噂の!東京マガジン 花街の香りと老舗の味!湯島歴史さんぽ▽野菜たっぷりの酢豚!

『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54(日本標準時)の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。長寿番組である。総合司会は開始当初から森本毅郎が担当している。字幕放送、解説放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月10日(日) 13:00~13:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像。

オープニング (その他)
13:02~

今回は湯島天神などがある湯島を散歩しながら、紹介していく。

グッドワイフの番組宣伝テロップ。

今週のやってTRYは「酢豚をつくる」、歴史さんぽTOKYO大好き!!は「湯島」となっている。

週刊見出し大賞 (バラエティ/情報)
13:06~

東京都日野市にある多摩動物公園では、国内の動物園として最多となるチンパンジーがいる。中でも国内、最高齢のペコは高い所で休んでいる事が多く、動きがゆっくりになっているという。他にも昼下がり飼育員がコインを手渡すと、自動販売機で野菜ジュースを購入するチンパンジーもいた。

日本人が食べているイカは25種類ほどあるが、中でも1番多いのはスルメイカで1965年のベスト3は「アジ、イカ、サバ」だという。その後、1位と3位は変わるがイカは不動の2位となっている。

100歳以上で寝たきりの老人0となっているイタリアの地中海にある。アメリカの研究チームが調査したところ、長寿の原因は体内の炎症がないことが明らかになった。炎症は体を打ったりしてできるが、島の人は自然の写真を見たり、ヨーグルトなどの発酵食品を食べ、週に150分歩いて昼寝もするという。

やって!TRY 酢豚に挑戦で意外な展開続出!

キーワード
ペコ
ジョニーさん
サンデー毎日
チンパンジー
スルメイカ
イカ
週刊新潮
イタリア

平成の常識 やって!TRY (バラエティ/情報)
13:14~

今回は池袋サンシャインシティで酢豚を作ってもらう。酢と豚を忘れないで欲しいと話し、先生には酸味と甘味をまろやかにする方法を教えてもらう。

今回は池袋サンシャインシティで酢豚を作ってもらう。24歳フリーター女性は見た目だけ良ければと肉と野菜を焼いて、みりんとお酢で甘酢を作りかたくり粉でとろみをつけて完成、友達は汚いと話し、完成品を見てケチャップを足したが味は悪かった。フリーの舞台女優の19歳はスタッフのおやつの焼き鳥を使い、味をつけて完成、友人に豚がいないと指摘され気づいた。カップルに料理を作ってとお願いすると19歳専門学生の男性が作る、肉と野菜などを油通しし、タレは酢を入れずとろみもつけずに作り完成、彼女にお酢ととろみを入れたか指摘され気づいた。正しくできた人は11人中1人だけだった。

スタジオで先生に酢豚の作り方を孫さんに教えてもらう。豚バラをオイスターソースなどを入れて揉み、下味をつけて水溶き小麦粉につける。味が付きやすく外はカリッと仕上がる。豚肉を中に火を通すように揚げる。ソースはお酢、醤油、生姜などを合わせる。火を消してタマネギなどを焦げないように揚げる。作ったタレに片栗粉を入れてとろみを付けて揚げた肉と野菜を入れ、最後にマンゴーなどフルーツを足して炒めて完成。孫さんの奥さんが料理を運び、出演者らは「マンゴーは今まで食べたことがない、豚肉のコーティングが美味しい。さっぱりした酢豚に感じる」などと話した。達人のツボは「酢豚、水溶き小麦粉で衣さくさく、野菜たっぷりヘルシーに」とした。

歴史散歩TOKYO大好き!!花街の香りと味 湯島

キーワード
酢豚
池袋サンシャインシティ
たまねぎ
にんじん
ズッキーニ
マンゴー
豚バラ肉
こしょう

歴史さんぽ TOKYO大好き!! (バラエティ/情報)
13:32~

花街の香りと味が楽しめる「湯島」を風見さんが歴史をたどりながら、紹介していく。

東京・湯島3丁目の花月は創業昭和22年のかりんとう屋さん。「かりんとう(540円)」は煮詰めた上白糖を使用している。食べた風見さんは甘すぎないので止まらないというのが分かりますとコメント。琥珀色のかりんとうは初代のころ砂糖を煮詰め過ぎて飴になってしまいもったいないからと試しにかりんとうの生地にかけてみた偶然からできたという。現在では花街のお土産として評判。

湯島の入り口である天神下交差点にある「天久」で風見さんは、自分の顔ほどの大きさがある「かき揚げ丼 小」を食べた。このかき揚げ丼にはさらに大サイズもあり、かき揚げの厚さは10cmほどで薄い衣がついた具はあなごなどが入っている。

「天久」の店主から湯煙が立つ島で湯島で、称徳天皇が生まれる前に創建されたのは湯島天満宮と教えてもらい、天満宮に風見さんは向かった。男坂を登り、学問の神様である菅原道真が祀られている天満宮に到着すると、受験生がたくさんいた。天満宮には学問以外にも、かつて江戸の宝くじである「富つき」があって周りが栄えて花街となっていた。

東京・湯島の天神下に歴史を感じる佇まいの家が建っていた。漆喰と壁には家紋が入っている。風見さんが訪ね話を聞くと明治時代に建てられたもので焼け残った、戦前までは大工の棟梁が住んでいたという。刀をしまうための刀箪笥など明治の調度品が残っている。以前はジョン・レノン夫妻も訪れている画廊「羽黒洞」だった。付近には昭和の終わりまで木造3階建ての家が数多く残っていたという。

湯島の花街にある「すきうどん 満川」は、昭和25年ごろは料亭だった。天井は桜木と竹の天井で、女将さんの母親は置屋もしていたという。湯島花柳界では昭和10年代がピークで芸者が99人もいた。常連には古川ロッパなどがいて、料亭が衰退するとすきうどんのお店になった。

大正元年の老舗「鳥つね」の上親子丼は花街の出前でよく注文されたため、冷めても美味しいように卵は半熟で割り下が多めだった。

東京・湯島の創業72年の鮮魚店「よろずや」。名物は「銀だらの味噌漬け(1切れ1000円)」。注文を受けてから特製の味噌に着ける。1番美味しい時に食べてもらうため漬けるのは4~5日ほどで、漬け置きはしない。食べた風見さんはしっかり味噌に漬け込まれてて風味がすごいとコメントした。店主の小山敏雄さんは湯島のいいところを住んでいる人も昔から居て気持ちの優しい人ばかり、ここで死にたいなどと話した。

風間さんは銀だらの味噌漬けについて本っ当においしかったよとコメント。清水さんはかりんとうくらい楽屋に持ってくるでしょ普通は!と食べたそうにしていた。湯島天神の絵馬は今年1月から既に5万枚になっているという。江戸時代からの江戸の名所でもあり、ことしも梅まつりが始まっている。森本さんは湯島らしい花街の良さは僕ら以前の人が味わったと述べた、歴史の中に入っちゃったなどと話した。

東京の街角 湯島の今・昔

キーワード
花街
湯島(東京)
天神下交差点
かりんとう
かき揚げ丼 小
かき揚げ丼 大
菅原道真
溝口愛子さん
湯島(東京都)
江戸の三富
すきうどん 満川
置屋
オノ・ヨーコ
古川ロッパ
ジョン・レノン
すきうどん
鳥つね
上親子丼
羽黒洞
ぼくの近代建築コレクション
銀だらの味噌漬け
湯島天神
梅まつり
去年の梅まつり
親子丼

番組宣伝 (その他)
13:49~

「消えた天才」、「日曜劇場 グッドワイフ」などの番組宣伝が行われた。

キーワード
前田健太
パリコレ

エンディング (その他)
13:52~

出演者らが終わりの挨拶をした。湯島天満宮の今と昔の様子を背景にエンディングが流れた。

伊勢正三「風の日の少年」が流れた。

キーワード
湯島(東京)
伊勢正三
風の日の少年

スポット

グルメ

天久
鳥つね
花月
すきうどん 満川
よろずや
寿司政

レジャー/交通

池袋サンシャインシティ
男坂
多摩動物公園
文京ふるさと歴史館

宗教

湯島天満宮
湯島天神

趣味/スポーツ

羽黒洞
  1. 前回の放送
  2. 2月10日 放送
  3. 次回の放送