ウェークアップ!ぷらす 2016年1月23日放送回

『ウェークアップ!ぷらす』は、読売テレビ(ytv)をキーステーションに日本テレビをはじめとするNNN系列で放送されている報道番組である。ロゴでは『ウェークアップ!ぷらす On the Air Every Saturday Morning』と表記される。放送時間帯は毎週土曜日8:00 - 9:25(JST)。地上デジタル放送ではHD画質での放送となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年1月23日(土) 8:00~ 9:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:01~

オープニングの挨拶。長野県軽井沢町で15日におきたバス事故について新しい事がいくつかわかってきた。このあと詳しく解説する。

キーワード
軽井沢町(長野)

ニュース (ニュース)
08:02~

今週月曜日は強烈な寒波が日本を襲った。首都圏の三軒茶屋駅などでは入場規制が行われた。火曜日は宮崎でも雪が降った。福井県あわら市では雪によりバスが横転。北海道でも連日暴風雪。遠軽町白滝では128センチの積雪を観測した。羅臼町では防波堤が破損する事態も。魚沼市などでも雪かきに追われている。日曜日から月曜日にかけては非常に強い寒波が予測されている。おととしは山梨県や徳島県で大雪の影響で1部の村が孤立状態になる被害が。今年もその恐れが出ている。ウェザーニューズ社は食料の貯蓄を促している。

おととしなどの大雪を越える“最強寒波”到来。災害レベルの大雪が降る可能性もある。今後の天気の見通しを解説する。

このあとは、 蓬莱さん解説 今週末から“冬の嵐”。列島に“最強寒波”再び、災害レベルの恐れも。

キーワード
ウェザーニュース社
暴風雪
寒波
松本市(長野)
東京都
高千穂町(宮崎)
あわら市(福井)
名寄市(北海道)
遠軽町白滝(北海道)
羅臼町(北海道)
魚沼市(新潟)
青森市(青森)
山梨県
徳島県
三軒茶屋駅
最強寒波
大雪

ニュース (ニュース)
08:08~

週末にやってくる最強寒波について蓬莱による解説をした。今日の夜から明日の朝にかけて注意が必要。おととしの徳島や山梨での孤立状態が発生する可能性がある。

防災の際の注意点は路面の凍結。無理な運転は控えるようにと注意を促した。また、停電への備えや水道管の凍結、ヒートショックなどにも注意が必要だ。

野村は受験シーズンなので雪への警戒が心配だという。生まれが北海道なのでスリップを経験したといい、運転への注意も呼びかけた。

千葉県幕張にあるウェザーニューズでは、全国の気象情報や交通情報を提供している。出雲空港は空の便の欠航を決め始めている。一方鉄道は、東海道新幹線以外は運転見合わせは行われていない。在来線への影響は深刻だ。道路への影響は明日日曜の夜から特に注意が必要だと解説した。ウェザーニュースタッチで気象情報を随時更新しているという。

橋本は雪国生まれで、車への運転に特段注意しているという。

甘利大臣が千葉県の建設会社側から現金を受け取ったなどと週刊文春が報じた。安倍政権に暗雲が立ち込めている。麻生副総理、菅官房長官などと並んで政治を支える1人に浮上したこの政治とカネ問題。きっかけは、UR都市再生機構とトラブルになった際に、甘利大臣やその秘書に現金を渡していたと週刊誌に報じられたこと。安井美沙子議員は甘利に事実を問い詰める。これに対し安倍大臣は説明責任を果たして欲しいとコメント。甘利大臣はきのう、1週間以内には話しをしたいと約束。これに対し岡田代表は先延ばしだと非難。甘利大臣はスイスで開かれるダボス会議に出席するために今日未明に日本を出発した。TPPやサミットや参院選などへの影響が懸念される。

国会記者会館前から青山による解説。甘利大臣は安倍総理の盟友でもあり、アベノミクスやTPP合意などの重要人物だった。野村はこれについて、口利きが問題になるとコメント。丸岡は「記憶が曖昧」という発言について、ロッキード事件から使われているフレーズだと非難。

橋本は、佐藤内閣の長期継続の理由から、今回の政治とカネについてコメントした。現在ダボス会議が開催されていて、明日は宜野湾市の市長選挙が行われる。26日からは皇天皇后両陛下がフィリピンを訪問される。そのあとはTPPの署名式がおこなわれる。そこまでに甘利大臣が持つのかが気がかりだ。青山は、国会への影響を考えると、伊勢志摩サミットもある中で不安が広がる。安倍総理大臣は甘利大臣に乗り切って欲しいという気持ちもあるという。

安倍内閣の支持率は、安保法の前までに戻っている。一方、日経平均株価は下がっている。空売りなども起きている。中国の為替が日本に影響を与える中、今回の問題が日本の経済にもたらす影響が懸念される。企業の立て直しがこれからは大切になってくる。丸岡は、野村と同じ意見で、説明責任を果たすべきだとコメントした。青山は、来週が判断の山場になると言った。

長野県軽井沢町で起きたバスの事故から今日で1週間。一昨日の夜、国交省の職員による抜き打ち監査が行われた。イーエスピーの安全軽視の実態が明らかになった。この事故を起こした運転手は大型バスの運転に苦手意識を持っていたという。一方、事故の直接の原因はいまだに不明のままだ。京都府警の元鑑定官に映像をみてもらうと、事故を起こしたバスの早さは80キロ前後でていたという。元バス運転手は操作ミスの可能性を指摘。イーエスピーには長時間労働をさせていた疑いが浮上している。

今後は気温の変動が激しくなる予想。花粉の飛散予定も。

キーワード
最強寒波
山梨県
徳島県
路面凍結
停電
ヒートショック
ウェザーニュース
ウェザーニュースタッチ
大寒波
甘利明経済再生相
安井美沙子参院議員
安倍首相
安倍政権
UR
民主党
週刊文春
政治とカネ
岡田代表
維新
共産
世界経済フォーラム年次総会
甘利大臣
安倍内閣
政治と金
アベノミクス
口利き
TPP
安部総理大臣
参議院選挙
支持率
日経平均株価
空売り
株安
イーエスピー
軽井沢町(長野)
北海道
幕張(千葉)
東海道新幹線
ウェザーニューズ
青森県
千葉県
菅官房長官
麻生副総理
UR都市再生機構
スイス
サミット
参院選
安倍総理
ロッキード事件
news every.
佐藤内閣
ダボス会議
宜野湾市(沖縄)
フィリピン
天皇
皇后
伊勢志摩サミット
安倍総理大臣
安保法
中国

ニュース (ニュース)
08:44~

5年前に愛知県瀬戸市で起きたバス事故では死者がゼロだった。それにはシートベルトをしていたことが関わっているという。今回の事故で助かった人はシートベルトは着用していたという。JAFが行った自動車の衝突実験ではシートベルトをしていない後部座席に大きな負担がかかっていた。道路交通法の改正でシートベルト着用が義務付けられた。

今週水曜日、大田区でバスが中央分離帯に衝突。逮捕された運転手が所属する夢湖観光バスは過酷な労働をさせていたとして国交省から行政処分を受けていた。日曜日には兵庫県淡路市で事故未遂もあった。

このあと、中型と大型で運転に差がでるのか検証する。事故運転手の心理は…

兵庫県の尼崎ドライブスクールから大型バスの特徴について解説。バスのブレーキには3種類あり、圧縮ブレーキだという。エアが抜けていくとブレーキがかからない。排気ブレーキは大型バス特徴のブレーキの1つだ。主に長い下り坂などで利用する。今回の事故について、最後の衝突のショックでギアがニュートラルになった可能性もあるとトレーナーは語った。プロのドライバーは、ニュートラルは下り坂では使うことはないと言う。スタジオではバスの違いについて解説をする。バスは大型、中型、小型の3種類がある。

専門家の成定は今回の事故について、国交省の監査から、運行会社の実態の改善が行われていくのかがポイントだと語った。大型バスの違いについて自動車学校から中継とともに解説する。

キーワード
JAF
シートベルト
瀬戸市(愛知)
道路交通法
夢湖観光バス
大田区(東京)
ロイター
淡路市(兵庫)

ニュース (ニュース)
09:00~

このあと、相次ぐバス火災の背景にある深刻な問題に迫る。

尼崎ドライブスクールから中継し、大型バスと中型バスの運転の違いを検証。松下洋一部長は、「教習中であれば、人が乗っていないので、なかなかその感触は難しい。車自体の重さが元々違うので、踏み方を変えていかなければいけない」とし、平成19年より前に免許を取った人は、中型免許で大型が運転出来ることなどを解説。また、今回の大型に乗って2回の研修で3回目から実車したことについて、「普通は無理。半年研修する企業もあるので、2日では」と述べた。

スタジオ解説。ドライバーが2日しか研修していない人か10年のベテランか乗客はわからないということについて、高速バスマーケティング研究所・成定竜一は、「普通のバス会社であれば、十分な研修を行っている」とコメント。また、帝産観光バスの場合のドライバーになるまでの経緯を紹介。

スタジオ解説。2000年に規制緩和され、免許制→許可制になったことでバス事業者の数が倍増し、運転手の高齢化が進んでいると紹介。丸岡いずみは、「バスにも危険運転装置が作動するような開発をしてほしい」、高速バスマーケティング研究所・成定竜一は、「新車にはほぼ義務化されているが、古いタイプに後からコンピューターを付けるのは困難」とコメント。

また、契約で働くドライバーの数社を掛け持ちするスケジュール例を紹介。それぞれのインターバルが5.6時間で連続乗車しているという実態について、野村修也は、「規制緩和は参入の緩和で、安全規制は緩和してはいけない。むしろ安全規制が強化されてきたはずなのに、それがチェックされないできたことが最大の問題」、橋本五郎は、「根本的に人の命を預かっている意識が非常に希薄だという気がする」などとコメント。

キーワード
帝産観光バス
日本バス協会
火災

ニュース (ニュース)
09:12~

スタジオ解説。12月28日に東京・池袋で起きたバス火災で、このバスが製造から22年経っていたことについて、成定竜一は、「大手は12年経てば中古に出し、中小が買ってもせいぜい15か16年」と解説。しかし平均使用年数は、16.95年だとし、年末年始に相次いだバス火災のほとんどが20年前後のものだった。また、バス火災の原因は、大半が「点検・整備不十分」と「整備作業ミス」と紹介(自動車検査登録情報協会/ 国交省調べ)。

スタジオ解説。過去の国による規制強化を紹介し、事故が起きてから監査をするという実態について、成定竜一、「監査のしくみ、どう優先順位をつけるかが重要な課題。一昨年から貸し切りバス料金制度が改正されたため、それを運転手の待遇改善に回し、人手不足倒産をしないよう、経営者が意識をすることが重要」とコメント。そのほか、お客さんがバス会社のレベルや会社名を伝える必要があるや、シートベルトの点検がされていないなどの問題点をトーク。

このあとは、週末のお天気情報。

キーワード
バス
火災
池袋(東京)
自動車検査登録情報協会

Weather (ニュース)
09:20~

エンド曲「ソラへ」/Mei

全国の天気予報と週間予報。(中継:大阪市内)

放送後にもう一言ネット動画配信中!ウェークアップ!を検索。

キーワード
Mei
ソラへ
ウェークアップ!
大阪市(大阪)

エンディング (その他)
09:21~

ウェークアップ!ぷらすの次回予告。

丸岡いずみが新刊「ひとたらし」の告知。

エンディングトーク。辛坊治郎は、「週末寒波が来るため、不要・不急の外出は避けた方がいいかもしれない天気になる」と注意を促した。

キーワード
ひとたらし
  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送
  3. 次回の放送