情熱大陸 八村塁/日本人史上初の快挙!世界No.1プロバスケットボールリーグへ

『情熱大陸』(じょうねつたいりく、英字:JOUNETSU - TAIRIKU)は、毎日放送の制作により、TBS系列局で日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている人間密着ドキュメンタリー番組である。本項では、本番組の第39回から使用されている葉加瀬太郎作曲のテーマ曲「情熱大陸」についても記す。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月28日(日) 23:00~23:30
放送局 TBS

番組概要

NBAプレーヤー 八村塁 (バラエティ/情報)
23:00~

6月21日、世界で60人しか選ばれないNBAドラフトで、八村塁が選出された。日本人として一巡指名は快挙という他なかった。身長2m3cmと恵まれたフィジカルと類まれな才能を併せ持ち、年俸は4億円オーバー。取材で八村は「イッテQ!」が好きと明かし、「クレヨンしんちゃん」も子供の頃か好きで今も視聴しているという。

キーワード
世界の果てまで イッテQ!
クレヨンしんちゃん
NBAドラフト
Rakuten TV

オープニング (その他)
23:04~

オープニング映像。

NBAプレーヤー 八村塁 (バラエティ/情報)
23:05~

NBAドラフトから2週間後、八村はシーズン前の「サマーリーグ」に参戦。若手にとって自らをアピールする場でもあり、フロイド・メイウェザーやデニス・ロッドマン、レブロンジェームズらが観戦に訪れていた。八村は7月7日にプロデビュー戦を飾り、14得点をマークした。すでに八村はマイケル・ジョーダンのブランドともスポンサー契約を結んでいて、契約前にジョーダンと電話したと明かした。移動中の車内では食事には時間を割いていること、「テラスハウス」を視聴していると話した。お笑いではサンドウィッチマンにハマっているという。

富山県出身の八村は元々、野球少年だったが、中学時代にバスケと出会い、才能が開花。高校では全国大会3連覇を達成。外国人を親に持つと英語ができると思われがちだが、高校の英語の授業では苦戦していた。それでもNBAのために努力し、ゴンザガ大学に進学。1年目は言葉の壁に悩み、スコアは1試合平均で2.6点だった。翌年には英語に慣れ、チームのエースとして躍進。現在は夢の舞台に進み、日本のメディアとして特別にNBAの練習の模様を取材。八村は「大学と違ってコーチが多い」と話し、メンタルケアから技術指導、映像分析まで役割は細分化されている。ドラフト1巡目の八村はチームにとって期待の星で、練習では特別メニューが用意されていた。それは細部に渡る基礎の繰り返しで、それを終えるとチーム専属メディアの取材へ向かった。

プロデビュー第2戦で、八村は19得点、次の試合では25得点をマーク。日本のみならず現地のメディアでは大々的に活躍が報じられ、チームのヘッドコーチは「まだまだ伸び代がある」と期待を寄せた。ボディーガードを帯同する八村は街を歩けばすぐに声をかけられ、写真撮影に快く応じていた。取材陣から「バスケをやっていなかったら?」と尋ねられると、八村は「想像もつかない。ただ、バスケをやっていなくてもアメリカに来たかったので、もしかしたら何かあったのかも」と語った。

キーワード
NBAドラフト
NBAサマーリーグ
デニス・ロッドマン
レブロン・ジェームズ
フロイド・メイウェザー
マイケル・ジョーダン
徳井義実
山里亮太
サンドウィッチマン
富山県
テラスハウス
ウインターカップ
ゴンザガ大学
全米大学リーグ
ラスベガス(アメリカ)
NBA
ワシントン・ウィザーズ

NBAプレーヤー 八村塁 (バラエティ/情報)
23:25~

シーズンを控える八村塁は現在の心境を尋ねられると、「怖さというか楽しみが多い。チームでもスーパースターがいますし、その中でいろんなことが学べる。毎日のように試合があるので、楽しみです」と語った。

Etupirka/葉加瀬太郎

このあと、チーズ。

キーワード
ワシントン・ウィザーズ
NBA
葉加瀬太郎
Etupirka

エンディング (その他)
23:28~

情熱大陸の次回予告。チーズ職人、柴田千代。

キーワード
柴田千代

番組宣伝 (その他)
23:28~

BACKSTAGEの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月28日 放送
  3. 次回の放送