バース・デイ 松井秀喜5連続敬遠を悔やみきれない星稜エース…失意の人生

『バース・デイ』は、TBS系列で放送されているドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月1日(土) 17:00~17:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
17:00~

松井秀喜の5連続敬遠から26年たち、あの時に星稜高校野球部のメンバーが同窓会で最大の事件について当事者たちが語りあった。凡退を繰り返した5番バッターは呪縛を解いてほしいと仲間に訴えた。エースの山口哲治は松井とともにプロで活躍すると思っていたが、ドラフトで山口の姿はなかった。5連続敬遠の26年後の真実にせまる。

キーワード
松井秀喜
月岩信成
山口哲治

松井秀喜5連続敬遠を悔やみきれない星稜エース…失意の人生 (バラエティ/情報)
17:05~

夏の甲子園で敗退した中で最強のチームは?というアンケートで1位になったのは1992年の松井秀喜がいた星稜高校だった。星稜高校野球部の同窓会で彼らの口から多くの真実が語られた。

先月、神戸市内のホテルで星稜高校野球部の同窓会が行われた。レギュラー・控え選手・マネージャー総勢13名が集まった。5連続敬遠から26年、40代半ばになった彼らはそれぞれの人生を戦っていた。スタンドで声援をおくっていた野尻祥弘はホテルレストランマネージャー、6番バッターで出場していた福角元伸は朝日新聞のデスク、南出恭成は壱番屋の営業など、 様々な職場でそれぞれの人生を生きていた。松本哲裕はあの試合で松井が4度目の敬遠をされたあと、1打同点の場面で代打出場し、アウトとなった。松本は日本大学進学後、2年間アメリカに留学した。敗戦の悔しさをバネに経営学を学び、年商100億円のプロ野球のイベント運営、警備などを行う会社の専務取締役を務めている。野球部メンバーは敗戦への複雑な想いは未だに続いていた。重圧を最も受けていたのは松井のあとを打つ5番の月岩だった。月岩は長らく仲間との連絡を断っていた。未だに敬遠のことを誰からも言われない、そろそろ開放して欲しいと言った。当時のエース山口哲治も負けた責任を感じ続けていた。

星稜高校の当時のエース山口哲治は、予選から5試合に先発登板し自責点0、防御率0.00という驚異的な数字をマークしていた。山口は松井の5連続敬遠は自分が招いたと自責の念を感じていた。後日、山口の自宅を尋ねると、甲子園のユニフォームを見せてくれた。松井の敬遠を作ってしまったのは自分だと話す。星稜の対戦相手・明徳は1点でもリードすれば松井は敬遠するとしていた。明徳の監督・馬淵は勝つためには必要不可欠な戦略だったと語る。作戦を知らない山口は0-0でむかえた2回に明徳に先制点を奪われてしまう。明徳は作戦通り、松井を敬遠する。その後も松井は全打席敬遠された。明徳の馬淵監督は星稜がリードしていた場合敬遠は無かったと話す。山口の悔しさは26年経っても変わらない。

キーワード
星稜高校
松井秀喜
神戸市(兵庫)
ホテルISAGO神戸
朝日新聞
日本大学
加古川市(兵庫)
明徳

番組宣伝 (その他)
17:16~

「炎の体育会TV」の番組宣伝。

松井秀喜5連続敬遠を悔やみきれない星稜エース…失意の人生 (バラエティ/情報)
17:19~

「この世界の片隅に」の番組宣伝テロップ。

エース山口は自分が先に点を取られなければと、松井の5連続敬遠を招き敗戦の責任を感じていた。ピッチャーとしての活躍は評価され、松井秀喜とともに高校日本代表に選出された。山口もプロ入りを決意し、松井と同じ舞台で野球を続けることを決めた。1992年11月のドラフト会議で、4きゅうだん競合の末、松井は巨人が獲得した。一方、山口は3年生の部員とともに教室で指名されるのを待っていたが、指名されなかった。ショックで恥ずかしくて、松井に気を使わせてしまったという。山口の側にいた松本哲裕はエースの落胆ぶりに声をかけられなかったという。山口は社会人野球に進みプロ野球を目指すことにした。松井と対戦することを願ったが、プロの目に止まることはできず、左肩の怪我の影響で2000年に野球を断念した。2000年12月に山口は結婚し、その場に松井秀喜が駆けつけた。松井がはじめて山口への思いを語った。現在、山口の3人の子供は全員野球をやっているという。

松井秀喜は今も、星稜ナインにとって人生に火を灯す存在になっている。5連続敬遠から26年、改めて思うことについて、松井は26年あったからこそ、こういう形にできたんじゃないか、あの試合を経験して関わった人がいろんな方面で活躍して、試合があったからこそと思えているんじゃないかと思っていると話した。

キーワード
巨人
星稜高校

エンディング (その他)
17:27~

「バース・デイ」の次回予告。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 9月1日 放送
  3. 次回の放送