健康カプセル!ゲンキの時間 2013年11月3日放送回

放送日 2013年11月3日(日) 7:00~ 7:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
07:00~

オープニング映像。

テーマの狭心症についてトーク。三宅裕司が、実際に病気になってみないとなかなか詳しく知る機会がないとコメントした。

日本の死亡原因第2位である心疾患。その患者数は約192万人、年間死亡者数は約20万人にのぼる。その代表的な病は狭心症と心筋梗塞で、特に狭心症は患者数も多い。今日は狭心症を徹底解明する。

キーワード
狭心症
心筋梗塞

心臓以外にシグナルあり!?狭心症を予防せよ! (バラエティ/情報)
07:02~

狭心症とは血管壁に脂が溜まり血管が細くなることで心筋に十分な血液を供給できない状態になること。これに対し心筋梗塞とは、この脂のコブが傷つき血栓が出来、完全に血管が詰まって心筋が壊死した状態をいう。狭心症と心筋梗塞は症状が似ているが、狭心症の場合は発作が数分から15分ほどで収まり、心筋梗塞は30分以上激しい痛みが続き呼吸困難や失神などを起こす。

狭心症のシグナルは、恋のときめきや失恋時の切ないざわつきのような痛み、また歯の奥が痛い、胸やけがする、そして左肩のひどいコリ、左腕のしめつけなどで表れることがあるが、安静にしていると治まるのが特徴である。

隠れ狭心症と呼ばれるものも存在する。2年前から就寝中に胸やけ、胸の痛みで目が覚め、2~3分後には治まるという症状があったというある女性は、精密検査の結果「冠れん縮性狭心症」と判明。これは、けいれんにより血管が一時的に狭くなることで起こる狭心症である。通常の狭心症は運動時に起こるが、冠れん縮性狭心症の場合は就寝中や安静時に起きる。

狭心症には血液に直接触れ合う血管内皮から分泌されている「NO」が関連している。NOは血管を押し広げ、血流を良くする働きがある。しかし動脈硬化により血管内皮の機能が低下すると、NOの分泌が低下し血管が広がらず、また筋肉への異常な刺激で血管がけいれんする。これにより冠れん縮性狭心症が起こる。池谷敏郎医師は、どのくらい血管内皮からNOを出す事ができるかという能力が大事という。

TKO木本武宏のNO分泌能力を測定したところ、正常値1.67以上に対し、1.51と低めだった。人間ドックでは目立った異常はないというが、寝不足や喫煙が原因でストレスがたまり血管内皮機能が悪くなってしまっているのではと医師は説明した。ここからは、NOを多く分泌する方法を検証する。

キーワード
狭心症
心筋梗塞
冠れん縮性狭心症
NO

心臓以外にシグナルあり!?狭心症を予防せよ! (バラエティ/情報)
07:13~

NOを多く分泌する方法を、食事は不規則だが非喫煙で飲酒も適量の女性2人で検証。ほぼ同じ生活スタイルにも関わらず、NO分泌能力は、正常値と比べひとりは高く、もうひとりは低い。実は能力が高い女性はスポーツする習慣があった。有酸素運動は血流が良くなり血管内皮に刺激が多く当たりNOが大量に分泌されるのだという。

狭心症についてトーク。池谷敏郎医師が隠れ狭心症は症状がわかりにくく、医師であっても間違えることがあると警告。「左肩のひどいコリ」「左腕のしめつけ」「歯茎や奥歯の不快感」「胸やけや吐き気」「恋をしたような胸のざわつき」が慢性的ではなく発作的に起きた場合、狭心症の可能性を疑った方がよいという。

池谷敏郎医師が狭心症を予防するためにNOを増やす方法として、「その場ジョギング」を紹介。鼻歌が歌える程度の強度でその場でジョギングする方法。気づいた時にこまめに行うことが大切で、トータル30分以上になるよう心がけるとよいという。

進行してしまった冠動脈の詰まりやけいれんを改善するには、カテーテル治療やバイパス手術などの方法がある。しかしこれらは動脈硬化が著しく進行し血管が細くなりすぎた場合には行えないことがある。しかしこのあと、そんな厳しい病状の人に適用される最新治療法を紹介する。

キーワード
狭心症
NO
カテーテル治療
バイパス手術

心臓以外にシグナルあり!?狭心症を予防せよ! (バラエティ/情報)
07:20~

宮城県仙台市に住む小池真澄さんは、狭心症の最新治療法で命を救われた。この治療法を生み出した下川宏明教授の教えを受ける伊藤健太医師によると、その方法には衝撃波を使うのだという。

キーワード
仙台市(宮城)
狭心症
下川宏明

心臓以外にシグナルあり!?狭心症を予防せよ! (バラエティ/情報)
07:22~

伊藤健太医師によると、狭心症の最新治療法では、尿路結石などの治療にも使われる衝撃波を使い、血管内皮を刺激しNOや血管増殖物質を分泌させるのだという。これにより、NOは血管を拡張し血流を良くし、毛細血管を増やす手助けをするのだそう。エコーで血流の足りない部位を確認し、1ヶ所に200回45ヶ所に衝撃波を当てる。

小池真澄さんは、カテーテル治療でステントが3つも入っており、血管も傷んでいたためバイパス手術が受けられなかったのだという。そこで2011年9月に合計27000回の衝撃波治療を受け、それ以降狭心症の症状が改善したという。

狭心症の最新治療・衝撃波治療についてトーク。この治療法は、今のところ国内では石川県立中央病院と東北大学の2ヶ所でしか受けられず、今後施設を増やしていくという。池谷敏郎医師は、身体をこまめに動かすことがとても大事であり、原因となる動脈硬化を防ぐために悪しき生活習慣を正すことが大切、そして生活習慣病をしっかり治療することが大前提と解説した。

キーワード
狭心症
NO
衝撃波治療
バイパス手術
カテーテル治療

エンディング (その他)
07:27~

次回の「健康カプセル!ゲンキの時間」の予告。

今回の健康カプセルの成分は「狭心症 NO増やして NO発作!」。

エンディングの挨拶。

キーワード
狭心症
NO
  1. 前回の放送
  2. 11月3日 放送
  3. 次回の放送