バース・デイ 2013年5月18日放送回

『バース・デイ』は、TBS系列で放送されているドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年5月18日(土) 17:00~17:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

2012年12月27日に松井秀喜の引退が発表された。松井は現役生活20年で日米通算507本塁打を達成した。番組で以前特別にプライベートの密着取材を行い、松井の山奥での秘密特訓や快挙達成の舞台裏も取材した。

VOL.377 STORY 松井秀喜が涙した瞬間 知られざる真実 (バラエティ/情報)
17:04~

松井秀喜は引退会見で一番の思い出は長嶋監督と2人で素振りをした時間だと話した。

今年3月、ニューヨークで松井秀喜を取材した。松井は長嶋監督から教わったことが一番大きなもので感謝の気持ちしかないと話した。また、父・昌雄さんも松井に手紙を送るなど野球人生を支えてきた。

1999年10月、松井の宮崎県での自主トレーニングを取材した。長嶋監督は松井に自らの打撃理論を伝え続け、熱心に指導した。松井の引退後、長嶋監督が綴った文面には松井は素振りによって大きな選手になったなどと書かれていた。

松井は2000年、4番として1年間全試合に出場した。巨人対ダイエーの試合で松井は来巨人を日本一に導いた。2001年の長嶋監督退任セレモニーで花束を渡したことを振り返り、松井は最後の素振りと思うと寂しさで涙が出たと明かした。

2013年5月、東京ドームで行われた国民栄誉賞授与式で松井と長嶋監督は再び同じユニフォームを着て出席した。観客席では父・昌雄さんも喜びの気持ちを語っていた。昌雄さんは松井に200通もの手紙を送り、松井を支えていた。

キーワード
松井秀喜
長嶋監督
ニューヨーク(アメリカ合衆国)
宮崎県
巨人
ダイエー
国民栄誉賞

VOL.377 STORY 松井秀喜が涙した瞬間 知られざる真実 (バラエティ/情報)
17:17~

今月、国民栄誉賞を受賞した松井秀喜の功績の裏では父・昌雄さんが息子に向けた200通もの手紙で支えていた。ホームランを放って居た時にも父・昌雄さんは松井に厳しい言葉を送った。2003年にヤンキースへの入団が決まり、渡米直前の手紙には「夢は大空、努力は足元に」と励ましの言葉が綴られていた。しかしブルージェイスとの開幕6試合でホームランはゼロで結果を残せずにいた。

2003年のヤンキースタジアムでのツインズとの開幕戦では、父・昌雄さんが見守る中、松井はホームランを打った。その日の夜、松井は父と再会し成功を祝福した。

21年前の5打席連続敬遠から始まり、松井は日米通算507本塁打を達成した。松井は、たくさんの人に野球の魅力を伝え、次の世代に培ったものを伝えたいという使命を語った。

キーワード
ヤンキース
ブルージェイス
国民栄誉賞
ツインズ
ヤンキースタジアム

エンディング (その他)
17:27~

「バース・デイ」の次回予告。

エンディング映像。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 5月18日 放送
  3. 次回の放送