全国高校ラグビー大会 第97回 ハイライト【花園での熱戦▼大畑大介×小島瑠璃子】

放送日 2018年1月6日(土) 0:30~ 1:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:30~

オープニング映像。

大会テーマソング:スキマスイッチ「ハナツ」

全国高校ラグビー大会のハイライトをお届けする。大畑大介は「負ければ終わりの高校生活の集大成の大会。花園はまさに聖地」と説明した。

キーワード
ハナツ
スキマスイッチ
全国高校ラグビー大会
花園

全国高校ラグビー大会 (バラエティ/情報)
00:30~

聖地・花園で行われる全国高校ラグビー大会。これまで平尾誠二など多くのスター選手が活躍した。花園は来年のワールドカップに向けて改修も進んでいる。今大会のベスト4は東福岡vs東海大仰星、大阪桐蔭vs桐蔭学園という組み合わせになった。

東福岡の福井翔大主将を紹介。日本航空石川との戦いでも活躍した福井は、昨年高校生で唯一U20日本代表に選出された。高校生では異例となるトップリーグとのプロ契約も果たした。福井はワールドカップ、スーパーラグビーでの活躍を目標に掲げた。大会のメンバー発表の日には、選出されなかった部員たちに対し、涙ながらに「応援よろしくお願いします」と話した。

東福岡と東海大仰星の対戦は、東海大仰星が21-14で勝利。敗れた東福岡の福井翔大主将は「正直負けるとは思っていなかったし、改めて花園のすごさを目の当たりにした」などと涙ながらに語った。

大畑大介は敗れた東福岡について「連覇への思いが力みになった」などと分析。勝利した東海大仰星については、前に出る積極的なディフェンスなどを評価した。

東福岡の小林賢太選手を紹介。福岡市博多区にある東福岡学生寮の冷蔵庫は、彼の母親が送ってきた手作り料理の冷凍品で溢れていた。母・裕子さんは兵庫県西宮市で「もやい食堂」を営んでいて、塩麹を使った料理を、息子に送っていると語った。そして準決勝。試合に敗れた息子に、裕子さんはおにぎりを差し入れた。

取材した小島瑠璃子は小林賢太について、思春期だが母親に素直に感謝を示せる人だと説明した。

小島瑠璃子が取材してきた参加校のエピソードを映像で紹介した。花園初勝利を目指した函館ラ・サールだが、叶わなかった。和歌山工の松田武選手はスタンドの母・則子さんの応援に支えられた。優勝を目指しながら敗れた京都成章。主将の押川敦治は涙をこらえて最後の挨拶をした。山口の中江洋平監督は、最後のミーティングで「楽しかった」と涙した。初の8強入りを達成した日本航空石川は、夏合宿の集合写真を1000ピースのジグソーパズルにした。報徳学園の江藤良主将は敗戦後、花園がどんな場所だったか聞かれ「気持ち良い場所でした」と涙ながらに語った。

小島瑠璃子は「経験した嬉しい思いも悔しい思いも、彼らの力になってくれると思います」などと語った。

大阪桐蔭の松山将輝・千大兄弟を紹介。弟の千大は中学時代に大阪府選抜として活躍した逸材で、兄弟は互いを刺激しあって高校ラグビー部生活を送った。兄・将輝はパスを出す攻撃の起点となり、弟・千大は激しいタックルで活躍する。

大阪桐蔭と桐蔭学園の試合は12-7で大阪桐蔭が勝利し、初の決勝進出を果たした。試合後に兄の松山将輝は、攻撃力を発揮した弟の千大への感謝を語った。敗れた桐蔭学園の細木康太郎は、「あとちょっとトライをとりきれなかった」と敗戦の弁を述べた。

大阪桐蔭vs桐蔭学園について、大畑大介は「大阪桐蔭のディフェンスが光った試合」などと語った。東海大仰星と大阪桐蔭がぶつかる決勝の展望について大畑大介が解説。東海大仰星について「ボールを横に動かす展開力」があるチームだと説明。大阪桐蔭については「攻撃・守備ともに縦への推進力」があると説明した。小島瑠璃子は決勝の番組宣伝、大会公式サイトの紹介をおこなった。

全国高校ラグビー大会の番組宣伝。

全日本高校女子サッカー選手権大会&全国高校ラグビー大会の番組宣伝。

キーワード
平尾誠二
大畑大介
五郎丸歩
東福岡
東海大仰星
大阪桐蔭
桐蔭学園
ワールドカップ
花園
藤田雄一郎監督
日本航空石川
スーパーラグビー
もやい食堂
おにぎり
塩麹
博多区(福岡)
西宮市(兵庫)
小林賢太
中江洋平
松田武
押川敦治
函館ラ・サール
和歌山工
京都成章
山口
報徳学園
小林学監督
阪井那希さん
大会公式サイト
  1. 前回の放送
  2. 1月6日 放送
  3. 次回の放送