バース・デイ 【日本シリーズ決戦直前!短期決戦の采配】

『バース・デイ』は、TBS系列で放送されているドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月3日(土) 16:00~16:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

オープニング映像。日本シリーズでは広島東洋カープvs福岡ソフトバンクホークスの激闘が続いている。11月1日は福岡ソフトバンクホークスが王手をかけた。そんなソフトバンクの監督・工藤公康について迫った。

キーワード
広島東洋カープ
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
日本シリーズ

日本一の”野球オタク”驚きの采配に迫る (バラエティ/情報)
16:05~

東山紀之が本日の放送内容について、福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督について迫ると伝えた。

平成最後の日本シリーズは初戦から激闘が繰り広げられた。際立ったのが工藤の大胆な選手起用、2点をリードされた5回表に代打・デスパイネを起用。これによりチャンスをものにし同点、失敗すれば采配ミスを揶揄される中で勝負に出ていた。結局試合は延長12回、引き分けに持ち込んだ。翌日のスポーツ紙は工藤の采配を称賛する記事であふれた。

今シーズンの開幕前、番組は工藤の密着取材を行っていた。自費で借りている仕事専用部屋には6台のTVモニターがあり、1日最大6試合行われる中継を毎試合録画している。気づいた事があれば資料と照らし合わせ、相手チームへの対策となるヒントにしている。更に自らアメリカ・アリゾナ州に向かうと、怪我をした選手の最新の対処法も学んでいる。コーチ陣には常に選手のコンディションを共有することを指示している。

工藤の手腕の源にあるのが選手・コーチとの密なコミュニケーション。それが今年ほどチームに力をもたらした年はなかった。ペナントレース中盤には先発投手陣にけが人が続出、育成選手のルーキー大竹耕太郎を迷わず起用、素晴らしいピッチングで危機を救った。主力選手の離脱を控え選手で埋めるだけでなく、調子を見極めてチーム力を極力落とさないよう毎試合のように知恵を絞った。

工藤の手腕が最大限に発揮されたのがクライマックスシリーズ。西武のキーマンを完璧に封じ込めた。

このあと、工藤采配の秘密に迫る。

キーワード
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
大瀬良大地
千賀滉大
日本シリーズ
広島東洋カープ
デスパイネ
武田翔太
石川柊太
デイリースポーツ
日刊スポーツ
アリゾナ州(アメリカ)
東浜巨
大竹耕太郎
森唯斗
高田知季
牧原大成
甲斐拓也
川島慶三
西田哲朗
西武
クライマックスシリーズ
加治屋蓮

番組宣伝 (その他)
16:17~

「日本シリーズ 広島vsソフトバンク」の番組宣伝。

日本一の”野球オタク”驚きの采配に迫る (バラエティ/情報)
16:19~

下町ロケットの番組宣伝。

今シーズン2位で終わった福岡ソフトバンクホークス、工藤は優勝を逃した瞬間から下剋上を心に誓い日本一連覇を目指している。シーズンでは洗髪の一角だった石川柊太と武田翔太をリリーフに配置、西武に勝つためキーマン秋山を出塁させない攻略法をチームで共有。そのために秋山の映像やデータなどを徹底分析、弱点をつく投球パターンを全投手に徹底させた。これがズバリ当たり、秋山は打率1割台に抑えられた。

セ・リーグ3連覇を果たした広島との日本シリーズでは丸佳浩を秋山に見立て、徹底的に内角低めを攻めさせた。丸は5試合を終わって打率1割台に沈んでいる。工藤の冴えが最も見られるのが超攻撃的な采配、流れを一気にチーム側に引き込む。こうして日本一連覇に王手をかけている。

「日本シリーズ 広島vsソフトバンク」の番組宣伝。

キーワード
福岡ソフトバンクホークス
日本シリーズ
武田翔太
石川柊太
西武
秋山翔吾
松田宣浩
内川聖一
広島東洋カープ
丸佳浩
甲斐拓也
長谷川勇也
柳田悠岐

エンディング (その他)
16:27~

「バース・デイ」の次回予告。

エンディング映像。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月3日 放送
  3. 次回の放送