NEWS23 2019年5月31日放送回

『news23』(ニュース・ツー〈もしくは「トゥー」〉スリー)は、1989年(平成元年)10月2日よりTBSをはじめとしたJNN系列が生放送している平日最終版の報道番組。 番組開始から2008年3月28日までは『筑紫哲也 NEWS23』(ちくしてつやニュースツースリー(もしくはトゥースリー))として放送しており、初代メインキャスターを務めた筑紫哲也の冠番組であった。 2010年3月29日から2013年3月29日まではNEWS23の名を残した新番組『NEWS23X』( - クロス)として放送していたが、2013年4月1日から2019年5月31日までは『NEWS23』に名前を戻して放送。2019年6月3日放送分からは『news23』にタイトルが変更された。 本稿では2008年3月31日から2010年3月26日までと2013年4月1日から放送の『NEWS23』を中心に記述する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月31日(金) 23:30~ 0:15
放送局 TBS

番組概要

ニュース (ニュース)
23:31~

川崎市で28日に起きた児童ら19人が殺傷された事件から3日、新たに1人が負傷していたことがわかった。事件3日前は運動会だった。外務省職員やカリタス小の生徒2人を殺害した容疑者の自宅からは海外の殺人事件を集めた雑誌2冊が見つかった。警察は動機の解明を急いでいる。

キーワード
川崎市(神奈川)
外務省
カリタス小

オープニング (その他)
23:32~

オープニング映像の後、キャスター陣がオープニングの挨拶。

ニュース (ニュース)
23:32~

内閣府が想定した南海トラフ巨大地震のシュミレーション映像を紹介。南海トラフ巨大地震は今後30年以内に70%~80%の確率で発生すると予測。津波は最大34m、死者は最大32万人以上と予測。中央防災会議で、発生のおそれが高いと評価された場合に約1週間あらかじめ避難をよびかけることなどを盛り込んだ。自治体は具体的な運用計画が必要となる。

日ロ外相会談が行われ、河野太郎外相は「乗り越える課題の輪郭は明確になってきている」と話した。ラブロフ外相は「交渉が活発化したからといって接点がたくさん出てきたわけではない」とコメント。東京大学先端科学技術研究センター小泉悠特任教授は全然うまくいっていないとし、日本側が示した妥協にロシアが乗ってこないと指摘。去年11月、安倍首相は「1956年の共同宣言を起訴として平和条約交渉を加速させる」と話した。1956年の日ソ共同宣言は平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すと明記。しかし、1993年の東京宣言以降は4島返還となっている。江田憲司衆院議員は「二島返還に舵を切っている」とし、国民民主党の前原誠司元外相は「日ソ中立条約をソ連が一方的に破棄し、日本の北方領土を不法占拠した」と指摘。安倍首相は「交渉は静かな中でできるかにかかっている」と答えた。外交青書には北方領土は日本に帰属するという表現がなくなった。これはロシアに配慮したためと思われる。日ロ外相会談では北方領土での共同経済活動の具体化を急ぐために来月11日に局長級の作業部会開催で合意した。小泉氏は平和条約に関しては大きな進展は望めないと指摘。

スタジオトークで、星浩は平和条約の大筋合意は断念せざるを得ないと言ったと明かした。

朝鮮日報で、米朝首脳会談の調整をした幹部が銃殺刑されたと報じた。金英哲は労役刑、キム・ヒョクチョル氏は銃殺だと指摘。背景にあるのは今年2月のベトナム・ハノイでの米朝首脳会談の決裂だという。金正恩氏が大々的に粛清をしていると指摘。金与正氏は謹慎中だとしている。韓国統一省は処刑報道について「確認できていない」と答えた。共同通信客員論説委員の平井久志さんはハノイ会談決裂で責任をとらされている可能性は高いと指摘。対米交渉について、注目されるのは慎重論の崔善姫外務次官で大きく出世したとみられる。

キーワード
Google アース
南海トラフ巨大地震
中央防災会議
河野太郎
日ロ外相会談
安倍首相
前原誠司元外務大臣
江田憲司
ラブロフ外相
国民民主党
東京大学先端科学技術センター
北方領土
二島返還論
日ソ中立条約
日ソ共同宣言
東京宣言
平和条約
キム・ヒョクチョル
金英哲
崔善姫
金与正
共同通信
米朝首脳会談
ハノイ(ベトナム)
プラスチックごみ

番組宣伝 (その他)
00:13~

「有吉ジャポン」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月31日 放送
  3. 次回の放送