飛び出せ!科学くん ワールドアドベンチャー二部 (秘)探検傑作選神秘!地球の10大絶景

『飛び出せ!科学くん』(とびだせかがくくん)は、TBS系列で2009年4月6日から2011年9月24日まで放送された科学をテーマにした教養・バラエティ番組である。ハイビジョン制作。放送時間は毎週土曜日19:00 - 19:56。(JST)。番組開始時は吉崎金門海峡枠である月曜日の23:30 - 23:55で放送されていて、いわゆる深夜番組の部類に入っていたが、中部日本放送では、2009年6月5日より金曜10:55 - 11:20に「もっと知りたい飛び出せ!科学くん」として再放送も行っていた。ほかの系列局でもデイタイム(10:00 - 18:00)に再放送する場合があり、TBSも2009年10月11日の特番(後述)の宣伝もかねて、前日の10日14:00から2時間の枠で過去に放送した4回分の再放送を実施した。2010年4月、直前番組『NEWS23(第1期)』の枠拡大に伴い、同番組は2010年4月10日から毎週土曜19時台に枠移動して1時間番組として衣替えを行なった。吉崎金門海峡の番組としては唯一のゴールデンタイム進出となる。曜日移動後の初回は2時間スペシャルで放送。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年1月3日(金) 11:50~14:00
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
11:50~

オープニング映像。オーストラリア、パラオ、ケニアなどを今回は訪ねる。

キーワード
アメリカ
オーストラリア
パラオ
ケニア
カナダ

神秘!地球の10大絶景 すっごい絶景3連発 (バラエティ/情報)
11:52~

ベネズエラのギアナ高地のテーブル・マウンテンには不思議な滝が存在する。エンジェルフォールと呼ばれる世界最大の落差を誇る滝だ。落下する途中で霧になるので滝壺がない。

ゴールドコーストのドリーム・ワールドで田中直樹が登場。サウス・ウエスト・ロックスのフィッシュ・ロック・ケーブという岩の根本から海底洞窟を目指す。海底探検のスペシャリストであるピーター・ヒッチンスが、案内した。

オーストラリア・タスマニア島にバサースト湾がある。鏡のように澄み切った海だ。しかし潜ると赤い海だ。ボタングラスという植物に含まれるタンニンがバサースト湾を赤く染めてりる。

キーワード
ベネズエラ
エンジェルフォール
オーストラリア
タスマニア島
バサースト湾
ボタングラス
ギアナ高地
テーブル・マウンテン
ドリーム・ワールド
ゴールドコースト(オーストラリア)
サウス・ウエスト・ロックス(オーストラリア)

神秘!地球の10大絶景 すっごい絶景3連発 (バラエティ/情報)
12:02~

財宝伝説は本当だった 今夜歴史的発見SP!の番組宣伝。

田中はサメがいるかもしれない海に入った。タンク内の空気のリミットは30分だ。水深30メートルでかなりの水圧がかかる。金属製の水筒が水深10メートルの場所で潰れた。水深30メートルの地点では田中の顔が歪んだ。海底でタイマイというウミガメを発見した。

田中は、海底で洞窟の入り口に到着した。ミナミハタンポが大量にいた。田中は、真っ暗な洞窟に潜入した。ライトを消すと全く何も見えない。洞窟内にも大量のハタンポがいた。ハタンポは、体の両側にある側線で震動・水流・音等を素早くキャッチするため群れていてもぶつかない。英名でBig eyed soldier fish と呼ばれるアカマツカサなどの魚、伊勢海老、セミエビもいた。カラクサオオセというサメの仲間もいた。

洞窟に入って10分後、険しく狭い登りのポイントに来た。田中は、怖がりながら進んだ。そして予想だにしないきれいな光景に出くわした。奇跡の絶景「天国の窓」だ。この洞窟は、海底火山の噴火によって出来た洞窟。 グレートバリアリーフを通った海流の終着点にある洞窟の為、大量の栄養分が運ばれる。200以上の魚が集まるという。

田中は、信じられない光景を目にする。

キーワード
サメ
ウミガメ
タイマイ
ミナミハタンポ
伊勢海老
セミエビ
アカマツカサ
カラクサオオセ
グレートバリアリーフ

神秘!地球の10大絶景 すっごい絶景3連発 (バラエティ/情報)
12:16~

洞窟を抜けた田中の目にシロワニという体長が最大で3メートルに達するサメの姿が映った。しかも1匹ではなく大量にいた。田中は「フォルムがカッコいい、ナイスフォルム」と語った。シロワニは、夜行性の為、昼間はゆったり泳ぎながら眠っている。シロワニはおとなしいので人間を襲うことはほとんどない。天国の窓は多くの魚たちの命を育む神秘の絶景だった。

キーワード
シロワニ

神秘!地球の10大絶景 絶景温泉4連発 (バラエティ/情報)
12:19~

秋田・鹿角市の焼山の頂上に、“鬼ヶ城”と称される活火山の噴火口がまるごと湯船になっている温泉があるという。ライセンス藤原と井本が、これまで1000以上の温泉に入ったという秘湯ハンター、大原利雄さんと訪れる。温泉を目指しおよそ5kmの雪山登山。雪山のスペシャリスト、篠原達郎さんに同行してもらい、総勢15名で絶景温泉を目指す。途中、雪山の美しさに喜んだライセンスだったが、天候は猛吹雪に変化。体感温度は-13度にも及んでいた。

「前人未湯 VOL.2」(発売元:アルバトロス/ディスクベリー・ドット・コム)からの映像。

焼山では1997年8月に48年ぶりの噴火を起こしていた。当時の毎日新聞の記事。

出発から5時間、露天風呂の湯けむりが見えてきた。火口に向かおうとする一同だったが、温泉への唯一のルートは、角度が30度以上、高さ50m以上、長さ20m以上の尾根で、ふだんでも幅わずか10cmの足場が雪に覆われている。両脇は断崖絶壁という道を、命綱のロープを張って挑み、なんとかクリアした。

キーワード
鹿角市(秋田)
焼山
大原利雄さん
篠原達郎さん
ディスクベリー・ドット・コム
アルバトロス
前人未湯 VOL.2
毎日新聞
ライセンス

神秘!地球の10大絶景 絶景温泉4連発 (バラエティ/情報)
12:29~

危険ポイントをクリアした一行は、焼山の火口に到達。乳白色の緑色に、ライセンスは思わず「ビューティフォー」と声を上げた。いざ入湯しようとするが、実は有毒ガス発生地帯で、この温泉に入るにはガスマスクの着用が必要となる。さらに、致死量のガス量を知らせてくれる有毒ガス検知器も装備。

ケニア共和国は世界有数の火山密集地帯で、その熱で温められた温泉が数多く湧きだしている。さらに、動物を見ながら入れる温泉もあるという。7泊9日で大西ライオンが取材。マサイ族一のイケメン戦士、トオルワがフラミンゴと一緒に入れる温泉を案内。3時間、歩いた後に、ボゴリア湖にコフラミンゴという種類の野生フラミンゴの大群が集まっているのが見えた。この湖には温泉が噴き出し、発生する微生物を食べるため、100万羽が集まってくるという。

続いては湖の民が守る聖なる隠し温泉。ンジェプス族のトムさんに案内してもらい小さな船で漕いで島に向けて出発、途中ナイルワニ、カバなど野生の動物を発見し危険だから近寄るなと言われた。ようやく2時間で目的の島に到着、隠し温泉へ出発した。溶岩の大地に現したのがバリンゴ温泉、「この温泉は直接はいるものでなく少しづつすくって身体に塗る」と村人が説明してくれた。バリンゴ温泉最大の特徴は温泉ガスを多量に含んでいる事、山形県肘折温泉に近いス水質と言われている。大西ライオンはケニアの絶景を見ながら桶でお湯に浸かった。

続いては大地の果てにある幻の赤い温泉。大西ライオンはガイドのトオルワが暮らす村へ。ここで改めて村の長老に挨拶すると、ナリクンガーラというはや嫁候補16歳を紹介された。ナリクンガーラらと一緒にそのままマガディ湖に向かい到着、湖とはいうものの40度近くする気温によって水が蒸発し表面は白い塩の層が一面を覆っている。更に塩分を好む微生物の色によって真っ赤な絶景を生み出す不思議な湖。マガディ温泉は和歌山県南紀白浜温泉に近いと言われている。アルコラピア・グラハミなど熱い水にも耐えられる魚も泳ぐ水の中で絶景の夕陽を眺めた。 

日曜劇場「S-最後の警官-」初回25分拡大SPの告知を表示。

財宝伝説は本当だった 今夜歴史的発見SP!の番組宣伝。

有毒ガスが噴き出す場所に黄色い物体を発見。近寄ってみると、20以上で命の危険とされる検知器の数値が55.0を表示し、風向きが変わったところで観察。ガスに含まれる硫黄分が結晶になってできる硫黄華だと、大原さんが説明した。火山地帯の噴気孔にしか見られないという。地中に溜まった100度を超える硫化水素ガスが地表に噴き出し、一気に冷やされ結晶化されてできる。

日本一の絶景温泉、焼山の火口の100%源泉掛け流し温泉に入浴。6時間かけて氷点下の雪山を歩いてようやく辿り着いた。ライセンスがいざ入ってみると、冷たかった。3日前、番組スタッフが来たときには40度と快適だったが、連日の悪天候で冷えきっていた。

焼山の火口温泉のしくみをナレーションで説明。30万年以上前、噴火でできた火口に雨水がたまり巨大な池ができた。さらに雨水は地下にも染みこみ、この地下水がマグマに暖められ、岩の隙間などを通って地上へ。温泉として一気に噴き出した。

世界でここだけの絶景inパラオ

火口の温泉に入ったライセンスは、肌がスベスベになったと感じた。大原さんによると、これは強酸性の温泉だからで、殺菌作用が大きく、切り傷などに効果があるという。日本にある2万ヵ所以上の温泉はアルカリ性で、肌がヌルヌルする感じから“美人の湯”として知られる。これに対し、焼山のような強酸性の温泉はわずか1%と珍しい。釘をこの温泉に漬けてみると24時間で錆びてしまう。

ボゴリア湖に湧く温泉の温度を計ると、摂氏80度。風呂桶に汲み、適温まで冷ますことに。フラミンゴの間近まで移動して入った大西ライオンは、ガイドのトオルワに背中を流してもらい、「気持ちいいー」と叫んだ。

キーワード
鹿角市(秋田)
焼山
ケニア
フラミンゴ
ボゴリア湖
ボゴリア温泉
バリンゴ温泉
マガディ湖
アルコラピア・グラハミ
ンジェプス族
ナイルワニ
カバ
山形県
硫黄華
和歌山県
強酸性
アルカリ性
ケニア共和国
マサイ族
コフラミンゴ

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
12:56~

パラオ共和国の湖の中に、不思議な絶景があるという。早速湖に潜入すると、推定500万匹のクラゲの大群が。これこそ世界でここでしか見ることの出来ない、クラゲの湖・ジェリーフィッシュレイク。ここはかつて海で、淡水と海水が混じった特殊な湖。そこになんらかの理由で残ったクラゲが大量に繁殖したという。その孤立した環境で生き残っていく中、彼らは独自の進化を遂げていた。本来は毒針をもっているタコクラゲだが、ここには天敵がいないため毒針がなくなった。また、彼らは体内に褐虫藻を宿し光合成しをしている。まさに自然が作り出す神秘の絶景だ。

世界一美しい絶景inアメリカ

キーワード
パラオ共和国
ジェリーフィッシュレイク
アメリカ
タコクラゲ
褐虫藻

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
13:02~

世界一美しい 波のような大地、それは2003年1人の写真家によって発見された場所が様々な賞を受賞、そして世界一美しい絶景「ザ・ウェーブ」と呼ばれるようになった。向かったのはアメリカアリゾナ州、ヘリで移動するライセンスの眼下にはグランドキャニオンの絶景が広がった。コロラド川が約600万年かけて大地を削ってできた場所で今回同行を依頼したのは絶景スペシャリストのクリス・ランウィンさん、1日わずか20人しか見られない特別な場所を案内していただくが、抽選で決める事になっていてテレビだからといって特別扱いはしないと言われた。地図にものっていない超極秘エリア、抽選チャンスは3回、バーミリオン・クリフス自然保護区管理事務所へ向かった。そこには予想以上に多いライバル達が世界各国から集まっていた。この日は56名、選ばれるのは10名のみ、果たしてライセンスの運命は?

財宝伝説は本当だった 今夜歴史的発見SP!の番組宣伝。

抽選に当たる事ができなかった2人に「抽選にあたる確率はかなり低い、大穴狙いの君たちにもってこいの場所がある」とクリフさんが説明した。果たしてもってこいの場所とは?行ってみると約5万年前に地球に衝突した隕石の跡「バリンジャー隕石孔」だった。直径1.5キロ、深さ200メートルの世界一美しい形のクレーターとされている。落下した隕石の一部は92%が鉄でできていてその破壊力はすさまじく数千万度の爆風で160キロ圏内を荒野にしたと言う。

抽選2日目もすぐに落選した2人、「気を取り直して明日にかけよう」とクリフが話した。「こうなったら神頼みだ、神様の力をさずかれる場所にいこう」と説明、神の力が宿るという神聖な場所へ行った。厳かな雰囲気の中向かった先はドームのようだった。更に進むとおろ驚きの光景が、アンテロープキャニオンという神秘的な洞窟だった。

キーワード
アリゾナ(アメリカ)
ザ・ウェーブ
アリゾナ州(アメリカ)
グランドキャニオン
コロラド川
バーミリオン・クリフス
バリンジャー隕石孔
アンテロープキャニオン

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
13:16~

神の力が宿る光が差し込む絶景スポットを訪れたライセンス。光を浴びた2人は、明日こそ世界一美しい絶景スポットに行けるだろうと意気込む。そしてザ・ウェーブの抽選最終日。この日は藤原の誕生日でもあった。しかし結果は落選で帰国することとなっしまった。しかし2人の落ち込んだ姿を見て特別に許可が降りた。2人は秘密の地図を手に、GPSを頼りに目的地へ向かう。そして歩くこと3時間。2人はついにその場所へたどり着いた。

キーワード
ザ・ウェーブ
GPS

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
13:25~

オーロラ、これは誰もが一度は見たいと思っている神秘の絶景、宇宙飛行士達が宇宙から見た時に最も感動する風景と言われている。オーロラを上から見るとどう見えるのか?ココリコ田中がオーロラを上から撮影する為カナダのイエローナイフにやってきた。気温はマイナス30度、ここはオーロラが最も美しく見える絶景スポットだという。ガイドはジョーさん、オーロラを上から見る作戦1は月探査機「かぐや」、巨大風船にカメラをつけて地球を撮影する。作戦その2はオーロラ出現時間の予測、滅多に見られない神秘現象のオーロラをりくべつ宇宙地球科学館の上出洋介先生が太陽の変動状況からオーロラが出る時間を予測、田中に衛星電話で連絡する。

40度以上の気温の中歩くこと3時間以上。すると2人の前には見渡す限り大地に波がうねったような模様が刻まれた、美しい景色が。サウス・コヨーテビュートのあまりの美しさに言葉を失う2人。この一帯はバーミリオン・クリフス国定公園と呼ばれ、このような不思議な光景がいくつも存在し、中でも美しいとされるのがザ・ウェーブ。これは1億9千万年前の巨大砂漠の化石なのだという。このあたり一帯はかつて巨大な砂漠で、そこに火山灰などが降り積もって押し固められ、長い時間をかけて岩になり、吹き付ける風が岩を削り取りこの絶景が出来た。まさに偉大なる自然の神秘。

PM10時田中は人生初のオーロラを見に行く事に。オーロラは少しでも気候条件が悪いと見る事ができない。そこへ上出先生から国際電話がかかってきた。「3日前に2006年以来の太陽で大爆発が起きた。激しい太陽風が地球に近づいていてオーロラ出現の種となっている、まもなく素晴らしいオーロラが見られるはず」と教えてもらった。0時半、オーロラが出始めた。一般的なオーロラはアーチ型だが滅多に見る事のできない放射状になったオーロラを見る事ができた。この絶景を上から見るとどうなるのか?いよいよ明日カメラを飛ばして撮影する。

昼食を取りながら明星電気のスタッフと作戦を練る。上空30000メートルで風船ら破裂しパラシュートで地上に戻ってくる。今回最も大切なのはどこから飛ばしてどこに落下させるかの場所選び。風船を飛ばしても回収できなければ水の泡となる。目指す落下場所は世界で10番目に大きな湖のグレートスレーブ湖、早速現場を見に湖へ行った。冬は完全凍結するこの湖では期間限定で車が通る事ができる。アイスロードと呼ばれる湖の道路はとても厚い氷でできていてPM8時、前代未聞のプロジェクトが始まった。気温は-44度、困難の多いプロジェクトの中上出先生から10時半位にオーロラが出る、と電話があった。逆算してPM9時に打ち上げる事にした。

キーワード
オーロラ
ザ・ウェーブ
サウス・コヨーテビュート
バーミリオン・クリフス国定公園
イエローナイフ(カナダ)
月探査機かぐや
りくべつ宇宙地球科学館
グレートスレーブ湖
明星電気

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
13:46~

いよいよ風船を飛ばした。あとはオーロラが出る事を願う。風船カメラ到達まであと5分でオーロラが出現した。そしてついに風船が破裂、翌朝8時にカメラを回収する為捜索が始まった。まずは予想落下地点にヘリで向かった。飛ぶ事40分後、風船から発信されるGPSの電波を感知し、その後無事に発見した。無事に風船カメラを見つけたがカメラは無事なのか?撮影はできているのか?

キーワード
オーロラ

神秘!地球の10大絶景 残り3 (バラエティ/情報)
13:56~

風船カメラの打ち上げから見ていく。打ち上げられた風船カメラはまず大雪原をとらえている。1時間後に地球が見え、上空27000メートルから見たオーロラの映像があった。手を伸ばせば届きそうな距離だった。まさに天空の架け橋、宇宙と地球を繋いでいてくれているかのようだった。この映像を上出先生に見てもらうと「成層圏からオーロラを撮った世界初の映像」と話した。

キーワード
オーロラ

エンディング (その他)
13:58~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 1月3日 放送