ゴロウ・デラックス 自決9か月前…文豪・三島由紀夫が告白したこと

『ゴロウ・デラックス』は、2011年4月15日(14日深夜)から2019年3月29日(28日深夜)までTBS系列で放送されていた読書バラエティ番組で、稲垣吾郎の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月18日(金) 0:58~ 1:28
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:59~

「ごめん、愛してる」 番組宣伝。

オープニングトークで、今回は日本の文豪の素顔に迫る特別企画と話した。

オープニング映像。

三島由紀夫 その死の真相 (バラエティ/情報)
00:59~

今夜の課題は三島由紀夫「告白」、2017年1月TBSで三島由紀夫の対談を録音した未公開テープが発見。三島由紀夫は「仮面の告白」「金閣寺」などを発表、1963年にノーベル文学賞候補となった文豪。録音されたのは1970年2月、三島はその年の11月25日に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺を遂げた。

今夜の課題は三島由紀夫「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」、TBSで発見されたものなので借りてきたとした。ゲストは岩下尚史、岩下は「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」の帯を書き、三島由紀夫に関した「ヒタメン」で著書がある。岩下はテープを聞き、驚いたと話した。三島が亡くなって、決定版の全集に入ったものだと思っていたとし、貴重なものだとした。

キーワード
三島由紀夫
陸上自衛隊 市ヶ谷駐屯地
TBS
仮面の告白
金閣寺
告白 三島由紀夫 未公開インタビュー
ノーベル文学賞
割腹自殺
告白 三島由紀夫未公開インタビュー
ヒタメン 三島由紀夫が女に逢う時

三島由紀夫 その死の真相 (バラエティ/情報)
01:06~

今夜の課題は三島由紀夫「告白 三島由紀夫未公開インタビュー」、TBSで発見された三島由紀夫の肉声テープを公開。三島は「豊饒の海」3巻「暁の寺」が書けたところで、次の4巻を書き始めるが現在のことなので難しいと話した。「豊饒の海」は三島の晩年の代表作で最終巻「天人五衰」を書き上げた翌日に自決。テープは3巻「暁の寺」の翌日に録音されたものだった。岩下は「ヒタメン」で紹介した三島の親友だった湯浅あつ子に聞いたが、この録音の数か月前に国立劇場で「椿説弓張月」を三島が作・演出していた時に、「こういう歌舞伎を書くの?」と聞くと、三島が今はライフワークに取り掛かり忙しい、これが終わると遠くに行くと話していたと明かした。岩下は天人五衰を書き上げたらと決めていたと思うと話した。三島が45歳で死ぬことを若い頃から決めていたと話した。岩下は三島の美学で、天才と美に仕えたと話した。

キーワード
告白 三島由紀夫未公開インタビュー
三島由紀夫
TBS
天人五衰
椿説弓張月
暁の寺 豊饒の海 第3巻
豊饒の海
ヒタメン 三島由紀夫が女に逢う時
国立劇場
湯浅あつ子

三島由紀夫 その死の真相 (バラエティ/情報)
01:12~

今回の課題図書は「告白 三島由紀夫 未公開インタビュー」、三島は1925年に東京新宿区で生まれた。父は農務省官僚、祖父は元樺太庁長官の厳格な家庭に育った。幼少期から文章に天性の才能があった。三島はインタビューで、子どもの頃は空想的なことばかり書いてしまった、そうすると先生から悪い点数をつけたと話した。岩下は三島は先に言葉がやって来て、その後に肉体が来ると考えていたが、それを良いことだと受け入れていなかったと解説。

今回の課題図書は「告白 三島由紀夫 未公開インタビュー」、三島は1941年に処女作「花ざかりの森」を執筆。1944年学習院高等科を首席で卒業、東京帝国大学法学部へ入学、1947年大蔵省へ入省。1年足らずで退職、小説家への道へ進んだ。1949年初の書き下ろし長編「仮面の告白」が大ヒット。以降、「金閣寺」「美徳のよろめき」などを発表。1954年「潮騒」は5回映画化されている。岩下尚史はこの20代後半から30代の4~5年がすごい、1番三島の本が売れた時期だと話した。岩下は潮騒で作風が変わったとした。きっかけは1952年に世界一周旅行をして、エーゲ海の太陽やギリシャ彫刻に心を奪われたことだった。1955年の30歳でボディービルを始めた。少年時代は虚弱体質だったが、自己改造に至った。自分自身を変え、文体や作風が変わり売上は落ちた。岩下は「午後の曳航」は40歳を過ぎると読むと泣くと話した。

キーワード
三島由紀夫
告白 三島由紀夫 未公開インタビュー
学習院高等科
東京帝国大学
大蔵省
仮面の告白
金閣寺
美徳のよろめき
潮騒
午後の曳航
花ざかりの森

三島由紀夫 その死の真相 (バラエティ/情報)
01:21~

今回の課題図書は「告白 三島由紀夫 未公開インタビュー」、三島の肉声テープを公開。三島は死生観を語っていた。三島の「太陽と鉄」の一説を稲垣吾郎が朗読。岩下尚史は三島は華々しい悲劇に殉じて死ぬには筋肉がなければできないと思っていたと解説。どの小説も死がテーマだとした。

稲垣吾郎は死について、年取るともっと簡単に生きれると思ったが、どんどん幼くなったことに気づくと話した。岩下尚史は三島由紀夫は勇気を持って行動したとし、自己改造が必要だと指摘。岩下は夜這いに来ても教えられないと話した。

キーワード
三島由紀夫
告白 三島由紀夫未公開インタビュー
太陽と鉄
  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送
  3. 次回の放送