サンデーモーニング 高まる緊張…米国が中国を痛烈批判▽改造内閣▽由伸が監督辞任

『サンデーモーニング』(英字:SUNDAY MORNING)は、TBS系列で1987年10月4日から毎週日曜日の朝の時間帯に生放送されている関口宏が司会を務める報道番組。略称は「サンモニ」など。TBS系列初の日曜朝のワイドショー番組として開始した。モノステレオ放送(2015年10月4日より)を実施。2018年現在、同一出演者による報道番組では、最長寿である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月7日(日) 8:00~ 9:54
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

橋谷能理子さんは台風について「温帯低気圧に変わったが北海道では影響が続いている」など伝えた。

キーワード
台風

ニュース (ニュース)
08:00~

南シナ海・南沙諸島付近で2日撮影された写真には米駆逐艦ディケーター。すぐ前に中国駆逐艦の姿が。先月30日、米駆逐艦が航行していたところ中国駆逐艦が約40mまで接近。米ペンス副大統領は4日に中国側を批判。米中にはいま軍事的緊張も高まっている。

キーワード
ペンス副大統領
シー・キャプテンHP
ディケーター
米海軍
国際法
ワシントン(アメリカ)
南沙諸島

ニュース (ニュース)
08:03~

先月の国連総会で中国との関係悪化を匂わせた米トランプ大統領。米中軍事的緊張の高まりを予感させる出来事はその前から相次いでいた。 中国人民解放軍はロシアの軍事演習「ボストーク2018」に初参加。米は中国が露のミサイルシステムなどを違法輸入したとして、米は共産党の担当部署やその幹部を独自に制裁対象に指定。先月23日・25日に米は南シナ海などに戦略爆撃機B52を飛行。そんな中で中国駆逐艦による異常接近が発生。米ペンス副大統領は40分間痛烈に批判した。さらに中国が米の中間選挙に干渉していると指摘した。中国外務省はいわれのない非難などと反発。

キーワード
トランプ大統領
習近平国家主席
国連
国連総会
ツゴル演習場
中国人民解放軍
ボストーク2018
李尚福部長
中国共産党
B52
シー・キャプテンHP
ペンス副大統領
中間選挙
中国外務省
ニューヨーク(アメリカ)
ロシア
ワシントン(アメリカ)
南沙諸島

ニュース (ニュース)
08:07~

中国への強硬姿勢を示したトランプ政権。専門家は「宣戦布告に近い。冷戦がまた始まる感じの緊張だと思う」など話す。また、ニューヨーク・タイムズはトランプ氏が家族ぐるみの不適切な税金対策をし、現在の価値で約470億円を不当に得ていると報道。

米中の対立が激化。追加関税についてはお互いに対象を拡大。また、米は中国軍がロシアから武器を購入したのをきっかけに、先月から中国人民軍の武器調達の一部門とその関係者を制裁対象に指定するなど圧力を連発。中国もマティス国防長官の訪中を拒否。ペンス副大統領も中国を批判。対立がどんどん激化する構図に。田中秀征さんは「中国は習近平時代から様変わりしている。強権主義や覇権主義が強まっている印象を受ける。このままほっといたら大変だというのは副大統領と共通した気持ち」など述べた。

キーワード
トランプ大統領
トランプ政権
ニューヨーク・タイムズ
ワシントン(アメリカ)
関税
安全保障
中国人民軍
マティス国防長官
ペンス副大統領
胡錦濤
習近平
中国共産党
オバマ前大統領
南シナ海
中間選挙
南シナ海領有権問題
共和党
民主党

ニュース (ニュース)
08:16~

先月30日の沖縄県知事選では玉城デニー氏が過去最多となる39万票余を獲得して初当選した。玉城氏は辺野古移設にこれからも反対していくと表明している。そんな中、今月2日には第4次安倍改造内閣が発足した。

キーワード
沖縄県知事選
玉城氏
辺野古移設
第4次安倍改造内閣
那覇市(沖縄)

ニュース (ニュース)
08:19~

第4次安倍改造内閣が発足。初入閣は12人、留任は6人。野党側からは麻生財務相の留任について批判が出ている。財務省から改ざんを指示され自殺した近畿財務局職員の父親は、何事もなかったように幕引きとなってしまったと語った。麻生氏は佐川宣寿前国税庁長官の任命については間違っていなかったと発言している。文科相には柴山昌彦氏が初入閣したが、教育勅語をアレンジして現在の教育に使用することが可能といった旨の発言をし、野党からは言語道断と批判された。2年前に金銭授受問題で経済再生相を辞任した甘利明氏は今回選対委員長に就任。安倍総理は次の国会で改憲案に意欲を見せているが、課題を抱えた船出となっている。

第4次安倍改造内閣について。これまで内閣改造や組閣により、6回中5回で内閣支持率は上がっていたが、今回は横ばいまたは下がるという結果になっている(共同通信調べ)。スタジオの田中秀征氏はその理由として、土台や柱は変わっておらずしらけた組閣となったこと、目玉人事がないことなどを挙げた。安倍総理は今回で最後の任期となるため、最後で求心力が落ちるのは期限付き首相の宿命でもあるとも話した。

第4次安倍改造内閣について。大宅映子氏は在庫一掃セールのような印象であるとコメントした。一般党員選挙では安倍氏は55%しか獲得できておらず、謙虚・真摯に結果を受け止めてほしいと岡本行夫氏は話した。これまでの色々な問題に関しても説明をしないままきている部分もあり、安倍総理自身が足を引っ張られる可能性もあるのでは、長期的な問題にきちんと取り組んでほしいなどと松原耕二氏は語った。

5日発表のノーベル平和賞受賞者が発表。受賞したのは性暴力と闘う2人に。デニ・ムクウェゲ医師は約40万人が性暴力被害に遭っているコンゴで被害者らの治療を続けている。ムクウェゲ氏は「女性たちの表情に性暴力被害を認められた喜びがみられる」など語る。イラク出身のヤジディ教徒のナディア・ムラド・バセ・タハ氏は2014年のイラク北部でイスラム国に拘束され、性的暴行を受けた経験を伝える。ナディア・ムラド氏は5日に「この賞を全てのヤジディ教徒、イラク人少数派、世界中の性暴力の生存者たちと分かち合います」と声明を発表。2人の活躍に光を当てることで改めて性暴力根絶に向けた行動を国際社会に促す狙いがあるとみられる。

ノーベル医学生理学賞の受賞者は京都大学の本庶佑特別教授と米・テキサス大学のジェームズ・アリソン教授。

キーワード
第4次安倍改造内閣
小池晃書記局長
共産党
佐川宣寿前国税庁長官
柴山昌彦文科相
教育勅語
甘利明選対委員長
安倍総理
共同通信
内閣支持率
小泉進次郎
石破さん
沖縄知事選
ノーベル平和賞
性暴力
ノーベル賞
デニ・ムクウェゲ氏
ナディア・ムラド氏
ベーリット・レイスアンデルセン委員長
ノーベル賞委員会
下村博文
玉城デニー知事
ヤジディ教徒
イスラム国
国連安保理
ノーベル医学生理学賞
本庶佑特別教授
京都大学
ノーベル委員会公式ツイッター
ジェームズ・アリソン教授
テキサス大学
オスロ(ノルウェー)
コンゴ民主共和国
イラク
ニューヨーク(アメリカ)

ニュース (ニュース)
08:37~

日本人5人目のノーベル医学生理学賞受賞者となった本庶さん。京都府出身で、京都大学医学部を卒業後、日米で免疫分野を研究。1992年、がんと戦うリンパ球で免疫のブレーキの役割を果たすたんぱく質「PD-1」を発見。2014年にはがん治療薬「オプジーボ」を開発。免疫療法というがんの新しい治療法を導いた。「PD-1」発見は自然世界の原理を追求する基礎研究によるもので、26年前の発見が最新がん治療へと繋がっている。本庶さんは日本は欧米などと比べ基礎研究への投資割合が少ないと訴えた。

通常T細胞はPD-1というたんぱく質が付いているが、がん細胞にはPD-L1といたんぱく質を持つ。この2つが結合すると攻撃をやめるよう指示する。免疫細胞であるT細胞が攻撃をやめるとがん細胞が増殖してしまう。オプジーボはPD-1を抗体で塞ぎ、PD-L1の邪魔をすることでT細胞ががん細胞を攻撃する能力を取り戻させる薬。現在は7種類のがんに対して治療が認められている。しかし値下げされたとは言え、費用は年間約1000万円。自己負担は200万円程度とまだ高額。さらに効果があるのは2~3割り程度。本庶さんは細胞が自ら死ぬ現象について研究中に偶然PD-1を発見した。本庶さんは基礎研究に理解を求め、生命科学に投資しない国に未来はないと述べている。

基礎研究は決まった応用や用途を直接考えず自然世界の原理を追究する学問。実績を求め、利益に直結しやすい応用研究に予算が偏る傾向がある。こうした背景から国立大の運営費交付金は年々減少。国立大が法人化した2004年度と比較すると約1440億円減少。サイエンスライター・竹内薫氏はこのままだと10~20年後には日本がノーベル賞を取る研究が出なくなると危惧している。田中秀征さんは「行政が研究を最小限にしていくということが大事だし、基礎研究にもっと予算を。長くかかっても芽が出るような投資をしていくことが大事」など述べた。

目加田説子さんは戦争や武力紛争での性暴力根絶に力を尽くしたという理由でノーベル平和賞を受賞した2人について「紛争下での性暴力というと戦争が激しい場所の問題と捉えがちだがそうではない。コンゴでは希少な鉱物の奪い合いがあり、それが外国の企業に売却され、私達が日常的に使うパソコンやスマホに使用されている。米EUなどはこういった鉱物の追跡可能性をちゃんとしようとする法律を作っている。日本もそれについて真剣に議論する時期に来ているのではないか」など述べた。

キーワード
本庶佑特別教授
ノーベル医学生理学賞
リンパ球
PD-1
オプジーボ
抗がん剤治療
放射線治療
免疫療法
京都府
アメリカ
がん
本庶さん
ノーベル賞
オブジーボ
T細胞
PD-L1
基礎研究
応用研究
竹内薫氏
肺がん
胃がん
皮膚がん
ノーベル平和賞
性暴力
デニ・ムクウェゲ氏
ナディア・ムラド・バセ・タハ氏
スマホ
パソコン
EU
コンゴ民主共和国

スポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番 (ニュース)
08:45~

「スポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番」のコーナーオープニング。

スポーツに喝!あっぱれ!週刊・御意見番 (ニュース)
08:46~

今週の助っ人は落合博満さん。落合はプロ野球の展開について、ある程度予想通りであった、全球団ピッチャーが悪かったなどと話した。

西武が10年ぶりにパ・リーグ制覇。優勝は決まったがこの日の試合自体は西武の負けだったので複雑な気分だったと関口宏は話した。しかしずっと走り続けたことを評価してやって下さいなどと落合博満らは話した。開幕から首位のまま優勝したチームは今回の西武を含めて過去5チームのみ。1962年の東映優勝の際張本勲がMVPであったとのこと。

セ・リーグでは巨人とDeNAにクライマックス進出が絞られた。そんな中DeNAはきのう阪神と対戦。1回、ロペスはショートゴロでゲッツー。続く筒香も先制のチャンスを逃した。2回では阪神の陽川に先制を許す。その後もミスからの失点が続くDeNA。7回でソトが39号同点3ランで追いつくが、延長線で阪神の島田がサヨナラタイムリーを決めた。DeNAは4-3で負け、自力でのCS進出は消滅した。巨人は残り1試合、DeNAは残り3試合。今日DeNAが負けたら巨人の進出が決定する。

キーワード
ジャイアンツ
ソフトバンク
菅野
西武
日本ハム
札幌ドーム
ヤクルト
東映
巨人
阪神
DeNA
クライマックスシリーズ
藤浪
ロペス
筒香
陽川
大和
福留
ソト
島田

番組宣伝 (その他)
08:53~

「2018世界バレー女子2次ラウンド 日本×ドミニカ共和国」「林先生が驚く初耳学!2時間SP」「消えた天才」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 10月7日 放送
  3. 次回の放送