中居正広の金曜日のスマたちへ スペシャル

放送日 2015年7月10日(金) 21:00~22:48
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
21:00~

今夜は夫婦波瀾万丈スペシャルとして、内海桂子と成田常也について迫る。

中居正広が挨拶し、ゲストの成田常也と内海桂子を紹介。2人は平成元年から同棲しはじめ結婚に至った。2人は24歳差で、内海桂子の娘と成田常也が同い年だという。

キーワード
内海桂子
成田常也

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
21:05~

内海桂子夫妻の一日に密着。午前10時30分、台東区・竜泉にある自宅を尋ねると内海桂子は未だに寝ていた。睡眠時間は9時間ほどで、春風亭小朝と書かれた箱枕を使用している。自分で布団を片付けた後に化粧をほどこしていた。

午前11時30分になると夫婦は日課の散歩を開始。腰周りをほぐしながら歩き、2人で仲良く手をつないでいた。

このあと、まだまだある元気の秘密とは?

キーワード
竜泉(東京)
春風亭小朝

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
21:13~

内海桂子夫妻の1日に密着。散歩から帰った後、自宅でパスポートを取り出した。現在は101歳まで使えるパスポートを使用、長生きする気持ちでいる事が健康の秘訣だという。

午後12時30分を回ると昼食。料理は夫・常山さんが作っており、必ず6品目以上食べるという規則正しい食生活を送っている。内海桂子は現在92歳だが、23本ほど自分の歯を持っている。食後は不整脈の薬を飲んでいた。食後は雑誌の取材、この日は生と死に関する取材をうけていた。

午後3時、内海桂子は着物に着替えて浅草にある「東洋館」へと出かけた。ここは渥美清や萩本欽一も出演した伝説の演芸場だとされている。月の3分の1は舞台に出演しており、この日は”ねづっち”が楽屋にいた。内海桂子は舞台に経つと持ち時間の20分を使って観客を笑わせ続けた。

午後5時になると演芸場近くにある洋食店「ヨシカミ」を訪れた。ここは内海桂子行きつけの店で、1日の終りには必ず晩酌をするという。「エマンセステーキ」を注文すると美味しそうに味わっていた。こうして1日の密着は終了。

内海桂子の1日についてトーク。中居正広は「本当に楽しそうで羨ましい」とコメント。更に夫婦はキスなどを遊びでするが、本気ですることはないという。

このあと、内海桂子と激動の昭和史を紹介。

キーワード
不整脈
浅草(東京)
内海桂子
萩本欽一
エマンセステーキ

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
21:26~

内海桂子の半生を紹介。大正11年(1922年)の大正末期に産まれた。父は陶職人、母は理髪店の娘だったが、内海が2歳の頃に父親が失踪した。10歳の頃は小学校3年で学校を退学した。14歳の頃には陸軍の将校ら1483名がクーデターを起こした二・二六事件が発生、16歳の頃に夫婦漫才のピンチヒッターとして舞台に立った。19歳の頃に相方・高砂屋とし松との間に子どもを身ごもり、波乱の人生が幕をあけた。

太平洋戦争まっただ中、20歳になると三枡家好子の名前で様々な相方と舞台に立つようになった。当時の相方・林家染芳とは満州の慰問へと向かい戦地で夫婦漫才を披露していた。23歳になると新しい相方との間に長女が誕生、しかし後に相方がヒロポン中毒となった。28歳に内海桂子・好江を結成した。

このあと、往年の漫才映像を紹介。

キーワード
二・二六事件
高砂屋とし松
太平洋戦争
林家染芳
ヒロポン中毒
内海桂子・好江

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
21:35~

内海桂子が当時61歳、内海桂子・好江として活躍している際の映像を紹介した。2人は絶妙な掛け合いで漫才を披露、訪れていたお客さんを笑わせていた。これにより1982年には芸術選奨文科大臣賞を受賞した。

桂子と好江の出会いは1950年、朝鮮戦争による特需に日本が湧いていた頃だった。当時28歳だった桂子は母と2人の子どもを養うために新しい相方を探していた。そんな時に出会ったのが好江で当時まだ14歳だった。相方でありながら師匠・弟子の関係で桂子は好江を一人前の芸人にするため厳しく接していた。そんな好江に同情する声もあり、青空球児・好児も当時の逸話を良く聞いたという。

キーワード
内海桂子・好江
芸術選奨文科大臣賞
好江
朝鮮戦争
青空球児・好児

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
21:45~

内海桂子に厳しくされていた好江だが、泣き言は1つも言わなかったという。好江は当時の事を「幸福づきあい いい話」で、芸人の子というプライドがあったことが綴られている。好江は三味線教室へ通い毎日10時間以上の猛練習するなどし、驚くべきスピードで成長した。そしてコンビ結成から6年後にNHKの新人漫才コンクールに出場、3回ほど出場したが優勝を勝ち取れなかった。桂子はこの落選を好江のせいだと当たると、好江は自殺を図った。

1958年、この年になり4度目の挑戦で新人漫才コンクールの優勝を勝ち取った。61年には芸術祭奨励賞を受賞、コンビ結成から11年が経過していた。このあと、成田常也との出会いを紹介。

内海桂子と成田常也の馴れ初めをドラマで紹介。桂子のもとに突然「アメリカで漫才をしませんか?」という電話をかけてきた男性が当時アメリカの航空関連会社で海外勤務をしていた成田だった。成田は8歳の頃から内海桂子・好江のファンだったが、あるとき2人がテレビで体を張った芸をしているのを見て「そうまでしないと食べていけないのか」とショックを受け、「自分がなんとかしよう」と電話をかけたのだ。

桂子はそんな成田と会ってみることにした。初対面について桂子は著書「七年目の本気」で「電話の声から想像していたよりずっと若く可愛げのある笑顔の持ち主でした」と語っている。ふぐ屋に向かった2人、成田は着物を脱ぐ24歳年上の桂子の姿を見て一目惚れしたという。アメリカに戻った成田はそに日からもうアプローチを始めた。頻繁に手紙を送り、その数は1年半で300通。最初は気味悪がっていた桂子だったが、次第に成田の誠実さに惹かれるようになっていた。出会ってから1年、ついに2人は結ばれ、成田はプロポーズをした。アメリカで一緒に住もうと提案した成田だったが、桂子がアメリカに来ないとわかると自分が日本へやってきた。

1990年から2人は同居を始め、1993年には成田は桂子の専属マネージャーとなった。しかし桂子の長男は「年下の親父ができたら困る」と結婚を反対した。その後、長男にがんが見つかり余命3ヶ月となったある日、長男は成田に「おふくろを頼む」と2人の結婚を許した。そして1999年に2人は入籍をした。

成田は桂子のことを「自分の人生を変えてまで一緒にいたい女性だった」と語った。

1982年の芸術選奨文部大臣賞受賞時の会見で好江は「お姉さんが丈夫でいる限り桂子・好江のコンビは不滅です」と語ったが、その15年後にこの世を去った。桂子は「あの子がいなくなって私ももう漫才師ではなくなりました」と言い、人目をはばからず泣いた。

キーワード
内海桂子・好江
好江
幸福づきあい いい話
NHK
芸術祭奨励賞
そこが知りたい
七年目の本気
芸術選奨文部大臣賞

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
22:13~

日本を代表する漫才師となった内海桂子・好江。しかし重ねた時間は軋轢を生んだ。デビュー以来ギャラの配分は4:6だったことに納得のいかない好江は桂子に不満をぶつけ、解散話にまで発展することとなった。事務所や先輩が間に入り、解散は踏みとどまったが、それ以来好江は芸人として一人立ちしたいと思うようになった。そしてコンビ仲は悪くなり、舞台以外では口も聞かないようになっていった。

ある日新聞社から「古い付き合いのある友人」というテーマで原稿を頼まれた桂子は好江について書くことにした。それにより好江の成長を応援しようという気持ちになったという。一方好江も自身の著書で「私はこれまで桂子さんには意地を張ったり反発したことはあったけど、素直に心からお礼を言ったことがあっただろうかとふと考えました」と語り、、芸術選奨文部大臣賞受賞パーティーで初めてお礼を言った。漫才での初めての受賞となったとこについて浅香光代は「昨日今日の話をしてるから桂子・好江はよかった」と語った。

そして桂子はついに好江を一人前の芸人として認めた。漫才の仕事や付き合い、ギャラの配分など全てを任せ、漫才協団の理事長に就任し、桂子が表に出ないようにした。それにともない年の離れた桂子に好江が威勢よく啖呵を切るスタイルとなり、笑いをとり続け、桂子は1989年には紫綬褒章、1995年には勲四等宝冠章を受賞した。受章のインタビューで桂子は「本当は一緒にいただきたい」と語った。好江は著書で「お互いによい面と悪い面の両方を認め合いながら歩んできたからこそ、こんなに長く続いているのです」と語っている。

キーワード
幸福づきあいいい話
勲四等宝冠章
紫綬褒章

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
22:27~

内海好江についてトーク。内海桂子によると、内海好江とは48年ほどコンビを組んでいたため親子関係より長かったという。そんな内海桂子は今年の誕生日で93歳を迎える。

このあと、桂子師匠の新たな挑戦とは?

1998年の春、好江の体に異変が起こった。本人が知っていたかは定かでないが、胃がんが進行し、手の施しようがない状態となっていたという。そしてある日の漫才で好江は「疲れて三味線がもてない」と桂子に語った。そして三味線無しで臨んだこの漫才が2人の最後の漫才になったという。それから2ヶ月後、好江の夫の三回忌のために桂子が家を訪ねると、そこで好江が入院をしていることを聞かされた。桂子がお見舞いに行き、「あと2年で結成50年なんだからしっかりしなさいよ」と声を掛けた。しかしこれが2人の最後の会話となってしまった。桂子は棺桶で眠る好江に向けて「漫才やるよ」と声を掛け、漫才「名鳥銘木」を始めた。

キーワード
内海好江
桂子師匠

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
22:35~

内海桂子は新しい事に挑戦し続けており、88歳の頃にはTwitterを開始、フォロワーは12万人ほどいる。80歳の頃にはナイツを弟子にとっており、2人は内海桂子を非常に慕っている。この日はナイツが内海桂子に関するネタを披露、更に内海桂子も舞台にあがりスペシャルコラボを行っていた。

舞台後、3人は「喫茶店 ブロンディ」を訪れた。ここは芸人御用達のカフェで、内海桂子がナイツのネタを称賛した。更に「漫才は宇宙」だとの格言を教えると、ナイツの2人は師匠の域には達していないと感じていた。

このあと、スタジオでも芸を生披露!

キーワード
Twitter
ナイツ

夫婦波瀾万丈スペシャル (バラエティ/情報)
22:45~

中居正広が内海桂子に対し「これからやりたいことは何ですか?」と尋ねると、内海桂子は「これまでと同じことを行っていきたい」と話した。

内海桂子が太鼓叩きの大瀬うたじさんと共に三味線漫才を披露した。

  1. 前回の放送
  2. 7月10日 放送
  3. 次回の放送