情熱大陸 2013年11月10日放送回

『情熱大陸』(じょうねつたいりく、英字:JOUNETSU - TAIRIKU)は、毎日放送の制作により、TBS系列局で日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている人間密着ドキュメンタリー番組である。本項では、本番組の第39回から使用されている葉加瀬太郎作曲のテーマ曲「情熱大陸」についても記す。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年11月10日(日) 23:00~23:30
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
23:00~

オープニング映像。今夜はサイクルロードレーサの新城幸也さんに密着。

キーワード
新城幸也さん

サイクルロードレーサー 新城幸也 (バラエティ/情報)
23:01~

サイクルロードレーサーの新城幸也は肉体を武器に最高時速80kmの世界を戦っている。踏み誤れば大怪我がまつなか、新城は2012年にツール・ド・フランスで第4ステージにおける敢闘賞を受賞した。新城は日本よりも欧州で知名度が高く、フランスではスター選手として知られる。

サイクルロードレーサーの新城幸也の太股の裏側の筋肉は発達しているが、足首は一般人に比べ細い。また新城の足の筋力は両足とも差がなく、バランスの良さを生んでいる。そして自転車で踏ん張る際の体幹の筋力は目を見張るほど。

サイクルロードレーサーの新城幸也はキアン・フランスで行われたクリテリウムという市街地の中に作られたコースを走るレースに参加。新城は3年前に日本人では初の優勝を飾り、今年は日本国旗が描かれたユニフォームで参戦した。レース結果は上位入賞とはならなかったが、ポイント賞を獲得した。

サイクルロードレーサーの新城幸也はフランスに本拠地を置き、現在は練習環境の良い田舎にある賃貸で愛犬とともに暮らしている。またペダルを回すことに特化した肉体の新城にとって、駅の改札口まで事件を蹴って歩くだけで筋肉痛になるという。

サイクルロードレーサーの新城幸也は毎日100km以上を走行していて、次のレースに向けて路面の荒れた道を走った。ある日、練習用の自転車に僅かな違和感を覚えた新城はチーム専属のメカニックを訪れた。新城の自転車はカーボン製で軽く、ギアは22段変速。

飯島美和さんはサイクルロードレーサーの新城幸也の婚約者で、フォトジャーナリストとして活動している。さらに生活面で新城の食事に気を配っている。

新城幸也は中学、高校とハンドボールに熱中するも、大学進学は叶わなかった。その折、自転車レースの日本代表だった福島晋一が自転車レースを目指すきっかけを与えたという。その後18歳でフランスに留学し、新城幸也はサイクルロードレーサーとして努力を続けてきた。

サイクルロードレーサーの新城幸也はプロとして、ドーピング検査期間に居場所を報告している。検査機関は抜き打ちで訪れ、仮に検査を3回受けない場合は2年間の出場停止となるという。

サイクルロードレーサーの新城幸也はツール・ド・リムザンに挑戦。昨年に新城は日本人初の総合優勝を遂げ、今回は2連覇を狙う。レースは4日間で全4ステージあり、チーム・ヨーロッパカーでアンカーを任された。総合順位は各4ステージの合計タイムにコース内のボーナスポイントが加算され、決定する。新城は初日の第一ステージで2位となった。

新城幸也は初日の第一ステージ4時間をかけて168kmを走行し、翌日の第2ステージのためにチームの専属トレーナーに入念なケアを施して貰った。2日目の第二ステージはチームメンバーがリタイアし、2位を死守するにとどまった。第3ステージも依然2位で、最終ステージで新城幸也はワンチャンスにかけて体力を温存するレースをするも、ゴール直前で相手選手と大混戦となった。

キーワード
ツール・ド・フランス
キアン(フランス)
ツール・ド・リムザン

サイクルロードレーサー 新城幸也 (バラエティ/情報)
23:25~

テーマ音楽:オープニング「情熱大陸」、エンディング「etupirka」/葉加瀬太郎

新城幸也が挑んだツール・ド・リムザンのゴール終盤、相手選手の集団から抜けだせずにゴール。チーム最終結果は総合2位で、新城は僅差で優勝を逃した。2ヶ月後、新城は複数の移籍オファーを断ってチームに残る道を選んだ。

このあと、月面で踊りたい?アーティストの夢。

キーワード
葉加瀬太郎
情熱大陸
etupirka
ツール・ド・リムザン

エンディング (その他)
23:28~

「情熱大陸」の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月10日 放送
  3. 次回の放送