中居正広の金曜日のスマたちへ スペシャル

放送日 2014年11月7日(金) 19:56~21:48
放送局 TBS

番組概要

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
19:56~

今年1月3日、関西の怪物と呼ばれたやしきたかじんがこの世を去った。彼をしのぶ会には安倍首相や橋下大阪市長、ビートたけしらが発起人を務めた。彼の冠番組は長寿番組となり好視聴率を稼ぐ。ポリシーから大阪の番組以外に出演することはほとんどなかったが、全国紙一面で訃報が伝えられた。歌手としても活躍し、「東京」は全日本有線放送大賞特別賞を受賞。

仕事だけではなく、大阪の歓楽街・新地の帝王とも呼ばれ一晩で500万円使ったこともあった。女性関係は2度の離婚、さらに常に何人もの遊び相手がいた。交友関係は芸能人からホームレスまで幅広かった。「人生太く短く」のモットーだった彼だが、亡くなる前の2年間はなぜか世間から雲隠れしていた。その空白の2年間や“疑惑の未亡人”とも報道された女性の謎を、亡くなる直前に彼が書いたメモやきょう「殉愛」(幻冬舎)を出版した作家・百田尚樹の証言などから迫る。

やしきたかじんについて取材した百田尚樹がスタジオに登場、初めてに女性に会ったのはたかじんさんの偲ぶ会だったと話した。百田は「永遠の0」「海賊とよばれた男」などを執筆したが、今回、たかじんについて取材した「殉愛」を出版した。

百田尚樹はなぜ「殉愛」としてやしきたかじん最後の2年間を書くこととなったのか。百田はたかじんと生前面識はなかったが番組に出演したことが縁で今年3月の偲ぶ会に出席、するとたかじんの亡くなる3カ月前に妻となった女性・家鋪さくらが「たかじんが百田について書いたメモがある」と声をかけてきた。結婚期間の短さや年齢から“疑惑の未亡人”と騒がれている渦中の人で、百田は用心していた。

1週間後、さくらから会いたいというメールが届いた。疑心暗鬼であったがたかじんの番組を担当していた知人の助言もあり再び面会に行った。そこではたかじんが遺したメモを見せられた。「僕の本を出すなら百田に助けてもらう」とも書かれていて、興味本位でたかじんとの出会いを聞いたが、想像を超えるもので、以降300時間に及ぶ取材を開始した。

キーワード
やしきたかじん
安倍晋三内閣総理大臣
橋下徹大阪市長
ビートたけし
秋元康
たかじんのそこまで言って委員会
たかじん胸いっぱい
やっぱ好きやねん
東京
全日本有線放送大賞
殉愛
永遠の0
海賊とよばれた男
幻冬舎
家鋪さくら

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
20:16~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの出会い。2011年、20代からイタリアに渡ったさくらはネイルサロンを経営し永住するつもりだった。しかしFacebookで「犬好き」のコミュニティ仲間である「家鋪隆仁」からメッセージが届き、交流を始めた。この出会いにはたかじん自身も驚いている直筆メモがある。しかしさくらは大阪に住んだことがあり、たかじんを知らないということはにわかに信じがたい。

2011年のクリスマス、一時帰国していたさくらはたかじんと会う約束をとる。友人と食事をしたあと指定された店に向かうと、場違いな雰囲気で帰ろうとしたが、たかじんが呼び止め、パーティーに参加した。この会に参加していた松本哲朗さんは、さくらさんはたかじんのことを知らなかったようだ、たかじんの昔の彼女に似ていたと証言した。たかじんは自身の曲の「順子」の歌詞を「さくら」に変えて熱唱したという。

帰宅間際にタクシー代をもらっていたさくらさんは5日後の12月30日、お金を返す目的で再びたかじんと会う。たかじんはさくらさんに過去をせきららに語り、家に誘い、さくらさんは根負けしたという。

キーワード
やしきたかじん
殉愛
家鋪さくら
イタリア
Facebook
順子

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
20:29~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの出会い。2011年12月30日、たかじんに口説かれさくらさんはたかじんの自宅へ向かった。「たかじんのそこまで言って委員会」のビデオを見せられたあと、たかじんから「昔好きだった人にそっくりだ、あなたを最後の女に決めた」と言われたという。さらにたかじんは突然苦しみだし、狭心症の薬を飲んだが、症状が治まらず、さくらさんが再検査をすすめたという。

キーワード
家鋪さくら
殉愛
やしきたかじん
たかじんのそこまで言って委員会

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
20:36~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの出会い。さくらさんがプロポーズを受けてから2日後の2012年元日、たかじんからは寂しさも伝わるメッセージが届く。お互い暇だったため正月は毎日のように会ったという。いつからか交際に発展した。

1月16日、たかじんから食道がんと診断されたとの電話がかかってきた。たかじんが自覚症状があることから先は長くないと感じたさくらさんは両親に、イタリアに帰らないことを報告する…。

キーワード
家鋪さくら
殉愛
やしきたかじん
食道がん

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
20:41~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの出会い。たかじんのがんが発覚する前、たかじんは「こんなに体のことを心配してくれる女はいなかった」と話していたという。たかじんは大阪で生まれ歌手を目指すことに反対だった父に勘当され、母は30万円を渡したという。その後クラブの弾き語りで生活し笑福亭鶴瓶とも出会っていたころ、さくらさんそっくりの女性に出会っていた。しかし自らの不倫で破局、その後は長く続く女性はいなかったという。

その後、たかじんはさくらさんを京都へ誘った。たかじんが青春時代を過ごした場所で、料理店「ごずこん」やに集めた友人たちを紹介したり、サパークラブ「ラポー」では涙ぐみながら歌を披露した。披露したあと「僕は死ぬかもしれない、途中で捨てるなら今別れてほしい」とも話したという。帰りを見送ったラポーのオーナー・上田さんは、たかじんがこの子だと気持ちを固めた子はいなかったと振り返った。この日さくらさんは「私しかいない」という気持ちになったという。

たかじんのがんは5年生存率30%以下の進行がんだということが判明、一見全く動揺した様子はなかったが、家に帰ったたかじんは「あと2か月飲み歩いて新地で死にたい、それがやしきたかじんだ」と話し治療を拒否した。しかしさくらさんは「私が知っている目の前の家鋪隆仁だ」とメールを送り、たかじんは治療を決意した。こうしてたかじんは孤独から開放された。

公式サイトでがんを公表し休養宣言したあと、さくらさんはたかじんのマンションの向かいに引っ越した。しかしたかじんの部屋には遊び相手の女性が出入りしていたことがわかり、さくらさんは別れを決意した。翌日すべてを話し帰ろうとしたが、たかじんに留まるよう懇願され、さくらさんはどうしても見捨てることができなかった。

2012年4月、たかじんの食道がんの手術が行われ、無事成功。しかしICUの中に長時間いることで幻覚などの症状が出る「ICUシンドローム」になってしまった。さくらさんが看病すると、たかじんの女性関係のすべてを聞かされることになったが、たかじんは「さくらさんを本当に愛している」ことも無意識のうちに話していた。たかじんは再手術なども行ったが、さくらさんは24時間介護を続けた。

やしきたかじん・さくら夫妻について取材した百田尚樹は、取材した医者は口を揃えて「ここまで看病をやった人は見たこと無い」と言っていたと話した。

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの出会い。たかじんが復帰に向け順調に回復していた2012年7月、散歩中の2人はスクープされ、次第に“疑惑の女”として報道されるようになる。

週刊誌の報道以降、2人は極秘で北海道に渡り静かに療養していたという。そこでたかじんは「復帰したら必ず一緒になろう」と話していた。11月、毎年たかじんが年越しを過ごすホノルルで2人は過ごし、体力を回復し、たくさんのメモを遺した。百田の「海賊とよばれた男」も持って行き、さくらさんが朗読していた。

帰国後、たかじんは復帰に向け順調に進んでいたが、そのときさくらはたかじんの携帯に出てしまうと、それはたかじんが付き合っている女からだった…。

キーワード
家鋪さくら
殉愛
やしきたかじん
笑福亭鶴瓶
食道がん
ICUシンドローム
北海道
ハワイ(アメリカ)
海賊とよばれた男

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
21:13~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの2年間。たかじんが帰宅したためさくらさんは電話のことを報告、二度と浮気はしないことを誓わせた。そしてたかじんはテレビ復帰を果たし、3番組の視聴率は跳ね上がった。

橋下徹大阪市長も自宅に復帰祝に訪れた。たかじんは橋下にとって政界に送り込んでくれた大恩人のひとり。2007年の府知事選の出馬表明で、事前に収録した回が放送できなくなったが、「かかったお金は全て俺が払う」と言われたという。

しかし復帰から1か月の2013年4月30日、たかじんのがんが再発した。

キーワード
やしきたかじん
殉愛
家鋪さくら
たかじん胸いっぱい
たかじんのそこまで言って委員会
たかじんNOマネー
橋下徹大阪市長

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
21:20~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの2年間。復帰から1か月の2013年4月30日、たかじんのがんが再発、さくらさんは医師から「あと半年」との告知を受ける。告知2日後もテレビ収録を行ったが、プロデューサーの井関さんは、相当無理をしていたのではと話した。またこの頃飛行機の中で偶然、笑福亭鶴瓶と再会していた。

その後は放射線治療などを行うが体調はどんどん悪化。さくらさんも突発性難聴を発症するほど体調が悪くなり、たかじんの介護を優先させたため左耳の聴力を失った。10月10日に2人は結婚、その2日後、たかじんは「順子」の歌詞を「さくら」に変えた歌をiPadに吹き込んだ。生涯最後の歌声となった音声を紹介。

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの2年間。結婚してまもなく、たかじんの症状は腹部に小さながんが無数にできるほどに進行していた。医者からは「長くても2か月」と宣告された。

キーワード
殉愛
家鋪さくら
やしきたかじん
たかじんのそこまで言って委員会
たかじん胸いっぱい
笑福亭鶴瓶
突発性難聴
iPad
順子

金スマスペシャル (バラエティ/情報)
21:31~

百田尚樹が取材した、やしきたかじんと妻・さくらさんの2年間。「たかじんは長くても2か月」と宣告されたさくらさんがたかじんのいる病室に戻ると、たかじんは「顔を見た瞬間にわかった、僕に嘘つかれへんから」と話したという。

12月26日、緩和病棟に移ったたかじんは、病院内にあった教会へ向かい「ハワイはもう行かれへんから」と、2人は愛を誓った。病室に戻るとたかじんは「もっと元気なうちにさくらを抱いていれば」と話したという。その頃のメモには「まだ死ぬんは嫌や、もう会えんくなる」と書かれていた。

2014年元旦、たかじんは病室でさくらさんに指輪をプレゼントしたが、命は尽きようとしていた。1月3日、たかじんは愛する妻の胸に抱かれて逝った。生前、さくらの誕生日のメモには「言葉を探しても出てくる言葉は『さくらありがとう』」と書かれていた。

やしきたかじん・さくら夫妻について取材した百田尚樹は、彼は「60で死ぬからそれまでに好きなことをするんだ」と話していたが最後のメモはそれとは違っていた、本当にさくらさんはたかじんを天国に連れて行くための“天使”だと話した。

キーワード
殉愛
家鋪さくら
やしきたかじん

エンディング (その他)
21:46~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 11月7日 放送
  3. 次回の放送