8・15終戦 記者たちの眼差し 2012年8月20日放送回

放送日 2012年8月20日(月) 1:05~ 4:05
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
01:07~

オープニング映像。

episode1 (バラエティ/情報)
01:08~

67年間写経を続けている静岡市在住の近藤軍八郎さんを取材。近藤さんは1944年2月、海軍機関兵としてサイパンに赴任。4ヶ月後、米軍の上陸が開始された。弾丸が手首を貫通したことがあると語った。

戦争を知らない世代の子供たちが戦場のイメージを語った。

1944年7月7日、日本軍は玉砕。民間人を含む約5万5000人が犠牲になった。近藤さんは「殺してくれ」と叫んでいる瀕死の少女を帯剣で突き殺したことがあると話した。

キーワード
サイパン(アメリカ)

episode2 (バラエティ/情報)
01:19~

大分県にかつてあった宇佐海軍航空隊が昭和20年3月18日に空襲を受けた。大分県宇佐市の地域おこしメンバー3人は、アメリカ軍が撮影した映像を入手し空襲の日時を特定する取り組みをしている。

宇佐海軍航空隊の研究を20年以上にわたって続けている「豊の国宇佐市塾」では、体験者の証言収集や戦争遺構の保存に取り組んできた。3人はこのグループで活動している。

大分上野丘高校の校門近くの木陰には、今から67年前の空襲によって大分航空隊の工場で亡くなった動員学徒の慰霊像がある。この空襲で弟を亡くした女性は40年以上にわたって供養を続けている。

キーワード
宇佐市(大分)
宇佐海軍航空隊
豊の国宇佐市塾
大分上野丘高校
大分航空隊

episode3 (バラエティ/情報)
01:27~

高知県香南市にある山で旧日本軍の痕跡を探る福井康人さんを取材。福井さんは20年前から戦争関連の構造物の調査・発掘をしている。高知県では終戦間際、約9万人の兵員が配置された。

福井さんは当時の軍の資料や、地元の人々の証言などから戦争遺跡の場所を探り当てている。戦争遺跡には当時の兵員たちの生活の断片があった。

キーワード
香南市(高知)

episode4 (バラエティ/情報)
01:37~

終戦直後の満州で ほとんどが集団自決した開拓団がある。国策として送り出され戦場で見捨てられ自ら命をたった。犠牲者のほとんどは幼い子どもと母親たちだった。開拓団に参加した久保田諌さんを取材。開拓団で何があったのかを聞いた。

団長の筒井愛吉さんが自決すると言い出し、1945年8月16日の深夜に開拓団は集団自決。74人が死亡した。久保田さんは中国人に助けられ生き延びた。

キーワード
筒井愛吉

episode5 (バラエティ/情報)
01:46~

真室川町立歴史民俗資料館の倉庫の片隅に眠る古びた弾丸は67年前の戦争を物語る遺品。山形県真室川町には戦時中、飛行場があった。昭和20年8月10日、奥羽本線沿線と真室川飛行場が被害を受ける真室川空襲が起きた。

空襲を目撃した柴田昭子さんを取材。落とされた爆弾の破片も見せてもらった。爆弾が落とされた場所は大きくへこみ沼のようなものができた。

柴田さんの親戚である松沢きみえさんが残した手記「聞き書 昭和のやまがた50年」(山形放送編著)には壮絶な戦争体験談が綴られている。

キーワード
真室川飛行場
真室川町(山形)
真室川空襲
奥羽本線
山形放送
聞き書 昭和のやまがた50年

episode6 (バラエティ/情報)
01:56~

7月14日正午、岩手県釜石市の市街地にはサイレンが鳴り響き市民が黙祷を捧げた。67年前のこの日、釜石市は硫黄島・沖縄戦のあと日本本土で初の艦砲射撃を受けた。艦砲射撃による死者は1000人とも言われている。東日本大震災の被災者を取材すると、多くの人から艦砲射撃の時の話が出た。

釜石市の東日本大震災による死者・行方不明者の約5割は戦争経験世代。戦争を後世に伝える最後の機会と「戦争体験集」の作成を進める前川慧一さんを取材。前川さんは市に対して戦争遺跡の保存と戦災資料館の復活を求めている。

艦砲射撃による犠牲者を祀ってある釜石市の地蔵菩薩を取材。この場所にあった防空後に砲弾が直撃しおよそ70人が一瞬で命を落とした。

また、釜石市で艦砲射撃の体験を子供たちに伝えている鈴木洋一さんは、市内の小学校に出向いて艦砲射撃の体験を伝えている。

キーワード
硫黄島(東京)
釜石市(岩手)
東日本大震災
釜石市役所
地蔵菩薩

episode7 (バラエティ/情報)
02:04~

戦前に日本中を熱狂させた伝説のサウスポー投手・松井栄造は、甲子園で3度の優勝投手になった。しかし、静岡縣護國神社にある遺書をみると野球の事が綴られていなかった。

故郷・静岡県浜松市で開催された展示会「戦地に逝ったワセダのヒーロー 松井栄造の24年展」を取材。小学校時代には全国大会制覇を果たし岐阜商に入学した松井は甲子園に5度出場。春2回夏1回の全国制覇を果たした。

岐阜県岐阜市の長良川球場を訪れ、岐阜商時代の松井栄造を知る後輩に話を聞いた。岐阜で松井の面倒をみたのが遠藤健三だった。早稲田大学に進学した松井だったが繰上卒業となり即入隊となった。

東京都調布市に暮らす松井栄造のかつてのチームメイトを取材。戦争に野球を奪われたという感覚はないわけではないが、それよりも洗脳されてしまったと話した。

キーワード
松井栄造
甲子園
早稲田大学
浜松市(静岡)
元城尋常小学校
戦地に逝ったワセダのヒーロー 松井栄造の24年展
岐阜市(岐阜)
遠藤健三
調布市(東京)

episode8 (バラエティ/情報)
02:14~

長野県松本市に暮らす島田昌往さんを取材。信州大学医学部付属病院に通い記憶が薄れゆく病と戦っているが、戦時中の記憶だけは今も鮮明だと語った。島田さんは太平洋戦争末期の特攻攻撃で生還できた数少ない一人。

島田さんが乗った戦闘機はエンジン故障で徳之島に不時着し大破。大怪我を負いながらも一命を取り留めた。島田さんは今も出撃の際に締めた鉢巻を保管している。九州の知覧飛行場を飛び立って沖縄まで650キロ。あと2時間半の命と思っていたと話した。

息子を若くして亡くした島田さんの今の生きがいは人形。老人ホームふれあい荒井荘では人形に話しかけている。島田さんは最後に「今後戦争はどこの国もやるべきじゃない」と語った。

キーワード
太平洋戦争
松本市(長野)
徳之島
知覧飛行場

episode9 (バラエティ/情報)
02:23~

宮崎県宮崎市の「宮崎特攻基地慰霊碑」には特攻隊員の辞世の句が刻まれている。この句を詠んだ男性の弟を取材。兄は軍神と崇められていたと語った。

1945年8月15日終戦。この日を境に人々の意識は変わっていき、軍神と崇めて家にやってきていた人たちも来なくなったと話した。

キーワード
宮崎特攻基地慰霊碑
永峯肇さん
宮崎市(宮崎)

episode10 (バラエティ/情報)
02:33~

核兵器は廃絶どころか拡散が懸念されている。アウシュビッツ強制収容所の元収容者と北朝鮮政治犯収容所の元収容者が対話。公開処刑は収容者たちが一般人と接触しないための脅迫だったと語った。

21世紀最悪の人道危機・ダルフール紛争は今も収まっていない。戦場では女性や子どもが犠牲となっている。

広島原爆投下直後の写真に写る女性を取材。原爆を開発し投下し撮影した科学者と被爆者との対話では、その溝の深さが浮き彫りになった。

キーワード
アウシュビッツ強制収容所
北朝鮮政治犯収容所
ダルフール紛争
原爆

episode11 (バラエティ/情報)
02:41~

原爆が投下される前の広島の様子を広島市の被爆者で原爆投下の第一報をした女性が語った。かつては広島には軍事施設が集中していて、明治天皇が日清戦争を指揮した場所などもあり当時は軍事施設で働くことは誇らしかったという。

2012年8月6日には広島で黙祷が捧げられていて、慰霊碑には多くの人がお参りにきていた。被爆者の女性は平和は口先だけではいけないとし、戦争を知らない今の日本の未来を案じていた。野田首相とオバマ大統領は日米同盟で、岩国基地や呉基地の強化も行なっていてオスプレイの陸揚げもあり、2014年までには極東最大の基地となるという。

キーワード
明治天皇
日清戦争
原爆
広島市(広島)
野田首相
オバマ大統領
岩国基地
日米同盟
オスプレイ
呉基地

episode12 (バラエティ/情報)
02:52~

原爆が落とされた当時の長崎が描かれている絵を書いた福岡在住の男性は、長崎で被災していて、戦争の悲惨さをマンガを書いて福岡市立西長住小学校などで子供たちに教えていたが、2000年代の現代の子供たちは親も戦争を知らないので、戦争について話してもあまり理解していないという。

原爆が落とされた当時の長崎が描かれている絵を書いた福岡在住の男性を初めて取材したのは2005年で、当時「長崎物語」の一節を歌って、同じ造船所で働いていた男性にあっていた。2010年には1000枚にも及ぶ自分史を書いた作品を見せてくれた。被曝直後を描いた絵巻は平和祈念館へ寄贈していた。

キーワード
原爆
福岡県
南区(福岡)
長崎市(長崎)
長崎物語

episode13 (バラエティ/情報)
03:00~

広島市役所や原爆供養塔などで原爆被害について取材した。倉橋島に暮らす被災者の男性は、原爆で弟を失っていた。戦後弟が通っていた学校は、広島県立工業高校に生まれ変わっていて爆心地の近くだったという。男性は弟が家に帰ってきた時に学校に返さなければよかったと後悔していた。弟の同級生だった男性は、学校では食料もなく殴られていたので帰りたくなかったと当時を振り返った。

広島県立工業高校では原爆の日には、慰霊祭が行なわれていて弟を失った男性は、自分が弟を殺してしまった気がしてしまうと語った。

キーワード
広島市役所
原爆供養塔
原爆
倉橋島(広島)
原爆の日

episode14 (バラエティ/情報)
03:10~

「戦争と人間」を生涯のテーマとする彫刻家金城実さんの作品のひとつ「恨之碑」が読谷村(沖縄) でモニュメントとなっている。金城さんは「解かなかれば恨(ハン)にならない」と話した。

金城さんはオスプレイ配備など沖縄の「恨」は尽きない状況に対して「沖縄はそういう意味では実験台なんですよ、戦争への。未来の戦争への実験台」と話した。

キーワード
読谷村(沖縄)
オスプレイ
沖縄県

episode15 (バラエティ/情報)
03:18~

靖国神社は戦死者を神として祀り英霊だと讃えてきた。菅原龍憲は靖国神社相手に裁判を起こし、父親を英霊として祀わないでほしいと訴えたが、菅原龍憲は敗訴した。鳥取県大田市にある正蔵坊の跡取りとして生まれた菅原龍憲の父・菅原龍音はニューギニア・ニューブリテン島で戦死した。靖国神社は終戦まで国が管理し戦死者を英霊として祀り戦争を推進してきた。

菅原龍憲は1986年に靖国神社への中曽根公式参拝をきっかけに仲間たちと靖国神社に問い直す活動を開始した。そして2001年の小泉首相(当時)が靖国神社を参拝したことに対して760人の原告団長として菅原龍憲は裁判を起こし大阪地裁などで小泉首相らの行いは憲法違反だと主張した。2006年8月に靖国神社・国を相手に靖国合祀取り消し訴訟を起こしたが、裁判は全て敗訴に終わった。

一方で島根県飯南町に住む那須春雄などの遺族の多くは靖国に祀られることを当然であると考えている。那須春雄の父・那須進はフィリピン・レイテ島で戦死した。菅原龍憲は父の戦死を知った当時のエピソードを語った。8月に菅原龍憲は裁判をともに戦った原告たちと靖国問題を訴える新たな活動を始めようとしていた。

キーワード
大田市(鳥取)
ニューブリテン島
菅原龍音
中曽根
小泉首相
大阪地裁
飯南町(島根)
レイテ島
靖国問題

episode16 (バラエティ/情報)
03:29~

かつての大阪は軍都と呼ばれ、大阪城周辺には数々の軍事施設があった。武器工場だった大阪砲兵工廠などその多くは空襲の標的となった。旧真田山陸軍墓地にある納骨堂を取材。陸軍が遺族から遺骨の一部を提供してもらい、集めて弔うことで国民の「戦意高揚」を図る目的があったのでは、とされている。しかし、訪れる遺族は年々減り続け、骨壷が誰のものであるのかわからないまま放置される恐れがあったため一人一人の骨壷の中を確認する作業を行った。遺骨の中には遺書や写真など本人のものと示す遺品が一緒になっているのもあった。

骨壷を調べていくと、ガダルカナルの敗戦以降は遺骨を持ち帰ることが難しく、爪や髪の毛だけしか入っていないなど骨壷の中身が一変する。中には砂やサンゴだけの骨壷があった。陸軍はたとえ遺骨が戻らなくても魂はその地に宿るとの理由から砂などを入れて遺族へ戻した。

キーワード
大阪砲兵工廠
旧真田山陸軍墓地

episode17 (バラエティ/情報)
03:37~

フィリピンのルソン島の戦いで壊滅した鹿児島が編成地だった歩兵第71連隊の軍人たちの記録が鹿児島に今も残っている。5月に鹿児島の護国神社で慰霊祭が行われた。

歩兵第71連隊で生還した塩満静雄さんは当時の兵器が違いすぎたと回想した。また71連隊が所属していた上級部隊・第23師団の司令部にいた若松達也さんは当時のことについて、「日本軍は輸送船が沈められ部隊が定数に達していなかった」と話した。

また、ルソン島での戦いの3ヶ月前、台湾沖で起きた台湾沖航空戦で日本の大本営は空母19隻など大半を撃沈したと発表したが、実際は沈没はゼロで6隻に損傷を与えた程度という戦果だった。これで陸軍はフィリピン戦を全面決戦に変更することになったが、現地には正確な事実は伝えられなかった。戦いでは病気や飢餓など戦闘以外が原因で日本軍の兵士の多くが死亡した。若松さんは食料を奪うために戦友を撃つ兵士もいたという。

キーワード
鹿児島市(鹿児島)

episode18 (バラエティ/情報)
03:47~

八尾市の在日韓国人の男性は、なぜ自分が日本に住んでいるのかを映像作品にしていて、戦前に日本に来たという在日1世のおばあちゃんなどにインタビューしていた。女性たちは空襲の恐ろしさを語り、日本に来たときは親に会える嬉しさと不安があったという。

戦前に日本に来たという在日1世の女性は、日本に来て両親と暮らせると思ったが貧乏で学校に行けず働いていた。朝鮮戦争が勃発し、私達の民族はなんて悲惨なんだろうと思ったという。在日韓国人の人たちは朝鮮戦争で戻る国をなくしたため、日本での生活を選んでいた。今では42人の大家族になり幸せだという。

キーワード
八尾市(大阪)
空襲
朝鮮戦争

episode19 (バラエティ/情報)
03:55~

広島市では1945年8月6日に原爆が投下され、広島電鉄に勤めていた男性は奇跡的に助かったが、ガンで60歳で死亡していた。広島市立舟入小学校などでは平和教育に熱心に取り組んでいて、戦争について学んでいた。

現代の渋谷の若者は原爆が投下された日も知らない人が多く、教科書で習ったことしかないと話す人が多かった。東京女子大学の竹内久顕教授は、戦争以外にも習うことが多いので、全国の学校で平和教育をすることは、この時代では難しいと話した。

キーワード
原爆
広島市(広島)
広島電鉄
ガン
被爆
広島市立舟入小学校
渋谷(東京)
東京女子大学

エンディング (その他)
04:03~

エンディング映像。

キャスト

スポット

スクール/教育

岐阜商
福岡市立西長住小学校
広島県立工業高校

レジャー&施設

長良川球場

レジャー/交通

長良川球場
静岡縣護國神社
平和祈念館
真室川町立歴史民俗資料館
釜石市郷土資料館

宗教

靖国神社
護国神社

家電

TBSテレビ

福祉/介護

老人ホームふれあい荒井荘

美容/健康/医療

信州大学医学部付属病院

趣味

石川護国神社
  1. 8月20日 放送