ゴロウ・デラックス 作家・沢木耕太郎

『ゴロウ・デラックス』は、2011年4月15日(14日深夜)から2019年3月29日(28日深夜)までTBS系列で放送されていた読書バラエティ番組で、稲垣吾郎の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月29日(金) 0:58~ 1:28
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:59~

オープニングトーク。外山恵理が「今夜むかえるのは322人目のゲスト」などと述べた。

「ぴったんこカン・カンSP」の番宣テロップ。

オープニング映像。

ゲスト 沢木耕太郎 (バラエティ/情報)
00:59~

今夜のゲストは沢木耕太郎。代表作「深夜特急」はシリーズ累計600万部の大ベストセラー。

スタジオトーク。沢木耕太郎は出演の理由について「単純に言えば気まぐれ」などと述べた。また稲垣吾郎が出演している映画「半世界」について触れ、「傑作ではないけれどいいじゃん!と思いました」などと述べた。今夜の課題図書は沢木耕太郎25年分のエッセイをまとめた「銀河を渡る」。「ノンフィクションに大切な“角度”とは?」という話題で沢木は、「交点が1個できないと書こうという気にはならない」などと述べた。沢木流取材相手に心を開かせる方法についても語った。

キーワード
深夜特急
半世界
銀河を渡る

ゲスト 沢木耕太郎 (バラエティ/情報)
01:09~

沢木耕太郎に心を開いた大物「高倉健」。沢木は高倉健との出会いについて、「ボクシングのチケットを譲ってもらったのがキッカケ。高倉さんのために試合の内容を手紙に書いて送った」などと述べた。もう1人の心を開いた人物「美空ひばり」との思い出についても語った。

キーワード
高倉健
美空ひばり

ゲスト 沢木耕太郎 (バラエティ/情報)
01:16~

続いては代表作「深夜特急」について。沢木が26歳のときにインドのデリーからロンドンまで乗合バスで旅した記録をもとにかかれた小説で、旅行者のバイブルとして600万部の大ベストセラーを達成した。稲垣吾郎が出発前夜の様子を朗読。沢木は「旅のはじめは書こうと思っていなかったが、最後には書きたいと思った。金銭の出納帳と手紙をもとにして執筆した」などと執筆秘話を語った。沢木はこれから旅する人に向けて、「旅のコツは『わからないことは人にたずねてみること』」などと述べた。

キーワード
深夜特急

ゲスト 沢木耕太郎 (バラエティ/情報)
01:23~

ADの山田親太朗が、自身がかいたという沢木耕太郎らの似顔絵を紹介した。

ゴロウ・デラックス (バラエティ/情報)
01:23~

スタジオトーク。稲垣吾郎は番組で読んだ本たちを振り返り、「その時の思い出になっている。この本たちは宝の山」などと述べた。

稲垣吾郎が「銀河を渡る」を朗読。本の中から自身が伝えたいと感じた一節を読み上げた。

キーワード
銀河を渡る

エンディング (その他)
01:26~

エンディングトーク。外山恵理は「今回が最後の放送」などと述べ、稲垣吾郎は「視聴者の方には心から感謝しています」などと視聴者にメッセージを送った。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月29日 放送