スペシャルアンコール THE世界遺産「“世界一”を探す旅 〜地球4万キロ 文化遺産編〜」

放送日 2012年8月26日(日) 2:48~ 3:18
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
02:48~

オープニング映像。

“世界一”を探す旅 地球4万キロ 文化遺産編 (バラエティ/情報)
02:51~

今から400万年前、私達の祖先は故郷アフリカから世界中に散らばり、全ての恵の源が太陽にあるとして文明の夜明けが訪れた。今から5000年前に天高く230万個の巨石が積み上げられた「クフ王のピラミッド」はファラオが再び甦る為の装置であることが「ギザのピラミッド地帯」に記されている。

古代都市テオティワカンにはアメリカ大陸の「太陽のピラミッド」がある。メキシコの古い暦では春分の日は特別な日で、人々はピラミッドの頂にのぼり太陽のパワーを体中で受け止める。地中海に浮かぶ「マルタの巨石神殿群」は5600年も前に作られた世界一古い巨石建造物で、春分の日には太陽が神殿の最も奥を照らし出す。

「ローマ歴史地区」で見られる1000年もの長きに繁栄したローマ帝国のシンボル「パンテオン」の天井の中心にある穴は太陽を現している。

「フィレンツェ歴史地区」で見られる15世紀にフィレンツェで誕生した「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」には、屋根と天井の間に空間を作ることで高い位置に建築することができた。

世界一小さい国バチカン市国のシンボル「サンピエトロ大聖堂」は、16世紀に世界一高いドームとして建設された。

「システィーナ礼拝堂」にはミケランジェロが4年かけて描いた世界一の大きな天井画がある。

キーワード
ファラオ
クフ王のピラミッド
ギザのピラミッド地帯
アウストラロピテクス・アフリカヌス
太陽のピラミッド
マルタの巨石神殿群
フィレンツェ歴史地区
サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
サンピエトロ大聖堂
ミケランジェロ・ブオナローティ
システィーナ礼拝堂

“世界一”を探す旅 地球4万キロ 文化遺産編 (バラエティ/情報)
03:03~

西アフリカを流れるニジェール川の泥は人々の恵みになっていて、人々はそれを元に家を建設。「ジェンネ旧市街」の泥で築いた町では世界一巨大な「ジェンネの大モスク」がある。

木造建築の大きさでは1200年に渡って世界一だった奈良の「東大寺」は当時、高さが15mもある「毘盧遮那仏」を納める為に世界一の大きさとして作られた。

中国では9世紀始めに高さ71mの世界最大の石仏「楽山大仏」が作られた。当時、大仏の多くが皇帝によって作られたのに対し、この大仏は民衆が力をあわせて彫り上げたもの。

12世紀、フランスで生まれたゴシック建築が瞬く間に一世を風靡し、国を越え幾つもの都市が高さを競い合った。そして、ドイツで作られた高さ157mの「ケルン大聖堂」が世界一を手にした。

キーワード
ジェンネの大モスク
ジェンネ旧市街
古都奈良の文化財
毘盧遮那仏

“世界一”を探す旅 地球4万キロ 文化遺産編 (バラエティ/情報)
03:10~

19世紀末、バンコク博覧会を記念して作られた高さ324mの「エッフェル塔」が世界一の建築物になった。そして科学の時代が訪れ、アメリカの「自由の女神像」が、世界一高い銅像として作られた。

産業革命が起きたイギリスではエッフェルが発明した鉄により世界一古い鉄橋「アイアンブリッジ峡谷」が作られた。

スペインでは産業革命時に世界一古い運搬橋「ビスカヤ橋」が作られた。

産業革命後、オーストラリアではアルプスを越える世界一古い山岳鉄道「ゼメリング鉄道」が作られた。

文明の夜明けから1万年、人々は束の間の栄光のために世界一を探求し、心を揺さぶられてきた。

キーワード
万国博覧会
自由の女神像
エッフェル塔
ギュスターヴ・エッフェル
ゼメリング鉄道
産業革命

エンディング (その他)
03:15~

THE世界遺産の番組宣伝。

THE 世界遺産ホームページ・モバイルサイトの紹介。

エンディング映像。

キーワード
THE 世界遺産 公式ホームページ
THE 世界遺産 モバイルサイト

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 8月26日 放送
  3. 次回の放送