サワコの朝 春爛漫!聞けば幸せになれるトークスペシャル

『サワコの朝』(サワコのあさ)は、毎日放送(MBS)とTBSテレビ(TBS)の共同制作により、TBS系列で2011年(平成23年)10月1日より毎週土曜日の7:30 - 8:00(JST)に放送されているトーク番組である。阿川佐和子の冠番組。パナソニックグループの単独スポンサー番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月31日(土) 7:30~ 8:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
07:30~

今日は「サワコの朝 特別編」として、過去のゲストたちの名言を振り返る。これまでの出演者は331人。

オープニング映像。今日のサブタイトルは「春爛漫!聞けば幸せになれるトークSP」。

春爛漫!聞けば幸せになれるトークSP (バラエティ/情報)
07:31~

1人目は笑福亭鶴瓶さん。30代で東京進出を果たした時、今でも忘れられない出来事があったという。当時、大阪で17本レギュラーを持っていたといい、東京に来た時、全てが北野武氏の裏番組だったという。大阪の人たちに「東京進出失敗」などと見られていたというが、本人は気にしていなかったとのこと。

2人目は岸惠子さん。友人に「化物みたい」などと言われた時、「あなたはぬっくりと幸せだから、そういう顔になる」などと返すという。若さの秘訣について「年中緊張していれば年はとらない」などという考えを明らかにしていた。

3人目は瀬戸内寂聴さん。今の若い男女は革命を知らないといい、昔の人たちは「少しでも現状をよくしよう」と努力していたなどと話していた。若さとは「革命と恋」とのこと。

キーワード
TBS
日テレ
北野武
大阪府

春爛漫!聞けば幸せになれるトークSP (バラエティ/情報)
07:36~

4人目は梅沢富美男さん。現代の子供たちの両親はのんびりしているので、自身は怒っているように聞こえるのではと話した。また、最近公演先のコンビニで煙草を吸っている人を怒ると、本人は怒られたことを喜んでいたという。怒ってくれる大人を大事にする世の中が重要だという趣旨の話をしていた。

5人目は美輪明宏さん。「女はこっちを向いてくれる男の人がいないことに不満を持つ。それだけの努力をしているのか」と前に話したことが話題にあがり、美輪氏は「努力しないで”ありのままの私を”というのは怠け者と同じ」と改めて説明した。

6人目は野村克也さん。評論家時代に中学生チームの監督を3年間行い、それが自分の糧になったと話した。「組織はリーダーの力量以上には伸びない」などということを実感したとのこと。

続いては玉置浩二・青田典子夫妻。毎日新しい曲が生まれるという。この日、急遽、阿川佐和子が好きだという「清く 正しく 美しく」を披露した。

キーワード
大根
安全地帯
清く 正しく 美しく

春爛漫!聞けば幸せになれるトークSP (バラエティ/情報)
07:43~

8人目はマツコ・デラックスさん。マツコさんは以前一時期仕事を辞めて実家の千葉でプチ引きこもりをしていたという。その時に父親に「働かざるもの水を飲むべからず」と言われたという。しかし徹底的に家から追い出すことはしなかったという。そして引っ越すことになった時に母親から「今度引っ越す家に貴方の部屋はない」と言われたという。そこでマツコさんはもう迷っている場合じゃない、やるしかないと覚悟を決めたという。

9人目はビートたけしさん。自分が人よりいいところを探しなさいとか、自分しか持っていない個性とか誰でも特別な才能があるとかは嘘、無いやつは無いと話した。たけしさんは自分にはなにもない、偶然見つかったのがお笑いだっただけだったという。さらにたけしさんは特別な才能とかはなくてもいいっていう教育をしたほうがいいと思う、生きがいを見つけろとかいうけど、生きがいなんてものは死ぬ前に気がついたっていいと話した。たけし流の趣味との向き合い方は、時間がない時にいかに人を騙してやるかだという。

10人目は樹木希林さん。誰かと同棲するのと籍を入れて結婚するというのは違うみたいだと話した。籍が入っているというのは責任があることで、そこから抜けた時に人は成長するんじゃないかと思う、ただずっと幸せというのが本当に幸せなのかどうかと話した。

続いては坂東玉三郎さん。役者は「君いい声だね」と1日3回囁いたらダメになると話した。だから坂東さんは父に褒められたことは疑えと言われ、父がお客さんに玉三郎を良くしたいなら褒めないでくださいと言い、玉三郎さんは「えっ」と思ったという。

続いては若尾文子さん。若尾さんは黒川紀章さんと結婚するまで自分のためだけにやってきて、結婚してからは黒川さんのために全部やってみようと思い努力をしたという。そして若尾さんは愛情は与えるだけでなく奪うものなんじゃないかと気づいたという。そして今度生まれ変わったらわがまま言って小悪魔みたいになりたいと話した。

さだまさしさんの未公開トークで片恋を披露し、サワコさんに曲が生まれる瞬間を語った。暗い歌は元気なときにしか書けない、躁の時に明るい歌書くとか鬱の時に暗い歌が出来たというのは嘘、失恋したからって失恋の歌書けるやつは人間的じゃないと話した。振り返って自分の物にすればどんな状況でも出てくる。

林修さんの未公開トークでは受験の目処が立って時間があったから高校でラグビー部に入ったという話をした。林先生がラグビーに入った理由はラグビーはテニスや野球と違って高校から始まり技術差があまり関係が無いからだったという。しかしそこで林先生は自分みたいな向いてないやつがやっても何も得られるものはないということに気づいたという。林先生は官僚の試験も受けたけれど面接で長時間待たされて自分はこの世界は無理だなと思ったという。

博多華丸・大吉さんの未公開トークではTHEMANZAI2014で優勝したことについて話した。当時は優勝はありえないだろうからインパクトだけ残して帰ろうとしていたという。その時やったのは将来ユーチューバーになりたいというネタで、二人は全く優勝する気は無かったという。そして後にお会いしたさんまさんに言われた「大人げない」の一言が全てだったと話した。

キーワード
プチ引きこもり
黒川紀章
片恋
東大
THE MANZAI
ユーチューバー
さんまさん

エンディング (その他)
07:57~

阿川佐和子が歴代のゲストに感謝の言葉を述べた。来週の番組はお休み、次回放送は4月14日。

サワコの朝の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 3月31日 放送
  3. 次回の放送