噂の!東京マガジン 妖怪は見た!調布駅前駐輪場計画二転三転▽野菜の旨味サバみそ

『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54(日本標準時)の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。長寿番組である。メイン司会は開始当初から森本毅郎が担当している。字幕放送、解説放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月2日(日) 13:00~13:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像。

オープニング (その他)
13:02~

森本毅郎らが番組の挨拶。今回は中野について紹介する。

下町ロケットの番組宣伝テロップが露出した。

ことし4月、調布駅の地下駐輪場の整備計画について、樹木100本を伐採するという条件に地元は大反対。結局木は伐採されたのだが、その後で整備計画が白紙になった。これには地元住民が「ずさんな計画」と怒りをあらわにする。

日曜劇場 下町ロケット 今夜9時 From TBS

やって!TRYは「サバの味噌煮をつくる」。和の達人が登場して作るサバの味噌煮。ラグビーW杯に合わせて工事が進む調布市の駅前広場。そのために木が伐採されたのだが、調布市は計画中止を発表。計画に待ったをかけたのが、樹齢100年のウメノキだった。

キーワード
荏原正典
調布市(東京)
ラグビーW杯
サバの味噌煮

週刊見出し大賞 (バラエティ/情報)
13:06~

週刊現代の見出しは「格安で住める大豪邸」。不動産屋がイチオシ物件を紹介。茨城・桜川市真壁町にある物件は、約400坪の日本庭園がついている。売り主はかつてこの庭園を2000万円で造ったとのこと。建物は築45年の純日本家屋。陶器などは全て込。延べ床面積は約160平方メートル。家を売る理由は「夫婦で老人ホームに行くため」。売り主はこの家を1980万円で売る。

女性セブンより。「1日10秒 ながら瞑想でストレスが消える」。瞑想は今ストレスから解放されるために人気で、今は一流企業の研修にも取り入れられているという。欧米では医学的な心理療法として瞑想が使われている。食事中や掃除中、化粧中でもよく、10秒間、その時やっている事にすべてを集中させることで、効果が出てくる。出演者は「妄想だって集中しているからいいのでは?」とコメントが挙がった。

今週の見出し大賞は、東洋経済「AI刑事誕生迫る」。欧米で広がるAI化。人の流れを逆に動いた人や、急に立ち止まる人をマークするという実証実験に成功。アメリカの警察は、今後起きそうな事件を予測し、犯罪を予測させているとのこと。今は警備補助としてAIを使う日本も、2020年までをめどに犯罪予測をさせる取り組みを続けている。しかし、たとえこれで犯罪が起きやすい場所がわかったとしても、それを公表すると資産価値が下がるなどの懸念があり、折り合いをつけながら進めていくとのこと。出演者は「刑事もののドラマに感情移入できなくなるのでは」などコメントした。東洋経済は、週間見出し大賞初受賞。

次はやって!TRY 縁結未祈願のTRY娘がサバの味噌煮

キーワード
週刊現代
真壁町(茨城)
女性セブン
瞑想
東洋経済
AI

平成の常識 やって!TRY (バラエティ/情報)
13:14~

東京大神宮のある飯田橋でサバの味噌煮を作ってもらう。先生には目からウロコの技が詰まったサバの味噌煮を教えてもらう。

飯田橋セントラルプラザでサバの味噌煮を作ってもらう。東京大神宮に祈願にきた21歳の大学生が挑戦。サバではなくイワシで調理。醤油と味噌を煮詰めて作った。東京大神宮に祈願にきた25歳会社員の女性が挑戦。クリスマスまでに彼氏が欲しいとの事。ぶつ切りにしてかつおだしで煮る。味噌汁風に仕上がった。安倍総理と同じ手相が自慢の27歳会社員の女性が挑戦。昔寿司屋でバイトをしており、作った事もあるとの事。サバをネギと共に湯通しし、味噌とみりんなどの調味料を混ぜて煮込み、生姜を加えて煮る。サバの味噌煮が正しく作れた人は11人中2人だった。

「日本料理 等々力 荏原」の主人・荏原正典さんにサバの味噌煮の作り方を教わる。水と酒をあわせて強火で加熱、みりんと生姜を加え、味噌を半分入れる。玉ねぎ・じゃがいもは電子レンジで串が通るぐらいまで加熱してから加える。サバは一旦沸騰したお湯に入れ、煮汁に入れる。キッチンペーパーなどで落し蓋をし10分煮て、残り半分の味噌を入れる。加熱すると味噌の香りが飛ぶ他、味噌が濃いと魚に味が入りづらいので分けて入れる。サバなど具材を更に盛り、残った煮汁にバターを加えてとろみを加える。煮汁をサバにかけて完成。

次は噂の現場/ウメノキが止めた!調布市の駐輪場計画!

キーワード
東京大神宮
サバの味噌煮
飯田橋セントラルプラザ
飯田橋(東京)
安倍総理
徳川家康
ネギ
サバ
イワシ
日本料理 等々力 荏原
信州みそ
西京みそ
玉ねぎ
じゃがいも
マサバ
調布市(東京)

噂の現場 (バラエティ/情報)
13:30~

東京・調布市にある「鬼太郎茶屋」には鬼太郎ギャラリーが内接されていて、鬼太郎ワールドが楽しめる空間となっている。また、調布駅広場は東京五輪などに合わせて整備化が進んでいる。

調布駅では、50年前に約2000本の木が埋められた。現在は100本ほどになり、整備計画えはすべて撤去されることになっているということだ。これに猛反発する住民を取材した。樹木保存の訴えには約1万6000人の署名が集まったいう。それに対し市は抗議中にも関わらず一部の木を伐採した。また、地下駐輪場の設置をめぐっては4本の木の根が邪魔となり計画を白紙にするというドタバタな展開が繰り広げられた。

調布駅の地下駐輪場の計画が、駅前のウメノキを守るため白紙に。駅前には樹齢100年以上のアオギリの木もあり、市は樹木を守ることを決めたという。2017年の取材では市民から、布多天神社の総代・井上欣一さんが樹木の伐採に反対しているとの情報が聞かれた。次の総代の荒井賢一さんが取材に答え、樹木を切ってはならないと遺言をもらったと述べた。ウメノキは日露戦争の終戦記念に植えられたもので、アオギリも同じ時期に大陸から持ち帰った。日露戦争の戦死者の英霊が宿る木として植えられたという。宮司の野澤康次郎さんは、開発を優先せず過去の人たちの気持ちを尊重すべきとの考えがあったと思うと答えた。井上さんは調布市役所の建つ土地を市に寄付する、市のために基金を設立するなど市に貢献しているといい、総代の荒井賢一さんはアオギリが伐採されるかどうか決まっていないのが心配と答えた。市ではほかに「調布駅南口広場樹木を守る会」などが結成され、市側と市民との話し合いの場を作るよう求めている。

調布市の樹木伐採の問題について、駅前整備が決定したのは4年ほど前で現在に至るまでに反対運動などが行われていた。地下整備は中止となったが、設計変更をするとなれば様々な許可をとるのに年単位で完成が遅れが発生するということだ。

調布市・調布駅前の樹木伐採をめぐる騒動についてトーク。市の歴史を尊重するかは市の文化性にもかかわる、市長が責任をとるといったまま行動を明らかにしないのも問題などと話した。広島平和公園にもアオギリの木があり、黒焦げになった木から新しい木が芽吹いてそのまま保存されたと紹介した。

次は 東京の街角 調布の今・昔

キーワード
調布市(東京)
調布駅

番組宣伝 (その他)
13:49~

「消えた天才」「日曜劇場 下町ロケット」「林先生が驚く初耳学!」の番組宣伝。

エンディング (その他)
13:52~

きょうの「東京の街角」は、噂の現場でも取り上げた調布市の写真と映像を振り返ると紹介した。

きょうの「東京の街角」は調布。調布駅南口、駅全体が地下化し解消された調布駅踏切、商店街・布田通りなどの昔の写真と今の映像を紹介した。

エンディングテーマ:馬場俊英「幸せの坂道」

キーワード
調布市(東京)
幸せの坂道
馬場俊英
  1. 前回の放送
  2. 12月2日 放送
  3. 次回の放送