噂の!東京マガジン TRY傑作選&Xmas(秘)鶏料理▽上野アメ横70年の歴史散歩

『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54(日本標準時)の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。長寿番組である。総合司会は開始当初から森本毅郎が担当している。字幕放送、解説放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月23日(日) 13:00~13:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像。

オープニング (その他)
13:02~

出演者らが挨拶した。森本さんが上野にあるアメ横は今年で70周年伝え、きょうはアメ横の魅力などを伝えていくという。

下町ロケットの番組宣伝。

きょうはクリスマスにオススメの「鶏のクリーム煮」のレシピなどを一流料理人が伝授。さらに今年70週年を迎えた上野「アメ横」の魅力と歴史に迫る。

キーワード
上野(東京)
アメ横
Au Gamin De Tokio
木下威征

週刊見出し大賞 (バラエティ/情報)
13:05~

きょうは下半期の週刊見出し大賞を発表。「サンデー毎日」などの3つが星3つを獲得と激戦している。井崎さんは週刊朝日の「看板猫」特集に注目した。宇都宮市にある居酒屋「かやぶき」では看板ザルが働いている。看板娘のふくちゃんは仕事が一段落するとご褒美にオレンジジュース。スタジオでは笑福亭笑瓶さんがふくちゃんについて「来週はおれがやっているかも」などとコメント。(週刊朝日)

井崎さんが注目した気になる見出しは女性自身の「神社のお寺の参拝”お作法”」。近所から神社のお寺の参拝をしたほうが良いという。「お参りの際には過剰なお願い事を沢山するのではなく平和な日々を願うもの」だなどと書かれていると紹介。(女性自身)

今週の見出し大賞は「サンデー毎日」。開場2ヶ月の豊洲市場で異変が。「お客さんが来ない」などと小口の業者が嘆いているという。なんとかしてほしいなどと井崎さんがコメント。「サンデー毎日」は4回目で星4つになった。

爆笑!2018年傑作選

キーワード
週刊朝日
かやぶき
ふくちゃん
おしぼり
宇都宮市(栃木)
女性自身
サンデー毎日
豊洲市場

平成の常識 やって!TRY (バラエティ/情報)
13:14~

ボンゴレを作れるかという街の女性たちの挑戦についてスタジオで風見しんごが「ボンカレーを用意したスタッフもどうなのか」などとコメントした。

片岡護さんがスタジオでボンゴレを作る。塩でお湯を茹で細めのパスタを投入。パスタを茹でている間にオリーブオイル、にんにく、鷹の爪をフライパンで炒める。火は弱めにするのがポイント。アサリと白ワイン、みじん切りしたパセリ、そら豆、菜の花、角切りしたトマトを入れたら、蓋を閉じて放置する。その間アスパラガスとズッキーニを切ってパスタと一緒に煮る。そうすることで野菜の味がパスタにつくのだという。アサリが開いたら汁を少し詰め、よく切った麺をまぜる。残りの汁をパスタに含ませる。もう一度オリーブオイルを入れパセリを入れ、盛り付けて完成。

出演者がボンゴレをスタジオで試食し、「にんにくが効いている」、「麺に味がしみている」などとコメントした。風見しんごは「アサリが美味しい」とコメントした。最後に達人のツボについて、「アサリは中火、殻が開いたら少し煮つめて旨さ極まる」と発表した。

次は噂の現場 住民激怒!寝耳に水の洪水対策

きょうの「平成の常識 やって!TRY」は今年の傑作選BEST5を紹介する。

3月4日放送のTRYは「ボンゴレ」。ボンゴレにインドのイメージを持っている女性がボンカレーで調理しようとしていた。

3月25日放送のTRYでは女性が杏仁豆腐を揚げて「揚げ出し豆腐」を作っていた。

10月7日のTRYでは、東京タワーがいつ作られたか聞かれた女性が「江戸時代くらいですかね」などと述べていた。9月30日の放送では、「秋茄子は○○に食わすな」の○○の部分を当てる問題に挑戦した女性が「すず虫に食わすな」と回答していた。7月15日の放送でナポリタンの意味を聞かれた女性は「なんか馬に乗ってる」などと述べていた。1月14日の放送で包丁技について聞くと、調理していた女性が「ごぼうのささくれ」と答えていた。8月12日の錦糸玉子の放送では女性が「たまご使っちゃいけないってこと?」と述べており、8月5日のカレイのから揚げの放送では、調理した女性が魚の目の位置で種類を判別しようとしていた。

木下シェフがきょう紹介するのは「フリカッセ・ド・プーレ」。鶏のクリーム煮のことで、「フリカッセ」は白く煮込む・「プーレ」は鶏肉という意味。鶏の骨つきもも肉1枚に塩コショウをふっていく。骨のまわりは切り込みを入れ身離れをよくし、骨がついていることで縮みを抑える。揉み込んで小麦粉をつけはたく。うまみが外に流れないよう表面を焼き固める「セジール」を行う。フライパンに油を引き両面焼く。木下シェフはフランスでの修行時代ではこの時期鶏料理が山ほど出るので何千羽と焼いてきたと話した。鶏を焼くときのポイントはちょっと多めの油。むらなく焼ける。フライパンにある油・鶏からでたうまみの中ににんじん・たまねぎなど入れ「ガルミチュールアロマティック」という香味野菜を作る。各5分の1個。

11月4日放送の「ペペロンチーノ」では、女性がサラダ油・オリーブオイルで炒めたにんにくをパスタにかけて調理。料理を見た友人も「自転車にさす油みたい」などと述べていた。

5月27日の「マグロの山かけ」では女性がマグロのぶつ切りの上にネギトロ・すりおろした山いもを乗せ、山状になるよう形を整えていた。

野菜に全体的に艶が出てきたころ鶏を元に戻す。野菜が炒まったら白ワインを入れデグラッセする。必ず沸騰させアルコール分を飛ばす。チキンブイヨンを鶏がひたひたになるまで加える。ブーケガルニを加える。中にローリエなど香草の入ったもので、香草をそのまま入れると香りが強すぎるのでブーケにしていれるという。蓋をし半分ほどに煮詰めていった後また生クリームを加えさらに半分まで煮詰める。野菜を裏ごす。ざるに野菜を入れ取り出しつぶしてクリームソースと合わせる。柔らかければペーストにしても良い。バターライスに鶏肉を立てかけるように盛り、裏ごししたクリームソースをかけ青み野菜をふって完成。

3月18日の「豚のしょうが焼き」ではロリータファッションの女性が調理。料理の上にケチャップがかかっていて、食べた旦那さんからは「お肉以上にすごいしょうがの食べ応えがある」など述べており、スタッフから「絶対嘘ですよね?」と聞かれると「大変なんですよ!」と述べていた。

食べた森本さんは「ビアーン」とコメントした。清水さんはプーレのセージがきいていますねとコメントし、シェフに「セジールです」と訂正された。山口さんは「鶏肉がナイフを入れた途端に香りがぱあっとたちますね」と述べた。フランスの家庭でもこれがテーブルに山盛り出て、バケットにソースをつけて食べるという。

歴史さんぽTOKYO 大好き!!上野・アメ横の元気の秘けつ

キーワード
ボンゴレ
ボンカレー
パセリ
菜の花
トマト
アスパラ
そら豆
ズッキーニ
アサリ
鷹の爪
オリーブオイル
塩コショウ
クリスマス
イタリア
インド
小田原城
家康
信長
二宮金次郎
北条早雲
杏仁豆腐
揚げ出し豆腐
小田原市(神奈川)
東京タワー
江戸時代
ナポレオン
みそ汁
バザールでござーる
セジール
秋茄子
ごぼう
カレイ
ヒラメ
シタビラメ
エビ天
麻婆茄子
ナポリタン
錦糸玉子
カレイのから揚げ
すず虫
サイゼ
サラダ油
にんにく
ペペロンチーノ
にんじん
たまねぎ
セロリ
鶏のもも肉
山かけ
フリカッセ・ド・プーレ
ガルミチュールアロマティック
山いも
マグロ
マグロの山かけ
ネギトロ
山梨県
ロリータファッション
醤油
ケチャップ
デグラッセ
しょうが
豚のしょうが焼き
ブーケガルニ
タイム
ローリエ
バターライス
鶏のクリーム煮
アメ横(上野)

歴史さんぽ TOKYO大好き!! (バラエティ/情報)
13:33~

上野のアメ横の歴史と魅力をを探るという。

今年70週年を迎えたアメ横の魅力は安さ。尾頭付きの鯛が2尾1000円だ。ホタテは6枚で1000円。店員とのやり取りも魅力のアメ横。JR上野駅と御徒町駅のガード下とガード沿いに約400店舗がひしめく商店街。摩利支天 徳大寺がある。江戸時代は、将軍家につかえる徒士衆の家が多くあった。そこから御徒町と呼ばれるようになった。徒士衆は摩利支天という神様をおがんだ。聖徳太子が彫ったと言われている。仏教の守護神のひとり。勝利の守護神といわれる。

革専門店に入った風見さん。カメやダチョウなどの革も仕入れている。コブラ革のベルトもある。クロコダイルまるごと1匹バッグもある。ワニの頭がついた財布もある。70年続いている店だ。戦後は甘いアメを売る店が集まり、アメヤ横丁と呼ばれるようになった。アメ横商店街連合会の名誉会長さんに話を聞いた。闇米を売っていた場所だった。復員兵が闇市を統制し、商店街とした。

上野駅の列車待ちのお客さんに、夏場にアイスキャンディーを売っていた。それからアメを一年中売るようになったという。そしてアメ屋が多くなり、アメヤ横丁と呼ばれるようになった。70周年とされるが、実ははっきりとしていない。 御徒町川には舶来品が多かったという。御徒町駅周辺にはアメリカ軍の放出品を売る店が増えた。今でも、メイドインUSAを売る店が多い。年末になると売り物を変える店が多い。ロングスという靴屋さんでは、かまぼこセットを売っている。商魂たくましいアメ横の人たち。珍々軒でタンメンをいただく。たっぷりの野菜。栄養がとれると評判だ。チョコレートのたたき売りに立ち寄る。志村商店の四代目が売る。

チョコレートの四代目は、有名だ。最近、あとを継ぐことになったという。三代目はカメラ慣れしていた。来年も70周年にちなんだイベントも計画中だ。

東京の街角 上野アメ横の今・昔

キーワード
アメ横
JR上野駅
上野駅
摩利支天 徳大寺
徒士衆
石原商店
クロコダイルまるごと1匹バッグ
二木の菓子
アメ横商店街連合会
ホタテ
たらばがに
御徒町駅
タンメン
かまぼこ
上野(東京)

番組宣伝 (その他)
13:49~

坂上&指原のつぶれない店、日曜劇場下町ロケット、林先生が驚く 初耳学!の番組宣伝。

エンディング (その他)
13:51~

東京マガジンは今年はこれで最後だ、と挨拶した。

上野アメ横の今・昔を写真で紹介した。年の瀬の賑わいの今と昔などの写真。中田商店は日本ではじめてのモデルガンを販売した。

キーワード
上野アメ横
上野(東京)
上野駅
中田商店

スポット

グルメ

志村商店
珍々軒
Au Gamin De Tokio
かやぶき

ファッション

ロングス
石原商店
中田商店

レジャー/交通

JR上野駅
小田原城
上野駅
御徒町駅

宗教

摩利支天 徳大寺

情報/通信

東京タワー

流通

豊洲市場
アメ横
二木の菓子
上野アメ横
  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送