噂の!東京マガジン 対立!2人の市長と住民…伊豆ゴミ焼却場騒動▽達人のサバみそ

『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54(日本標準時)の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。長寿番組である。メイン司会は開始当初から森本毅郎が担当している。字幕放送、解説放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月23日(日) 13:00~13:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像が流れた。

オープニング (その他)
13:02~

今回の噂の現場は伊豆ゴミ焼却場騒動をめぐり、住民と市長の対立を取材したという。

集団左遷!!の番組宣伝テロップ。

今日のやって!TRYはサバの味噌煮と、噂の現場は伊豆市伊豆の国市のごみ焼却場計画となっている。

週刊見出し大賞 (バラエティ/情報)
13:05~

南青山にある「Viking Bakery F」では、食パンが10種類ある。そして大田区大森の「題名のないパン屋」では、開店10分前から人が並ぶほどの人気パン屋だった。

アサヒ芸能の「土用」商戦でしのぎを削るそっくり料理の見出しを紹介した。最近は臭みもなく、子どもも喜ぶ豚肉が土用商品として出していたが、今年は鮭のハラミ焼きを推しているという。ハラミ焼きは焼くと鰻の蒲焼のようになるという。

今週はサンデー毎日の「座り方を変えるだけでカラダに効く!」が見出し大賞となった。浅めに座って足は横を向いた時に110度の角度になっているのが良いという。サンデー毎日は今回が3度目の受賞となった。

飯田橋でサバの味噌煮に挑戦!

キーワード
週刊現代
Viking Bakery F
竹炭×ドライトマト
無の極み“味噌”
南青山(東京)
大森(東京)
週刊アサヒ芸能
土用
サンデー毎日
サバの味噌煮
飯田橋(東京)

令和の常識 やって!TRY (バラエティ/情報)
13:14~

今回は飯田橋でサバの味噌煮を作る。

サバの味噌煮を作る。飯田橋セントラルプラザ飯田橋セントラルプラザRAMLAでTRY。19歳の会社員はサバの切り身に調味料をつけてフライパンで焼いた。19歳の東京女子大の学生はサバを切り、みりんを大量に入れた鍋で煮込んだ。21歳の大学生はイワシを丸ごと味噌で煮た。サバの味噌煮を正しく作れたのは12人中3人。

黒田廣昭がサバの味噌煮を調理。サバに小麦粉をつけて焼く。焼いたサバ、豆腐などを鍋に入れて酒、水で溶いた味噌など調味料をいれて煮る。20分ほど煮詰めて完成。

なぜこんなに高い?これでいいのかごみ焼却場。

キーワード
サバの味噌煮
飯田橋(東京)
飯田橋セントラルプラザRAMLA
東京女子大学

噂の現場 (バラエティ/情報)
13:30~

修善寺温泉は平安時代、この地を訪れた弘法大師が湧き出させたと言われている。修善寺は豊穣と源氏の弘法を見守った。修善寺温泉は訪れた人たちを歴史の旅へと誘う伊豆市にある名湯。その隣の伊豆の国市には4年前に世界文化遺産に登録された韮山反射炉がある。江戸末期のペリー来航を受け、防衛強化の必要性を感じた幕府が大砲を鋳造するために作った鉄の溶解炉。今回は伊豆市の方からメールをもらっており、市は伊豆の国市と共同でごみ焼却施設の建設を進めているが、メールを書いた方の元に伊豆の国市長がやってきて「近隣自治体と比較して建設費が高すぎる。税金の無駄遣いは阻止したい」などと伝えたという。

事業費の高さから、住民からは「官製談合ではないか」との声も上がっている。今回、組合は予算を決めるにあたり8社に見積もりを依頼、回答したのは1社のみ。市長らは談合を否定、「高い高くないは稼働してからの事じゃないか」などと述べた。他の自治体より割高との指摘については、オリンピック関連で人件費や資材の高騰があり他の自治体と事情が違うとしている。発電機の設置は国が推奨している事であり、また交付金も出る。交付金は設置費の倍以上に相当するが、それによって不要な施設が増える事に住民は懸念を示している。

伊豆市と伊豆の国市にはそれぞれごみ焼却施設があるが、いずれも老朽化が進んでいることから新しいごみ処理施設を作る計画が浮上。伊豆市と伊豆の国市で合同で施設を作ることになり、2市で組合を設立。建設予定地も決まっているが、反対住民が「他の自治体と比べて事業費が高すぎる」と反論。1日の処理能力82トンに対する予算約206億7000万円(建設費+20年間の運営費)があまりにも高いという。御殿場市・小山町の施設は伊豆の施設の1.7倍大きいが、予算が約136億円と70億円も安い。さらに、茨城の江戸崎で計画されている施設では処理能力が12トン小さく、運営費の計上も5年短いが、予算は約93億円。

伊豆市と伊豆の国市の伊豆のごみ処理場について出演者らは「予想に比べて事業費が高すぎる」などと述べていた。

組合代表は伊豆の国市長で副代表は伊豆市長。そして、市民の代表である議員各4名ずつで組合議会を構成している。高額な事業費について住民と組合員が情報開示を求めたところ、資料は金額の内訳が黒塗り。組合議員に対しても同じ資料しか開示されなかった。現在のゴミ量は1日66トン、今は扱っていない剪定ゴミや災害ゴミも処理できるよう大きくした。ゴミを燃やした熱で発電する設備は化石燃料を使わないので環境に優しいが、処理能力が70トン以上ないと発電機がつけられないという。人口減少が予測されるのに発電機をつけるために規模を大きくしているのでは?との声もある。

焼却場問題について。意識の高い住民の人たちですねと森本。市長らの主張は「タウンミーティングで反対意見はなかった」「規模の見積もりは適切」「合併特例債の期限が近づいている」など。8社に見積もりを依頼して返答があったのは1社のみだが、見積もりの提出だけで3000万円の費用がかかるため落札されないと損になってしまうため出さなかったと見られる。茨城県江戸崎のケースの場合は当初153億円としていたが、高すぎるとの意見があったために見積もり依頼先を広げて93億円まで費用を下げた。競争原理が働かないと業者の言い値のままになってしまうなどと出演者ら。

発電した電気はゴミ焼却場で使い、余りは売るそうだ。組合は発電機があれば20年間で約1億8000万円得すると試算しているが、それをつけるのに約12億3000万円かかる。さらにゴミが減れば発電量が少なくなるので試算通りにいかないのではとの声も。そもそも住民が疑問を持つきっかけとなったのは去年3月頃、計画を進める伊豆の国市長が原啓太郎さんらに相談に来た。原さんは15年前、合併して伊豆市になった旧修善寺町の元町長。伊豆の国市長にとっては自治体トップの先輩でもある。反対住民が主張しているような内容を伊豆の国市長自身が言ったそうで、半年後には予算は約206億7000万円に決定。

大きな疑問を持った原さんたちが計画の見直しを求める声をあげると多くの住民が賛同。反対住民らは「子ども・孫たちがこのお金を負担していかなきゃいけない。今でも伊豆市は1年間で500人人工が減っている」「税金の無駄遣いは絶対だめ」などと述べていた。

キーワード
修善寺町
修善寺温泉
弘法大師
官製談合
世界文化遺産
ペリー
わさびソフトクリーム
伊豆市(静岡)
伊豆の国市(静岡)
伊豆市清掃センター
茨城県江戸崎地方衛生土木組合
オリンピック
伊豆市
伊豆の国市
環境省
伊豆市伊豆の国市廃棄物処理施設組合
循環型社会形成推進交付金
御殿場市
小山町
修善寺町(静岡)
江戸崎地方衛生土木組合
江戸崎(茨城)
伊豆市・伊豆の国市 廃棄物処理施設組合
小野市長
旧修善寺町(静岡)
旧中伊豆町(静岡)
旧天城湯ヶ島町(静岡)
旧土肥町(静岡)

番組宣伝 (その他)
13:49~

「坂上&指原のつぶれない店」「消えた天才」「日曜劇場 集団左遷!!」「林先生の初耳学」の番組宣伝。

エンディング (その他)
13:52~

エンディング映像として錦糸町の今と昔の映像が流れた。

BGM:Turn off the light/鈴木雅之

キーワード
Turn off the light
鈴木雅之
錦糸町駅
錦糸町オリナス
精工舎
セイコーホールディングス
江東劇場
錦糸町パルコ
錦糸町(東京)
大横川
  1. 前回の放送
  2. 6月23日 放送
  3. 次回の放送