ウェークアップ!ぷらす 韓国大統領「日本は謙虚に」責任転嫁?深まる対立

『ウェークアップ!ぷらす』は、読売テレビの制作により、日本テレビ系列で生放送されている報道番組である。放送時間帯は、毎週土曜日の8:00 - 9:25(JST)。地上デジタル放送ではHD画質での放送となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月12日(土) 8:00~ 9:25
放送局 日本テレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:01~

オープニングトーク。徴用工問題で文在寅大統領は「日本政府は謙虚な態度をとるべき」などと話した。レーダー照射問題では、小野寺前防衛相が生出演し、“協議でなく抗議を”を主張する。

キーワード
文在寅大統領
徴用工問題
小野寺前防衛相

ニュース (ニュース)
08:02~

東京五輪招致立役者の竹田恒和が東京五輪をめぐる贈収賄疑惑。竹田会長がIOCの有力委員の息子が関係する会社に約2億円送金したことがワイロにあたるというもの。フランス司法当局は刑事訴訟の手続きに入る。竹田会長は「招致活動に関し、ヒアリングをパリで受けた。正当な対価を支払ったもので、贈賄にあたることは行っていない。」などとコメント。疑惑については3年前にフランス当局が捜査していると報道があった。当時竹田会長は「世界陸上協会の会長の親族が関係していることは、全く認識していなかった」などと話していた。日本ではルノーの会長が特別背任などの罪で追起訴された。

キーワード
JOC
竹田会長
小池百合子都知事
東京五輪
「ル・モンド紙」HP
贈収賄
IOC
世界陸上協会
特別背任
ルノー
シンガポール
パリ(フランス)

ニュース (ニュース)
08:07~

東京オリンピック招致に関して、IOC委員兼世界陸上協会会長の息子が関係しているシンガポールの会社に約2億円が支払われた。橋本五郎は「日本も調べて、贈賄はないとされている。」などとコメント。

パリから中継。フランスで予審手続きが行われ、起訴するか判断される。IOCはセネガルのオリンピック委員会に協力要請する書簡を送付。ル・モンドは竹田恒和会長が2億円の送金を高すぎると判断しなかったと伝えている。竹田会長が事情聴取を受けた日はフランス人被告が起訴された日と重なり、日仏の捜査の応酬とみられるが、現地で関連付ける報道は出ていない。日本の司法制度への批判が高まり、竹田会長の捜査が始まり、日仏関係の緊張が高まりそう。

金を受け取った親子側は、リオオリンピックのときにも収賄疑惑があり、身柄引き渡しをセネガルが応じていない。別所哲也は「国際的なイベントの招致で駆け引きがあるのは当然だが、オリンピックの過去の事例にコンサルティング会社が入っていなかったか。家族が関連した企業に関わるのを禁止するほうの問題だと思う。」などとコメント。牛窪恵は「日本で起訴されないまま勾留されているのは世界的に批判がある。贈賄など疑われるところが厳しくなっている。イメージはクリーンであってほしい。」などとコメント。橋本五郎は「仲介するコンサルティング会社が暗躍する構造が裏目に出た。」などとコメント。

徴用工問題で文大統領は「日本政府は謙虚な態度をとるべき」などと話し、日本批判。レーダー照射問題を検証し、今後の日韓関係を考える。

キーワード
日本オリンピック委員会
竹田恒和会長
東京オリンピック
世界陸上協会
IOC
シンガポール
贈賄
パリ(フランス)
贈収賄
予審手続き
JOC
セネガルのオリンピック委員会
ル・モンド
「ル・モンド紙」HP
ローザンヌ(スイス)
リオオリンピック
ガラパゴス化
セネガル
文大統領
徴用工問題
小野寺前防衛相
潮匡人氏
ソウル(韓国)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月12日 放送
  3. 次回の放送