S☆1 2019年5月20日放送回

『S☆1』(エス・ワン)は、2009年3月30日(29日深夜)からJNN系列で生放送されている、週末のスポーツニュース番組の総称であり、スポーツ関連番組の統一ブランドの呼称である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月20日(月) 0:00~ 0:50
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
00:00~

オープニング映像。

今回のラインナップを紹介。

キーワード
セイコーゴールデングランプリ陸上
J.ガトリン

S☆1 (ニュース)
00:01~

大阪・ヤンマースタジアム長居でトップアスリートが集まる「セイコーゴールデングランプリ陸上」が行われた。9月に開幕する世界陸上、来年の東京五輪を見据えた大事なレースだ。男子100mに山縣亮太や桐生祥秀たちが出場。優勝はJ.ガトリン。桐生はわずか0.01秒差で2位、山縣は5位。桐生と小池祐貴は東京五輪参加標準記録を突破した。この2時間後、桐生・山縣・小池は4×100mリレーにも出場。世界リレーではバトンミスでまさかの予選敗退となっており、絶好のリベンジの舞台だ。ガトリン擁するアメリカに大差をつけ、日本が見事優勝した。

9月に開幕する「世界陸上」の番組宣伝テロップ。TBS系列で独占放送!

世界選手権代表選考会を兼ねた体操NHK杯が行われた。上位3人が代表に選ばれる。10連覇中の内村航平が不在。全日本選手権王者・谷川翔が床で高得点をマークするも、得意のあん馬でまさかの落下。そんな中、兄の谷川航がジリジリと得点を伸ばし、最終種目・鉄棒へ。弟の谷川翔が最後までトップの座を譲らず初優勝。谷川兄弟は世界選手権代表入りを決めた。

福岡CCの開催されたほけんの窓口レディースの最終日。トップと2打差・5位タイでスタートした上田桃子が-9でホールアウト。優勝は-10のイ・ミニョン。上田は2位タイ。

ロイヤルズとエンゼルスが対戦。6回、3番・DHで先発出場した大谷翔平が今シーズン2号ホームランを放った。本拠地で234日ぶり。右ひじ手術からの完全復活へ向けて着実に歩みを進めている。試合を終えた大谷が「100%ではないですがそれに近づきつつある。感覚は徐々に良くなっている」とコメント。

松田丈志が、ヤンマースタジアム長居で行われた「セイコーゴールデングランプリ陸上」を取材。会場では選手らが、ファンにサインしていた。東京五輪のチケット値段ランキングの1位は、陸上競技。男子100m参加選手らの、試合前の様子を紹介。

セイコーゴールデングランプリ陸上の男子100mで、ガトリンが優勝した。桐生祥秀は0.01秒差で2位。小池祐貴は、自己ベストを更新した。

日産スタジアムで世界リレーの男子4×100mリレーの予選が行われ、多田修平選手らが出走。3走までトップで周るも最後のバトンパスでミスが生じレースは3位、決勝進出には至らなかった。しかし、男子4×400mリレーでは予選を突破し、日本初の決勝進出を決めている。

「『世界リレー』今夜6時30分~生中継」のテロップ表示。

世界リレーの男子4×100mリレーで、日本代表はバトンパスにより予選落ちとなった。セイコーゴールデングランプリ陸上の男子4×400mリレーで、日本代表は今季世界最高記録で優勝した。レース直後の桐生選手にインタビュー。

セイコーゴールデングランプリ陸上の男子200メートルで、アメリカと日本人のハーフであるマイケル・ノーマン選手が優勝した。

セイコーゴールデングランプリ陸上の男子200メートルで、選手が優勝した。

キーワード
セイコーゴールデングランプリ陸上
山縣亮太
世界陸上
東京五輪
J.ガトリン
桐生祥秀
小池祐貴
多田修平
世界リレー
大阪府
体操NHK杯
調布市(東京)
世界選手権
内村航平
谷川翔
全日本選手権
谷川航
ほけんの窓口レディース
上田桃子
イ・ミニョン
大谷翔平
エンゼルス
ロイヤルズ
アナハイム(アメリカ)
ケンブリッジ飛鳥
マイケル・ノーマン
  1. 前回の放送
  2. 5月20日 放送
  3. 次回の放送