健康カプセル!ゲンキの時間 2016年5月8日放送回

『健康カプセル!ゲンキの時間』(けんこうカプセル ゲンキのじかん)は、2012年4月1日より、CBCテレビの製作により、TBS系列で毎週日曜日7:00 - 7:30(JST)に放送されている健康に関する情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月8日(日) 7:00~ 7:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

愛媛県は大腸がんの死亡率の低さが日本一。大腸がんの患者数は30年間右肩上がりだが、男性は日本一、女性も日本で二番目に患者数が少ない。今回は愛媛県に大腸がんが少ない理由を調査。ポイントはご当地食材と伝統料理にあった。愛媛県のゆるキャラ「バリィさん」オススメの整腸体操とは!?

三宅裕司らがオープニングの挨拶。大腸がんの患者数が日本で一番少ない愛媛県のイメージは、ミカン、道後温泉、路面電車、松山城などだと話した。今回のリサーチャーであるヴェートーベンが愛媛県民の大腸が健康であるヒントは愛媛県が日本一の4つの名産にあり、1つ目は柑橘類だと説明した。

キーワード
バリィさん
愛媛県
大腸がん
路面電車
松山城
道後温泉
ミカン
柑橘類

大腸がん攻略日本一!愛媛県に学ぶ~ 発見!快腸生活のススメ (バラエティ/情報)
07:02~

愛媛県民に大腸がんが少ない理由を調査するために、ヴェートーベンが愛媛大学医学部附属病院を訪れ、池田医師に話を聞いた。動物性脂肪を摂り過ぎると胆汁が大量に分泌され、その胆汁が大腸がんの原因といわれているが、大事なのは腸内環境を整えることだという。

このあと、大腸に良い効果がある愛媛では欠かせないある調味料とは!?

愛媛県民に大腸がんが少ない理由を調査しているヴェートーベンが、愛媛県歴史文化博物館の学芸員である大本さんに、愛媛県民の食生活について質問すると、フレッシュバリュー松山店に案内された。柑橘類が大量に販売されていた。愛媛県は柑橘類の生産量が日本一だが、柑橘類は食物繊維が豊富で腸内環境を整える働きがある。鮮魚コーナーへ行くと、鯛が大量にあった。愛媛県は鯛の洋食生産量が日本一で日常的に食べるという。店長が出してくれた新鮮な鯛を食べたヴェートーベンはおいちーとコメント。

愛媛県民に大腸がんが少ない理由の2つ目は鯛。鯛に多く含まれているEPAは腸管の粘膜を修復し炎症を抑える働きがある。さらにビタミンB6は大腸がんのリスクを低下させるという。

キーワード
愛媛県
大腸がん
愛媛大学医学部附属病院
東温市(愛媛)
バリィさん
愛媛県歴史文化博物館
フレッシュバリュー松山店
柑橘類
西予市(愛媛)
EPA

大腸がん攻略日本一!愛媛県に学ぶ~ 発見!快腸生活のススメ (バラエティ/情報)
07:08~

ヴェートーベンが大腸がんと麦味噌の関係を調べるために義農味噌を訪問。田中社長の案内でまずは麦の貯蔵庫を見学した。愛媛県ははだか麦の生産量が日本一。愛媛県産業技術研究所の森本さんによると、はだか麦にはβ-グルカンという水溶性食物繊維が多く含まれているという。食物繊維には不溶性と水溶性があり、理想のバランスは2:1と言われている。不溶性は食事で摂りやすいので、水溶性を意識して摂る事が重要。β-グルカンには腸内を整えたり、免疫力をアップさせたり、コレステロールを減らす作用もあるという。麦味噌ははだか麦に麹菌を入れ、大豆・塩と混ぜ発酵させ1か月~3か月熟成させてできる。麹菌はアミラーゼという分解酵素が豊富で腸内のビフィズス菌などの善玉菌の活動を活発化する。

スタジオには愛媛県の郷土料理である「さつま」が麦飯とともに用意され、三宅裕司ら出演者が実食した。

このあと、バリィさんも実践している愛媛の健康のヒントとは!?

松生クリニックの松生恒夫先生は麦味噌は一般的な味噌よりも脂質、塩分ともに低く、大腸がん予防効果が期待できると語った。他にもキウイフルーツもオススメで、愛媛県は日本一の生産量を誇る。

愛媛県民に大腸がんが少ない理由を調査しているヴェートーベンが、続いて案内されたのはスーパーの調味料売り場。愛媛県では一般的な米味噌ではなく、麦味噌が主流で売り場で多くの面積を取っている。

社長の自宅にお邪魔し、麦味噌を使った健康的な料理をご馳走になった。麦味噌の味噌汁の具はネギと油揚げ。さらに、「佐妻」と書いてさつまと読む郷土料理を味わった。さつまは、タイやアジなどの白身魚をすりつぶし麦味噌で味を付けたもので、糸こんにゃくやミカンの皮、キュウリ、ゴマなどを入れ、麦ごはんにかけて食べる。このあとスタジオでも試食する。麦味噌やタイなど腸内環境を整える食材が満載で、米が麦ごはんというのも腸にとって良い。麦生活でどれだけ腸内環境が良くなるか、下痢や便秘に悩む3人の男女に協力してもらい検証実験。1日3食の味噌汁を麦味噌に、ごはんを麦ごはんに変更し、おかずはそのままにしてもらった。腸内には善玉菌・悪玉菌・中立菌があり、今回は、消化吸収を助け有害物質から腸を守る善玉菌の数を調査する。期間は3日間だったが、結果は全員 善玉菌が増加した。大腸がんの死亡率が低い愛媛県には、腸をいたわる名産があった。

キーワード
義農味噌
伊予郡(愛媛)
大腸がん
バリィさん
さつま
ドクネット
松生クリニック
麦味噌
キウイフルーツ
愛媛県
フレッシュバリュー松山店
西予市(愛媛)
味噌
はだか麦
愛媛県産業技術研究所
β-グルカン
アミラーゼ
味噌汁
麦ごはん
タイ
アジ
糸こんにゃく
ミカン
キュウリ
ゴマ
下痢
便秘
善玉菌
悪玉菌
中立菌

大腸がん攻略日本一!愛媛県に学ぶ~ 発見!快腸生活のススメ (バラエティ/情報)
07:20~

このあと、バリィさんオススメの整腸体操とは?

愛媛県の沿岸部は急斜面に囲まれた険しい地形となっていて、段々畑が作られてきた。池田宜央先生は土地柄、人々は歩いて運動するため、腸にとても良いと語った。そしてゆるキャラのバリィさんはヴェートーベンの2人に腸内環境の良い体操を教えるべく、ガイドを務めた。

キーワード
バリィさん
段々畑
今治市(愛媛)

大腸がん攻略日本一!愛媛県に学ぶ~ 発見!快腸生活のススメ (バラエティ/情報)
07:23~

松生恒夫先生は

今回の健康カプセルの成分は「麦・魚 ミカンにタオル 超(腸)イイネ!」。

タオル生産で日本一を誇る今治市では16年前から今治タオル体操が行われていて、民謡「木山音頭」にあわせて作られた。体をひねったり、横に倒したりすることで下行結腸を、前屈は腸全体を刺激し、市民からは体が柔らかくなった、便秘癖が治ったといった意見があがった。

渡辺満里奈は今治のタオルは全国区で、それを使って体操をやっているとは知らなかったが健康に良さそうとコメント。

松生恒夫先生は今治タオル体操には腸に良いポーズがたくさんあり、運動によって副交感神経を刺激することで腸の蠕動運動が活発化すると説明した。なお、大腸がんの血便は痔と間違いやすく、松生先生は早期発見するために定期的な受診を勧めた。

三宅裕司は愛媛県の郷土料理「さつま」は愛媛なのに薩摩とややこしい名前だが健康によさそうで、「これから、さつま生活に入る」とコメント。

キーワード
ドクネット
松生クリニック
今治市(愛媛)
今治タオル体操
木山音頭
今治市役所
タオル
愛媛県
大腸がん
さつま

エンディング (その他)
07:28~

「健康カプセル!ゲンキの時間」の次回予告。テーマは「鎌倉」。

三宅裕司がエンディングの挨拶をした。

キーワード
鎌倉(神奈川)
  1. 前回の放送
  2. 5月8日 放送
  3. 次回の放送