マツコの知らない世界 傑作選【5日(火)20時57分〜マツコ感激サバ缶の世界】

『マツコの知らない世界』(マツコのしらないせかい)は、TBS系列で放送されているトークバラエティ番組である。マツコ・デラックスの冠番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月2日(土) 15:00~16:00
放送局 TBS

番組概要

マツコの知らない 柿の種の世界 (バラエティ/情報)
15:01~

マツコも好きな柿ピーの、自称日本で唯一の研究家・中倉隆道さんがスタジオに登場。中倉さんは柿ピー愛のせいで、務めていたNHKを退職したと話した。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

キーワード
NHK
柿ピー

オープニング (その他)
15:03~

オープニング映像が流れた。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

マツコの知らない 柿の種の世界 (バラエティ/情報)
15:04~

中倉隆道さんは全国スーパーのレジの売上データを紹介し、亀田の柿の種6袋入りがお菓子売り上げランキング1位を獲得したことを伝えた。マツコ・デラックスは、お菓子の中では日陰の身なのかなと思っていたと述べた。

中倉隆道さんは柿の種の世界に亀田幕府成立とすると、亀田の柿の種が日本統一しかかっていて、柿の種の年間売上300億円中、亀田の柿の種は200億円を売り上げ、シェア70%を占めていると伝えた。1年間に作られる亀田の亀田の柿の種を並べると、地球36周分になるという。

亀田幕府組織図を紹介。定番御三家フレーバーは、亀田の柿の種プレーン・わさび・梅しそ。中倉隆道さんはプレーンは50年間味を変えてなかったが、ピーナッツのバター風味をアップさせたと紹介した。中倉隆道さんは、亀田の柿の種の売上データを見て自分で折れ線グラフを作った所、味が変わったと感じた2016年に折れ線が下がって、味が元に戻ったと思った時のグラフが上ったと話した。スタジオにいた亀田製菓は、おっしゃる通りだと肯定した。

中倉隆道さんは柿ピーを美味しく食べる黄金比は「柿の種5粒:ピーナッツ1粒」だとした。さらに、パッケージは丁寧にカットし、両手で塞ぎ体の中の空気を吐いて、一気に吸い込むのはオススメだとした。マツコ・デラックスは、ここに来る人はみんなそれをやるとコメントした。

続いて、期間限定で発売される柿の種の中から御三家に続く新定番候補を紹介。「CoCo壱番屋 監修カレー味」はカレー風味が改良され最多6回の登場、定番入りが最も近いという。「ソルト&ペッパー味」は、5回登場の夏季限定フレーバーで今年1月にさっぱりレモン仕立てに改良された。「ぶどう山椒味」は2014年に期間限定で初登場すると、ご当地選手権で1位に選ばれ、今年期間限定で2度目の登場を果たした。

日本全国54種類のご当地限定フレーバー柿の種を紹介。マツコ・デラックスは気になるものを新潟限定の「越乃寒梅風味」だとした。中倉隆道さんは、柿の種のご当地シリーズは基本的にノリで作られているそうだとして、「越乃寒梅風味」は開発部長がノリで考え、その日に石本酒造を訪ねて商品化したという。味付けのタレの約20%に「清酒 越乃寒梅」を使用していて、1%未満だがお酒が入っているため道の駅。高速PAで置くことが出来なかったのが大誤算だったと話した。

その他のご当地限定フレーバーを紹介。中倉隆道さんが一番好きなのは東海限定の「田丸屋本店わさび味」だとした。わさび漬けが有名な田丸屋本店の「本わさびパウダー」を使用している。マツコ・デラックスは、「これ持って帰ろう」と述べた。

中倉隆道さんは、番組の力を借りてできたての柿の種を食べに行ったと伝えた。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

中倉隆道さんが新潟県新潟市の亀田工場を訪れた。石本工場長に工場を案内してもらう。まず、米粉を高温で蒸しこねて生地にする。中倉隆道さんはNHK時代のクセで真剣にメモを取っていた。生地は細長い棒状にされる。テレビ初公開の巨大冷蔵庫に入らせてもらった。柿の種のパリッとした食感は室温3度の中に18時間寝かせることで産まれる。そして、高速カッターで1分間に約8万枚カットされ、焼き、味付けを経てアツアツ柿の種が完成した。試食した中倉隆道さんは、夢に見たできたては最高、離したくないと話した。石本工場長は、柿の種を褒めていただいてありがとうございます、ただ変態ですねと述べた。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

下町柿の種を紹介。まず、元祖柿の種の「浪花屋製菓」を紹介。今では珍しい缶に入った柿の種。地元産の醤油を使用していて、少しピリ辛味にしている。 缶の中には手作業で検査証が入っている。

絶品ご当地柿の種が続々

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝。

キーワード
カルビーポテトチップスうすしお味
じゃがりこサラダ
亀田の柿の種
亀田の柿の種 わさび味
亀田の柿の種 梅しそ
亀田製菓
亀田の柿の種 カレー
亀田の柿の種 ぶどう山椒
亀田の柿の種 ソルト&ペッパー
亀田の柿の種 越乃寒梅風味
石本酒造
清酒 越乃寒梅
亀田の柿の種 シークワーサー味&黒糖味
亀田の柿の種 KYOTOMATCHA
亀田の柿の種 旨チーズ味
亀田の柿の種 田丸屋本店わさび味
田丸屋本店
NHK
亀田工場
浪花屋製菓
元祖 柿の種

マツコの知らない 柿の種の世界 (バラエティ/情報)
15:24~

続いて静岡県のドラッグストア・杏林道の柿の種を紹介。杏林堂と浜松の「ガリバーフーズ」が地元同士でコラボした商品。和風スパイスドレッシングのマイルドで黒コショウのきいた味を忠実に再現している。

続いて沖縄県・上間菓子店の「スッパイマン味 柿のたね&ピーナッツ」を紹介。ドン・キホーテがスッパイマンに目をつけ他のお菓子で広めようと柿の種が誕生した。甘梅を使用しているため酸味だけでなく甘味と旨味がある。マツコ・デラックスは「これは止まらない」ですよとコメントした。

アイデアパッケージの「大阪 紅ショウガ天柿ノ種揚」を紹介。紅しょうが天のピリッとした辛味と旨味が特徴で、揚げてあるためフワサク感も楽しめる。

中倉隆道さんは、世界一の調味料になりうる柿の種があるとして「かきたねキッチン」を紹介した。全11種類のフレーバーとなっている。

柿ピー出汁ご飯のお味とは?さらに後半は知れば思わず行きたくなる!崖の世界

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝。

キーワード
ガリバーフーズ
杏林堂
本当においしい野菜村和風スパイスドレッシング柿の種
上間菓子店
ドン・キホーテ
スッパイマン味 柿のたね&ピーナッツ
アイデアパッケージ
大阪 紅ショウガ天柿ノ種揚
かきたねキッチン
かきたね 焼とうきび味
かきたね 南高梅とざらめ
かきたね 和風だしカレー
かきたね ポテトソルト味
かきたね 海鮮風塩だれ

マツコの知らない 柿の種の世界 (バラエティ/情報)
15:33~

中倉隆道さんは、考案した柿ピー出汁ご飯を紹介した。試食したマツコ・デラックスは、美味しいかもしれないと高評価だった。ナス・キュウリ・オクラ・ミニトマト・ミョウガをめんつゆで和え、「山椒と醤油合わせ柿の種」とごま油を入れご飯にかけて完成。次の「柿の種カナッペ」はバケットを焼いてクリームチーズを乗せ、「わさびと醤油合わせ柿の種」をのせて完成。試食したマツコ・デラックスは、バケットも柿の種もサクサクで意味が無いと思ったが、ちゃんと両方主張するとコメントした。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

キーワード
かきたね 山椒と醤油合わせ

マツコの知らない 崖の世界 (バラエティ/情報)
15:35~

全国約5000ヶ所を巡るOLの新生みゆきさんが登場した。新生さんは、崖のイメージを変えにきたとした。新生さんは父の影響で生まれた時から崖を愛する。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

新生みゆきさんは、都内には約23000ヶ所以上崖があり、その殆どはコンクリートで補強されているため、ユニークな使い方をしている所があるとドキドキすると話した。新生さんは、TBS本社は崖際と崖下を有効活用している建物で面白いと話した。マツコ・デラックスは、昔はもっとすごかったが、そのままにしていたらマラソンが出来なかったのだと話した。

新生みゆきさんは理想の条件を、高さ10m以上で岩肌と緑の割合が7:3の崖だとした。

新生みゆきさんの理想の崖探しに密着した。静岡県下田市を訪れた新生さんは、崖は名前をつけている所が少ないため、行ってみないとわからないとして、現地で探すという。今回の目的地は下田のサンドスキー場付近の崖。崖を発見した新生さんは、写真撮影と深呼吸を行った。そして、崖に触れて崩したくないため人形を使って楽しむのだという。新生さんは人形を使って30分間で計70枚の写真を撮影した。1時間崖を満喫した新生さんだったが、岩肌と緑が7:3ではないため理想の崖ではないとして、別のポイントへ向かった。海岸を歩くこと20分で着いた崖を新生さんは7:3だとして、再び人形を使って写真を撮影した。崖巡りを行った新生さんは、気持ちが上ったり下がったりした時崖を見て崖と話をさせてもらっている感じだと話した。マツコ・デラックスは、途中から何を見ているんだろうと思ったが、最後まで観たと述べた。

人生を変えてくれる絶景崖が登場!

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝。

キーワード
TBS
龍王峡
サンドスキー場
下田市(静岡)

マツコの知らない 崖の世界 (バラエティ/情報)
15:44~

新生みゆきさんは、崖を見つけたら必ず下から見上げてくださいとした。東尋坊は高さが25mあり、約1300万年前に火山岩でできた崖。上から見るとサスペンスドラマのような恐怖とスリルが味わえる。下から見ると崖に生息する草木を見ることが出来、優しいイメージを感じるという。東尋坊では遊覧船で東尋坊を下から見られるツアーも行われている。マツコ・デラックスは、ちょっと理解しましたと述べた。

新生みゆきさんは崖の魅力を「削られてもめげない姿に元気をもらえる」ことだとして、給料が倍になった崖として「鵜原理想郷」を紹介した。鵜原海岸は日本の渚百選にも選出された事もある“関東の沖縄”と呼ばれる海岸。千葉県勝浦市にある鵜原理想郷の青の洞門と呼ばれる波で侵食された小さな穴を見て新生さんは、仕事でも小さいことに気づいて注意を払えるようになったと話した。

続いて新しいことにチャレンジする勇気をくれた崖として静岡県南伊豆町の「中木の崖」を紹介した。この崖の特注雄は美しく並んだ柱状の岩肌で、間近に見上げることができる。さらに、波の侵食で作られた美しい洞窟も必見。新生さん興奮ポイントは、岩を貫く木の根っこで、岩肌の隙間で木の根が成長し岩を砕く姿に興奮するという。マツコ・デラックスは、困難だと思うことに立ち向かっていく勇気ということでしょと説明してあげた。南伊豆は崖の聖地で新生さんはレアな崖がたくさんあるという。蛇下りは、海底で火山が噴火しマグマが冷えて固まり、その跡が浸食により露出している状態。白崎の崖は海底で火山が噴火し、地殻変動で違う色の地層が露出し、2色の崖となった。新生さんは、高橋洋子さんは、手作りの模型や自作のPR動画を使い、南伊豆の崖の魅力を伝えていると紹介した。伊豆半島の崖の岩肌や景色を忠実に再現した「ジオ菓子」は、地元の特産物を使い手作りしている。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝テロップ。

「マツコの知らない世界」の番組宣伝。

キーワード
東尋坊
勝浦市(千葉)
鵜原海岸
鵜原理想郷
ジオ菓子
南伊豆町(静岡)
  1. 前回の放送
  2. 12月2日 放送
  3. 次回の放送