一の楽しみは酒を飲むことであった。そんな時、店で野球を全く見ない後の妻豊子さんと出会い話すことで心が楽になる気がした。

やがて2人だけで会うようになり、栄村は自身の苦悩を豊子さんに伝えた。すると豊子さんは多くの人がなれないプロ野球選手になり、これから第2の人生が始められるのは幸せであると話した。これを聞いた栄村の心に一筋の光が差し込んだ。そして栄村はアルバイト生活を辞め不動産会社に就職し、豊子さんとも結婚した。長男も生まれ新たな幸せを手にしたが、栄村の心の奥に潜む罪悪感は簡単には消えなかった。吉村を壊した男として受けた心の傷がトラウマとなり異常なまでに臆病になっていた。そんな時、豊子さんの温かい言葉に救われた。

その頃吉村は奇跡の復活を遂げたものの、かつての輝きを取り戻せたわけではなかった。ファンの誰もがあの怪我さえなければと思っていた。そんな吉村の姿をテレビで見るたびに栄村の罪の意識は膨らんだ、吉村のプロ野球人生が続く限り、この苦しみに絶えねばならないと誓っていた。そして事故から10年経った1998年10月3日、吉村は現役最後の打席に向かった。吉村はその心境を本の中で「人を恨んでも解決にならない、問題は復帰できるか一点で、自分の努力しだい」と語っている。吉村は血の滲むような努力をし怪我から10年野球をした。

キーワード
巨人
吉村禎章
オリックス
吉村
運命(アクシデント)

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
22:36~

現役最後の打席に立つ吉村、栄村はその姿をテレビで見ていた。吉村の最後の打席は二飛であったが、会場には吉村コールがこだました。その姿を見た栄村の目からは自然と涙が流れていた。吉村は怪我から復帰し不死鳥と讃えられながらプロを続けた。その姿を見ながら栄村は懸命に生きてきた。様々な思いが行き来する中、ちゃんとした見舞いがでいなかったことを悔いていた。

栄村は思いを綴った手紙を書き、それを石橋が吉村に手紙を渡した。手紙を読んだ吉村は栄村の気持ちも今まで以上にわかった、野球界で仕事を続けられるのも怪我があって成長したからであるので、栄村も罪悪感を持たずに頑張ってもらいたい、自分もそれに恥ずかしくないよう頑張ると語った。栄村の思いを受け止めた吉村は、事故の起こった札幌・円山球場に向かった。

キーワード
吉村
巨人

石橋貴明のスポーツ伝説…光と影 (バラエティ/情報)
22:46~

このあと、江川卓が空白の1日事件の苦悩を語る

吉村は円山球場に向かった。これまでどうしても足が向かなったこの場所にどうしても行きたくなったという。吉村は怪我以来、多忙な中、毎年養護学校への訪問を欠かさない。栄村は野球とは無縁の仕事をしている。栄村はようやく心から野球が楽しめるようになった。2人の運命を大きく変えたプロ野球史上最大の事故は、26年の月日を経て終止符が打たれた。

キーワード
江川卓
大阪港振興株式会社

エンディング (その他)
22:51~

アジア大会の番組宣伝。

江川はどちらもキツイが、真剣にボールを追った結果なので運命とした言い様がないとした。また奥さんにも救われたのであろうとした。

  1. 前回の放送
  2. 9月17日 放送