噂の!東京マガジン 住民うんざり!目黒川のお花見大騒動!▽しらすおろし和風ピザ

『噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、TBSで1989年10月1日から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組。番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54(日本標準時)の放送だったが、1992年10月4日からは毎週日曜13:00 - 13:54に放送している。長寿番組である。総合司会は開始当初から森本毅郎が担当している。字幕放送、解説放送を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月8日(日) 13:00~13:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
13:00~

オープニング映像が流れた。

オープニング (その他)
13:02~

花見客と地元の対立をうんだ目黒川花見騒動を取材した「噂の現場」の紹介をした。

テレビを揺るがせた100の重大ニュースの番宣テロップ。

やってTRYでは「しらすおろしの和風ピザトースト」、噂の現場では「目黒川のお花見騒動の実態」について特集した。

キーワード
松坂屋上野店
しらすおろし
AU GAMIN DE TOKIO
木下威征
目黒川桜まつり

週刊見出し大賞 (バラエティ/情報)
13:06~

ドリームジャンボ発売にあわせ、新宿思い出横丁にある「餃子の安亭」のドリームジャンボ金メダル餃子、浅草橋東口駅前売場の秀じいが紹介された。

週刊現代の見出しの教科書クイズを紹介した。

女性セブンの「実はあなたもまつげダニ!?」が見出し大賞に選ばれた。目薬をさしても痒みなどが治らなかったらダニの可能性があるという。

やってTRY 誰でもできるはず しらすおろし

キーワード
女性自身
餃子の安亭
思い出横丁
ドリームジャンボ金メダル餃子
浅草橋東口駅前売場
森秀夫さん
ドリームジャンボ
新宿区(東京)
台東区(東京)
週刊現代
足利尊氏
聖徳太子
フランシスコ・ザビエル
エイブラハム・リンカーン
女性セブン
まつげダニ
しらすおろし

平成の常識 やって!TRY (バラエティ/情報)
13:14~

今回は初進出の松坂屋上野店でしらすおろしを作る。先生にはしらすおろしを使ったメニューを教えてもらう。御徒町にお花見に来たという公務員の女性がしらすおろしに挑戦。まず大根を切っておろす。次にしらすをすり鉢ですりつぶしこれを混ぜて完成。友人は流動食?などと話した。大阪から来た20歳の大学生が挑戦。まず大根をおろす。次にしらすをフライパンで焼き、醤油をかけて完成。友だちはカチカチやななどと話した。次に22歳の歯科衛生士の女性が挑戦。まずミキサーにしらすと大葉、卵をかける。次に出来たものに水溶き片栗粉を混ぜて焼いて完成。友だちは私何食べさせられるの、ザラザラしてるなどと話した。今回のしらすおろしを正しく出来た人は15人中6人だった。

AU GAMIN DE TOKIOのシェフの木下さんを紹介した。しらすおろしを作る。大根を下ろす時には丸く円を書くように下ろすときめ細かい大根おろしができる。ここで少し大根の汁を切る。フレンチには食材に大根はなかったが、木下さんが修行中には日本のラディッシュという役であったという。大根おろしにしらすをのせて完成。これに今回はひと手間を加える。食パンを型抜きで丸くくり抜きボウルにマヨネーズと海苔の佃煮を入れ混ぜる。これをパンにのせる。そこにスライスチーズを一枚載せ、この上にしらすおろしを載せてごま油を少しかける。ポイントはチーズを下に敷くこと。これをレンジに入れ4,5分焼く。最後に大葉を載せポン酢をかけてカットする。しらすおろし和風ピザトーストの完成。

実食した出演者らは美味しい、お酒のおつまみになどと話した。この時期はしらす以外にも桜えびも良いという。

次は噂の現場 目黒川 桜満開の住宅街でどんちゃん騒ぎ

キーワード
松坂屋上野店
さくらウィークス
大根
しらす
大葉
しらすおろし和風ピザトースト
目黒川

噂の現場 (バラエティ/情報)
13:30~

今回は目黒川の桜のお花見について。中目黒周辺では住民からマナー違反の観光客に迷惑していると番組にメールが来たので取材した。

目黒川は春になると両岸に桜が咲き誇り、中目黒周辺に観光客が多く訪れる。川沿いには80店の屋台が並び、駐車場をかりて営業する店など様々で中目黒駅は、去年1日で24万人が訪れた。特に屋台が多い所は4つの町会に分かれる住宅街。川沿いの住民は賑わいを迷惑に感じているという。川沿いは生活道路のため、居座った宴会などは禁止。ゴミ箱が設置されていないので、周辺にゴミが捨てられるので、住民が毎朝片付けているという。夜になると道路はますます混雑し、ライトアップが終わった9時過ぎでも人が減らない。

目黒川の桜は昭和初めに地元有志によって植えられた。観光客が増え始めたのは20年くらいだ。目黒区では、ゴミの持ち帰りを原則としているが、ほとんど守られていないのが現実。観光客にゴミを捨てる理由を聞くと、ゴミ箱がほしいという。また、川沿いの道は生活道路なので車が通行するが、人で道路が塞がれてしまう。住民の人に車を出してもらい周辺を一周して帰ってきたが、人のために通れず休みの日を含めて一切出せないという。さらにマンションの入り口がトイレ代わりに使われる住民もいる。川沿いの住民は改善してほしいと町会に話をするが、話を聞いてくれないという。

問題の場所は中目黒から池尻にかけて。森本さんは、「ゴミ箱を置いてもまかないきれないだろうけど、どこかに集積所を」とコメントした。2012 年に目黒川桜まつりと運営協議会が出来ているが、参加しているのは警察・消防・地元町会・商店会・自治体となっている。トイレも設置し、コンビニなども協力しているが、24万人が来るととても間に合わないという。

商店街と町会の人に話を聞くと、苦情があることは分かっているが対処しているという。2012年に区や商店街は桜まつりの運営協議会を設置。合同パトロールなどを行っていて、ゴミを観光客から集めている。苦情を出している住民に対し町会は、範囲が広く川沿いの住民は少ない。迷惑は分かるが我慢しないといけない部分もある。ゴミ拾いなどもやっているいるので無視しているという。住民はライトアップ時間を短縮し、屋台営業時間も短縮、区には条例やガイドラインを作ってほしいと要望しているが、区はゴミの持ち帰りをお願いしているので、ゴミ箱は設置していなく、委託警備員を約1,700名配置している。規制条例は難しく、マナー啓発を行っていくと話している。ゴミ箱を設置しないことに対しては町会長も、原則ゴミの持ち帰りというけど役所も言うならゴミの管理場所を作ってやってくれないとと話す。

目黒川桜まつり等運営協議会が出来てから6年。ゴミの清掃活動やマナー啓発、夜9時までのパトロール、交通整理を実施している。「しかし、住民がほんとに望んている対応が出来ているか…」と山口良一。「区ももっと介入してないと」と森本さんはコメントした。

次は東京の街角 中目黒の今・昔

キーワード
中目黒(東京)
目黒川
中目黒駅
中目黒 桜ライトアップ2018
目黒区(東京)
西郷隆盛
西郷従徳
目黒区
池尻(東京)
目黒川桜まつり等運営協議会
目黒警察署
新上六町会
上目黒一丁目町会
中目黒駅前商店街振興組合

エンディング (その他)
13:52~

中目黒駅や駒沢通りなどの中目黒の今と昔の映像。

BGM:青空/cyan

キーワード
中目黒(東京)
青空
cyan
中目黒駅
目黒銀座
目黒川
  1. 前回の放送
  2. 4月8日 放送
  3. 次回の放送