全日本実業団陸上 2018〜男子100m“最強”山縣VS“最速”桐生〜

放送日 2018年9月30日(日) 2:13~ 4:13
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
02:15~

オープニング映像。

全日本実業団陸上2018 (中継1) (スポーツ)
02:15~

全日本実業団陸上選手権に出場する山縣亮太、桐生祥秀にインタビュー。桐生祥秀が「準決勝があるレースが久しぶり。予選・準決勝で動きを作っていって、決勝で良い走りをしたいと思います。最低でもシーズンベストは出さないと」と、山縣亮太が「アジア大会からの良い流れをこの大会でもしっかり出して、良い記録で勝ちたいと思います。桐生選手とはお互いにベストレースをして、お互いに良い記録を出したらみんな盛り上がってくれるんじゃないかなと思う」と語った。

全日本実業団陸上2018 男子100m 予選2組の様子。桐生祥秀が10秒42で一着。

全日本実業団陸上2018 男子100m 予選8組の様子。山縣亮太が10秒34で一着。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
アジア大会

オープニング (その他)
02:21~

オープニング映像。

大阪・ヤンマースタジアム長居で全日本実業団陸上2018が開催された。8月のアジア大会を沸かせた選手たちが多く出場。男子100mでの山縣と桐生の対決、9秒台の記録など期待が高まる。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
ヤンマースタジアム長居
大阪府
アジア大会
山縣
桐生

全日本実業団陸上2018 (中継2) (スポーツ)
02:24~

全日本実業団陸上2018 男子100m 準決勝1組の様子。山縣亮太が10秒14で一着。決勝進出。

谷口耕太郎

全日本実業団陸上2018 男子100m 準決勝2組の様子。桐生祥秀が10秒21で一着。決勝進出。

和戸達哉

全日本実業団陸上2018 女子 100mハードル 決勝の様子。青木益未が13秒31で優勝。

男子100m決勝がまもなくスタート。

全日本実業団陸上2018 男子110mハードル 決勝の様子。高山峻野が13秒59で優勝。

全日本実業団陸上2018 男子 100m 決勝の選手入場の様子。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
和戸達哉
山形市体育協会
古川裕太郎
全日本実業団陸上

番組宣伝 (その他)
02:42~

「2018世界バレー 女子大会-JAPAN- 日本×オランダ」の番組宣伝。

2018アジア大会&世界バレー テーマ曲:サザンオールスターズ「東京VICTORY」

キーワード
東京VICTORY
サザンオールスターズ
2018アジア大会
世界バレー

全日本実業団陸上2018 (中継3) (スポーツ)
02:42~

このあと、女子100mの決勝。

全日本実業団陸上・女子走幅跳決勝は、ニッパツの平加有梨奈が6m28で優勝。

全日本実業団陸上・男子走幅跳決勝は、新潟アルビレックスRCの松原瑞貴が7m84で優勝。

全日本実業団陸上2018 男子 100m 決勝の様子。山縣亮太が10秒01で優勝。

「男子 100m」優勝の山縣亮太と2位の桐生祥秀のインタビューの様子。

全日本実業団陸上2018 男子 800m 決勝のハイライト。村島匠が優勝。

全日本実業団陸上2018 女子 800m 決勝のハイライト。山田はなが優勝。

全日本実業団陸上2018 男子 1500m タイムレース2組のハイライト。森田佳祐が優勝。

全日本実業団陸上2018 女子 1500m 決勝のハイライト。アン・カリンジが優勝。

全日本実業団陸上2018 男子・女子 10000m競歩 決勝のハイライト。男子は鈴木雄介、女子は岡田久美子が優勝。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
ニッパツ
全日本実業団陸上
新潟アルビレックスRC
アン・カリンジ

全日本実業団陸上2018 (中継4) (スポーツ)
02:56~

このあと、女子10000mの決勝。

全日本実業団陸上・女子100m決勝は、CRANEの世古和が11.66で優勝した。

全日本実業団陸上・女子400mハードル決勝は、東邦銀行の青木沙弥佳が57.76で優勝した。

全日本実業団陸上・男子400mハードル決勝は、住友電工の鍜治木崚が49.75で優勝した。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
CRANE
住友電工

全日本実業団陸上2018 (中継5) (スポーツ)
03:10~

全日本実業団陸上・女子10000mタイムレース2組のハイライト。

キーワード
全日本実業団陸上選手権
住友電工

全日本実業団陸上2018 (中継6) (スポーツ)
03:16~

「プリンセス駅伝」の番組宣伝テロップ。

「女子 10000m タイムレース2組」のようすを中継。堀優花が、残り4周に入った。

キーワード
全日本実業団陸上

全日本実業団陸上2018 (中継7) (スポーツ)
03:23~

このあとは4×100mリレー。

全日本実業団陸上2018 男子 10000m タイムレースでは、2年連続日本人一位の旭化成・市田孝が日本人最高の8位、双子の弟の市田宏が日本人2位となる13位に入った。

全日本実業団陸上2018 男子 3000m障害 決勝のハイライトを放送。粘った石橋安孝とジョナサン・ディクとの一騎打ちになったが、最期は石橋が引き離されて2位になった。

全日本実業団陸上2018 女子 3000m障害 決勝のハイライトを放送。薮田裕衣が初優勝した。

全日本実業団陸上2018 女子 やり投 決勝では、ニコニコのり 森友佳が初優勝した。

全日本実業団陸上2018 男子 ハンマー投 決勝で柏村亮太(ヤマダ電機)が連覇を達成した。

全日本実業団陸上2018 男子 走り高跳び は佐藤凌(東日印刷)が初優勝した。

「女子 10000m タイムレース2組」のようすを中継。1位はパウリン・カムル、2位は岡本春美、4位は堀優花。

キーワード
全日本実業団陸上
全日本実業団陸上選手権
薮田裕衣
森友佳
大塚製薬
ヤマダ電機
全日本実業団陸上2018
東日印刷

番組宣伝 (その他)
03:33~

「2018世界バレー 女子大会-JAPAN- 日本×オランダ」の番組宣伝。

2018アジア大会&世界バレー テーマ曲:サザンオールスターズ「東京VICTORY」

キーワード
東京VICTORY
サザンオールスターズ
2018アジア大会
世界バレー

全日本実業団陸上2018 (中継8) (スポーツ)
03:33~

このあとは男子200mの決勝。

全日本実業団陸上2018 女子 4×100mリレー 決勝は、東邦銀行が通算して13連覇なるかに注目が集まる。七十七銀行がアンカーで逆転し、優勝した。七十七銀行が1位、東邦銀行が2位、小島プレスが3位に入っている。

全日本実業団陸上2018 男子 4×100mリレー 決勝を放送。NTNの連覇になるか。ユティックが優勝、2位がNTNとなった。

キーワード
全日本実業団陸上2018
東邦銀行
七十七銀行
小島プレス
NTN
ユティック
富士通

番組宣伝 (その他)
03:43~

「2018世界バレー 女子大会-JAPAN- 日本×オランダ」の番組宣伝。

2018アジア大会&世界バレー テーマ曲:サザンオールスターズ「東京VICTORY」

キーワード
東京VICTORY
サザンオールスターズ
2018アジア大会
世界バレー

全日本実業団陸上2018 (中継9) (スポーツ)
03:43~

このあとは男子棒高跳。

和田麻希が23”87で優勝。2位は三宅奈緒香。3位は藤沢沙也加。「後半はいついもバテるが逃げ切って勝つことができた」と和田麻希がインタビューで語った。

湯上剛輝は6月の日本選手権で日本記録を3回更新。1投目は57m76。4投目で59m26で優勝。

板鼻航平が自己ベストで初優勝。

武石この実が優勝。

日本記録保持者の中村太地は6位。佐藤征平が17m70を記録し、初優勝。

世界陸上代表の山本凌雅が初優勝。

3連覇中の宮坂楓が優勝し、4連覇を達成した。

アジア大会銅メダリストの勝山眸美が出場。2位に2m以上の差をつけ、初優勝。

全日本実業団陸上2018 男子 200m 決勝に飯塚翔太(ミズノ)が登場。飯塚は、8月 アジア大会 男子4×400mリレーに出場していた。飯塚翔太が1着でゴールした。2位は、大阪ガスの猶木雅文、3位は富士通の橋元晃志。飯塚翔太は、素直に優勝が嬉しい、今年最後の個人の試合で優勝飾れたので良かった、などと語った。

キーワード
日本選手権
全日本実業団陸上2018
ミズノ
アジア大会
住友電工
四電工
富士通

全日本実業団陸上2018 (中継10) (スポーツ)
03:58~

8月のアジア大会では山本聖途が5m70の大会新記録で金メダル。澤野大地にも注目。5m35を逸見俊太、澤野大地が成功。5m45では3回目で澤野大地は成功。山本聖途は5m50から登場し、2回目で成功。逸見俊太は3回目に挑む際に脚がつり、3位。山本聖途が7m75に挑むも助走の際に脚がつってしまい、記録更新はならず。山本聖途が5m65で優勝し2連覇とした。

住友電工が3’08’79で優勝。2位はミズノ。

総合優勝は住友電工、男子優勝は富士通、女子優勝は東邦銀行。

キーワード
住友電工
ミズノ
富士通
東邦銀行

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送