予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!! (11)【神業心臓オペ/いつの間にか骨折★名医が続々】

放送日 2018年6月19日(火) 20:00~22:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

急増する病気の最先端治療。密着!スーパードクターの”神業”手術。肩の腱を修復する超絶テクニック!腰骨に風船を入れる治療!予約殺到!スゴ腕の専門外来スペシャル。第11弾。

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
20:01~

急性心不全で他界した西城秀樹。他にも多くの著名人が心臓の病で亡くなっている。特に怖いのが心臓突然死。7.5分に1人が心臓突然死で亡くなっている。東京女子医科大学病院の新浪博士先生は年間約300例の手術を行う心臓手術のスーパードクター。心臓突然死で一番多いのは急性心筋梗塞、予兆は狭心症だという。心臓の異変を新浪医師がスタジオで解説。

心筋梗塞と狭心症の違いを新浪医師が解説。3本の冠動脈で心臓を養っている。冠動脈に動脈硬化が起こり血管が狭くなる状態が狭心症。心筋梗塞は冠動脈が完全に詰まる。

狭心症や心筋梗塞の治療法には内科的、外科的なものがある。冠動脈1本に動脈硬化がある場合は内科のカテーテル治療、3本に動脈硬化・糖尿病は外科のバイパス手術。内科の山口淳一先生の治療に密着。患者に今後の治療を説明、冠動脈が詰まっているためカテーテル治療をすることを決めた。カテーテル治療は細い管を通し冠動脈の詰まった箇所を広げる治療法。足の付根からカテーテルを通し閉塞部を通過、風船で血管を広げた。ステントを患部に通し膨らませて治療終了。患者は心臓突然死のリスクを回避した。つづいてはさらに重篤な外科手術が必要な患者。

キーワード
急性心不全
西城秀樹さん
日刊スポーツ
心臓突然死
急性心筋梗塞
狭心症
心筋梗塞
冠動脈
動脈硬化
糖尿病
カテーテル治療
バイパス手術
ステント

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
20:14~

新浪博士先生が重篤な患者を外科手術。患者の冠動脈は2本が狭くなり1本が完全に詰まっていた。43歳で心臓突然死の一歩手前。30年先を考えた冠動脈バイパス手術を実施。内胸動脈、胃の動脈をバイパスに使用する。手術の一部始終を公開。手術開始から5時間、内胸動脈を心臓の冠動脈に縫い付ける。従来の手術では心臓を止めて人工心肺を使うが新浪医師は心臓を動かしたまま手術をする。スタビライザーを使い内胸動脈、胃の動脈を冠動脈に縫い付けた。新浪医師はすぐに次の手術に向かう。

キーワード
冠動脈
心臓突然死
冠動脈バイパス手術
動脈硬化
内胸動脈
スタビライザー

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
20:25~

新浪博士先生がこの日2例目の3本の冠動脈バイパス手術に取り掛かる。新浪医師は外科の医師には厳しく指導すると話す。2人めの手術も無事に終了。最後はスタッフへの感謝の言葉で締める。新浪医師は手術には妥協を許さない。

渡辺徹は2012年に冠動脈の1本が心筋梗塞、カテーテル治療を受けた。新浪医師は糖尿病の患者は症状が出にくいと話した。また狭心症や心筋梗塞の予兆は心臓以外に痛みが出る「関連痛」がある。田山涼成は心臓に重さを感じるとコメント。新浪医師は冠動脈CTができる心臓ドックを薦めた。渡辺徹は弱気になったほうがいいいと語った。そして新浪医師は狭心症の時点で治療すれば日常の普通の生活に戻れると説明した。

通年性アレルギー性鼻炎と季節性の鼻炎を併せ持つ患者は約30%。アレルギー性鼻炎の有病率は増加している。それを簡単に治療できるマシンがみやこクリニックにある。都築院長は単発で保険適用、重症度の高い患者に有効だと話す。番組ディレクターが画期的治療法を体験する。まず診察。年中鼻づまりの原因はハウスダストとダニ。総合的な診断結果は最重症の鼻炎。都築院長はアルゴンプラズマ鼻粘膜焼灼術という治療法を行う。

渡辺徹は2012年に冠動脈の1本が心筋梗塞、カテーテル治療を受けた。新浪医師は糖尿病の患者は症状が出にくいと話した。また狭心症や心筋梗塞の予兆は心臓以外に痛みが出る「関連痛」がある。田山涼成は心臓に重さを感じるとコメント。新浪医師は冠動脈CTができる心臓ドックを薦めた。渡辺徹は弱気になったほうがいいいと語った。そして新浪医師は狭心症の時点で治療すれば日常の普通の生活に戻れると説明した。

キーワード
冠動脈バイパス手術
カテーテル治療
冠動脈
心筋梗塞
糖尿病
狭心症
関連痛
心筋虚血
冠動脈CT
心臓ドック
澤渡循環器クリニック
通年性アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎
みやこクリニック
ハウスダスト
ダニ
アルゴンプラズマ鼻粘膜焼灼術

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
20:40~

重度の鼻炎に悩む村崎冬季ディレクターがアルゴンプラズマ鼻粘膜焼灼術という治療法を体験。下鼻甲介の粘膜を焼灼しむくみにくい粘膜にする。局所麻酔をしプラズマで粘膜を焼灼する。プラズマビームには止血効果もある。治療は片方の鼻につき約5分。2周間後くらいから鼻が通り始め、1ヶ月後にキレイな粘膜になる。効果の持続は約2年。治療は何回でも受けられる。治療を受けた村崎冬季ディレクターは2週間たちスッキリし始めたと語る。収録から10日後、空気の通り道が広がっていた。

腰痛に悩む人は約2700万人。その約85%が原因不明。NTT東日本関東病院ペインクリニック科の安部洋一郎先生は腰痛治療の選択肢の第3の治療を行っている。それはどんな治療法なのか?

超絶テクの修復術。腰骨に風船を入れる治療!

キーワード
アルゴンプラズマ鼻粘膜焼灼術
鼻炎
下鼻甲介
腰痛
NTT東日本関東病院
ペインクリニック

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
20:49~

安部洋一郎先生の腰痛治療に密着。半年前から激しい腰痛に苦しむ水野さんは椅子に座れずベッドで寝ることもできない。安部先生はレントゲン撮影などで痛みの発生源を突き止めた。脊柱管狭窄症が判明、第5腰椎と仙骨の間の神経根が発生源と診断、ブロック注射を行った。2週間後、水野さんは痛みが取れ前の生活に戻った。安部先生はブロック注射で痛みがなくなる人も多いと話す。腰痛で緊急入院した女性は椎間板ヘルニアと診断され、経皮的椎間板摘出術を受けた。術後2週間で元気に歩けるようになった。

安部先生の元には他の病院で絶望的と診断された患者も多く訪れる。バイク事故で脊椎損傷となった男性は完治したが痛みがなくならならない。安部先生は神経障害性疼痛と判断、痛みの信号をかき消す脊椎刺激療法を行った。そして電気信号を発するマシンを体内に埋め込んだ。今後はスマートフォンアプリで自分で電気信号を調整できる。安部先生は第3の治療への可能性を期待する。

安部先生は刺激装置は埋め込んでも制限はない、患者に応じてオートモードで使用できると説明した。そして腰痛の予防・改善するごろごろ体操を提唱、やしろ優が実践した。

岡田圭右は肩の痛みを訴えた。加齢に伴う肩の痛みは放置すると危険な疾患かもしれない。それは肩の腱板断裂。同愛記念病院の中川照彦医師は70歳の50%以上が腱板断裂だと話す。腱板断裂と診断された患者は日常のあらゆる動作ができなくなった。五十肩と腱板断裂の判別法。他人の手を借りると腱板断裂は真上に上がる。また断裂が進むと自己修復はできない。治療法は鏡視下腱板修復術。

キーワード
腰痛
脊柱管狭窄症
椎間板ヘルニア
経皮的椎間板摘出術
脊椎損傷
神経障害性疼痛
脊椎刺激療法
ごろごろ体操
同愛記念病院
腱板断裂
清宮幸太郎選手
日本ハムファイターズ
大谷翔平選手
五十肩
鏡視下腱板修復術

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:12~

中川照彦医師が腱板断裂の患者に鏡視下腱板修復術を行う。腱板を掴み、骨に穴を開けてアンカーをねじ込み、腱板を骨に引き寄せる準備を整えた。

キーワード
腱板断裂
鏡視下腱板修復術
腱板
アンカー

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:18~

中川照彦医師が腱板断裂の患者に鏡視下腱板修復術を行う。アンカーについた糸を巧みに操り腱板を骨に寄せる。約2か月で骨と腱板がくっつくという。肩が動かせるようになるには数ヶ月のリハビリが必要。8か月前に手術を受けた島田さんは5か月くらいで激痛がなくなったと語る。そして中川医師が自宅でで着る予防活動法を伝授。

中川照彦医師は渡辺徹らの腱板が切れていないかチェック。高橋ひとみは腱板断裂かもしれないと診断された。

キーワード
腱板断裂
鏡視下腱板修復術
腱板
アンカー

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:23~

中川照彦医師が腱板を鍛えるテーブルふきふき運動を紹介。高橋ひとみが実践した。

ぎっくり腰や腰痛が続く場合、脊椎圧迫骨折になっているかもしれない。原因は骨粗しょう症。圧迫骨折に苦しんだ石井さんが当時の状況を語った。聖隷佐倉市民病院の小谷俊明先生は圧迫骨折は全身の機能低下を引き起こすことがあると話した。圧迫骨折が判明した吉村さんは寝たきり寸前になったという。小谷先生は最新の方法で治療を行う。

キーワード
腱板
テーブルふきふき運動
ぎっくり腰
慢性腰痛
脊椎圧迫骨折
骨粗しょう症
聖隷佐倉市民病院

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:31~

小谷先生が行う脊椎圧迫骨折の最新治療法はBKP。背中を5mm切開し金属棒を脊椎に差し込みハンマーで打ち込む。ワイヤーを通して金属棒を抜き取り金属の筒をいれる。そしてバルーンを膨らませて元の形に戻す。空洞には特殊なセメントをいれる。手術時間は30分。入院期間は約1週間。患者は2週間後には痛みがなくなった。

小谷先生は骨粗しょう症の患者が増えている、骨粗しょう症による骨折は3分の2が自覚がない、予防には背骨に負荷をかける運動が効果的だと話した。白井智裕先生が骨を強くする運動法を伝授。やしろ優らが実践した。

突然死に至る肺の病気 最先端の治療法とは!?

キーワード
脊椎圧迫骨折
BKP
骨粗しょう症

JNNフラッシュニュース (ニュース)
21:40~

中国を訪問中の金正恩委員長が習近平国家主席と3度目の中朝首脳会談を行った。習近平国家主席は米朝首脳会談で非核化の実現について原則的な共通認識に達したことを歓迎した。金委員長は非核化推進のため中国が果たした役割に感謝するなどと述べた。

静岡・藤枝市で男子児童が頭を刃物のようなもので切りつけられ大けがを負った。その後現場近くの小学校への侵入の疑いで自称18歳の少年を現行犯逮捕、警察が事件との関連を捜査している。

キーワード
金正恩委員長
習近平国家主席
中朝首脳会談
北京(中国)
米朝首脳会談
トランプ大統領
非核化
藤枝市(静岡)

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:43~

日本人の病気の死因で最も多いのががん。2位は心疾患、3位は肺炎。肺炎の死亡者数は年間約13万人。岸和田リハビリテーション病院の石川秀雄先生は肺炎により突然死が引き起こされることがあると話した。それは肺血管から出血する喀血。200cc以上の出血で即死の可能性がある。石川先生はどうやって治療するのか?

キーワード
がん
肺炎
心疾患
岸和田リハビリテーション病院
喀血

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:47~

かっ血の外科的治療は主に肺切除だった。石川秀雄先生が行うのは超選択的気管支動脈塞栓術。石川医師は喀血カテーテル治療を約3000例行っている。石川先生が大動脈が蛇行していた喀血を患う女性の手術を行う。カテーテルを肺血管に通し、指先の感覚で血管の入口を見つけようとするが大苦戦した。

キーワード
喀血
超選択的気管支動脈塞栓術
喀血カテーテル治療
動脈硬化

スゴ腕の専門外来2時間SP (バラエティ/情報)
21:55~

石川秀雄先生が超選択的気管支動脈塞栓術の手術を行う。2時間半でカテーテルの先端を血管に入れ、プラチナ製コイルで血管を塞いだ。2週間後、患者は久しぶりの買い物を楽しんだ。

キーワード
喀血
超選択的気管支動脈塞栓術
喀血カテーテル治療
プラチナ製コイル

エンディング (その他)
21:58~

医者は頭脳明晰で手先が器用、新浪医師は手先が器用だから外科医になったなどと語った。そして岡田圭右が視聴者に向けてギャグを披露した。

  1. 前回の放送
  2. 6月19日 放送
  3. 次回の放送