S☆1 新井さん解説!アニキ金本と共にいざ甲子園!両チームキーマン直撃

『S☆1』(エス・ワン)は、2009年3月30日(29日深夜)からJNN系列で生放送されている、週末のスポーツニュース番組の総称であり、スポーツ関連番組の統一ブランドの呼称である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月21日(日) 0:30~ 0:58
放送局 TBS

番組概要

番組宣伝 (その他)
00:30~

「世界リレー」の番組宣伝。

オープニング (その他)
00:30~

オープニング映像。

プロ野球 (ニュース)
00:30~

エンゼルスの大谷翔平が右肘の手術以来、初めてチームメイトとフリー打撃を行った。33スイング中、9HRとなった大谷は順調にいけば5月上旬に指名打者で復帰予定。大谷は、復帰が近づいている感じがするのは楽しい、等と話した。

大谷が持っていた高校最速の160キロを3キロ上回った、同じ岩手県出身の佐々木朗希(大船渡3年)は、練習試合にもかかわらず、日米のスカウト約20球団が集まった。 4番ピッチャーで先発した佐々木は、推定飛距離130キロの3ラン。投げてはこの日の最速150キロのストレート。制球に苦しみ2点を失ったが、ソフトバンクのスカウト・育成部部長の永井智浩氏は、球界を代表する選手になっていくじゃないか、などと語った。環太平洋担当部長の大慈彌功氏歯、大谷くんと比べた場合佐々木くんのほうが上と述べた。

イメージソング:WINNER / flumpool

オープニングトーク。大谷選手も打者復帰がだんだん近付いているなどと伝えた。

甲子園で行われた阪神×巨人の試合、放送席には去年まで阪神の監督を努めた金本知憲さん、そして新井貴浩さん。この二人は昔から師弟コンビを言われるほど仲がいい。2回に巨人の石川慎吾が1号2ランで巨人が先制。金本と新井はタイガースで4番を打っていた二人で、4番の重責はあるのかと聞かれると、金本は「それは聞かないであげてください」と交わした。3回に丸佳浩はセンターフライに倒れる。3回裏には木浪聖也がヒットで出塁。阪神のドラフト1位ルーキーの近本光司が送りバント。しかし後続が倒れ得点を奪うことが出来ない。福留孝介がヒットで出塁するも中谷将大が続けず、この回も無得点。阪神は、金本監督時代にFAで加入した糸井嘉男がライトフライに倒れるなど、わずか4安打で、シャットアウト負け。師弟コンビでの解説を終えた金本は、楽しい時間が過ごたといい、新井さんは常に建前しか言えない方なんで意見がぶつかることはない、と新井をいじった。

広島・マツダスタジアムで行われた広島×DeNAの試合、広島の打線が大爆発し、今季最多の1イニング6得点を奪う。さらに7回には名手・菊池涼介がナイスキャッチを見せるなどし9-2で勝利し今シーズン初の3連勝となった。

ナゴヤドームで行われた中日×ヤクルトの試合、ヤクルトの川端慎吾が史上294人目の1000本安打を達成。ヤクルトが5-3で勝利した。

仙台・楽天生命パークで行われた楽天×オリックスの試合、オコエ瑠偉が第2号先制2ラン。楽天は創設15年目で通算900勝を達成した。

埼玉・メットライフで行われた西武×ソフトバンクの試合、西武・山川穂高が特大の7号アーチを放ち、西武が6-4で勝利した。

千葉・ZOZOマリンで行われたロッテ×日本ハムの試合、ロッテのボルシンガーが6回1失点で待望の今シーズン初勝利となった。

キーワード
エンゼルス
大谷翔平
エンゼル・スタジアム
佐々木朗希
大船渡
大谷
永井智浩氏
大慈彌功氏
八木智哉氏
WINNER
flumpool
阪神
巨人
石川慎吾
梅野隆太郎
丸佳浩
木浪聖也
近本光司
ビヤヌエバ
福留孝介
中谷将大
糸井嘉男
広島
DeNA
広島県
菊池涼介
川端慎吾
中日
ヤクルト
仙台(宮城)
オコエ瑠偉
埼玉県
山川穂高
西武
ソフトバンク
ボルシンガー
ロッテ
日本ハム
千葉県

番組宣伝 (その他)
00:50~

「消えた天才」の番組宣伝。

気象情報 (ニュース)
00:54~

全国各地の21日の天気予報と週間天気予報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 4月21日 放送
  3. 次回の放送