TBSレビュー ブラック・ペアン

『TBSレビュー』(TBS Review)は、TBSの関東ローカルにて放送されている自己検証番組・自己批評番組である。「レビュー」の言葉のとおり、TBSの放送・報道・番組のみならず、放送界全体の動向・問題を検証・検討する目的で放送されている。1997年1月25日放送開始。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月23日(日) 5:40~ 6:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
05:40~

オープニング映像。

秋沢淳子アナによるオープニングの挨拶。

視聴者センターに届いた視聴者からの声 (バラエティ/情報)
05:40~

9月7日放送「爆報!THE フライデー」について。小林ハルのことをドラマ化してほしいとの声を紹介。

「A-Studio」について。ゲストが着席するシーンについて、ゲストのファッションが映るようにしてほしいとの声を紹介。

「上田晋也のサタデージャーナル」について。自由な意見を言えるかも重要。そういう番組になってほしいなどの声を紹介。

「義母と娘のブルース」について。営業の極意などが勉強になる、ビジネス書を出してはどうかとの声の紹介。

キーワード
爆報!THE フライデー
下重暁子さん
小林ハルさん
A-Studio
上田晋也のサタデージャーナル
義母と娘のブルース

今日の特集 (バラエティ/情報)
05:42~

ドラマ「ブラックペアン」をダイジェストで振り返った。

ドラマ「ブラックペアン」について視聴者らは「手術シーンが本格的で見入る」「厳しいことも言っていたのでリアルな医療現場を見ているんだなと思った」「目で演技しているので引き込まれる」など述べていた。

碓井広義さんは「ブラックペアン」について「お医者さんが命を救った後に『1億な』っていう、そんな医者いなかったでしょう。この人物像、相当なものだったと思う」など述べた。ブラックペアンプロデューサーの伊與田英徳さんは「昔こんな事があったみたいなことを色んな方々に取材したので、フィクションとして楽しんでいただくという形でやらしていただいた。今後について伊與田さんは「このテレビを見て夢を持っていただけるような、そういうふうに思っていただけるメディアであり続けたい」など話す。

日曜劇場「ブラックペアン」の紹介。新しいタイプの医療ドラマとして評価された。視聴者は「二宮がきつめのキャラで面白かった。」などとコメント。支持された理由と、ドラマのあり方を考える。碓井広義らゲストの紹介。碓井広義は「これまでの天才外科医と違う、ダークな部分がある奥行きのある人物だった。ストーリーも今どきの医学の状況などを取り込んでいた。」などとコメント。

スタジオトーク。伊與田英徳は「原作でキャラクターが生き生きしていた。天才外科医と、技術を駆使する先生との思いが対立している部分が面白く描けたらいいとおもった。」などとコメント。碓井広義は「ドラマを見て初めて医療機器が進んでいると思った。一方で腕で勝負する人との対立構造がうまく描かれていた。医療は聖なる部分の一方で俗な部分があってもいい。」などとコメント。

キーワード
ブラックペアン
日曜劇場 「ブラックペアン」
海堂尊さん

エンディング (その他)
05:58~

ご意見・お問い合わせはTBSのホームページなどで受付している。手紙は〒107-8066「TBSレビュー」係、FAXは03-3505-4190まで。

「TBSレビュー」の次回予告。

エンディング映像。

キーワード
TBSテレビ ホームページ
TBS
  1. 前回の放送
  2. 9月23日 放送
  3. 次回の放送