スペシャルアンコール 「阿川佐和子と向井理のベルリン展スペシャル フェルメール光の傑作」

放送日 2012年8月13日(月) 1:40~ 2:34
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)
01:40~

国立西洋美術館では、ベルリン国立美術展が開催されおりフェルメール代表作”真珠の首飾りの少女”などベルリンが秘蔵する107の傑作が展示されている。今回はその中からフェルメール、ミケランジェロ、レンブラントの特集。

キーワード
真珠の首飾りの少女
フェルメール
ベルリン国立美術館展
ミケランジェロ
レンブラント

フェルメール光の傑作 (バラエティ/情報)
01:42~

フェルメール代表作”真珠の首飾りの少女”には背景に光の壁が描かれており、ある魔法がかけられているという。その魔法を追い求めるため阿川佐和子がベルリンへと旅立った。

ベルリンシュプレー川の中洲にある博物館島には5つの美術館・博物館が建てられており、この博物館島を含め15の美術館・博物館を合わせたものがベルリン国立美術館群と呼ばれている。その中のボーデ美術館ではティルマン・リーメンシュナイダー作品”龍を退治する馬上の聖ゲオルギウス”などが展示されている。

阿川さんは最初に「絵画館」を訪れ、ヨハネス・フェルメールの”真珠の首飾りの少女”を眺めた。そこで館長のベルント・w・リンデマンさんは、”真珠の首飾りの少女”についての解説をした。

阿川さんはベルリンへ旅立つ前に、東京銀座にある「フェルメール・センター銀座」にいる福岡伸一教授の元を訪れていた。

キーワード
ベルリン(ドイツ)
真珠の首飾りの少女
フェルメール
龍を退治する馬上の聖ゲオルギウス
ボーデ美術館
ティルマン・リーメンシュナイダー
絵画館

福岡伸一教授に聞く「真珠の首飾りの少女」とは!? (バラエティ/情報)
01:47~

阿川さんは「フェルメール・センター銀座」で福岡伸一教授からフェルメールの”真珠の首飾りの少女”について、背景の白い壁には元々地図が描かれていたが修正して白い壁に変更した、など絵に隠されている秘密を解説してもらった。更に、福岡伸一教授は何故描かれているのかなどをベルリンで聞いてきて欲しいと依頼した。

そこで現在「絵画館」にいる阿川さんは、早速福岡伸一教授に言われていた秘密を確認した。また、フェルメールの”紳士とワインを飲む女”を眺めた。

ベルリン 国立美術館展の告知。

キーワード
真珠の首飾りの少女
フェルメール
絵画館
紳士とワインを飲む女
ベルリン 国立美術館展

フェルメール光の傑作 (バラエティ/情報)
01:56~

続いて阿川さんはフェルメールの故郷のオランダ・デルフトへと向かった。そこで街を案内してくれるリックさんと合流した。

リックさんが最初に案内してくれたのは19世紀に建築された教会。そこはかつてフェルメールのが住んでいた家があった場所で、当時フェルメールは妻と義理の母と住んでいたと説明した。

続いてリックさんが案内してくれたのはフェルメールの作品”小路”の絵のモデルになったと思われる場所。今も絵に描かれている風景の面影が残っており、そこに建てられている家の屋根は階段状の形になっている。

キーワード
デルフト(オランダ)
フェルメール
小路

フェルメール光の傑作 (バラエティ/情報)
02:02~

続いて阿川さんは陶器が売られている店にやってきた。フェルメールが5歳ぐらいから住んでいた家があった場所で、父親が宿屋を経営していた。

陶器の店が建てられている場所は、かつてフェルメールの父親が経営する宿「飛ぶキツネ」があった。

フェルメールの作品”小路”は「飛ぶキツネ」の裏にあった風景を模写したものだとも言われている説があり、阿川さんが見に行ってみるとそこは現在スポーツショップになっていた。

続いて阿川さんはフェルメール作品の”手紙を書く女と召使”、”リュートを調弦する女”、”真珠の首飾りの少女”などの作品に描かれたそっくりな場所がある「ランベルト・ファン・メールテン博物館」にやってきた。そこで絵の中のポーズをとるなどして、フェルメール作品を満喫した。

ベルリン国立美術館展の告知。

キーワード
フェルメール
飛ぶキツネ
小路
手紙を書く女と召使
真珠の首飾りの少女
リュートを調弦する女
ランベルト・ファン・メールテン博物館
ベルリン国立美術館展

フェルメール光の傑作 (バラエティ/情報)
02:10~

今回の国立美術館ではオランダ海外の巨匠レンブラントの作品も来日中である。「ミネルヴァ」や「黄金の兜の男」など観賞できる。

17世紀のオランダの画家レンブラントが描いたミネルヴァは国立西洋美術館でも楽しめる。絵の具で本物の様な描写力がレンブラントの魅力となっている。黄金の兜の男はレンブラントの弟子が書いたことが調査結果でわかったが、美術館では1.2を争う人気となっている。

ベルリン国立美術館展開催中のお知らせ。

キーワード
黄金の兜の男
ミネルヴァ
レンブラント
ベルリン国立美術館展

フェルメール光の傑作 (バラエティ/情報)
02:18~

ベルリンの街には芸術溢れるアートがあふれている。ホロコースト記念碑は訪れる者の胸を打ち、ブランデンブルガー ホフ ベルリン ホテルではモダンなアートを見ることができる。

ベルリンの信号機にはヒルデガルト・ペグラウさんの夫がデザインしたアンペルマンというキャラクターのイラストが描かれている。子供たちにもわかりやすい信号にしたくて考えだされたという。

イーストサイドギャラリーは冷戦時代の元ベルリンの壁で現在はアートの壁として生まれ変わっている。ヒルデガルト・ペグラウさんが当時ベルリンの壁で家族がばらばらになった時のエピソードを語った。

当時ヒトラーが退廃的と決めつけ美術品を約5000点処分したという。また、第二次世界大戦中に約434点の作品を防空壕に保管していたが火災にあってしまった。だが近年「聖母子」が見つかったという。

最後に素描版画館にやってきた。ミケランジェロが描いた最後の審判やダビデ像が鑑賞できる。ミケランジェロの素描「聖家族のための習作」やボッティチェッリのダンテ「神曲」を特別見せてもらった。

素描版画館試写室では申請すれば誰もが素描を間近で観ることができる。一人でも多くの人が直接芸術に触れることが美の最高の在り方だという。

ベルリン展公式テーマ曲「ベルリンの小径にて 」 作曲・辻井伸行

キーワード
ホロコースト記念碑
ブランデンブルガー ホフ ベルリン ホテル
ベルリン
ヒルデガルト・ペグラウ
アンペルマン
イーストサイドギャラリー
ベルリンの壁
聖母子
ジョヴァンニ・ベッリーニ
マルティン・ルターの肖像
聖母子、通称アレッツォの聖母
福音書記者聖ヨハネ
ミケランジェロ・ブオナローティ
ダビデ像
聖家族のための習作
最後の審判
神曲
ダンテ・アリギエーリ
サンドロ・ボッティチェッリ
ベルリン国立素描版画館
幼児キリストと洗礼者聖ヨハネ
辻井伸行
ベルリンの小径にて

エンディング (その他)
02:30~

本物の絵画との出会いは一期一会でこの機会に107の傑作と触れあってみるのもいいだろうと向井理が語った。

ベルリン展公式テーマ曲「ベルリンの小径にて 」 作曲・辻井伸行

キーワード
辻井伸行
ベルリンの小径にて
  1. 前回の放送
  2. 8月13日 放送
  3. 次回の放送