「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」ナビ 2013年10月14日放送回

放送日 2013年10月14日(月) 14:55~15:50
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
14:55~

オープニング映像。

徳光和夫の感動再会!逢いたいSP ナビ (バラエティ/情報)
14:55~

実の母に逢いたいという松下さん(仮名)の依頼を紹介。何不自由なく育った松下さんだったが、子供の頃に誰かにしがみつき幼い自分が新しい家の人間になる夢を見ていた。そして反抗期に母から「もらうんじゃなかった」と漏らされた。そして就職が決まり入社手続きのため戸籍謄本を取得した時に自分が養女であった事を知った。

今回の査定ポイントは「実父には逢いたくないのか?」、「今さら逢って何をしたいのか?」が焦点となる。最初の審判では菊池桃子のみが賛成のボタンを押した。

松下さんが実母に逢いたい理由を紹介。真実を知った時、養母は母子手帳を見せてれた。その時、なぜ生んだ子を手放せたのか疑問が湧いた。養父母が他界した時、実母への想いが再び蘇ったという。

「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」の番組宣伝。

徳光和夫の感動再会!逢いたいSP ナビ (バラエティ/情報)
15:12~

最後の審判が行われ依頼成立。戸籍謄本にあった住居はすでになくなり実父の住所も公園になっていた。探偵の調査により実母の甥と接触が成功し実母は現在82歳だという事が分かった。

「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」の番組宣伝。

徳光和夫の感動再会!逢いたいSP ナビ (バラエティ/情報)
15:20~

実母を待つ松下さんだったがスタジオへの登場はかなわなかった。実母の甥から1年ほど前に体調を崩し福祉施設で生活をしている旨が手紙で伝えられた。

数日後、松下さんは母子手帳を持ち直接実母が住んでいる場所を訪れた。甥から生まれて1歳くらいの間に前の主人の姑が連れて行ったという経緯を聞かされ、実母にこの話をすると精神が不安定になるので会えないと松下さんに伝えた。松下さんは顔だけ見るという条件でショッピングセンター駐車場で待ち合わせをした。

伝説の引退SPの番組宣伝。

「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」の番組宣伝。

徳光和夫の感動再会!逢いたいSP ナビ (バラエティ/情報)
15:28~

松下さんが実母と逢うためにショッピングセンター駐車場で待ち合わせをした。車から降りた実母は通りすがった女性が娘と知らないままショッピングセンターへ入っていき松下さんと実母は買い物客として世話話をした。

「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」の番組宣伝。

伝説の引退SPの番組宣伝。

心の姉妹だと感じていた幼なじみに逢いたいという斉藤君枝さん(仮名)を紹介。母が洋裁を習っていた家の子供といつも日々を過ごしかけがえのない存在となっていた。仕事の都合で君枝さんは大阪に引っ越し幼なじみも斉藤君枝さんも結婚。8年後、夫と喧嘩し子供と共に家出をし幼なじみの元へ訪れた時親切に泊めてくれた。

「徳光和夫の感動再会!逢いたいSP」の番組宣伝。

君枝さんが幼なじみの元へ訪れると違う住民の表札がかかっていた。近所の人の話から離婚をきっかけに引越した事を知った。君枝さんは電話をした時に相談があったのだと悟り後悔した。

今回の査定ポイントは「姉妹のように思っていたのは君枝さんだけなのでは?」、「何も告げずにいなくなったのには自分に原因があるのでは?」が焦点となる。最初の審判では全員が賛成のボタンを押した。

君枝さんは末期がんの夫を看病するため、幼なじみを探す時間がなくなってしまった。4年の闘病生活の末、夫は他界。スタジオで審議の後、最後の審判が行われ依頼成立となった。

運命の瞬間、スタジオに幼なじみが登場し、君枝さんと再会。音信不通になった理由として幼なじみは夜逃げ同然で何もかも捨てて出て来たと明かし君枝さんの持ってきた写真を懐かしんでいた。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 10月14日 放送