情熱大陸 【半崎美子/聞けば心が震えるワケ…泣ける“メンタルソングの女王"密着】

『情熱大陸』(じょうねつたいりく、英字:JOUNETSU - TAIRIKU)は、毎日放送の制作により、TBS系列局で日曜日の23時00分 - 23時30分(JST)に放送されている人間密着ドキュメンタリー番組である。本項では、本番組の第39回から使用されている葉加瀬太郎作曲のテーマ曲「情熱大陸」についても記す。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月11日(日) 23:20~23:50
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
23:20~

オープニング映像。

シンガーソングライター 半崎美子 (バラエティ/情報)
23:21~

シンガーソングライターの半崎美子は日本中のショッピングモールを通い続け十年近く時が経っていた。この日、「プレ葉ウォーク浜北」に訪れた半崎はイベントスペースにて歌を披露した。昨年36歳でメジャーデビューを果たした半崎は日本有線大賞新人賞に輝いた楽曲「サクラ ~卒業できなかった君へ~」は同級生を亡くした友人の体験から生まれた。半崎の歌に聴き入った観客達は各々が涙していた。

半崎はほぼ毎週末にイベント会場で仕事をしており、メジャーデビュー後もその姿勢を崩すこと無く継続している。この日、「東京ソラマチ」での仕事に赴いた半崎は気取らない振る舞いが人気の要因の一つとなっている。半崎の歌には困難を乗り越えようとする人生の応援歌が多く、ファンの多くはその歌詞の内容に背中を押されている。そんな半崎はNHK「みんなのうた」で「お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~」が放送されたことをきっかけにブレイクした。

半崎は歌手生活の殆どが苦節17年と振り返っており、長い間、全国200を超える入場無料のショッピングモールだけが半崎にとってのステージだった。2017年、36歳で遅咲きのメジャーデビューを果たした半崎は1年間の売り上げが所属したレコード会社でトップクラスを記録した。成果を出した半崎は日本武道館で公演された「中島みゆきリスペクトライブ2018」にも出演し、そうそうたる歌手たちと肩を並べた。この日、半崎は生まれ故郷の北海道の「エフエム北海道」のラジオ番組にゲスト出演した。半崎の歌はファンたちのあらゆる悲しみを癒やしており、ライブ後のサイン会では時間を忘れてファンたちの悲しみを共有している。

半崎はファンレターも多くもらっており、その内容から歌を制作することもある。かつて一通の手紙から生まれた歌「明日へ向かう人」は交通事故で息子を亡くした女性の悲しみが歌われており、この日、半崎は手紙主の自宅へ赴いた。手紙主の女性にとって当時、悲しみをホンネで言える人が、半崎しか居なかったのだなどと語った。1980年札幌市生まれの半崎は3人姉妹の末っ子として育ち、高校時代に歌の魅力に取り憑かれ、19歳で単身上京して音楽活動を始めた。当時、ほとんど専門的に音楽を学んだことのなかった半崎に手ほどきをしてくれた小島さんと、半崎はこの日4年ぶりに再会した。その後に音楽レンタルスタジオに一人入った半崎は「夢を諦めかけている人に贈る歌」をテーマに新曲作りを行った。

この日、半崎は「北上中学校」の教師から子どもたちの合唱にアドバイスを貰えたらという依頼に応えて訪問していた。半崎は伝えたい気持ちを前に届けるイメージで歌うなどとアドバイスを贈り、「歌を届けたい」一心で走り続けてきた半崎にとって子どもたちとの歌を通した交流はこの上ない喜びであった。

キーワード
プレ葉ウォーク浜北
サクラ ~卒業できなかった君へ~
東京ソラマチ
鮮やかな前途
NHK
みんなのうた
お弁当ばこのうた ~あなたへのお手紙~
日本武道館
中島みゆきリスペクトライブ2018
エフエム北海道
明日への序奏
明日へ向かう人
北上中学校

シンガーソングライター 半崎美子 (バラエティ/情報)
23:45~

半崎は「北上中学校」の子どもたちが自分の歌「明日へ向かう人」を合唱している様子に、自分の楽曲を歌い継いでくれる幸福に浸っていた。優れた歌は歌い手それぞれから新しい命を与えられいつまでも生き続ける。半崎は最後、子どもたちに感謝の気持ちを伝えた。そして半崎はこれからも、こんな愛おしい経験も歌にしていく。

エンディングテーマ「Etupirka/葉加瀬太郎」

このあとは、ただただ圧巻

キーワード
北上中学校
明日へ向かう人
Etupirka
葉加瀬太郎

エンディング (その他)
23:48~

情熱大陸の次回予告。次回はタップダンサー 熊谷和徳

キーワード
熊谷和徳
  1. 前回の放送
  2. 3月11日 放送
  3. 次回の放送