別府大分毎日マラソン 2017

放送日 2017年2月5日(日) 11:50~14:24
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
11:50~

S★1のオープニング映像。

2017 別府大分毎日マラソンのオープニング映像とスタッフロール。

2017別府大分毎日マラソン(中継1) (スポーツ)
11:50~

別府大分毎日マラソンのスタート地点となる、大分市高崎山・うみたまご前を上空から中継。選手の入場を伝えた。大会は世界陸上ロンドンの選考会ともなると紹介した。

2017別府大分毎日マラソンは、日本陸連の東京五輪に向けた日本マラソン復権への挑戦と位置づけられる。瀬古利彦、森下広一らのコメントを紹介した。大会は世界陸上ロンドンへの選考会でもある。日本代表争いは川内優輝が福岡国際マラソンで名乗りを上げており、残る別府大分・東京・びわ湖の3大会でタイムを上回れば日本代表となることができる。大会には中本健太郎、大石港与、丸山文裕らが参戦する。

キーワード
大分市(大分)
うみたまご
世界陸上ロンドン
2017別府大分毎日マラソン
瀬古利彦
森下広一
川内優輝
中本健太郎
大石港与
丸山文裕

2017別府大分毎日マラソン(中継2) (スポーツ)
11:57~

別府大分毎日マラソンのスタート地点となる、大分市高崎山・うみたまご前を上空から中継。スタート地点から、大会には3900人以上が出場する、天候は落ち着いているが海と山にはさまれており天気が変わりやすいと紹介した。視覚障害者部門の大会も兼ねており、緑のゼッケンをつけた視覚障害選手が走ると案内した。

別府大分毎日マラソンがスタート。選手たちが走り始めた。

キーワード
大分市(大分)
うみたまご
世界陸上ロンドン

2017別府大分毎日マラソン(中継3) (スポーツ)
12:02~

別府大分毎日マラソンがスタート。先頭がまもなく1キロを通過すると伝えた。

放送席から実況・解説が挨拶。解説の川嶋伸次は選手に求めることを聞かれ、世界での大会を意識したレース運びをしてほしいと答えた。ゲスト解説の中国電力・油谷繁は現役時代について聞かれ答えた。

第1移動車の実況・解説が挨拶。解説のコニカミノルタ・磯松大輔は、天候が変わりやすいので強い風などに注意したいと答えた。

2017別府大分毎日マラソンのコースを紹介した。

トップは間もなく3キロを通過。代表的な招待選手、世界陸上ロンドンへの選考基準などを紹介した。

2017別府大分毎日マラソン(中継4) (スポーツ)
12:10~

トップは間もなく4キロを通過。白バイ先導隊の隊員などを紹介した。

協賛企業のPCA、ソニー生命などを紹介した。マツダからは「CX-5」「アクセラスポーツ」計4台を大会車として提供。アサヒ飲料からは「スーパーH2O」「三ツ矢サイダー」「カルピスウォーター」などを公式飲料として提供。セイコーがオフィシャルタイマー、毎日新聞が視覚障害部門協賛。

トップは7キロを通過。視覚障害者マラソン部門の熊谷豊らの走りをあわせて伝えた。

キーワード
PCA
ソニー生命
マツダ
CX-5
アクセラスポーツ
アサヒ飲料
SUPER H2O
三ツ矢サイダー
カルピスウォーター
セイコー
毎日新聞

2017別府大分毎日マラソン(中継5) (スポーツ)
12:25~

トップは10キロを通過。熊本地震の被災地・南阿蘇村出身の大塚良軌らの走りをあわせて伝えた。

2017別府大分毎日マラソン(中継6) (スポーツ)
12:35~

トップは12キロを通過。有力選手として中本健太郎の走りを紹介した。

中本健太郎は市民ランナー・川内優輝との戦いで4年前に敗れ、今大会で雪辱を狙う。選手のコメントを紹介した。

トップは15キロを通過。先頭集団は27人となった。脱落した有力選手などを紹介した。

キーワード
中本健太郎
川内優輝

2017別府大分毎日マラソン(中継7) (スポーツ)
12:49~

トップは18キロを通過。視覚障害者部門のトップ・熊谷豊らの走りをあわせて伝えた。

2017別府大分毎日マラソン(中継8) (スポーツ)
12:57~

トップは20キロを通過。先頭集団は18人とペースメーカーの計21人に絞られた。

2017別府大分毎日マラソンの後半のコースを紹介した。

トップは22キロを通過。

丸山文裕はマラソン初挑戦で2時間9分台を達成、注目された。選手のコメントを紹介した。

トップは22キロを通過。

キーワード
丸山文裕

2017別府大分毎日マラソン(中継9) (スポーツ)
13:12~

トップは24キロを通過。先頭集団は18人とペースメーカーの計21人のまま。

大津顕杜は今井正人と同じく駅伝とマラソンで共に活躍。選手のコメントを紹介した。

トップは27キロを通過。ペースメーカーが26キロで外れ、試合のペースが上がった。日本人トップは丸山文裕。

キーワード
大津顕杜

2017別府大分毎日マラソン(中継10) (スポーツ)
13:27~

トップは30キロを通過。日本人は2位から5位までの集団に、中本健太郎ら3人。

2017別府大分毎日マラソン(中継11) (スポーツ)
13:35~

トップは32キロを通過。トップ集団は5人、日本人は中本健太郎ら3人。

2017別府大分毎日マラソン(中継12) (スポーツ)
13:40~

2017別府大分毎日マラソンは日本の中本健太郎が優勝。タイムは速報で2時間09分33秒となった。

フィニッシュ地点から選手のゴールを伝えた。5位の選手までがゴールした。

優勝した中本健太郎にインタビュー。川内優輝のタイムを意識していた、外国人選手にはスピードでは勝てないと思っていたので相手のスタミナが先に尽きたのは幸運だったなどと答えた。

フィニッシュ地点から選手のゴールを伝えた。優勝した中本健太郎について、ベテランならではの試合運びと勝利への執念が感じられたなどと話した。

2017別府大分毎日マラソンは中本健太郎が優勝。レース展開をハイライトで伝えた。

レースを振り返ってトーク。中本健太郎の執念は他の選手にも影響を与えるはず、その他の選手も次の試合につながる収穫を得たなどと話した。

山口ハーフマラソンの番組宣伝テロップ。

クロスカントリー日本選手権の番組宣伝テロップ。

キーワード
川内優輝
中本健太郎

エンディング (その他)
14:20~

15位までの順位とハイライト映像、スタッフロール。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 2月5日 放送
  3. 次回の放送