NEWS23クロス 2012年12月13日放送回

放送日 2012年12月13日(木) 22:54~ 0:15
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
22:56~

オープニング映像。

膳場貴子が、今日はスタジオで党首討論が行われたと紹介した。

総選挙 X クロス (ニュース)
22:56~

各党の代表者が有権者への約束を述べた。野田佳彦は「なによりも1日も早くデフレから脱却して経済成長させなければなりませんが、その成長の目的というのは、私は働くことを軸に、安心の社会を作ることになると思っています。そのために、これからの成長分野としては、再生可能エネルギーの分野、この分野で2020年までに140万人の雇用を作る。それから医療、介護、教育の分野で、280万人の雇用を作る。それを中小企業とか農業とかありますが、そういうところに投資をしながら、雇用を作っていきたいと思うんです。これが私の、経済成長のゴールだと思っています。で、あわせてです。若い人や女性に働いてもらうためには、子育ての支援と仕事を両立させるようにしなければいけません。だから子育てとも書いたんですが、政権交代前に比べて、子供に対する手当はこれ2.3倍の金額になりました。高校の授業料の無償化も実証しました。これからますます必要になるのは、保育サービスの受け入れ枠を増やしていくことだと思っています。今までは自民党の時代に比べて今 5倍にしてます、毎年5万人。来年度からは、これ7万人。自民党政権時代に比べて、7倍にしたいと思っています」と述べた。

憲法改正について、福島みずほは「集団的人権の行使はもっと広い概念じゃないですか、つまり集団的人権を国防軍として認めるというのは、戦後の根本的な 67年間を変えるものだ。つまり憲法9条・1法・2法があるので日本は世界で戦争できないわけですよ。ところが、それを9条にこう変えて国防軍とし、集団的人権の行使とすればアメリカや世界と戦争するときに日本も参戦することは違憲ではなくなるわけでしょ。イラク戦争だって大量破壊兵器はありませんでした。だから、ものすごく根本的な戦後そのもの、戦争しない国から戦争する国へ武力の威嚇や武力によって問題を解決する国にこの国を変えるのかということが問われているわけで、大きなことを今自民党は公約で憲法改正案で言っていると思います。これが今度の選挙の大きな争点です。」と述べ、田中康夫は「日本は領土面積は 62位で真ん中です。しかし、排他的経済水域と呼ばれる私達の領海を入れた領土・領海は世界第6位です。にもかかわらず日本は、この領土・領海を扱う部署が無い。皆、海上保安庁、水産庁、天然資源省、防衛省、外務省と分かれてるので、私は2月に予算委員会で野田さんに、この領土領海を統合的に扱う部署はないか、作りましょうと申し上げたけれども、検討しますと言った。検討すると言うことは完了用語で何もしないということで、この尖閣諸島であったり竹島は歴史的に見ても国際法上日本の領土であることは明らかです。でも、政権交代前の自公政権の時も2008年にアメリカの連邦政府の地名委員会に竹島を韓国領と書いた。で、そのことに対して記者会見で官房長官が聞かれて、当時の自公政権の官房長官はこれに対して講義する必要はないと言っているわけです。だから今、大変皆さんが大言壮語なさってるけども敢えて言えば、皆この平和ボケになっている。」と述べた。

キーワード
民主党
中央集権
消費税
原発
デフレ
再生可能エネルギー
憲法改正
イラク戦争
尖閣諸島
竹島

総選挙 X クロス (ニュース)
23:17~

憲法改正について、山口那津男は「これは憲法の改正がただちに北朝鮮などの問題を解決できるかどうかは少し飛躍があると思う。憲法改正はしっかりと手続きを経て議論していかなきゃならない。集団的自衛権の行使も同様に思う。もっと実質的に国民の生命や財産を守る為に何が必要なのかというところを具体的に論じた上でどういう立法的な手段が必要なのか、あるいは憲法に及ぶ必要があるのかということは議論の可能性はあると思うが、今できることはやはり日米安保大勢の中でこれが機能するようにどうしたら良いかということを具体論として進めることが大事だと思う。」と述べ、石原慎太郎は「社民党や共産党、公明党も盲信しているみたいですけど、日本の安心な憲法がなかったら、交換外交ができた。というのも、照度ロウズベルトの時4人の家族がモロッコに拉致されてハレムに入れられた。照度ロウズベルトは交換外交で武力を使ってこの人達を開放した。この状況資料から言ったら200人近い人が拉致されて一部の人は殺されている。しかもそれは報道にあった。そういう拉致事件を解決するために日本の9条はいかに邪魔になるか。あれがなかったら北朝鮮は今みたいにミサイル持ってなかった。私たちはとにかく実力を取り戻す。とれたらどう考えても200人も拉致されたり殺されることはなかったと思う。これはやっぱりあなた方(議員)考えたほうがいい。」と述べた。野田佳彦は「大事なことはさっき言ったようにインテリジェンスに関わることがありました北朝鮮。これは今回我々は変なカモフラージュ作戦に引っ掛かっていないんです。陽動作戦とか、撤去したとかどうとか・・それは、一筋縄には行かない国だというこれは安倍さんのおっしゃるとおり。だからこそ、緊張感を緩めずに、昨日8時に関係閣僚会議があってより一層緊張感を持って対応をするように支持をしていました。それはやっぱり効果があったと思う。その上でこの国を守る為にですが、ひとつは日米同盟の進化。日本の外交が敗北だと言われるけれども、6年ぶりに4月に日米同盟の進化を踏まえた共同声明を首脳間で出している。やっぱりこれは軸だと思っている。その上で我々は、一昨年たいこうをまとめた。たいこうに基づいて動的防衛力の整理と南西方面の重視をしっかりやりぬいて行く事がこの国を守る我々は義務だと思っている。」と述べた。

志位和夫は石原さんは憲法9条があったから日本人がたくさん殺されたんだと言わんばかりだけれども、私は全く逆だと思っていて、憲法9条を変えるあるいは集団的自衛権の行使をする、結局どういうことになるかというと、具体的な話て言えば、2003年にイラク戦争があって、その時に自衛隊出しました。しかしイラク特捜本には重要な一文があって、武力行使はできないと書いてあった。だからそれが歯止めになって戦闘地域には行きませんと一応歯止めになった。だから戦闘地域には行きませんと小泉さんも言っていた。それから自衛隊は確かに派 したけど、米軍と一緒になって最前線まで行って戦闘行動は出来なかったからイラクの人は1人も殺さずに住んだし、それから自衛隊の申請を出すっていうことはなかった。これが命を守る盾になってると言いたい。」と述べ、渡辺喜美は冷戦時代は戦争も平和も不可能だった。今は平和も可能になったが戦争も可能になった時代。そうすると日本は憲法の組み木があって中々難しいもんだから、では憲法改正をやってる暇があるのかっていいこと。だったらどっからどこまでできるのか、これを早く法律で決めたほうがいい。そうでないと本当に日本の国兵器を損なうことになってしまう。神学論争をやってる暇はない。自衛権の行使としてそこまでできるか。」と述べ、鈴木宗男 は「さっきの安倍さんの話を踏まえて、ひとつ視点がかけてる。北朝鮮がミサイルを打つ時、いつもイランの科学者が立ち会っていて、それは相当な数。イランの存在というのは怖いから、アメリカが強く出んは日本は強く出んは、油はちゃんとイランから来ている、それなりの資金も来ている。ここでよく考えなければ様々な情報を入れて対応しなければいけない」と述べた。

政権公約の中には憲法改正、憲法改正要件の緩和について、安倍晋三は「衆参共に3分の2の賛成がなければ、改正はできない。だからそれはしばらく時間がかかる。その中で自民党は目指すべき方向について憲法の改正日4月28日に発表した。だからそれを目指してもらう。まずは96条ですが、3分の2の賛成というのは、例えば国民の8割が買いたいと思っていても、たった国会議員の3分の1をちょっと超えた人たちが反対すれば国民は指一本触れられないっていうのはおかしい。だから国民の手に憲法を取り戻すために、まず改正状況から変えたい。」と述べた。

原発政策について、嘉田由紀子は「さきほども少し申し上げはじめましたけれども、ともかく今、あちこちの施設から活断層が発見されます。そもそも活断層があるところには施設は作らないという約束できていた。それで日本中がどうなるか、この地震列島でですね、日本人のこの自然と命を内部から蝕むのが、今回の福島の事故です。そして、安全神話をばらまいてきたのが、自民党さんですから、是非安倍総理に、自民党さんの今回の政策は、3年10年先送りなんですけど、本当にそれで責任もてるんですかと、今特に関西でですね、一番問題になっているのは、原発使わないと化石燃料、つまり、 火力発電所使うから、電気料金が値上がりすると、経済界が大変困っていると、もちろんそうなんです。ですから、これを値上げしないために、自由化です。発送電を分離して、今独占体制にある、電線をですね、自由化で使わせることによって、そこでの収益を補填するという仕組みを私達は出しております。」と述べ、石原慎太郎は「1980年代にね、そのオイルショックがきてね、電力料金上がりました、その時何が起こったか覚えてますか皆さん。これね瞬間的にね、アルミ業界が全滅したんですよ、日本軽金の工場だけ残っただけでね、今もね仮にこれから15%電気料金があがって、電力ってのはね、経済産業の血液ですからね。それが足りなくなる。あるいはね、足りない覚悟でコストがあがった時に何が起こるかってシュミレーションちゃんと景気省なんかやってるんですよ。そんなデータを無視してだね、そりゃね、壊滅的な産業がね、打撃受けますよ」と述べた。福島みずほは「天然ガスに転換をするとか、アメリカから高い天然ガスを買ってるのをもっと安くする、あるいは自然エネルギーを促進することで可能じゃないですか?」と反論し、「天然ガスに転換をするとか、アメリカから高い天然ガスを買ってるのをもっと安くする、あるいは自然エネルギーを促進することで可能じゃないですか?」と述べた。

田中康夫は「脱原発とか卒原発とか言葉遊びしてる場合じゃないんですよ。だって今動いてるものも含めて、再稼働をしないってことは即時脱原発です。そして10年かけて安全にですね、活断層の上のものも含めて、廃炉にしていくことこそ、新しい公共事業ですし、もっといえば、石原さんが先ほどおっしゃったことは、総括原価方式という社会主義の計画経済でもあり得ないような電気料金の決め方、すなわち日本は電気を作ることにかかった経費、そりゃ電力館もある、プルサーマルもある、新地や銀座の飲み食いの費用も全部含めたのに、かける2%の適正利潤という価格の形をね、変えるということがまず最初なんですよ。」と述べ、野田総理は廃炉計画について、「あの、我々、2030年代に原発稼働ゼロを目指すという風にしてますし、そのための政策資料を総動員するんですが、これ法律の立て付けなんですけども、例えば今回敦賀の原発、断層が活断層ではないかという疑念が出て参りました。まぁ元々よくこういったものを許可したなという、本当はそういったところまでさかのぼった議論が必要だとおもいますが、これで規制委員会が、これやっぱり安全上問題であるということになるのであるならば、それは稼働させないんです。これは政府を尊重しなければなりません。稼働させないとなると、稼働しないとなると、それやっぱり収益がなくなってくるわけですから、そうすると事業者は事業者の判断で廃炉にするということになるんですね。今立て付けは。そういうことになっていくと私は思いますが」と述べた。自見庄三郎は「原子力エネルギーって大体50年のエネルギーの話ですよ?100年前なかったんですから、エイズという病気ありましたね、あの病気も20年前までは不治の病だったんですよ。しかし、今ね、抗ウィルス薬のいいのと両方できてね、今もう平均以上がね健康な人と変わらないんですよ、だからね、私が言いたいのはね、この原子力、日本がどんな政策をとろうともね、中国とインドにあと150基あと原子力発電所作るって各国間決定してますよ?したらね、世界でね、ものすごく原子力の安全の技術のレベルが高いの、日本ですから。それ一切やめてしまったらね、日本だけ庭先で原子力発電所しませんとしたらね、しかし、中国やインドアジアをはじめ日本がどうあっても作るんだから、技術のレベルの高さってのはね」と述べた。

共産党の志位和夫は「私達はですね、即時原発ゼロという提案をしております。私はですね、10年後、20年後、30年後、40年後、あるいはゼロにしない、色々な議論がありますけど、こういう議論にたちますとね、結局再稼働することになるんですよ。じゃあいったいどの原発を再稼働するんですかと、大飯原発も敦賀原発も直下に活断層がある、日本に活断層と関係のない原発なんてないですよ。原発ってのはですね、再稼働してはならないし、出来ない。ならばですね、止めたまま廃炉にするということが一番現実的な方法です。それともうひとつ、さっきの話ね、石原さん言われました。コストの計算でね、政府のコスト計算も、財界のコスト計算も、抜け落ちているものがあるんですよ。それはですね、福島の事故の、処理費用、除染賠償、この費用、どれくらいかかるかわからない。それからバックエンドと言われる、いわゆる核のゴミですね、これを安全に保管して処理する、 これどれだけかかるかわからない。これはもう、何十兆、どれくらいかかるかわかりませんよ。これをねコストを勘定入れたらね、原発ってのはね、究極の高コストだと」と述べ、渡辺喜美は「脱原発や卒原発というのはね、神学論争じゃダメなんですよ。まず今やるべきは東京電力を破綻処理することなんです。そして送配電網を売却すれば、5兆円生まれるんです。損害賠償の費用にあてることが可能になるんです。その上で送配電網も解放できるようになるんです。分離が出来るんですよ。所有権分離でないと意味がないんです。そうすれば、新規参入が続々入ってくる。製鉄会社だって製紙会社だってね。もうすでに電力、原発一基文分くらいの発電動力持ってるんですから、そういう規制緩和をやりながら、そうすれば、新電電PPSも設備増強してくるわけで、そうなればですね、まったく電力不足なんてのは、心配なくなるんです。そのうえで原発優遇政策をやめさせる、そうすれば、コスト上、原発は使えない、そういうことになって20年代には原発はゼロになる」と述べ、山口那津男は「今の現実をよく直視しなかればなりません。原発は大飯以外動いてないんです。新規着工やろうとしても国民の理解は得られません。そういう中で安定供給と安全発電、目指さなきゃならないんです。安定供給のところは、火力発電の効率を高める、コストの安い燃料に変える、やらなきゃいけません。省エネの技術を開発して経済成長はかれるようにしなかればなりません。また再生可能エネルギー開発普及していかなければなりません。一方で安全発電の方は再稼働、これは、規制委員会の厳格な安全基準を作って、それに合うかどうかを厳しくチェックして、そして住民の理解を得られるかどうか、 そういう判断を重ねての結論をひとつひとつ出していかなきゃなりません」と述べた。

日本維新の会での橋下さんと石原さんで意見に食い違いについて、石原慎太郎は「それは完全に同調しました。きちっとシュミレーションをやった上で、結論を出そうということです。それもなしにですね、脱とか言ったってね、ナンセンスな話でね、10年なら10年、あるいは15年というね、年限をしきってでも、そんな中でも、経済政策をきちっとシュミレーションしてですね、そのためにどれだけの電力が、どういう供給で、何%原発依存するかしないかと、分析もしないでね。」と述べ鈴木宗男は「例えば今年の夏、電力心配されました。しかしクールビズをはじめ、国民のですね、知恵も生かしてちゃんともったんですよ、じゃあ、クールビズの宣伝をしといてですね、ウォームビズの普及は国民にはあがらないんですか?それともうひとつ、福島さんをはじめ、脱原発、言ってますけどね、裏付けないですよ。私は具体的に言いますよ、北海道の石狩親交に今NNGの火力発電所を作ります。3年間で1基50万キロワット出来るんです。これ3つ作ります。10年間に。そうすると 150万キロワットで北海道の泊原発と同じエネルギーなんです。自然エネルギーは時間がかかります。今すぐ出来ない。今NNGはロシアから来てるんですよ。だから具体的にやらないと」と述べた。

キーワード
原発
廃炉
橋下徹
クールビズ
社民党
共産党
憲法改正
拉致
日米同盟
憲法9条
イラク戦争
自衛隊
緩和
自民党
活断層
火力発電所
オイルショック
天然ガス
自然エネルギー
エイズ
敦賀
脱原発
卒原発
大飯原発
敦賀原発
原発ゼロ
PPS
再生可能エネルギー
再稼働
日本維新の会
ロシア
北海道

総選挙 X クロス (ニュース)
23:51~

衆議院選挙について野田総理らがスタジオトーク。野田総理は自民党の過去のバラマキ政策を批判し、民主党は”失われた20年”から前に進めようとする政治を行うと語った。石原慎太郎は野田総理が財政危機を訴えたことに対し、国の借金と個人金融資産を挙げ「金はダブついている」と反論。ファンドの形成などによって需要を促せば景気改善に繋がると話した。自民党・安倍総裁は選挙後について、公明党との連立政権で政権奪還を目指すこと以外は未定だと語った。

キーワード
失われた20年
民主党

ニュース (ニュース)
23:56~

北朝鮮の弾道ミサイル発射事件のミサイル銀河3号の残骸が、黄海で見つかった。さらに、朝鮮中央テレビは、新たな打ち上げ映像を公開。それを受けて専門家は、非常に効率の良いエンジンになった可能性を指摘する。

防衛省は、ミサイルの異変を探知していた。首都大学東京航空宇宙工学域の湯浅三郎教授は、エンジンを隠すために爆発させたとしている。ミサイルの性能が相当進んだ可能性があり、日本政府は分析を急ぐとしている。

アメリカ・ニューヨークで緊急招集された国連安保理では、北朝鮮のミサイル発射を強く批難する声明を全会一致で採択したが、制裁の強化では中国が反対しており、難解となることが予想される。

青森県・東通原発の敷地内での現地調査をおこなっていた島崎邦彦原子力規制委員会委員長代理は、一部の地層の変化が活断層に関係した可能性があるとの見解を示した。今後も活断層かどうかの調査は進められ、活断層だと判断された場合、東通原発再稼働は困難になる。

中国国家海洋局所属の航空機が魚釣島上空で日本の領空に侵入した。自衛隊は、F15戦闘機などを緊急発進させた。自衛隊のレーダーでは中国機を補足できなかった。

中国外務省の洪磊は、釣魚島の空域を中国機が飛行するのは正常なことである、と話した。このことについて、国家海洋局はパトロールであると発表。

中央道・笹子トンネルの天井崩落事故を受けて、中日本高速と国交省は、会見で、事故が起きていない下り線で670ヶ所の不具合が見つかったと発表した。笹子トンネルと同じ構造のトンネルの緊急点検では、60のうち14のトンネルで不具合が見つかった。

アメリカでは失業率7.7%と厳しい雇用情勢が続く中、アメリカの中央銀行FRBは、数値目標として初めて失業率が6.5%に低下するまでゼロ金利政策を継続すると発表した。また、長期国債を買い入れる追加の緩和策も打ち出されている。

原発事故が起きた際の拡散予測について、原子力規制庁が10月に公表した資料に複数の誤りが発生した問題で、全ての計算をやり直し、新たな予測結果を公表した。このうち、玄海原発(佐賀)や川内原発(鹿児島)では、放射性物質の拡散方向が正反対になっていた。原子力規制庁は旧原子力安全・保安院からの引継ぎでのチェックが不十分だったとしている。

キーワード
北朝鮮
黄海
銀河3号
朝鮮中央テレビ
ニューヨーク(アメリカ)
国連安保理
東通原発
青森県
原子力規制委員会
魚釣島
国家海洋局
F15戦闘機
洪磊報道官
中国外務省
釣魚島
中央道
国交省
FRB
失業率
ゼロ金利政策
原子力規制庁
佐賀
鹿児島
旧原子力安全・保安院

SPORT X (ニュース)
00:02~

横浜国際競技場でのFIFAクラブワールドカップ準決勝 チェルシー対モンテレイの一戦。ベルギー代表のチェルシーアザールがチームを引っ張り、マタのゴールで先制。F・トーレスなどの活躍により、3-1でチェルシーの勝利。チェルシーは、決勝進出を果たした。

全日本実業団女子駅伝の出場する豊田自動織機の小林祐梨子は、現地仙台に入った。小林はスーパー駅伝で1500m日本新記録を持ち、北京五輪出場経験のある期待の選手。

BGM:「ランナー」NICO Touch the Walls

CMの後は、メジャーリーガー藤川に強力なライバル出現!?について放送する。

キーワード
アザール
マタ
F.トーレス
チェルシー
モンテレイ
FIFAクラブワールドカップ
全日本実業団女子駅伝
豊田自動織機
仙台(宮城)
北京五輪
NICO Touch the Walls

SPORT X (ニュース)
00:05~

シカゴカブスと2年契約を結んだ藤川球児がザ・プリンスパークタワー東京で帰国会見をおこなった。良いスタートをきれるよう努め、また、同じチームメイトになる元ヤクルトの守護神林昌勇については、ライバルとは思っていない、と話した。

全日本実業団女子駅伝の番組宣伝。

金曜日は、藤川球児の密着映像を放送する。

キーワード
藤川球児
林昌勇投手
シカゴカブス

気象情報 (ニュース)
00:08~

全国の天気予報。

経済情報 (ニュース)
00:09~

円相場などの経済情報を伝えた。播磨卓士が日経平均株価が高値だと伝えた。

キーワード
円相場
NYダウ
金融緩和
日経平均株価

エンディング (その他)
00:10~

エンディングテーマ:竹内まりや「それぞれの夜」

ご意見ご感想はNEWS23クロスHP(twitter・facebook)まで。

エンディング映像が流れた。広島尾道市(「ポニョ」の舞台)でサヨリを干している映像、山口・周防大島町でみかキンとみかトトが戯れている映像、出雲大社の迎春の縁起作りの映像。

エンディング映像として、成田山新勝寺のすす払いなどの様子が流れた。

キーワード
それぞれの夜
竹内まりや
NEWS23クロス番組ホームページ
twitter
facebook
サヨリ
周防大島町(山口)
ポニョ
尾道市(広島)
広島県
バチカン
ローマ法王
Twitter

出水キャスターの一言 (その他)
00:13~

明日は藤川球児に独占取材。

キーワード
藤川球児

スポット

エネルギー/素材

玄海原発
東京電力
川内原発
敦賀原発

スクール/教育

首都大学東京

レジャー/交通

横浜国際総合競技場
中日本高速

宗教

出雲大社
成田山新勝寺

政治/経済/地方自治体

公明党
自民党
外務省
防衛省
海上保安庁
水産庁

旅行

ザ・プリンスパークタワー東京
  1. 前回の放送
  2. 12月13日 放送
  3. 次回の放送