プレバト!! 【全339句★2018年度最優秀句発表スペシャル】

『プレバト!!』は、2012年10月11日から、毎週木曜日の19:00 - 20:00(JST)に放送されている毎日放送(MBSテレビ)制作のバラエティ番組。TBS系列の全28局で原則として同時ネットを実施しているほか、系列局のない地域でも、フジテレビ系列局への番組販売によって遅れネット形式で放送している。2014年8月までは『使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!』(つかえるげいのうじんはだれだ!?プレッシャーバトル!!)という番組名で、テレビ番組表では、番組タイトルをプレバトと略することがあった。当項目では、2012年8月9日の『スパモク!!』内で放送した毎日放送とTBSの共同制作によるパイロット版の特別番組『王様のチョイス! 〜使える芸能人は誰だ!?〜』(おうさまのチョイス 〜つかえるげいのうじんはだれだ!?〜)に関しても記す。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月28日(木) 19:00~20:00
放送局 TBS

番組概要

2018年度最優秀句発表スペシャル (バラエティ/情報)
19:00~

今夜は2018年度最優秀句発表スペシャル。2018年4月~2019年3月に生まれた339句の中から、夏井いつき先生が最優秀を発表する。

2018年4月の最優秀俳句に選ばれたのは東国原英夫。詠んだ句は「花震ふ 富士山 火山性微動」だった。火山性微動という言葉がでるのが素晴らしかったと評価された。

2018年5月の最優秀俳句に選ばれたのは松岡充。詠んだ句は「石段を 帰る石竜子や 星一つ」、よく勉強している句だと称賛された。

藤井隆の「夏ひかげ 無音の波に 足とまる」、パンサー向井の「白南風に 揺れ干すシャツのバニラの香」。どちらが才能アリNo1だったが答えるクイズが出題。ゲストの梅沢富美男と立川志らくが予想した。

藤井隆の「夏ひかげ 無音の波に 足とまる」、パンサー向井の「白南風に 揺れ干すシャツのバニラの香」。どちらが才能アリNo1だったが答えるクイズが出題。正解は藤井隆だった。

横尾の「おもひでは ぽろぽろ 遠い二重虹」、藤本敏史の「歩行量調査 戻り梅雨の 無言」。どちらが最優秀作品か答えるクイズが出題。正解は藤本敏史、

キーワード
夏井いつき
松岡充
藤井隆
パンサー向井
横尾渉

2018年度最優秀句発表スペシャル (バラエティ/情報)
19:15~

6月の最優秀作品に選ばれた藤本敏史の「歩行量調査 戻り梅雨の 無言」。歩行量調査という俳句にしにくい単語を使ったことが評価された。

更に6月は才能アリを獲得した吉本実憂の「夕立晴れ 二時間待ちの 帰郷シーン」という句も夏井先生絶賛の一句だった。

2018年7月の最優秀俳句に選ばれたのはフルポン村上。詠んだ句は「給茶機の 上の軋めく 扇風機」。詠んだ人、ほぼ全員が同じ映像が再生される事が評価された。

徳光和夫の「路地裏の 記憶をたどる かき氷」、土屋太鳳の「決戦の 熱冷めやらぬ 氷水」。どちらの句が才能アリNo1だったのかクイズが出題。正解は土屋太鳳、夏井先生は臨場感があることを評価した。

梅沢富美男の「旱星 ラジオは余震 しらせおり」、東国原英夫の「草茂る 洞窟のこと 他言せず」。どちらの句が最優秀だったか答えるクイズが出題。

キーワード
吉本実憂
フルポン村上
徳光和夫
東国原英夫

2018年度最優秀句発表スペシャル (バラエティ/情報)
19:28~

梅沢富美男の「旱星 ラジオは余震 しらせおり」、東国原英夫の「草茂る 洞窟のこと 他言せず」。どちらの句が最優秀だったか答えるクイズが出題。正解は梅沢富美男の句だった。

番組の名人・特待生が選んだ句を発表。選ばれたのは梅沢富美男が2018年秋のタイトル戦で詠んだ「廃村の ポストに小鳥 来て夜明け」という一句だった。

2018年9月の最優秀俳句に選ばれたのは東国原英夫。詠んだ句は「鰯雲 仰臥の子規の 無重力」だった。

小倉優子の「朝の陽や 父と煮詰めた 柿のジャム」、相田翔子の「初恋と 秋の陽香る 古書百円」。どちらの句が才能アリNo1だったか当てるクイズが出題。正解は相田翔子の句だった。

2018年10月の最優秀俳句に選ばれたのは三遊亭円楽。詠んだ句は「段雷に 靴紐きつく 秋の朝」。夏井先生はさりげなく心に入ってくる句だと称賛した。

2018年11月の最優秀俳句に選ばれたのは藤本敏史。詠んだ句は「タイカレーの ラムは骨付き 銀杏散る」、6月に続いて2度目の受賞となった。

立川志らくの「婆やは蜜柑 食べ続ける 妖怪」、中田喜子の「連覇のさきぶれ 沸き立つ初電車」。どちらの句が最優秀賞だったのか答えるクイズが出題。

キーワード
東国原英夫
小倉優子

2018年度最優秀句発表スペシャル (バラエティ/情報)
19:44~

立川志らくの「婆やは蜜柑 食べ続ける 妖怪」、中田喜子の「連覇のさきぶれ 沸き立つ初電車」。どちらの句が最優秀賞だったのか答えるクイズが出題。正解は中田喜子の句、夏井先生によると心が揺さぶられることが評価された。

2019年1月の最優秀作品は鈴木光。詠んだ句は「賽銭の音や 初鳩 青空へ」。音に音が重なる様子を描いた事が夏井先生に評価された。

中田喜子の「梅東風や 受話器の底に 母国あり」、梅沢富美男の「紙雛のにぎやか 島の駐在所」。どちらが最優秀賞だったか答えるクイズが出題。

キーワード
中田喜子

番組宣伝 (その他)
19:50~

「平成ニュース総決算!」の番組宣伝。

2018年度最優秀句発表スペシャル (バラエティ/情報)
19:54~

映画「バンブルビー」の告知。

中田喜子の「梅東風や 受話器の底に 母国あり」、梅沢富美男の「紙雛のにぎやか 島の駐在所」。どちらが最優秀賞だったか答えるクイズが出題。正解は梅沢富美男、”にぎやか”という難しい言葉を使いこなした事が夏井先生に評価された。このほか、星野真里の「雛の間と なりて迎えし 朝の声」も才能アリだと評価された。

2019年3月の最優秀作品は柴田恵理。詠んだ句は「犯人逮捕 干鱈を毟る 母の黙」だった。夏井先生は、新聞の見出しからカットが変わりお母さんの姿が出てきて心情が語られていた事を評価した。

エンディングテーマ:モナリザ/ソンモ(YOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENT)

2018年度、年間最優秀俳句のは東国原英夫が詠んだ「鰯雲 仰臥の子規の 無重力」だった。

「平成ニュース総決算!」の番組宣伝。

キーワード
バンブルビー
中田喜子
星野真里
モナリザ
ソンモ
YOSHIMOTO MUSIC ENTERTAINMENT
東国原英夫

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月28日 放送
  3. 次回の放送